FC2ブログ

パール展とドロミ

昨日は職場の創立記念日でお休みでしたの♪
ということで、芸術の秋を1人堪能するべく、前から行きたかった
「パール」展-その輝きのすべてを見に、上野の国立科学博物館へ行って参りました。

以前、伊勢に旅行したときもミキモト真珠島の真珠博物館見たことあったけどね。
今回はまた世界巡回展てことで、世界中の真珠の文物が見れるということに興味を持ちましたのよ。
国立科学博物館、初めて入ったけど現在本館は工事中の様子。
新館の方はエラク綺麗でした。
5000年以上前の真珠。
サルタンの姿絵をヒントにカルティエが復刻した、彫刻されたエメラルドと真珠の首飾り。
血色の真珠製の腹を持つ、黄金とダイヤモンドのタランチュラ。
もちろん日本展においてはミキモトが協賛しておりましたので、たぶん真珠島でも見た、ミキモトがアメリカの万博に出展した真珠の鐘とか、魏志倭人伝の「中国へ5000個の真珠を献上した」という記述から5000個の真珠とはどれくらいで何ができるか試してみたら、真珠製のマフラーができちゃったって(写真)奴とか(笑)展示されてました。
昔の天然真珠でできてる遺物はすごいね。
今みたいに養殖で作ることができなかったから、色と大きさが揃った物を作るのに25年かけたり、貴重だからこそ、中国皇帝の服のボタンだったものがフランス王妃の耳飾りになってたり、伝来し続けているところがすごい。
色も形も色々あって、知識として知ってはいたけど実物はまた魅力が段違いでステキでした。
最近、河惣益巳の『火輪』文庫版買ってるので、「黄金真珠」の実物が見れたという点でも嬉しかったり。
黄金・黒・白の真珠の化身が出てくるんだけど、白と黒は見たことあっても黄金ってのが想像できなくて。
黄色味の強い白なのかなと思ってたけど、本当に黄金色だった。すごいわ。

美しい物を見て楽しんだ後は、新宿で急遽設定された飲み会。
いや、友達に味噌を大量にもらって困ってるからもらってくれと言われて。
てゆーかさ!
ドロミ」って、新宿を利用する特に女性なら誰でも知ってるよね!?
待ち合わせを「ドロミ像前」って言ったら、「ドロミって何?」って集合かけた3人全員に言われたんだけど!
ありえない!!
帰り道、彼女らはドロミ像を携帯で撮影してました…
スポンサーサイト



Calendar
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ