スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペンター!

20060228213815らぶい子が村に来ました。
ペンタです。
運動マニアな男の子です。
この体型でトレーニングするところとか見てみたいです。
部屋も可愛い。
ぞうのすべりだいとか鉄道模型とか。
愛い奴。
めざすぞ、写真。

ゲーム関連で。
アビスは本日貸出しました。
昨日は貸す前になんとしてもクリアしたかった闘技場に燃えてました。
これもテイルズ伝統の施設。
連戦を勝ち抜くとご褒美に称号と最強武器がもらえます。
個人戦と団体戦があって、とりあえず個人戦優勝を目指してやってました。
アニスが一番辛かった…以外に打たれ弱いんだもん。
肉弾戦と譜術の両方ができるオールマイティーキャラなのに。
びっくりしたのはナタリアか。
自分で操作するの初めてだったし、弓使いなのでやり辛いかな~って思ってたのに、すごい楽だった。
何せ射程範囲が広い。それでいて連射も早い。
何より後衛キャラなのに防御力高いよ?だってガイ(剣士=バリバリ前衛キャラ)より打たれ強いんだもん姫様は頑丈です。
そーいやたまたまナタリアの秘奥義でトドメを刺したので秘奥義用の勝ち台詞を初めて聞いたけど「私の勝利は、我が国民の勝利です!」って超格好良かった。思わず拍手
そんなこんなで全員個人戦優勝を果たしました。
もらった称号、アニスの「ジェノサイドプリティ」が一番恐ろしげ
ルークの「ソードオブソード」はシンフォニア主人公のロイド君と同じだな。
ジェイドの称号は、またもやピオニー陛下からの衣装付きでした。

最後にエンディングをまた見た。
さすがにもう泣きはしないけど、何度見ても心臓がきゅっとするような切なさが残るわぁ…
スポンサーサイト

ぷれいすけじゅーる

なんのってゲームのさ。<プレイスケジュール
バテン・カイトス2は買った。
でも今はアビス2周目絶賛プレイ中。
いつもなら、2周目のゲームなんてすぐ放置して新しいの始めるんだけど、今回は見てないイベントなんかもあるせいでまだやめたくない。
ていうか、一度やめて別のゲーム始めちゃうと、また元のゲームに戻ることが難しいのよね、自分の場合。
別のをやってる間にモチベーションが下がるというか。
ということでこんな計画を立ててみました。

この週末でアビス2周目は終わらせる。
週明け適当な時期にバテン・カイトス2開始。

なんでこの週末に終わらせるのかといえば、昨日Y子さんと「週明けくらいに貸す」って約束したから。
まあ…飛ばせばあとちょっとなんだよね、アビス2周目。
ただし「やり込み」はできないだろうけど。
久しぶりにY子さんがやる気になってるようだから、今のうちに貸すのがいいかな~と。
自分の気に入ったものを知り合いがやってくれるのって嬉しいし。
でもいつものように無期限貸与じゃなく、ある程度の期限付きです。
FF12が出るまで(笑)
私はたぶんFF12をすぐにはプレイしないけど、Y子さんはすると思うから。自分でもそう言ってたし。
それまでにアビスを終わらせていただきましょう♪

というわけで今日はアビスやってました。
サブイベントの期限切れに注意しつつもサクサクやってたら、あっという間にラストダンジョン前まで来た。
そしてコスプレ称号さらに2つゲット。
ルークの称号「ベルセルク」は、戦闘ランクをハード以上にして256回以上戦闘をこなすともらえるもの。
2周目は経験値2倍モードでやってるから当然楽勝できるんだけど、だんだんつまらなくなってきてたんだよね~
私、テイルズの戦闘は結構やりこむくらい好きなのに。
ところがふと思いついて戦闘ランクをハードにしてみたら(他にマニアとアンノウンがある)、おお楽しい♪
敵が固くなるだけじゃなく、攻撃方法も多彩になるってあたりがイイネ♪
敵の使った技や譜術を利用してFOF(属性攻撃を行うとできる音素の溜まった場所。その上で特定の技を繰り出すとその属性に対応した特殊技に変化する)しまくり♪楽しい~♪
あとは2周目限定秘奥義を見ないとね

週末遊戯

「花金」って言わなくなったよねえ~
と思いつつ、週末の会社帰りはやっぱりどこかへ繰り出したくなるもんよね。
てわけでいつもの如くY子さんと新宿へ。
終業時間が違うから、追いかける形で合流したんだけど、会社から新宿へ向かっている間に「Cちゃんが来る」というメールが。

「え?名古屋から?」
「うん(笑)」

この日は串八珍とゆー串焼きのお店に行きました。
Y子さんに「飲み続きだから安いところ~」と希望したところ連れてってくれた。
味噌とキャベツってサイコーだよね…安いし
そーいやものすごく久しぶりに大ジョッキでビールを飲みましたな。重かった(胃とかではなく物理的に)。
そしてあの人ホントに来たよ名古屋から。
ちょうど私らの一次会が終わった頃。
私らはお腹いっぱいなのでビリヤードでも行こうってことでそちらで合流。
…Cちゃんは東京駅で「ごまたまご」買ってきてたからいいのよ、うん。まあパスタ頼んでたけど。
本日の玉突きは…
最初は快調。酔ってる方が調子いいのかしら~て感じでした。
といっても「まっすぐ入る」って程度が私の「調子いい」の基準だけど。
途中でCちゃんに「そろそろやちも次の次の玉を考えて打つことを覚えたほうがいいよ」とか言われた。
…だってまだ真っ直ぐ打つので精一杯だもん!
しかしやってるうちに3人ともどんどんグダグダに。
1つの玉が落ちるまでが長い長い。
でも笑ったし楽しかった

昨日はバテン・カイトスの発売日。バッチリ購入して帰宅しました。

麹蔵

20060225233313会社帰りに有楽町で飲んできました。
今日のお店はHちゃんオススメの麹蔵です。薩摩料理。
本来の目的は旅行チケットの受け渡しと精算だったけど、前日夜にAちゃんから「明日ご飯一緒できる~?」と連絡が来たので急遽一緒に。
有楽町に19:50というちょっと遅い待ち合わせだったけど、お店には予約なしにあっさり入ることができたので良かった♪

薩摩揚げのきめ細かさとかラフティーの器にサツマイモが一緒に入ってたりとか紫芋コロッケとか。
薩摩らしく美味でございました。
あとやっぱり焼酎が色々と。
ワタクシ「野うさぎの走り」を初めて飲みました。
名前をよく聞くからという安易な理由で頼んだのだけど、まさか40度もある奴だとは知らなくて(メニューに書いてあったけど見ちゃいなかった)最初は久しぶりに「うっ」ときましたね。
氷が溶けてきたら普通に飲めたけど。
度数が高いからなのか何なのか、これだけ薩摩切り子に注がれてたのよね。
綺麗なので撮影してみた↑

Hちゃんから聞いた話。
イタリアのヴェネチアに行った際、お店の人から「赤いヴェネチアン・グラスを買うといい結婚ができる」と言われたそうな。
…私、買ったけどな…卒業旅行でイタリア行ったとき。いい結婚云々は関係なくただ土産用に赤いヴェネチアン・グラスの花瓶を。
その話っていつまで有効なのかしら~?
ちなみにHちゃんのお友達は買ったらしいが帰国してみたら割れていたそうな。
私は手荷物で持って帰ってきたので今でも我が家の居間に飾られてますわよ。

水百景

ほんの2、3分ほどのミニ番組。
有名なのは『世界の車窓から』あたりでしょうか。
たまたまテレビをつけてたときに、素敵なミニ番組を見つけると「わ~こんなのあったんだ~♪」とちょっとした宝物を見つけたような気分になれて嬉しい。
だから好き。

最近のお気に入りはテレビ東京の『水百景』
火曜日の22時前にやってます。
日本国内の、様々な水の織りなす風景。
まさに癒し
その映像に加えて流水の音色。
すーっと身体の力が抜けていく感じです
「見るぞ!」って感じで見るんじゃなく、たまたま巡り会えて癒される。
そんなリラックスした感じで見るのがまた好きです。

朝令暮改。

どころじゃないくらい番狂わせでした。今日の職場。

私が担当するチームの1つが、今週部屋を引っ越しする予定なのだ。
全員じゃなくて、一部が隣の部屋に移動してさらに資料類も大量に隣へ移動って感じで、まあ拡張するんですよ。
必要なのが書架(て言い方でいいかしら…本棚のことね)。
同じフロアの一室を全部電動書架化するのに伴い、そこに元々あった書架を移設することになってました。
電動書架って一列分だけ人が入れる隙間がある奴ね。スイッチ一つで書架全体が移動して隙間を作ってくれるんです。
その移設作業が明日の予定でした。
が。今朝になって。
「(電動書架を設置するには)耐震構造に問題があることが分かったから計算をし直す」とかどこぞの建築士事件のようなことを言い出して、最低今週末まで延期ということになったらしい。私のあずかり知らぬところで。
それ聞いたのがチームの皆に引っ越し段取りの説明しようとしてた矢先の昼休憩直後。
仕方ないので事情を説明して引っ越しは延期します~部屋が狭いけど別の対策を緊急に考えるからちょっと待って~って説明しました。
し終わった直後、予定通り引っ越しやるって~って上司が連絡してきました。
地下倉庫に分解されて置いてある書架を思い出したんだって。
とりあえずそれが設置できるか試してみることになったんだってさ。

予定通りできるようになったのはいいけど、引っ越しとか他業者さんも入るような出来事があると、委託業務で委託元と同じ職場で仕事してる時、色々面倒です。
伝達がすべて委託元を通してなのでね。
こちらの希望もあちらの予定も人づて。
直談判してやりたい気持ちでいっぱい。

CATS

20060219163914生まれて初めてミュージカルを見ました。
「『CATS』はブロードウェイで見たけど強行スケジュールのせいで爆睡してたので初めても同然」というY子さんと一緒です。
13時開演だったので、劇場近くのTo The Herbsでランチすることに。
そこで白ワインをデカンタで頼んで「昼からワインっていいね~♪」とかなりいい気分になってから向かいました。
(でも店員のお姉さん、トリノ記念ワインを勧めるのはいいけど、その理由が「イタリア産ワインですから美味しいですよ」ってのは素人臭くて納得いきませんよ…)

で、入場。
キャッツ・シアターってすげえ。
さすが専用施設。席からして舞台セットみたいですよ。
一見してN.Y.の裏路地風、ただし猫視点(物が大きい)。そしてたまごっちとかJ-PHONEの携帯とかも転がってる辺りが微妙にジャパナイズ。かなりときめきました。
さらに舞台はすり鉢状の席の中央円形部分。席案内されるときに舞台登って行きましたよ。どきどき。
そして開演。
回転席の名の通り、開演と同時に席が回転し始めました。
微妙な興奮を覚えながら「トイレ行きたくなったらどうしよう」とか考えたバカです。
そしてワタクシ、恥ずかしながら『CATS』の話って全然知りませんでした。
前知識は「猫」「Memory」くらいなものです。
「Memory」は音楽の教科書で見たことがありましたが「私に触って~♪」の歌詞の意味がずーっと謎でした。今回初めて謎が解けた!!
触れそうなくらい近くで行われる演技も素晴らしかったですが、一番感動したのはやはり「Memory」の歌でした。
多少なりとも歌に関わったことがある人間としては、もう鳥肌もんです。いや、あれだけ力がある人なら誰でも関係なく感動に巻き込めるだろうな。
前半と後半、両方で感動して泣いてましたよ。声に。
話の筋を追おうとすると、まあ歌ってるせいでちょっと聞き取りにくいし結構はしょり気味な感じはしますが、あれはやっぱり歌と踊りとを楽しむ物ですね。
あ~人間って綺麗だな~~って思いながら眺めてました。
後から、私とY子さんが同じ人を重点的に目で追っていた(途中でMemoryも歌ってた黄色い猫の女の子と最後マジシャン猫やってた白黒ブチ猫の男性)ことが分かって「やっぱり…」な気分でした(笑)
ラストはちゃんと出演者と握手しましたよ~

総括。
初心者としてはやっぱり一度正面から見たいですね(笑)
チケット譲ってくれたC姉様ありがとうございました大いなる感動を得る機会を与えてくれたことに感謝
猫は犬に非ず。(←オチ)

後ろ向きの雛

ランチ中、何故かお雛様の話になった。
そこで耳慣れない話を聞いたので披露してみる。

よく言うじゃないですか。
桃の節句を過ぎてもお雛様を出したままにしておくと嫁に行き遅れるって。
でもまあ今でこそお雛様は省スペースタイプが主流かもしれませんが、昔は結構立派な物を持ってるお宅も多かったわけで。
そうなると雨が降ってる日なんかには湿気が心配で下手にしまうわけにもいかないこともあるわけで。
そーいう「仕方ない」状況の場合は、お雛様を後ろ向きにしておくと行き遅れることにならない
という話を10歳以上年上の女性から伺ったんですが…ホント??
ホントとかウソとかそーいうことじゃないと思うけど、そんな話初めて聞いたもんで。
地域限定かな~
でも、全部後ろを向いたお雛様ってのもなんか…妙な光景だよなあ

アビスマン

テイルズオブジアビス2周目。
実はちょっと停滞気味だったんだけど、先日のゲーム合宿でまた火がついて進め始めました。
んで。
やっとこ2周目限定称号とかとれる段階まで来たので、とりあえず取りに行ってみました。
でもセーブはしないけどね。称号取得時の会話とか見たいから、期間限定イベントじゃない限りはメインストーリーを最大限まで進めて、サブイベント一気に見れる状態のセーブを残しておきたいのさ

で、取った称号が「アビスマン」。
名前からしてふざけてます。
またしてもマルクト帝国皇帝ピオニー9世陛下から頂きました。
この人コスプレマニアか?(衣装もらうの確か3回目)
ガイの説明によると「アビスマン」とは子供向け演劇に出てくる、正義の味方キャラクターだそうです。
全員分あります。首の後ろに着用者の名前入りだそうです。
ジェイドが「これを試作品として、絶対自分の分も作ってますね」って言ってました。
何がしたいんですか陛下。
しかもこの称号つけてると、台詞まで変化します。
ルークが勝ち台詞を戦隊ものポーズを決めながら言った時には膝を打って笑いました。

そんなテイルズ10周年記念作品。さすがです。大好きです
でもって明日から5日間、おえかきBBSの版権お題がアビスなんだ~
テイルズ単品作品でのお題って初めて見たよ。テイルズシリーズってお題は今まで何度かあったけど。
出たばかりってのもあるでしょうが人気ぶりが伺えますな。

ゆきまつり (BlogPet)

ぽえがスパークで投票したかった。


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽえ」が書きました。

新製品

物的欲望が刺激された2品。

Nintendo DS Lite カラーバリエーション3種
うわ、ちょっと…!
何種類か出してくるだろうとは思ってたけど、なんてニクイ選色!!
今あるDSの色バリエから見ても、白で決まりだろうと思ってたのに…
アイスブルーとエナメルネイビー、カワイイよ!!
画面で見ててっきり黒だと思ったのに、ネイビーなのかよ!
うわ~ちょっと…いや、かなり惹かれる~~~……
実物早く見たい…
実際見てみるとまた感じ違うしね…
ていうか完全に買う気になってるよ、この人。
なんかもう、今持ってるDSの処遇も決まってるっぽいし。
脳トレソフト1本付けて1万円で嫁に行くことになりそうです。

iGuy nano
iPod nanoどころかMP3プレーヤーなんか持ってないくせに、見た瞬間に惚れた。
カ、カワイイ…!!
nanoの顔したミニロボットだよ…!!
しかも腕とか可動式!!
…デスクに飾りたい…
名前が「Guy(ガイ)」なのもイイところ

一昨日から昨日にかけてのゲーム集会についてはまたあとで。

追記。
ゲーム集会については2/11記事として投稿しました。

勝手にテイルズを祭った夜

え~現在2/12ですが、遡って2/10~11のことを書きます。
我が家で久々のゲーム合宿でした。

2/10の昼間。約束時間などをやりとりしているうちに、Eちゃんがテイルズオブシンフォニア(以下TOS)のソフトを持ってきていないことが判明。
今、我が家のTOSソフトは貸出中なため、Eちゃんが持ってくるしかなかったのだが、ちゃんと伝えてなかったのだ。
一度帰ってとってくる?とか話しているうちに、Eちゃんのご家族が待ち合わせ場所の駅まで持ってきてくれるということに。
うわあ、ごめんなさいごめんなさい!ただPS2版TOSの追加サブイベントを私が全部見てないから見たいってだけだったのに!そんなつまらないことのためにご足労頂いてしまって…!!
空よりも広く海よりも深く感謝(Eちゃんのお言葉から)。
そんなこんなで予定通り我が家に着きました。
急遽職場からY子さんも着いてきて一緒でした。
早速テイルズオブジアビス(以下TOA)のOPやらTOSの追加イベントやら見ました(再び多謝)。
Y子さんはうちに来るなり逆転裁判-蘇る逆転をプレイ開始しました。
名古屋から合流予定だったCちゃんも後から来ました。
一切の案内なしでいきなり「家の前にいる」と電話が来たときにはみんなで驚嘆しました。
Cちゃんが一人で来れるなんて…成長したのね……
その後Y子さんは逆裁に詰まって投げ出し、Cちゃんが開始。
Y子さんは宇宙家族カールビンソン読書へと移行しました。

私とEちゃんは正しくテイルズを祭ってました。Cちゃんも逆裁しながら反応してました。
TOS、画面を久しぶりに見た~
TOAを見慣れた後だとキャラがみんな可愛らしく見える…(頭身低いから)。
久しぶりにクラトスさんを見て、相変わらずの○バカっぷりで嬉しかったです。追加サブイベント最高巌流島とアルタミライベント良かったな~♪
欲をいえばCちゃんにゼロスデータも持ってきてもらって見たかったな。
そういえばTOA買ったときの特典DVD、PS2でもパソでも上手く見れなくて悔しがってたのに、そのとき試しにパソで起動したら全部見れた。
「私らの怨念(?)のおかげだ」とC&Eちゃん。なんであれ感謝。
TOAに関しては、華麗なガイ様のぷるぷるぶりを披露できたので満足。ホント、彼は素敵すぎて笑えます(プレイしてない人には謎)。
ついでにワンダと巨像の序盤などもお見せしました。
興味はあるけどアクション性の高さに尻込みしてるみたいだから。
それほどでもないと思うんだけどなあ…というか、今回はこのアクションこそが楽しい。あと風景。素晴らしすぎ。
でも自分自身久しぶりで操作感覚忘れてたり。
たまたま2周目データがあったので(パワーなどが1周目ラストの状態を引き継いでいる)、次の日にかけて7体目くらいまで倒しちゃった。やり方わかってりゃ結構簡単なのよね。ICOと同じで。

次の日、Y子さんは予定があって早々に帰ったけど、Cちゃんは起きてから逆転裁判を再開しひたすらプレイしていたので、珍しく結構遅くまでうちにいましたね。
おかげでTOAを最初から3時間分くらいやって見せちゃいましたが。
充分な布教活動になったかな?(笑)まあ、Eちゃんは元々「いずれやる」みたいなこと言ってましたが。
最後に駅でちょっとお茶してお別れしました。

今回最大のヒット。
夜寝る時、例の如く私がCちゃんをちょっといぢめて遊んでいたところ、CちゃんがY子さんに「Y子~なんとか言ってやって~」と泣きつきました。カールビンソン熟読中だったY子さんの答え。
「あたたかい」
Cちゃんは憤慨し、私とEちゃんは拍手喝采でしたとさ

ゆきまつり

20060209224221もえぎ村はこの一週間、雪祭りです。
札幌では雪像ですが、森では電飾です。
針葉樹には電飾がされます。
そして村の住人達も自分の家を電飾で飾り付けます。
自キャラはこれに参加できないけれど、役場前にいる村長さんに、「どの住人の飾りが一番キレイか」を投票することで祭りに参加します。
優勝者には…何があるんでしょう?
最終日が楽しみです。

一年のうちこの時期だけのイベント。
忘れないうちに撮影
左側に見えてるのはスパーク(リス・男)の家。

あ、またヘアカラー変えました。「夜めだたない色」。
最近は「うさぎのふく(白くて裾と袖にフワフワ付)」に「たかねのはな(スズラン)」を頭に飾るこの恰好がお気に入り

おさわりアドベンチャー…?

なんか…ヘンなゲームを発見した。
その名も『おさわり探偵小沢里奈』
NintendoDS対応…
ジャンルは"おさわりアドベンチャー"…
なんだよそれ!
て思って公式サイト覗いてみたら、さらに謎な物体が。
「なめこ」…?がお手伝い…?
謎すぎる。

ゲーム関連で。
週末、シンフォニアクリアしたEちゃんとテイルズ祭をすることになりました。in my room.
に合わせてアビス2周目データを新たに作成中…
ちょっと見せたいものがね…ウフ。

入試期間

職場近くの大学、本日から門が閉まって通り抜け禁止期間です。
つまるところ入試期間ですな。
この期間になると、職場まで大学の敷地を迂回して行かなきゃならないので微妙に焦ります。
まだ入試の準備だったりするんでしょうが、再来週くらいになると、一種独特な雰囲気を持つ受験生達と通勤することになるんでしょうね。
毎年思うけど、各予備校連、人の顔見て「直前チェックシート」とか渡して下さい。
どう見てもスーツ着てるのに渡そうとするんじゃない。
(うるさいので、その期間中わざと社会人ぽい恰好することがあります。普段はジーンズ)

昨日のバテン・カイトス2、発売日が幻想水滸伝5と同じだということに気がついて、こちらも微妙に焦る。
まあ、たぶんマイノリティーにバテン・カイトス2に走ることでしょう。

バテン・カイトス2 !!

バテン・カイトスの続編が出ますってよ!!
その名もバテン・カイトス2~始まりの翼と神々の嗣子!!
まあ出ること自体はずいぶん前から広報されてたんですが、公式サイトもどきはあったもののトップページのみで更新もされず、大丈夫なのかな~?という雰囲気だったわけですよ。
それがつい先日ゲームサイトで公式サイトオープンの情報を見て行ってみたところ、発売日も2/23決定となっており、こりゃ大丈夫だ!と。
でも……あれ、任天堂の公式サイト?
あれ?ナムコだったよね?
画面下は「NAMCO LTD., ALL RIGHTS RESERVED.」になってるし。
いつかのバイオハザードのように、開発はカプコン、発売は任天堂みたいになってんのか?まあ企業の複雑な事情はどうでもよいです。出るなら。

前作バテン・カイトス~終わらない翼と失われた海は、ユーザーの評価は高かったものの、GCオンリーで出た為やはり売り上げとしてはあまり振るわなかったようです。
で、私はもちろんやったわけですが。
面白かったんだよね、ホントに。
システムも斬新、絵柄も独特、でも物語は王道ながらも重厚で、世界観もどこかで見たような気もするし初めてなような気もする美しい世界で。
そして、どうせ誰もやらないだろうからネタバレしちゃうけど、初めてですよ、プレイヤーを捨てる主人公なんて(笑)
RPGの場合、だいたい主人公ってのは2パターンあるよね。
名前も自分でつけてプレイヤーが主人公になりきるパターンと、名前も性格も生い立ちも用意されていて、ただプレイヤーがそれを動かすだけのパターンと。
バテン・カイトスはそのどちらとも違います。
主人公の"カラス"は、異世界に存在する精神の声を聞き、自らにおろすことができる数少ない特殊能力の持ち主で、その異世界の精神を「精霊」と呼び、カラスのような能力者を「精霊憑き」といいます。
プレイヤーはカラスに憑く精霊です。
その声はカラスにしか聞こえないけど、精霊の存在は伝説級とはいえ広く信じられているようで、カラス以外の仲間達もプレイヤーを仲間の一人として声をかけてきたりします。まあすべてカラスを通してですが。
つまり、カラスがいなきゃ、カラスが精霊として自分を憑かせてくれなきゃプレイヤーはバテン・カイトスの世界を動き回れないわけです。
で、このカラス。
曲者です。主人公だけど。
プレイヤーはゲーム開始時より以前にカラスに憑いたことになってますが、何故か開始と同時に記憶を失っています。まあだからカラスのことも世界のことも何も知らないって状態が違和感ないんですが。
何故記憶を失ったのかは後々分かりますが、つまるところ、カラスはプレイヤーを裏切るんです。
精霊憑きになると大いなる知恵と力を授かると信じられていて、カラスはこれを利用していたんですね。
「もうお前はいらない」と言われてプレイヤーはカラスに捨てられ、介在者を失ってバテン・カイトスの世界に留まれなくなり……
実際画面がどんどんぼやけて真っ暗になったときは、あまりのショックに「てめー仮にも精霊様に何しやがる!」と罵倒しかけましたが。
まあ、もちろんちゃんと続きます。
後に戻ってきたカラスに「なんで"殴る"コマンドがないんだ!」とか思ったりもしましたが(精神ですから殴れません)。
改心したとはいえ一発殴らずには気が済みませんでしたよ、ホントに。

まあそんなこんなで前作は大変印象に残るゲームだったわけです。
実際、他でも評価高かったし続編を望む声も多かった。戦闘システムも面白いしね。
まあでも企業ですから、売れないソフトは作れないだろうし難しいかな~と思っていたのです。だから余計に嬉しい♪
今度の主人公の名前は"サギ"。もちろん精霊憑き。
やっぱり鳥名だな。
まあこの世界の人々はみんな「心の翼」と呼ばれるオーラのような翼を持ってるって設定だし、その辺から鳥の名前ははずせないのかな。
でもなんでよりによって"カラス"に"サギ"?
絶対また素直じゃなさそうな。
しかもこいつ帝国の暗黒部隊所属でお金の為なら何かを犠牲にすることも厭わない?既にまずいだろう。
それで「明るく前向きで素直な面を持つ」って信じられない!
相当ひねくれてるだろ!!
ああ~~楽しみだ(え?)

デザイン変更

やっぱり白背景が好きだなあ~ってことでブログデザイン変更。
上に過去ブログに掲載した画像が新しい順に表示されるという奴なのだが…見事にもえぎ村風景だらけに
しながわ水族館のサメが浮いている…

» Continue Reading

飲む食べる。

2日続けて飲みに行ってました<昨日・一昨日
一昨日の木曜日は元々予定していたもので、旅行相談とどうぶつの森おでかけ目的(!)で銀座へ。
昨日はよくある突発飲みで、ネット友達で職場の同僚でもあるY子さんと新宿へ。金曜日にはよくあることですね。

銀座は森の通信が目的でもあったから、人目につかない個室限定で検索かけたところひっかかった店。
麹の宵
その前に「和酒処 鯛めし おでん 揚ひな鶏 お新香」とつくあたり、どこにポイントがあるんだよって感じですが、全部ありました(笑)
そして初っ端に「豚」「馬」「鶏(白レバー)」の肉3種を頼んでしまうあたり、やっぱり我らは酒好きなんだな~と思ってしまったり。
食前酒代わりの梅酒から日本酒・焼酎と、あらゆる種類が揃っていて、結局日本酒もお銚子4本分飲んでました、3人で。
前々から噂に聞いていた田酒を初めて飲んでご満悦。こりゃ食事に合うわ~。
最近はキレのある辛口が好きになってきたみたい。
ワインと一緒で、食事と如何に合わせるかってあたりにポイントを置く選択になってきたような。
昔はただ甘くて飲みやすいものが好きだったけど。
で、ここではDSどうしの通信機能を使って(他にインターネットを介するWi-Fi通信がある)森のおでかけもやりましたよ。初めて3人で。
4人まで同時に一つの村に入れますから。
一つの村にいるけど、画面には各々の自キャラ周囲しか表示されていないので、誰がどこで何やってるかは偶然すれ違うとか待ち合わせ場所を決めるとかしてないと不明。
村に出入りするときだけは全員に共通の通信が入るのでわかるんだけどね。
私とHちゃんが普通に口でもゲームでもコミュニケーションする中、黙々と何かをしているC姉(村にいるのはわかってる)。話しかけても不気味に微笑むばかり。
そのうち村の一角で不審な穴だらけ地帯を発見。
C姉様がスコップで穴を掘って自分の足跡を残していたのでした。
そして不幸にもその作業真っ最中に遭遇してしまったHちゃん、自キャラの四方に穴を掘られて閉じこめられてました(笑)
他にも人の村に来ては自分の村の特産物(村に最初から実っている果物。5種類あり、村ごとに異なる)を売って、そこの村の特産物を収穫し、自分の村に帰って売るという荒稼ぎをしてたみたいです(特産物は自分の村では100ベルだが、他の村で売ると500ベル)。
…そのお金で早く家を大きくしてね。
ていうか、一番どうぶつの森歴が短いはずのHちゃんが既に私と同じ大きさの家になっていたのにビックリ。
そりゃ私はアビスプレイしてた約2週間、村をほったからしにしてたけどさ……アナタなにげに相当ハマってない?
旅行も決まってお酒も料理もいっぱい食べてゲームもして、平日だというのに盛りだくさんな飲み会でした。

» Continue Reading

神はサイコロを振らない

先週、テレビをつけっぱなしでパソをいじってたら、でっかい声で「やっちー!」と呼ばれた。
それがこのドラマだった。

主人公の小林聡美が親友役のともさかりえから呼ばれる時、こう呼ばれているようで。
気になってそのまま見てしまったら、なかなか面白かった。
ちょっと切ない展開っぽいのがいい感じ。
人の心や時間といったものを考えさせられる感じ。
今日は途中から見たけど、ともさかりえに「やっちーのこれから先の人生を最高に幸せなものにするために、忘れられない日にしてあげるよ(うろおぼえ)」とか言われて、なんだか嬉しくなってみたり(違うから)。

航空会社が舞台の一つになってるから、飛行機とか空とかが背景によく使われてて、爽やかでいいわ。

ドラマ公式サイト
Calendar
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。