スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山梔子

撮影したまま忘れていた写真を利用。

山梔子=くちなしです。
一般的にはもっと白いかなあ。花も改良種には八重みたいになってる豪華な姿なのもあるらしいね。

これは我が家の生け垣。てか、以前は杉科のやつだったんだが、あるとき枯れて、くちなしに植え替えられた。それは数年前のことなんだが、枯れたのは覚えていたのにくちなしに変わっていたことには気付いていなかった。聞いたけど、忘れてたのか。

帰り道、家の前で甘く爽やかな香りがしたので「んん?」と思ってよく見たら生け垣に花が咲いていた。花が咲くような木だったっけ?と思い、つややかな葉っぱに半ば同化して傍目には気付きにくかった花をよーく見たら、「これ、くちなしじゃね?」と思った。
母に聞いてみると、花は植え替えた初年から咲いていたらしい。なんで気付かなかったんだ自分。鈍すぎる。

地面には花びらが散り始めているけれど、花枝の奥には次々とつぼみが。しばらく香りを楽しめそう。
スポンサーサイト

鈴蘭

今年の鈴蘭ちゃん。5/4に撮影。

今年も香りで気がついたなー。緑の葉っぱが地面から出てるのは一年中だから、花に気付きにくいんだよ、たぶん。
すぐ隣にあるツツジも白いし、庭の奥のユキヤナギもあるし、この時期の庭は白い花が多いな。ピンクのツツジもあるけれど。

香水に鈴蘭の香りってのもあるみたいだけど、どーいうものなのかは知らない。けど、甘いけれど清々しい感じがする生花の鈴蘭の香りは好きだな。

アネモネ

久しぶりに庭の花。
花壇に鮮やかに青い花が咲いていて目に留まった。
見たことある花だなーなんだっけー?と思いながら撮って、母に聞いたら「アネモネ」と返ってきた。でも庭で見るのは初めて。
この寒いのに元気に咲いているものだわ。まー横浜あたりじゃ氷点下になることも滅多にないけれど。まだこの冬は一度も氷点下になってないんじゃないかな。一般には春先に咲くとWikipediaにあったけれど、このくらいの気温なら問題ないのかな?
Wikipediaついでに、ギリシア神話では美少年の代名詞アドニスの流した涙から生まれた花という説もあるそうな。アネモネには多様な色があるみたいなので原種が何色なのかは知らないけど、なんとなくこの鮮やかなのに物憂い青は美少年の涙に相応しい気がするよ。
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。