スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アリスと仮面

最近見かけたゲームからちょっと気になったもの。

『歪みの国のアリス』
え~リンク先、少々ショッキングな絵が出るのでそーいうの苦手って方は見ないように。
ホラーのノベルゲームです。
元々はパソコンで、現在は携帯のEZ-webで展開しているらしい。
例の如くおえかきBBSのゲーム板でやたらとこのタイトルを見かけるようになったので気になって検索してみた。
見た感じのテイストは間違いなくホラーなんですが、ゲーム板に書き込まれるコメントを見ていると、なかなか感動的なストーリーもあるらしく(分岐エンディングあり)、公式サイトトップでアリスとおぼしき少女が抱えている首=チェシャ猫が「可愛い!!」という感想が飛び交っております。
可愛い?と思いたくなるような容姿ですが、同見解多数なので、プレイしてみれば可愛いんでしょう。
その一見したゲームの雰囲気とはミスマッチなたくさんの感想が気になります。

『PERSONA3』
とにかくサイトがスタイリッシュ!カッコイイですね~!
名前は有名だけどやったことありません。
まだ「3」なんですね、意外。外伝が多いのかな?「女神転生」って確かそうだったよね?
ペルソナってどんな意味だろうと見てみたら、ラテン語で「仮面」「役柄」が語源、転じて「人」「人格」、またキリスト教で三位一体論に用いられる概念、だそうな。あれね、神とキリストと聖霊は一体であるって奴ね。十字を切るときに唱える「父と子と聖霊の名において…」て奴ですね。
3は学園もの。
学園にペルソナ能力を持つ者だけを集めた特殊チームが存在し、午前0時から数時間存在する「影時間」に現れる化け物?を退治していく流れという。
あ~学園もの~……昔は興味なかったけど、今はちょっと気になるかも。あまりにもフィクションすぎる学園設定だけど。
とにかく絵柄が綺麗なのが気になります。
このシリーズって面白いのかなあ?
スポンサーサイト

就寝作法

お風呂あがってスキンケアをしながらSONG FOR TALES OF THE ABYSSを聴くのが最近続くスタイル。
最初の曲、「譜歌」の弦楽四重奏が本当に心地よくてねえ。
優雅な気分になれるのよ。

でもって。

寝る直前にハンドクリーム「みかんちゃん」をぬりぬりする。
冬に買って以来、ずーっと愛用してます。
みかんそのもののいい香りで、寝る前にこの香りを吸い込むのがまたよろしい。
なんか、鎮静効果とかあるんだっけ?

そんな就寝作法。
もうちょい早く寝るともっといいんだけどね。

リアル森(BlogPet)

いつも、やちよは

そういう基本の「き」を、(分社とはいえ)新しいゲームソフト大神に示してもらえたのは嬉しい。
とか言ってた?

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽえ」が書きました。

ヒキコモーリ。

久しぶりの土日休み、結局引きこもってしまった…
GWあったせいで完全週休二日制(=週に2日以上の休みはないという意味の「完全」です)をとる我が社は、最近ずっと土曜出勤だったんだよね。GWの祝日分を後の週の土曜に出勤することで埋め合わせるという。まあ有給とって休んだのもあったけど。

それがやっと消化し終わっての土日。
外出したい気持ちは山々だったんだけどさ~
昨日は雨でしょ。
まるで梅雨のようなシトシトジメジメ雨。
これで梅雨じゃないって、じゃあ梅雨はいつ始まっていつまであるのよって言いたくなるよね。
今朝も雨で「今日もダメか~」と思ってたら、まあ午後には晴れてきたけど…なんか自分、午後から行動起こすのってダメなんだよね~。14時過ぎると家を出るのがイヤになってきます。人と食事の約束があるとかゆーのは別だけど。自分だけだとね。

で、結局この週末はひたすら森プレイと何故か週の途中から見始めていたガンダムSEED(Yahoo!のバンダイチャンネルで公開中の奴)をひたすら見ちゃいました。全話見た訳じゃなく、途中10話ほどは飛ばしましたが。10話ごとの有料視聴なので。
以下、久々に視聴したガンダムSEEDについて。

» Continue Reading

にんてん村より

20060528100619先日書いた「おいでよどうぶつの森ミュージアム」の記事。
実は会場で「村長さんからのプレゼント」やってたんですよね。
大手電器量販店や玩具店では常にやってるんですが、その場所で「すれちがい通信」を行うと、村長さんからという形でプレゼントが届くんですよ。ゲーム上ではボトルメールが浜辺に流れ着くというシチュエーションになってますが。
で、今回、そのメールの文面に「あさってくらいまでつうしんをしないでいると、アナタのむらにおサルさんがくるかもしれません」て書いてあったんですね。
グレースさんみたいに訪問者として来るのかな~と思ってたら…
住人として来た!
攻略本には載ってないキャラクターですよ。名前は「エテキチ」。
「にんてん村から引っ越してきたんだ~」って言ってます。うん、つまるところ任天堂ね。
すごいな~まるでネットワークゲームですね。いや、確かにネットワーク対応してるけど。決してオンライン状態がメインではないゲームなので、こんな追加キャラクターやアイテム(村長さんからのプレゼントは後から作成された攻略本に記載されてないもの)が出てくるとなんだか意外です。でも嬉しい。

……こないだAIちゃんとWi-Fiでおでかけしたとき、彼女の村にピンキーモンキーみたいなピンクのサルいたな……サルって攻略本にはいないんだよね……どこで手に入れたんだろう……
ちなみに同行してたY子さんの村にも「エテキチ」来たそうです。

Bon Pinard

20060528100313昨日は会社帰りにフレンチでした

と超長文で書いていたのに消えた……
ちょっとガックリ来すぎてかなり萎えたけど、少しは頑張って取り戻してみる……

広尾のBon Pinard(ボン・ピナール)に行って参りました。
Hちゃんご紹介。ホント、いつもどこからこんなにお店を見つけてくるのやら。
カウンターと奥に8人収容くらいの半個室という小さなお店ですが、すごく雰囲気の良いお店でした。またいる人たちがみんな「おいしいもの食べに来てるー」ってオーラが出てて期待が高まりましたよ。

アラカルトで注文。
私は前菜にヴィシソワーズ、メインは豚。ヴィシソワーズは底にウニのペーストみたいなのが敷いてあってさらにトマトのジュレが浮いているというもの。このひねり具合がこーいう店に来て嬉しいところだよね~。も、うま!
パンがまた美味しくて、いつもはメインを食べきれなくなることを恐れて抑えるのに、2個完食しちゃいました…。手のひらの半分くらいの、丸い小さなパンなんだけど、中身みっちりもっちりでたまらなく美味でした。
豚はね~、この白身と脂身を一緒に食すのがたまらないよね~付け合わせにマッシュルームとお芋をベーコンで巻いた奴が出たんだけど、お芋の銘柄が私の姓と同じだった。関係ないけど。でもこのお芋、確かジャガイモって言ってた気がするんだけど、里芋みたいなねっとりほくほく感で面白かった。

20060528100610ワインは食前酒にロゼシャンパン、他に赤と白を1本ずつ。
白は香りが今までにない香りでびっくり。同席した3人が3人とも例えが違ってました(笑)でも美味だった~
赤は「メルローの手頃なものを」と注文して出てきた奴。C姉は今、メルローがお気に入りだそうで。でも言ってたとおり、後味のまろやかな優しい赤でした。
ちなみに写真は上が白、下のが赤のボトル。赤の写真でわかるかな?ガラス張りのカウンターの下、ワインボトルがずらりと並んでます。いいディスプレイだった。で、この手前で食べてるんだけど、こっちはワインレッドの革張り。オシャレ

腹が限界を訴えつつあったけど、しっかりデザートも完食してお店を出ました。
美味しいものって幸せをくれます。
外の肌寒さも、気持ちのいい酔いが吹き飛ばしてくれました。
帰り、山手線が遅延してて終電綱渡りだったのはご愛嬌。
次はポルトガル料理か?(笑)

………すんません、初稿は他の2人の料理や店選びの顛末まで書いてたんだけど…気力続かない…これにて筆を置きます………

リアル森

20060524192720会社の創業記念でお休みの本日、午前中は記念式典に出席し、午後にY子さんとおいでよどうぶつの森ミュージアムへ寄ってきました。

辿り着くまで迷った。
おかげで(?)如何に竹下通り周辺が修学旅行生のメッカか、裏通りが美容室だらけかということがよくわかりました。
あんなに入り組んだ細い道だらけとわ
でも途中で見かけた美容室に囲まれた小さな噴水や古い洋館風建物を改装した甘味処など、かなり興味を惹かれるものがありました。

まあなんとか辿り着いて入場も無事できました。
せまっ。
あー整理券で入場制限してる理由がよくわかった。一部屋だもん。
壁際には森をモチーフに色々とアートな展示、奥には小さな売店。
売店がな~森のグッズがあるのかと楽しみにしていたのに、ポストカードしかなかったもんな~。
あ、ガチャガチャはいっぱい置いてあったか。今、コレクションフィギュア出てるんだよね。私とY子さんで2回ずつやって、私は「男の子」と「キング(ライオン・男)」、Y子さんは「キング」と「マスター」でした。うううう、マスター羨ましかった…Y子さんは「あさみ(洋服屋の姉妹店員の姉の方。ハリネズミ)」が欲しいと言ってたのに、マスターを手に入れたらエライ嬉しそうに「200円で売るよ?」とか言ってきました(ガチャガチャ1回100円)。諦めました。

狭かったけど展示物は結構面白かった。
特に絵日記風にプレイ模様を書いた奴には爆笑しました。全員に同じ服とメガネを送って「村民総やすし化」狙っている内容。どうぶつ達にプレゼント付で手紙を送ると、そのプレゼントを家に置いてくれることがあるとは前にも書いた気がするけど、「身につけるもの」については盲点だった。そうか、その手があったか。
他にも配布されていたフリーペーパーには、マイデザイン(一定サイズのキャンバスに自由に絵を描き、それを服・傘・壁・床・地面・看板などに貼り付けることができる)を使って村に線路を敷いてみたりレースのサーキットを作ってみたり、桜の季節に地面にレジャーシート風のデザインを敷いて花見をしたりしている模様が紹介されてました。
「森の遊び方」についてすごく開眼させられた
てゆーか、みんなクリエイティブだよな~
まあ、それを可能にする「どうぶつの森」というソフトの優秀さがまずあってこそだけどね。
ううむ…マイデザイン、絵心がない為に及び腰だったんだけど、とりあえず真似から始めてみるかなあ…

写真は、壁一面に貼られていた「初夏の森の風景・リアルサイズ版」。本当はもっと大きいんだけどフレームに収まらないので一部のみ。
空に飛んでる風船、地面にある☆マークに雑草…パチンコで撃ち落とし、スコップで掘り返し、Bボタンで引っこ抜きたくなりました。

大神クリア

実は昨日思わずクリアしてしまいました。
ラスダンに入る前「後戻りできないぞ!」とイッスンに言われたので、後回しにしていたサブイベント的なものをこなそうとしていたんだけど、なかなか手強いのばっかり残ってねえ…
感動のエンディングを見てみたい気持ちととりあえず終わらせたいという気持ちが湧いて、ラスダン突入(22時頃か)。
入ったら、結構ボス戦ボス戦の連続で(もちろんイベントもいっぱい入るけど)、ささっとラスボス戦→イベント交えつつクリアーみたいな(23時半頃)。
いや~このサクサク進む感覚もこのゲームのいいところだね~。だから止めるのも難しいんだけど。

エンディング、ちょっと涙してしまいました。
展開としてはそう突飛なものではないし、合間にやっぱりちょっと笑わせる表現が入ったりするんだけど、爽やかな感動が残るいいエンディングでした。
アマテラス、最後まであんたは犬だね。イッスン、気張れよ~。ウシワカ、イッスンにいいとこどりって言ってたけど、あんたも充分いいとこどりだよ。
やっぱり「アマ公(イッスンがアマテラスをそう呼ぶ)とイッスン」のコンビが一番楽しくていい取り合わせでよかったね
しかし、なんとなく続編がありそうな?(笑)

クリア後、戦闘成績が出ました。
普段の戦闘でも、倒した後に戦績が出るんだよね。「討伐時間」と「痛手(ダメージ)」によって「神>松>竹>梅>凡」の評価が付き、それによって祝儀(褒賞の金子(きんす))が変動するんです。
クリア後の場合は、2周目に向けたご褒美がもらえます。
死亡回数と獲得金子量で「神」評価もらいました。だって1回も死ななかったもんな~。てゆーか、奈落の底に落ちても「死亡」にならないんだもん。落ちた所に戻ってきてすぐ続けられる。ホント、アクションとしてはゆるゆるでした。でも社会人には嬉しいよな~。
アクションは気持ちよくあってほしい。
そういう基本の「き」を、(分社とはいえ)新しいゲームソフトメーカーに示してもらえたのは嬉しい。クローバーのマーク可愛いし
しかしまあ、マゾプレイが好きな人には物足りないのかな。その辺は難易度設定でもつけてもらうことにして。あ、でもマニアレベルでクリアしないとクリア特典がもらえないってのはナシにしてほしい。

さて、エンディング見て一段落したけれど、まだもうちょっとサブイベントこなして、またエンディングを見ようかと思います。
クサナギ伍(ファイブ)強かったしな~。羅城門(これで「らしょうもん」と読む。敵がまとまって出現するポイント)連続10戦クリアは厳しいかも。ラスボスより強いって言うしなあ…もう少しザコ戦やって妖怪牙集めてアイテム交換するか~

妖精の峪

昨日土曜日は出勤日。
普段、質問やら会議やらでこなせなかった地味~な資料作成(でも必要なツール)を一日中やってました。
終わったから満足

のあと、最近「おいでよどうぶつの森」を始めたPさんと森おでかけをすべく新宿で食事してきました。
Pさんの紹介でお店は妖精の峪というその名前の通り「妖精」がコンセプトのお店。まあ…所在地は到底妖精なぞいそうにない歌舞伎町の中でしたがね…邪妖精ならいるかも。
ファンタジーとゴシックを混ぜたような内装。光を絞り、ランプやツリーに散りばめた電飾が照らす店内。うーん…ちょっと暗すぎ
ご飯はイタリアン。ほうれん草ソースのニョッキもモッツァレラとトマトのバジルソースも美味しかった。ピッツァも食べたかったけど、2人だけだとパスタと両方ってのは辛くてね、頼まなかった。王道なイタリアンって感じでご飯は良かったんだけど、いかんせん暗すぎて見た目で楽しむってわけにはいかなかったかも。
さすがにオリジナルカクテルは凝ってました。光るのやバラやら色々。しかし、本当に女性向けって感じで、オリジナルカクテルに限らず、おいてあるお酒がみんな甘い。ミルク系のカクテルをあんなに揃えてるメニューって初めて見たよ。せっかくだからオリジナルカクテル試してみたかったけど、1杯が限界で、普通のカクテル~と思ってキールを頼んだら…死ぬほど甘かった…それからは諦めていつも通り焼酎ロックを頼んでました。
デザートは妖精人形付き。お持ち帰りOK。その分、値段に加算されてるような…。Pさんがお持ち帰りになりました。
う~ん…面白いけど、もうちょっと店内を明るくした方がいいと思いました。あと、お誕生日だと店内全体を暗くして「Happy Birthday」をかけてケーキでお祝いしてくれるので、そーしたイベントの時にはいいかもね。水曜日には店員が妖精コスプレで給仕してくれるらしいです。何故水曜日なんだろう…

おでかけでは、Pさんが森の色々な秘密を知ることができたようで良かったです
ちなみに会社でも一昨日DS Lite買って森を始めたという子がいて(普段からお互いにゲームの話などはしてる)、土曜で人がいないのをいいことに、昼休み時間におでかけしてました。まあさすがに始めて2日じゃ家も狭小だし村の中も全然育ってないんですがね。色々と入れ知恵して差し上げてしまいました。お金の稼ぎ方とか。だって森ってプレイ始めて当面の間はひたすら借金返済ゲームだもん~

ぎゅうぎゅう。

20060519231235Y子さんと新宿で飲んだ帰り、Y堂にてナマのジャンガリアンハムスター発見。
2匹が巣の中でぎゅうぎゅうになってて、あまりの愛らしさに激写
でも酔ってた上に、普通の店舗の中でじっくり撮影ってわけにもいかず、かなりピンぼけ。しかもガラスで反射してるし。
ああああああぁでも可愛いらぶい
また飼いたくなってくるよお。
次は2匹一緒に飼ってみたい。
寝るときくっつくんだよね~~~

新住人

20060518210352もえぎ村の新住人。
最近立て続けにステキな子達が来たのでご紹介。

まずは昨日引っ越してきた「2ごう」ちゃん。リスの女の子。
「2ごう」はお妾さんって意味じゃありません。
なにせ他に「1ごう(ネコ)」と「3ごう(ゾウ)」がいますから。
ヘルメットをかぶったような姿は3匹共通ですね。しかも1ごうは赤、3ごうは緑、そしてこの2ごうちゃんは青なんですよね。
なんか村に揃い踏みしてほしくなります
それにしても見た目から女の子とは思ってなかったので驚きました。
そして同じ日にY子さんの村にも2ごうが引っ越してきていて、さらに驚きでした。

20060518210639もう一人は「アザラク」さん。カンガルーの女性。
2ごうは「女の子」でアザラクは「女性」と何故か言ってしまうな。だってアザラクって「姐さん」タイプなんだもん。
カンガルーってことで、お腹の袋に子供が!輪唱っぽくしゃべったりしないかな~と思ってましたが特にしゃべりませんでした。まあ期待してなかったけど。
でもよく見るとアザラクさん本人と同じ表情をちゃんとしていて(笑ったり目をつぶったりね)、なかなか楽しい。

2ごうは「ザリガニ釣り」に、アザラクは「Tレックスの化石収集」に凝っています。うーん前者は比較的簡単だけど、Tレックスの化石は運だな~
でも仲良くなりたいから頑張るゾ。

そういえば「どうぶつの森」映画化だそうで。
スローライフにストーリーをつけることにどれほどの価値があるのか。
まあ作品を見ないと分かりませんが、なんとも微妙です。
ああでも、どうぶつの森の音楽がきちんとした楽曲で演奏されたりしたら嬉しいな。

Web辞書

職場では、ここんとこ明治時代以前の本を扱ってます。
和装本とか。
日本語とはいえ書いてある字が読めないなんてザラです。
達筆に過ぎます。マイッタマイッタ。
そして書いてある単語も見慣れないものが多いので、ますます解読が難しい。
とりあえずYahoo!辞書でひいてみるってのが最初の対応。
これが結構ヒットしてくれて助かります。
それで見つからなきゃGoogle検索とかして、それでもなければ、該当する分野のレファレンスを探すわけなんだけど。

つくづく、ネットのある時代で良かったなあと思います。
これを最初っから辞書を何冊もひいて調べてたらと思うと…気が遠くなる。

先日調べた言葉は「歳旦」及び「歳旦帳」と、「諺文」。
歳旦は正月の朝のことをいい、歳旦帳っつーのは正月にやる句会で披露する句をまとめて刊行したものを言うそうな。扱っていた資料はまさにこの「歳旦帳」って奴だったんだよね。
諺文は「オンモン」と読み、今で言うハングルのこと。
資料に「諺解付」って書いてあって意味わかんなかったんだよね~。漢文の横にハングル文字書いてあったから、おそらくそれのことを差してるんだろうとアタリをつけて検索してみたんだけど。その通りでしたね。
でもさらに調べると「ハングルの蔑称」とも書いてあって、うわそんな言葉使っちゃダメじゃん!ということになり、ハングルに言い換えて採用しました。

勉強にはなりますね。次にいつ役立つかわからないけど。

FSS12巻

金曜日の会社帰り、いつもの如くY子さんと飲んだ後本屋に寄ったところ、新たに3冊も漫画購入するハメに。
『火輪』文庫版8巻と『いい電子』6巻と『ファイブスターストーリーズ(以下FSS)』12巻。
目的は火輪だけだったのに…なんといってもFSS12巻が出てたのにビックリ。刊行間隔長いからな~いつも本屋で「あ!出てる!」と驚いて買ってる気がします。

今回はまず表紙でビックリ。
ファティマじゃない!
初めてじゃないか?今までずーっとファティマしか表紙絵になってなかったと思うけど。
今回は人間だわ~クリスティン・Vだ。まあ確かに最近は彼女の苦悩の物語が続いているしなあ…
にしても、今巻は(も?)女性陣の活躍ぶりが見てて楽しい♪
クリスティンみたいにどシリアスまっただ中な子もいれば、アルルとセイレイの、王女としての品位の欠片もない低レベルな口喧嘩(「色黒・水虫王女」vs「空っぽ頭・お漏らし王女」と全星公開通信上で言い合い)、はたまたアイシャとマロリーによる男狩り(笑)
大変なマスターを持ってしまった彼女らのファティマ達の反応も実に楽しいです。
でもやっぱり一番グッときたのはクリスティンかな。
「陛下に赤子を千人殺せと言われれば殺そう!一国を滅ぼせと言われればこの手で灰にしよう!生きる証はここにある!」てのは、(言ってることはおっとろしいけど)決意の程が伝わってきて、なまじ彼女のこれまでの不遇、これからの苦難が忍ばれるだけに切なくなりました。
錯乱寸前の精神状態を乗り越えて凄まじい強さを得て、そして向かうのは更に混迷を極める戦場なんだよなあ…と。
最後のオマケみたいなワスチャとファティマ・ヒュートランの珍道中。どーするんでしょーね、この人たちは…つか、本筋に関わってくる余地があるのか?ギャグにしかならないこの取り合わせで
でも今回一番笑ったのは、ご機嫌ナナメなラキシスのすっごいブッサイクな顔
少しは男性陣も。
サリオン王子の両親殺しにそんな理由があったなんて!大きくなるにつれ、随分毒気が抜けていい子になったなあって思ってたけど、元々いい子だったのね。
預かり屋のおやじ復活!しかもいい役とってるよ!いつのまにか「雪之丞」なんて名前がついてるし!いいんだよおやじはおやじで!好きだ。
今回一番分からなかった人、ミッション・ルース大統領ことボード・ビュラード。あんまり薄い顔になってるんでしばらく誰だかわかんなかったよ。無精ひげないと若いね。

FSS。名前だけなら知ってるって人は多いと思うけど、読んでるって人は私の周りでもあんまりいないよな~。
複雑だからなあ…登場人物多いし騎士1人につきファティマ(騎士を補佐する人工生命体。人間を凌駕する頭脳と力を持つ)もセットでいるしさらにモーターヘッド(騎士とファティマが乗るロボット。以下MH)ももれなくセットだし。
それでいて、有名な人とか偉い人になればなるほど、お忍び用に違う名前、違う姿ってのを持ってるし、連れてるファティマやMHまで違う名前や姿にされるし。
見分けるの大変だっつーの。
でも何度か読んで、こいつの別名がこれだからここにいたのは奴だとか、姓が同じだからそうかこいつは奴の子孫かとか分かってくると楽しいんだな、これが。
1冊で何度も美味しい。そこがやめられないところか。
でも新刊が出るたびに、復習しないとダメだけどね!

カモメのジョニー

なにげにしばらくぶりの「もえぎ村だより」ですね。
でもほぼ毎日欠かさずやってます。
なにしろちゃんと面倒見てないと、せっかく咲かせた交配種の花が枯れちゃう。
まあ、家の中に鉢植えで置いとけば枯れないんだけどさ。
(花は家の中で「置く」操作をすると鉢植えになって配置される)
鉢植えってのもちょっと味気なくてねえ…
そんなもえぎ村の近況。

昨日、初めてカモメのジョニーに会いました。
でも写真撮り忘れた
以前までは、週1の頻度で乗っていた船が難破して村の砂浜に打ち上げられていた彼。「7つの海をまたにはさむ(誤字にあらず)」自称海の男だった彼ですが、今回はなんとUFOに乗ってやってきます。
ランダムで村の上空をUFOが飛んでくるので、それをパチンコで撃ち落とすとUFOが村に墜落し、その現場にジョニーが倒れてるんですね~。宇宙服着て。
相変わらず「日本語のあやしい外国人」風のしゃべり方で楽しい奴です。
話しかけると、墜落で村に散らばったUFOの部品探索を依頼され、すべて回収してあげると、お礼に各種「スーベニア」をくれます。
地球外から来たはずなのに、スーベニアはどう見ても地球の各地のものです。ちなみに昨日は「甲冑」もらいました。「マトリョーシカ」が欲しいなあ。また撃ち落とさないと。

そしてオーロラ(ペンギン・女の子)からやっと写真もらった♪

FF・DQ・FFCC

PS3が2006年11月11日に6万2790円(税抜き5万9800円)てーのは昼間に大々的に流れてましたね~。
高。
まあそれは(どうでも)いいとして、ゲームソフトに関する続報が入ってきたので。

ファイナルファンタジー13はPS3&携帯向けで
ドラゴンクエストはWii向けで
ファイナルファンタジークリスタルクロニクルはWii&DS向けで作るそうで。
大変だなスクエニ。
二大RPGを抱えているからこそのでかいタイトル発表。
てゆーか、FF13。
本編たる「FF13」と、その外伝?的な「FF13ヴェルサス」と、モバイル向け「FF13アギト」を同時開発ってーのがわけわからん。
なんつーか、FFというタイトルでいっぱい買わせようって雰囲気がプンプンで少々嫌な感じですね。
まあFFシリーズには個人的にあまり期待していないのでいいのですが。
DQはWiiのコントローラを生かしたアクション要素高めになりそう。
ナンバー付きタイトルじゃないけれど、開発陣はDQシリーズの人たちなのでまあいいかな。
FFCCは出てくれるというだけでちょっと嬉しい。
(旧作はGC向けGBA対応だった)
世界観とかシステムとか結構好きだったので。
ただしまだ全体的にこなれてない感じだったので、進化してくれるといいなあ。
続報に期待。

映画化

ガンダムSEED映画化だそうで…
うーん、どうなんだろう…微妙…
DESTINYがなんだかんだ言ってやっぱりうまくなかったからなあ。
続きなんでしょうか。
本編で語られなかった別編なんでしょうか。
映画化だからとはしゃいでサービスサービス♪のようにキャラ出しまくるんじゃなく、一本通ったストーリーで展開することを望みます。
でもそれじゃ、商業的にはまずいのかねえ。

Wii (BlogPet)

ほんとうは、やちよは
その一方で「上映」という小さな妖精(自称旅絵師)がまるでノミのように常にアマテラスに取り付いて、実際の会話やストーリーの進行は彼が行う。
とか思ってるよ。

*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽえ」が書きました。

大神

GW終わりますね。
結局ほとんどこのゲームをやり続けてしまいました。
止め時がない。久しぶりだ、麻薬系。あ、アビスもそうだったか。
でもアビスはストーリーの先が気になってやめられなかったけど、大神は冒険心をかきたてられてって感じかな。「新しい世界、次の世界を見てみたくて」って感じ。

ジャンルとしてはアクションRPGかな。
システムとかゲームの進行の仕方とか、非常にゼルダに近いものを感じます。
幾つかのエリアに分かれた広大な世界があって、その中を自由に歩き回れる。それぞれのエリアで様々なイベントがあり、また一度通り過ぎたエリアでも、新たな力や技を得ることでエリアに対して新たなアクションが可能になり、最終的に世界すべてを駆け回りながら大きな謎を解いていくことになる…という流れ。
木や花や大地や水…世界に溢れる様々な物に対して「筆しらべ」と呼ばれる技を繰り出すと様々な反応が得られる。それが謎解きに関わってくることももちろん多いけど、別になんでもない所でも、あらゆるものがプレイヤーの操作に対してきちんと反応を返してくる。
プレイヤーが操作する主人公アマテラスは白い狼(というより犬)の姿なので、まったく喋らないし無反応(というか犬そのものの反応)しかせず、もちろん会話にも参加しない。その一方で「イッスン」という小さな妖精(自称旅絵師)がまるでノミのように常にアマテラスに取り付いて、実際の会話やストーリーの進行は彼が行う。
という辺りがとてもゼルダ。
まあだからといってパクリとかそんな不毛な話をしたいのではなく。
そのへんも含めて、とても面白いということです。

世界観。とても綺麗です。
単に綺麗なグラフィックのゲームなんて珍しくないけど、この絵柄は独特だろう。筆で描いたような太い描線の絵。日本昔話をぎゅうぎゅうに詰め込んだストーリーにぴったりです
それがまたいい感じに動きます。アマテラス、さすが犬(もはや狼とは呼ばない)。足早いです。気持ちいいです。しかもここは天照大神らしく、走ったあとには草花が咲くんですね~一瞬だけど。C姉の家でプレイしたとき「シシ神さまだ…(byもののけ姫)」とか言ってました(笑)
一方、一般人には単なる犬に見えるらしく「シロ」だの「ワンころ」だの「犬畜生」だの、出会う人出会う人に好きなように呼ばれてます。イッスンなんかもっとひどい。良くて「チビちゃん」、ひどいときは「○玉虫」とか。
日本昔話を題材にしていると言いましたが、本当にごちゃまぜです。正確には昔話じゃないものも。もう日本が舞台だったら何でもあり?スズメのお宿に八犬士に竹取の翁、都には女王ヒミコと帝(どっちが偉いんだか)。個人的に、スズメのお宿で着物着たスズメ達が走り回ってるのが可愛かった。
あと「筆しらべ」をアマテラスに授けてくれる(正確には元々アマテラスの力だったものを返してくれる)「筆神」たち。出てくるたんびにムービー入るんですけど、みんなどこかトボけてて笑える。おそらく十二支なんだけど、ウサギの筆神なんて杵持って餅つき始めて、アマテラスまで餅を返す役をやり始めて「何してんの?」と素でつっこんでしまいましたよ。一番トボけてんのはアマテラス自身だけどね。精霊とかが「慈母アマテラス大神(おおみかみ)よ…」とか真面目に喋ってんのに寝たりイッスンにじゃれたり。まったく犬です。間違いなく。仕草が可愛いけど。

まだ途中です。もう30時間超えてるけど。
現在、七叉の鉾を背に負って鬼ヶ島攻略中

最初の一輪

20060506234939今年最初の薔薇が咲いていたので撮ってみた。
やっぱり薔薇は5月の花ですねえ。
我が家には赤い薔薇しかないんですが(もらいもの)、他の家の庭先でピンクとか白とか咲いてるのを見ると咲かせてみたくなりますねえ。
ツルバラとか、花の小さいタイプが私は好きかな~

薔薇って色によって花言葉違うんだよね。
それだけ人にとって親しみがあって重要な花だったってことかなあ。
薔薇の花言葉というと、いつも『銀河英雄伝説』の1シーンが思い出されます。
帝国軍の双璧と謳われた名将が恋人に結婚を申し込むとき、抱えきれない程の「黄色い薔薇」を捧げたって奴。
でもってそれをどこかで聞いたのだろう軍出身の帝国皇帝が、やはり結婚を申し込む時に「黄色い薔薇」を持って相手の家に行ったって話。
黄色い薔薇の花言葉は「嫉妬」。
軍人さんはそーいう方面に全くもって疎いという笑い話でしたね
でも花としては黄色い薔薇って好きです。可愛くて。

GW開始

世間は4/29からGWでも、私のまわりでは5/3からが連休って人がほとんどでしたね。
そんな連休開始の5/3~4にかけ、C姉のうちにEちゃんと一緒にお泊まりしてきました。
今回の主旨は「桜蘭高校ホスト部」アニメ上映会。
今期、既に5回くらい放送してるこのアニメをちゃんと見てみたいと、DVD録画していたC姉のうちに集まって上映会と相成りました。
…去年のGWはうちで耐久ガンダムSEED上映会(全50話)やってたんだよな~
進歩がないというかなんというか…まあでもGWに外に出ても混雑でロクなことがないので万事OK。
上映会は5話分しかないし、15時集合だったし、他にも遊べる物をということで、私はホスト部単行本既刊8巻と、みんな興味がありそうだったゲーム「大神」を前日購入して持ち込みました。

ホスト部アニメ、評判が上々なのは聞いてましたが、確かにテンポいいし原作に忠実だし楽しいね~
見ているときに「これってウテナ(少女革命ウテナ)の作監(?)の人が中核で関わってるんだよね」というような話を聞き、それからは薔薇の描写やキャラのポージングの描写にやたらと注目して見てしまいました。いや、どっちの作品も耽美世界が似合ってるしなるほどな~と思って(笑)
双子がユニゾンで喋ると棒読みっぽいというのだけ気になったかな。でも息を合わせるの大変なんだろうな~

その後「大神」紹介。
実は前日購入にも関わらず、当日朝4時までプレイしてしまっていたワタシ。おもろいよ、コレ。
詳しくはそのうちゲームレビューでもしますが、他の2人もおもしろがってくれたみたい。
とりあえずOPからチュートリアルの終了くらいまでC姉がプレイしたんだけど、「終わったら貸して」と言われてしっかりそこまで自分のメモカにセーブしてたから(笑)
文字通り「枯れ木に花を咲かせ」て闇を祓う時、大地を色とりどりの花が凄い勢いで覆っていき、水が噴き出し花びらが舞い風が吹き…ってところが本当にキレイ。
アクションとしてはかなりヌルイほうだし、墨で描かれたような美しい世界を楽しむことも存分にできるし、オススメです。

あとは「エリザベート」宝塚版DVDを一幕だけ見た。
宝塚ってこーいう映像としてすらまったく見たことなかったので興味津々で見てしまった。しかもある程度詳しい人が横にいて色々解説加えてもらいながら見れたのでラッキーだった♪
この作品は普通の舞台劇としても上演されてるらしいので、それと宝塚版とこんな風に話が変わったりするんだよ~ってところがなるほどと思いました。なんというか、展開変わるわけじゃないんだけど、中心に描かれる部分が違うとか演出がこんな風になるとか。
横で「死の神」(Eちゃん曰くこの人がトップスター)にどんどん肩入れしていくC姉が面白かったです(笑)
娘役の独唱がこんなに長く入るのは珍しいとか。でもそのシーンが私は好きだったかな~。

あとはだべったり漫画読んだりいつものパターン
C姉の漫画ボックスに「天は赤い河のほとり」を見つけてしまった自分は相当数の巻を読み返してしまいました。翌日にかけて。
ザナンザ皇子ってこんなに早く死んでしまっていたのね…!(お気に入りだった)
あと「DEATH NOTE」の月復活&L死亡の所を見てなかったので、流し読みしてみて(ちゃんと読むには台詞多いし理解するのに時間かかるし)、復活時の月の顔の変貌ぶりに恐怖したり(笑)
帰りは錦糸町でお茶してお別れしました。
お茶してたときおとぎ話の話になって、いろんなおとぎ話の思い出をそれぞれ語ったのが面白かった。
そうだ。あの後思い出したんだけど、似たような話である「千枚皮」と「ロバの皮」。私が読んだ話では、「ロバの皮」の方で出てくる3枚のドレスは「ゆめ色」「とき色」「??色」だった気が。綺麗なピンク色の「ゆめ色のドレス(とき色かも)」を着た挿絵を見た記憶があるんだよね。カラー挿絵だったってことは、子供の頃持ってたアンデルセン童話集の方かなあ。それだともう手元にないから確認できないな~。
原作に忠実に訳した「グリム童話集」の方は今でもごくたまに読みます。エグさが魅力的(?)

Wii

任天堂「レボリューション(仮称)」の正式名称が「Wii(ウィー)」に決定
任天堂ゲーム機の新名称「Wii」、ファンの反応は複雑

なーんてニュースが流れてますが。
不評なの?そーなの??
私は初めて聞いたとき「ふーん、いいんじゃない」って感じだったんだけど。
短いしゲーム機の名前っぽくなくて可愛い感じだし。
何より「ニンテンドー」って付いてない。そこポイント。
だってスーパーファミコンだってゲームボーイだって付いてなかったじゃない。
64から急に付くようになったけど、なんかマシンに企業名を付けるのって、星やら新大陸やらに人の名前を付けてるのと同じような感じで好きじゃないんだよね。長いし。
DSもLiteのデザインでいいなと思ったのは、フタに「Nintendo」ってロゴが入ってないところだったし。
ルイ・ヴィトンのモノグラムとかコーチのシグネチャーとか、これ見よがしなマークってあんまし好きになれません。

話がずれた。
ともかく1ゲーマーとしては、任天堂にはこのままでいってほしいと思います。
つかニュースにあった「"レボリューション"のままがいい」ってのマジ?
少なくともその2択なら、圧倒的に「Wii」のがいいと思うんだけど。
「革命」ってさ~、おもちゃの名前じゃないでしょ。楽しさの欠片もない。華もない。
別に擁護するわけじゃなく、自分の感覚としてはいただけなかったニュースでした。

任天堂公式発表(動画)は任天堂トップページから。
Calendar
04 | 2006/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。