スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきたら

20060430212436庭の藤が満開だったので、時期を逃さないうちに。
先週の写真と見比べたらわかるかな?
ちょっと角度を変えて撮影してますが。
今は房の下の方までほとんど咲いていて、房が太く色も鮮やかになってます。
花が終わると、でっかいサヤエンドウみたいな種ができます。
いつもそのまま枯らしちゃうけどね。
その後、ぶわぁ~と蔓が伸びてきて、夏の間は居間のカーテンになります。

ちなみに牡丹の方はもう花びらがほとんど落ちて、今年はもう終わりですね。
花の命は短くて。
スポンサーサイト

福島・ニ岐温泉

20060430200906福島県は二股(ふたまた)温泉へ出かけて参りました。高校時代の友人と3人で。
新白河駅周辺ではソメイヨシノが散り際、八重桜や枝垂れ桜がほぼ満開という状況でした。
近いとはいえ、やっぱり関東よりちょっと気温が低いね。
東京方面は今にも雨が降りそうでしたが、新白河に着いたら晴天。
翌日も晴れて遠くの安達太良山なども望め、天候には恵まれました。日頃の行い
新白河からはワンコインバスを利用(運賃500円。宿泊客は無料)。
片道90分ほどもかけて山を越え、さらに登った先にあるといった感じの温泉でした。途中15分くらい休憩があったけど。
終点でさらに宿のバスに乗り換え、ここからはほんの5分程度ですが、ジグザグにつけられた坂道をスイッチバック方式で下るほどの急斜面。
慣れてないと運転できないだろうなあ、これは。
そんなこんなで時間をかけ珍しい体験もしつつ辿り着きました。大丸あすなろ荘に。

茅葺き門の入り口から瀟洒な雰囲気の小道が続き、奥には「日本秘湯を守る会」とでっかく書かれた提灯を下げた入り口。
開湯は平安時代という実に1000年以上の歴史を持つ温泉で、江戸時代までは大名クラスしか利用できなかったという隠し湯だそうですよ。
その蘊蓄だけでわくわくですね。
お風呂も幾種類かあるので、部屋に案内されて温泉宿のフォーマルウェア・浴衣に着替えたら早速お風呂へGO!

20060430200911まずは渓流沿いにある「子宝露天風呂」へ。
さすがに湯船は撮影するわけにはいかないので、温泉へ向かう途中の道から渓流を撮影しました。
この左手上方に湯船があり、渓流は上から望む感じ。
山間を吹く爽やかな風と渓流の水音と頭上を覆う緑とで、もーマイナスイオンいっぱい!来て良かった!!てな極楽気分。
最初はぬるめに感じたけどあとからカッカしてきて、さすが温泉と思わされました。
それでも結構長居して、ご飯前はそれで疲れて(というか暑くて)あとは部屋でゴロゴロしてました。
それも湯治の醍醐味。
温泉宿の宿命、大量の夕食をいただき、腹が落ち着くまでは部屋でやはりゴロゴロ(身動きとれず)。
やっと22時すぎに内湯及びそれに付属する露天へ。
こっちの露天は浅くてぬるくて自然と半身浴になるので、いくらでも入っていられそうでしたね。
0時頃就寝。

そして翌朝、5時半頃には目が覚めたかな。明るくなると自然に起きます。
混浴の自噴岩風呂が女性専用になるのが朝6時~9時。
それを狙ってそそくさと部屋を出ました。
この岩風呂、江戸時代からずっと使っている風呂で、しかも湯船からお湯が自然に沸いている、まさにそのままな天然中の天然もの。
わくわくドキドキで湯小屋の中に入りましたが…
深!怖!熱!
湯船の底には所々、湧き水などで見かけるような、まるーく深くなっている部分が。
そこ以外も全体がちょっと溶けているような岩肌で、野趣満点…すぎ?
なまじお湯が無色透明なもんだから、底の様子がよく見え、面白いけどちょっと怖かった。
で、湧いたお湯そのまんまだから熱い。
私は入れたけど、人によっては動くのも辛いかも。
長くは入っていられなくて、早々に渓流風呂へ向かったけど、あれはあれでなかなか出来ない体験でした。

心残り。
渓流風呂、男性用と女性用が18~20時の間入れ替わるんだけど、夕食時間と重なってしまって、食べ終わっても苦しくて結局行けなかった。
男性用の方が本当に渓流に近くて写真でもよく紹介されてるので行きたかったんだけど…
でもまあその時間じゃ暗いしよく見えないし別にいいかとも。
というか、あのお風呂は外から見えやすいので、暗い時間に設定されているのだと思われ。

残念。
夕食の給仕。慣れていない人だったのかもしれないが、かなり要領が悪かった。
最後の甘味をまだその前のものが来ていないのに持ってきてしまったのが最悪。それも本人は承知の上で持ってきてたからなあ。
甘味以外のものが前後するのは構わないけど、最後と決まっているものを、まだ届けるべきものがあるのをわかっていて持ってきてしまうのはダメだろ。
そもそも甘味などのシメの料理は他のすべての料理を下げてから出すのが普通だろうし。
お皿もほとんど下げに来なくて、最後はテーブルが満杯になってしまってたしねえ…
料理自体はとても美味しかったので、すごく残念。
朝食の給仕は別に問題なかったので、あの人だけの問題だったのかなあ。
豚肉の入った味噌鍋が絶品でした。
お腹いっぱいなんだけど止まらなかった。

まあ不満もあったけど、概ねいい旅でした。
何より天気良かったし花も綺麗だったしお湯も面白かったし。
さて、明日明後日は仕事頑張るか。

行ってきます

ちょっくら秘湯めいたところへ行ってきます。
1泊2日。
報告は、また明日か明後日にでも。
秘湯だといいなあ。

商談成立。

ニンテンドーDS(旧型)が売れた。
脳トレとGBAソフト1本の、計2本のソフトを付けて。

あー、良かった無事に売れて。
これで日曜の朝からビックカメラに並んだ甲斐があったってもんだわ。
引き渡しついでにちょっと飲んで、その場でテイルズオブシンフォニアを返してもらい、またMOTHER1+2を借りました
さーて、テイルズオブレジェンディアとMOTHER1+2と幻想水滸伝5のどれから手をつけるべきか……
FF12はだんだんどうでもよくなってきた

戦国BASARA2

右画像は1のパッケージ。
紹介するのは、2006年夏発売予定の『戦国BASARA2』でございます。
ジャンルは「スタイリッシュ英雄(HERO)アクション」。
出てくるのは戦国武将。
時代無視。史実無視。
とにかく有名武将使ってスタイリッシュに一騎当千で戦国の世を駆け抜けちゃおうぜ!的ゲーム(と解釈する)。
『Devil May Cry』の戦国武将版てとこかな。
やったことも画面を見たこともないんだけど、おえかきBBSのゲーム専用板になんともイカれた戦国武将の絵が描かれることがよくあって、それがみんな『戦国BASARA』だったもんだから、気になってはいたんだ。
今日、いつも見てるゲームニュースサイトに『戦国BASARA2』の紹介が本格的に出ていて、初めてじっくり見てみました。

結果。
かなりウケた(笑)
豊臣秀吉と織田信長が対立ってどーゆーこと?
ちょっと秀吉迫力ありすぎ(猿というよりゴリラ系…)。
織田信長が魔王設定なのは、まあわりかしよく見るけど、武器が剣とショットガンって何よ!?
で、妻の濃姫はセットなわけ?しかも2丁拳銃持ってますよ!?
声がキャラ紹介ページで聞けますが、みんなエライ気合いの入った声で…
伊達政宗が「独眼竜は伊達じゃねえ、you see?」とか言っちゃってますよ?
ここまでイってしまっていると逆にすがすがしいというか…
声優も豪華ですねえ…ちらほらとあちらこちらで見たことある名前が。
みんな気合い入ってるんで別人ぽいですが
あ、でも石田声(=竹中半兵衛)は相変わらずだった(笑)

牡丹と藤

20060423184222牡丹と薔薇ならず。
薔薇はもうちょっと先だなあ。5月くらい。
この牡丹は随分昔からうちの庭にありますね。
昔はほんの1、2輪しか花を咲かせなかったけど、今年は既に4輪ありますね。
牡丹は葉茎の割に花が大きくて、雨などでふくよかな花びらに水が入り込むとあっという間に下を向いてしまいます。
だから傘をさしてあげないとなんだよね。
でもよくあるような藁?でできた傘なんぞ、一般家庭には面倒です。
てことで、うちでは隣に立ってる松の枝にビニ傘をくくりつけて牡丹にさしかけてます。

20060423190029今年も藤が咲き始めました。
まだ写真撮るにはちょっと早いかな~
色がまだ少し薄くて花も房の下の方はまだまだ咲いてません。
藤色って綺麗よね~と毎年思います。
でも藤が咲くと蜂がいっぱいやってきます。
特にクマンバチは見てくれぽってりしてて可愛いけど羽音が怖い。
下の奥の方に見えているピンク色はサツキ。
ツツジも咲き始めてるね。
ほぼ同じ頃に咲く花だけど、私はなんとなくサツキのが好きだなあ。

うふうは

20060423133310いろんな人に「私がDS Lite買ったら、今の旧型買わない~?」と打診中だったわけですが。
「私が買ったら」という条件だと実際はいつなんだかわからないわけで。
その辺、交渉の材料として弱いな~と思っていたので探しに行ってみました。
任天堂公式では4月下旬には品薄は解消されてくるとかゆってたし。
それでも金曜の帰りに新宿でちょろっと覗いた限りじゃ全然売ってないし、ここはちょっと本腰入れようと、今朝、開店と同時くらいに有楽町ビックカメラに行ってきました。
なんで有楽町かと言えば、Lite発売当日騒動の中で最も穴場だったと指摘されていたのがココだったから。
ゲームコーナーはB2F~…っと階段に近づいたらそのすぐ外に行列が。
もしやと思って外に出てみたら「ニンテンドーDS Lite緊急入荷」の広報と案内が!
ビンゴ!!と思いつついそいそと並ぶ。
3~40人くらいかなあ?10時9分くらいでそんなもんだから、みんな開店してから並んだんだろうね。
家族連れもいたけど、殆どは大人でした。男女問わず。
その後整理券のようなものが配られて、待つこと20分ほどで希望通り「クリスタルホワイト」が買えました
全色まだまだ余裕はありそうでした。
まあ、今日1日は保たないかもしれませんが。

前の方で、整理券配ってるお店の人に「昨日も並んでらっしゃいましたよね?」とか言われて列を離れていく人が2人ほど。
いるんですね~転売目的。
でもAmazonとかで2万以上で売られてるもんねえ。ヤダわ~
1人は如何にもそれっぽい若い男だったけど、もう1人は若い女性だったよ。

帰って早速森をLiteでプレイ。
おお画面が明るい~軽い~~
記念に旧型ピュアホワイトとその箱とセットでフレームに
さて、旧型は嫁に行くんだからしっかり元通りに戻さないとね。
箱も中袋も一切捨ててませんから♪

オタクな飲み

金曜の夜はY子と飲む、が恒例になりつつあります。
どうなんだろう。
まあ、続くうちはいいか。
ということで昨日も飲んでました

最近、昼休み時間にもどうぶつの森を欠かさずプレイしているY子。
攻略本を買うということで新宿K書店アドホックへ。
1FDVDコーナーの前を通りかかった時、Y子が急に挙動不審に。
何かと思ったらコレのポスターでした。
ほ~5/26か。もうすぐだね。どうしようかね。
そんな風に思ってる横でY子が「どうしようどうしよう…買いだよね!?」とか口走ってました。
書店ではゲームアンソロ本コーナーで逆転裁判公式アンソロジーコミックを発見し、やはり激しく動揺して「買いだよね!?」と手に取るY子。
成歩道編と御剣編2冊。攻略本と合わせて3冊お買いあげ。
今度読ませてもらおうっと。
もう1回ポスターを見たいというのでわざわざ前を通って店を出る。
ホント、横を通りながら目を離せないでいる方がよっぽど挙動不審だってのにねえ。
自称隠れオタクだからY子さん。

そんなことがあったせいか、飲みでは色々とオタク話に花が咲きました。
昨日はオヤジの飲み屋な店構えの牛タン屋。ふらりと入ってみた。
ともに焼酎ロックを片手に「私はゼロス支部だけど、ガウリイ大好きなんだよ!コウモリなのよ!」とか「おえかきBBS版権お題アンケにまたスレイヤーズ上がってるよ。頑張っちゃう?」とか話してました。
ホスト部アニメについても、私はまだ見てないけどY子及びCちゃん的に「なかなかいい」との話。
あ、でもCちゃんはハニー先輩だけは違和感だそうで。
ドラマCDの時はチョッパーにしてピカチュウにしてアビスのイオン様だったあの人だったのにアニメは違うから。
ま、Cちゃんだからね。
アビスといえば、最近オンリーイベント告知が次々と出ていて、またそのイベント名が面白いので、アビスプレイ中のY子にも披露しました。

その1.ケテルブルク幼馴染オンリーイベント『ケテルブルクで逢いましょう』
TOAケテルブルク幼馴染オンリーイベント『ケテルブルクで逢いましょう』

その2.ガイ・セシルオンリー同人誌即売会『俺の本気見てみるか!』
10/29 ガイオンリーイベント「俺の本気みてみるか!」

その3.ルーク&アッシュオンリー同人誌即売会『ファブレーズ』
TOAルーク&アッシュオンリーイベント『ファブレーズ』2007/1/28開催

「俺の本気見てみるか!」はガイが戦闘中に秘奥義発動するときの台詞です。
「ファブレーズ」、ロゴがまんま某消臭剤です。
みんな面白すぎる。熱いよなあ。
そういや昨日のシメは、「最近のオタクの"萌え"なんて生ぬるい!"燃え"だよ!もっと熱いんだよ!!」でした。

G・ブランド

20060420221840G・ブランド=グレース・ブランドと読んでいただければ。
村に時々やってくる訪問者達。
グレースはシリーズ初代からの古株キャラですな。
本名なべのすけ。
いわゆるオ○マキャラであり、自らファッションのご意見番を名乗るどこぞのピ○コもどきなキリンです。
以前までは真っ赤な外国車もどきで村に乗り付け、高飛車な態度で「田舎道で泥まみれになった」車を強引に磨かせ、ピカピカにできると(正否はAボタン連打による)「グレースブランド」という非売品の服のシリーズをくれました。

今作からは変わりました。
いや、むかつく態度は変わらんけど。
勝手に「ファッション認定書」をくれます。
高い評価だとプレゼントも付くけどたいしたもんじゃありません。
非売品の服は?
認定書もらった後に何度か話しかけると急に「コーディネートしてあげましょうか」と言ってきて、色々言葉をごまかしながらも、いわゆる「袖の下」を要求してきます!
攻略本に従い、5000ベルほどくれてやると…一気にグレースブランドの服を身につけたコーディネートに変身させられました。
5000ベルの見返り「シンメトリーなふく」と「さんかくサングラス」。
サングラスは別に非売品じゃありません。
グレース的に「コーディネート」なんでしょう。
…………え~~~~~~~~~~~~~~

千年の色

とてもステ~キな本を見かけました。
例によって職場で。
『源氏物語 千年の色』というタイトルの、箱入り豪華本です。
中は2分冊と解説書。
本体はアルバムのような体裁になっていて、源氏物語に登場する色が、綺麗な色紙で紹介され、その名前・読み方・英語名とが添え書きされています。
1冊は色単体の紹介。
もう1冊は襲(かさね)と呼ばれる、色の組み合わせの紹介。

色の古称に魅力を感じる人は多いと思うけど(浅黄とか萌葱とか)、実際にその色を見ながら眺めると、ますますいいなぁと思いますね。
しかも版元は、その平安時代の色にこだわった様々な活動を行っている会社。
実際、色見本付きのこうした本は、中学校の国語資料集を始めとして何度か見たことあるけど、この『千年の色』がダントツで綺麗だし、それぞれの色の違いもこれまで見たどの本より際立ってわかりやすい。
隣に付記してある英語表記がすご~く哀しく見えるけどね

ステキ!欲しい!と思わず思ってしまうけど、約10万円也。
ま、法人じゃなきゃ買えないよなあ…

↓版元のHP。
「平安王朝襲色目」→「NEXT」クリックで、本の画像あり。
ttp://www.kyoto-ohtakougei.com/html/homehtm/home.html

活用 (BlogPet)

ネットで広い片方を書き込むくらい元々当たり前には思う
よって私は1年経ったわけだが別の担当者同士で連絡し合って然るべきことなんだけどね
気がつかなかったよ
メモを持ち歩くことも考えたけど、それも量が多いと探すのが大変
と、ぽえは思ったの♪


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽえ」が書きました。

穴の場所

20060417211520会社帰りに、土曜日に買ったジーンズ2本を引き取ってきた。
1本ダメになってきてたからね。
機会があったら買おうと思ってたのだ。
でもなんか、接客してくれたお姉さん(たぶん歳下だけど)がすごく感じ良かったんで、選んでくれた2本とも買っちゃった。
キレイめ濃藍のジーンズが欲しかったんだけど、最初に見せてくれた色落ち強めのがグレーっぽくも見えて良かったんだよね(写真左)。
それ先に決めて、やっぱりキレイめなのもって言ったら色落ちも綺麗な奴を選んできてくれた(写真右)。
ま、ジーンズはだいたい履き倒すので、ちょっと多めに持ってたっていっか~と。

それにしても。
今回ダメになったのは穴が開いたからなんだけど、以前に買った奴もまったく同じ位置に穴が開いてダメになったんだよね。
しかも同じブランド。
あのメーカーのは私の体型に合わないってことか?
その前に下半身もっと締めないとな…

ついにやった!

20060415203332咲かせていなかった最後の交配種「青いバラ」を咲かせることに成功!
これで全部咲かせたわ~♪
とはいえ、やはり交配種のピンクのチューリップをこの前間違って散らしてしまったので、今は全部揃ってるわけじゃないんだけど。
鋭意再交配中。

そうそう、昨日はY子さんの森おでかけデビューにつき、森仲間のC姉、Hちゃんにもお越し頂き「おでかけ」してきました。
ホント、急な呼び出しにも関わらず来て頂いて…感謝感謝。しろよ、Y子。
「うちの村には何もない」とのY子さんの言により、Y子さん以外の3人の村に順番にお邪魔してみました。
C姉の村の成長ぶりに感激。
あんなに寂しかったのに、美しくなったわ~。
相変わらずHちゃんは家のでかさじゃトップです。
しかし先週開催されていたガーデニング大会で優勝を逃したらしく、「ショックのあまりやる気なくした」との話でした。
攻略法を誤解していたらしい。
ちなみに私はバッチリ優勝しとります。非売品の「花のトロフィー」もゲット。
ふっ…ガーデニングが日課な自分にとってそんなの楽勝だわ…

とはいえ、私的にはHちゃんの「金のオノ手に入れた」が羨ましくて仕方ありませんでした。
スコップやパチンコ、つりざおにオノといった「使用する」道具は、村の生活の必需品で、必ず店に置いてありますが、この道具たちには「金の~」という非売品バージョンがあるのです。
手に入れる条件はそれぞれで違い、一朝一夕には手に入りません。
中でも「金のオノ」は、村に時々訪れる訪問者達の欲しがるものを順に手に入れて渡していく、いわゆる「わらしべ長者」的イベントをこなさないとならんのです。
訪問者達の来村頻度は、ほとんどの場合ランダム。長期戦は必至ですね。
私はまだ、最初に必要なアイテムを手に入れて、最初に渡すべき訪問者が来るのを待っているところ。
先は長くて遠いな~

そうそう、明日はメリヤスさんの誕生日パーティー。
招待状を頂いたので、プレゼントを用意して遊びに行きます

あー、なんか

優雅にホテルランチとかしたい。
異空間的にリッチな雰囲気でゆったり美味しいもの食べたい。

うむ、珍しく長時間残業で疲れているな。この発想は。
明日「おでかけ」しようっつって残業できないから月曜までの仕事終わらせなきゃとやってきたのだ。
あ~確か国立近代美術館の「藤田嗣治展」の招待券があるって母親が言ってたから週末にでもちょっくら行ってくっかな~。
芸術に触れて心を膨らませたいわ。
そんで併設レストランとかでゆったりお茶するの。
あ~想像だけでうっとり

はふ。
妄想してないで早く寝よう。あと1日。

ウール100%

20060413224817またもや可愛い子が♪
この子も森には馴染みのキャラですね。
羊の女の子、メリヤスさん。
この黒い顔に白い目鼻ってのがキュート
うふふ、お友達になりたいわあ♪

同僚Y子さんがどうぶつの森を始めた。昨日から。
私がDS Liteに買い替えたら今のを買ってくれるという約束を反故にして、Lite買いやがった。ちぇ。
友達より彼氏をとるのね。ちぇちぇ。
(彼氏がたまたまLiteを手に入れ、それを買ったという話)
なんか明日は職場にDS持ってこいと言われました。
「おでかけ」したいらしい。
せっかくだから、通勤中久しぶりに「すれちがい通信」でもやるか~

活用

職場にて、自分は2つのチームのリーダーを勤めています。
1つは今の職場に来たときからずっと。
そもそも、その前任者が異動するのに伴う募集にて今の会社に採用された。
もう1つは昨年度からの受託業務で、実はこっそり新聞に紹介されたりもしているプロジェクト。
それぞれのチームがあるのは、同じフロアだが別の部屋。
よって私は1年前から自分の席というものを2つ持っている。

兼務を初めて1年経ったわけだが、最近とみに、短期記憶が保たないという自覚があった。
例えば片方のチームの部屋に行くとき、「ついでにこれを持って来よう」とか「あれを聞こう」とか色々考えてから行くわけだが、行って戻ってきたときに、すべてできている試しがない。
それぞれの部屋で呼び止められ質問されることが多いというのも原因の1つだろうとは思う。移動中にすれ違った人から、咄嗟に伝達事項をもらったりすることもあるし。
でもね、立て続けだと「自分ってバカじゃん」と密かに落ち込んだりするわけですよ。(本当に密かにだけど。基本的に職場においては落ち込んでる暇があったら仕事しろよスタンスなので)

そんなこんなで、1つ対策ツールを使い始めました。
その名もYahoo!カレンダー。
カレンダーに予定を書き込むくらい元々当たり前にやってましたよ。
でも、席が2つあるとカレンダーも2つあるわけで、片方に書いたからってもう片方じゃ確認できないんですよ。
メモを持ち歩くことも考えたけど、大量の資料を抱えて移動することも多いので、やり辛い。
Yahoo!カレンダーならどっちの席でも予定が確認できるじゃん!と。
気がつかなかったよ、こんなツールがあったことに。
予定だけじゃなく、作業を優先順位つきで登録できたり、メモ的な使い方ができるノートもある。
特にノートは有難い。
今の職場、委託元と色々と相談しながら業務を進めているわけですが、細かな作業変更などは口頭でだけ伝えられたりすることもあるので、メモにしておかないと、別の担当者から「いつそんなことになったの」なんて言われる事も多いのですよ。
つーかそんなこと、こちらがフォローすることじゃなく、本来は委託元の担当者同士で連絡し合って然るべきことなんだけどね。
まあでも、メモでもいいからいつどこで誰とってことが残ってると強く出れるので、文書化するようにはしてたけど、それも量が多いと探すのが大変。
ノートなら検索機能があるじゃ~ん♪と。
携帯でも見れる為、最近は通勤電車の中でその日の予定ややるべき作業を確認するようになりました。

明日は撮影と新規受託業務実習と定例会と新人研修がある。
朝から確認事項や連絡事項がいっぱいです。
あ、旅行のチケット届いた事、友達に伝えなきゃ。

飲む女

ここんとこ、金曜は毎週のように飲んでます
それもこれも同じ職場にY子さんがいるせいおかげですね。
今日も終業7分後に届いた「おなかすいた!」メールから新宿へ飲みに行きました。
新歓時期だし、以前に最初に入った店で紹介された穴場的店(要はチェーン店)にとりあえず行ってみたら、あっさり入れてガッツポーズ。
「とりあえずビールって素晴らしいね」と賛美しつつ乾杯しました。
その後はいつもの如く焼酎ロックへ移行。
Y子さんほか、私の周りでは当たり前の流れなんですが。
ふと気がつくと、周囲の女性グループはみんな細長いグラスのカラフルなお酒。
私がそれを指摘して「やっぱり女の子はみんな甘くて綺麗なお酒を飲むもんなのかね~」と言ったら、Y子さんは「女は可愛いお酒を飲むなんて幻想抱いてんじゃねーよ!」とか微妙に荒れられました。
とか言いながら、彼氏からの誘いのが来たら嬉しそうにいそいそと帰りましたが。
(本人は否定するかもしれないが、嬉しそうだったよ。うん。)
まあ飲んで早く帰れるのは嬉しいことだ。

帰りにK書店で『デーモン聖典』8巻と『桜蘭高校ホスト部』8巻と買えてなかったマックガーデン刊のアビスアンソロ本を手に入れて、ほくほくしながら家路につきました

やっと会えた

20060406214520素直にでかいサイズで撮影することにした第一弾。
写真をちゃんとご覧になりたいときはクリック。

ずっと会いたかった「みしらぬネコ」にやっと遭遇できました。
今作ではプレイヤーはタクシーに乗って村に到着しますが、DSまでの「森」では汽車でした。
その汽車の中で会うのが「みしらぬネコ」。
ボックス席の向かいに座った彼は、「どこへ行くの?」「なんて名前?」など様々な質問を投げかけてきた後(ちなみにこの受け答えで村の名前、村でのプレイヤーの名前・性別・容姿などが決まる)、世話焼きなことに村へ電話をかけて知人を紹介してくれ、住む家の斡旋までしてくれるのです。
村に住む者からお店に常駐する者まで、森には様々な動物のキャラクターがいますが、昔から彼が一番お気に入りでした。
今回のDSでは、すれちがい通信をする際の案内役な彼。
画面で案内をする彼を見ても、会話できないし「会っている」気がしません。
喫茶「ハトの巣」で稀に出会えると聞いて密かに楽しみにしておりました。
会いたいからと言って頑張っちゃいけません。
森は頑張るゲームじゃない。のんびり暮らすゲームなんです。
のんびりしつつ、日常の小さな宝物のような出来事に出会えるからこそ、私はこのゲームが昔からお気に入りなんです。

「人生ってすれ違いの連続だよね」
なんて言葉を、みしらぬネコから頂きました

優先度

ゲーム系サイトまわってたら、やりたいゲームの順位書いてるところがって、そーいや私も今やりたいもの溜まってるなあ…と思ったので書き出してみようかと。

バテン・カイトス2のクリア
 ↓
幻想水滸伝5
 ↓
テイルズオブレジェンディア(借りもの)
FF12
テイルズオブジアビス2周目やりこみ

3番目は順位ごっちゃ。
でもいつかは絶対やるだろうってものかな。
未発売だけど、大神はすごくやりたいので、発売されたら一気に上のどっかに入りそう。
MOTHER3はやっぱり順序よく最初からやりたいなあ。
そうなると時間がまとまってあるときかな、やっぱり。
OZだって本当はずっとやりたいし蘇る逆転だって放置してるけどやっぱりやりたい。
コンタクトにちょっと興味アリ。
ゼルダの伝説~Twilight Princessが本当に任天堂次世代機レボリューションと同発ソフトだったら、もう買うの決定だなあ…

サムネイル

ブログに自分で撮影した画像を掲載するときは、もっぱら携帯からメールで送信してます。
その手順はずーっと変えてないのに、ある日突然サムネイルが自動作成されて掲載されるようになった。
よって上の画像がずらっと並ぶ部分も、サムネイルと元画像と両方出ちゃう。
ウザイ。
が、サムネイル作成のチェックボックスを解除してもやっぱり元に戻っちゃう。
なんで?
……うーむ、サムネイルが作成されることを前提にもっとでかいサイズで撮影すればいっか……
ライブドアの時はそうだったしな。

バラの花は

20060404220919もえぎ村で私は毎日ガーデニングに精を出している訳ですが。
(正確には交配。同種色違いの花を隣同士に植えて、店売りにはない色の花を作ること)
この花たち、「身につける」ことができます。
過去の村写真で何度かあったと思うけど、頭に花を飾れるのね。
今日は青地に白い花柄の服だったから、じゃあ白いバラでも頭に飾ろうかなあと「身につけて」みたところ。
……口にくわえた。
え?と思って他の色で試してみても、やっぱり口元に花がくる。
しかも他の花では「ぼうし」扱いだったのにバラは「アクセサリー」扱いだ。
バラはくわえるものなのね!(いや、単なる仕様)

そんな小さな驚きを得た一方。
ようやくアポロ(鷹男)から写真をもらえました!!
思えばアポロはもえぎ村開村時(つまりゲーム開始時)からの住人であり、また過去の森シリーズプレイ時代からのお気に入りキャラ。
最初から村にいたことに大喜びし、一生懸命話しかけたり手紙書いたりし続けてたのに、何故だかずーっと写真がもらえなくて、引っ越ししようとするのを何度も引き留め、やっと、本当にやっともらえたよ!
あ~すごく肩の荷が下りた感じ。
これでもう無理に引き留めなくてもいーや。
ちなみに好きな言葉は「能ある鷹は爪をかくす」でした。

SONG FOR TALES OF THE ABYSS

サントラではなく、こっちを買っちゃいました。
BUMP OF CHICKENの藤原基央氏が『TALES OF THE ABYSS』の為に書き下ろした全曲の集大成。
『カルマ』とそのアレンジ曲全般がすごく良かったので、サントラ欲しいなあとは思ってたんだけど、本当のサントラは4枚組の大ボリュームだし、ほとんどの曲は聴かないしね~と思っていたところ、このCDとその評判をAmazonで見て興味を持ち、そのまま注文しちゃいました。

てゆーか、テーマ曲である『カルマ』とヒロイン・ティアが歌う『譜歌』が彼の作曲によるというのは知ってましたが、それ以外にも『カルマ』のゲーム内各シーンに合わせたアレンジメントやなんとボス戦用曲まで作っていたとは!
という感じでビックリでした。
Amazonのレビューに数多くあったんだけど、#10"promise-live-"~#11"カルマ"~#12"abyss"にかけてのところ。
もう一つのアビスのエンディングを見た。
なんつーか「うお~カッコイイ!!」と鳥肌がたちました。
特に#10"promise-live-"から#11"カルマ"は最高!
『promise』はゲーム終盤の超重要シーンで使われる生弦楽によるカルマアレンジバージョンの一つなんだけど、そのもの哀しくも美しい音色が感極まったように最高潮に達したところで、#11のBUMP OF CHICKENによる『カルマ』冒頭の激しくアップテンポなギターがグワッと入ってきて、超カッコイイ。
昨日、一日中飲んで帰って0時過ぎに聴いたんだけど、ここで疲れとか眠気とか吹っ飛んで、ぎゃーっと騒ぎたいくらいの気分になったよ(笑)
で、テーマ曲『カルマ』がフルコーラス終わったところで、今度は静かにタイトル画面BGMであった『abyss』が入ってくる。
この曲まで藤原基央氏の作曲だとは本当に全然知らなかったよ。
しかもライナー読んでみると、これは藤原さん自らが持ち込んだみたいだね。
すごい情熱だ。てゆーかゲーマーだ(笑)
この3曲の流れもね、最高潮でゲームが終わってテーマがドーンと流れて「はあ~終わった~…」てある意味魂抜けてるところにいつも聴いてたタイトル曲が静かに入ってきて余韻に浸らせてくれるという、ゲーマーがゲームに対して最も満足感を得て気分が良くなっているその流れをなぞらえてるようにしか思えないんだよね、個人的に!(笑)
ニクイ演出です。

『譜歌』も複数バージョン入ってます。
『譜歌』はね、ホント、曲としてすごいと思う。
これはゲーム中に重要な役割を果たす歌で、一種の魔法みたいなもの。
1つ1つ異なる7つの旋律があって、ゲーム中ではこれを少しずつ発見したり思い出したりするために、それぞれで独立したメロディであり、また7つすべて繋げると『大譜歌』になるという設定のために、繋げて1つの曲としても成り立つようでなければならない。
これを満たすだけでも大変だろうに、これがまたすごく神秘的で確かに「魔力」を持つと感じさせる歌なんだよね~
これもゲーム中に初めて流れた時、戦闘中だったにも関わらず「すごい~きれ~」とただただ感激してました。(いいんだ、イベント戦闘なんだから)
ゲーム中に流れた実際にヒロインが歌っているバージョンの他に、生弦楽によるカルテットとソロ演奏が入ってます。
ますます綺麗。ステキ。

いい買い物だった。

花見模様

20060402130310金曜の夜から昨日にかけて、泊まりがけで花見してきました。
場所はC姉宅裏の公園。
地元の小さな公園という感じの場所だけど、なかなか見事な桜の大木で囲まれていて、去年、やはり桜の時期にお邪魔したところ、それはそれは素晴らしい桜吹雪で感動し、味をしめて今年もお邪魔致しました。
最初は来週の予定だったんだけど、桜の開花に押されて急遽今週に。

今年も美しかった…
携帯だと全体を撮影できないのが残念だわ~(他人が映っちゃうし)
実際に花見をしたのは土曜の昼過ぎ。
近所のショッピングセンターで軽くお酒とつまみを買い込んで、公園のベンチでダベリながらって感じでしたが、うららかでよござんした。

それに反して(?)、今回は会話内容があまりうららかではなかったような
誰のせいだとかつっこまれそうだけど、自覚ないからなあ…
まあ…珍しくコイバナ系で話が引っ張られたってことですな。
C姉に泣かれ、Cちゃんには怒られ、Y子は横で頷いてた。
そんな感じ。
……まあ……なるべく心がけるようにするよ

花見後もC姉宅で飲み続け、帰りも駅近くの飲み屋で飲んで、昼からずーっと飲みっぱなしでしたな。
最後の飲み屋でC姉がちょっと感極まっていたところ、隣席のオジサマ(というよりオジイサマ?)からお酒をおごっていただいたり。
なかなか面白い出来事もあり、楽しゅうございました

virtual春



「どうぶつの森に、春が来ました」

そして今日はリアルにも花見です。
いい天気だ♪
Calendar
03 | 2006/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。