スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Bon Pinard再び

土曜出勤の本日夜は、お誘いいただいたお食事会。
誰からってY子さんのご両親から。
元々友人で、今の職場を紹介して、現在はまあ一応上司的な立場にいるので「お世話になってます」的な感じみたいです。
いえいえこちらこそお世話になっております。

19時に六本木ヒルズのクモの下で待ち合わせ。
私の姿を見つけられず、クモの下から電話してきたY子、「きゃー、喰われるー!早くピクミン投げなきゃ!」なんぞと言ってました。
(フォルムといい、ピクミンに出てくるダマグモ(クモ型敵生物)にそっくりだから)
合流してまずはご両親と初めましてのご挨拶。
なんか小さ可愛い(失礼)。
Cちゃんも含めて5人でお店へと移動~。
すっかりヒルズグモにインスパイアされて、ダマグモの攻略法などを話しながらお店へ。やはりあそこは黄ピクミンではなく赤ピクミンだね。
既にY子から情報を得て知っていましたが、到着してみたら、やはり以前にも行ったBon Pinardでした(笑)

食前酒、お父上に勧められたお酒を1杯。
ごめん、名前忘れた。確かに強いお酒だけどなんだか柑橘系な香りと味で爽やか。美味しくて面白いお酒でした。
料理は白レバーの田舎風テリーヌ、ウズラの…あれ、フリカッセだっけ?(ダメダメ)を選択。
相変わらず量が多い。でも美味。本当に美味
今回は前回の教訓を生かし、パンは1つに抑えました。美味しいんだけど。オリーブオイルが超合うんだけど。
料理出てくるの遅いのが確かに玉に瑕だよな。
おかげでこーいうお店に行き慣れているY子一家にしても、有り得ないほどワインを飲んだ様ですが。
赤3本空けましたね。
きっと値段は知らない方がいいに違いない。美味しかったです
デザート前に、やはりお父上のお薦めで、私とお父上のみチーズをオーダー。
カマンベールと青カビのとフレッシュのと。
あ~やっぱり青カビチーズは旨いよな~。てゆーか赤ワインとチーズってやっぱり最強。お父様ありがとう
デザートはミントアイスの味が爽やか。
コーヒーとレモンケーキのプチフールが出て終了となりました。

時間は既に23時過ぎ。
横浜方面へ帰る自分、ご両親の気遣いでタクシーまで頼んでいただき、Y子とCちゃんと乗り込みながらお別れの挨拶をさせていただきました。

終始和やかにお父上ともお母上とも会話がはずみ、娘の今後を心配するご両親の姿に微笑ましくも自分を振り返りつつ、楽しく美味しい時間を過ごさせて頂きました。
こんな高額な接待は初めてで、なんだか申し訳なかったです。
でも素直にいただいておくのが礼儀でしょうから。
本当にありがとうございました(ここで言ってもアレですが)。

でもすみません、タクシー移動中に帰宅を断念してY子&Cちゃん宅へと向かわせて頂きました。
乗り換え中に電車がなくなりそうだったんだもん~~
スポンサーサイト

ばんばんざい

今週のY子さんとの飲みはばんばんざいというお店。
「よし、今日は豚にしよう」と言ってY子さんが連れてってくれました。
色々知ってるよな。

バムセ好きで部屋に何匹か転がってるY子さんいわく「内装が可愛い」との話の通り、暖かい色合いの南欧的街角風景ただし登場人物すべて豚&中国風水墨画ただし登場人物すべて豚の壁画など、店内豚だらけで可愛かったです
20061001163943豚も旨かったけど、衝撃的に旨かったのはエビマヨ。
まずは皿が衝撃的だった。
何この長っ細いの!!
使い処に困りそうなスリムロング皿に行儀良くエビマヨちゃんが並んでましたよ。
大きい分存分に味わえるエビプリ(=エビのプリプリ具合と言いたい)ぶり、あま~い味わい、まろやかだけど何かピリッと効かせてあるマヨネーズ…絶妙でした
口の中が幸せ色~そしてビールが旨い
前にかりゆしで飲んでからちょっとだけブームな泡盛などもいただき、今日も美味しいご飯でした。
タンスープが品切れなのが残念だった。
今度来るときは名物のまな板ピザも食べたいね。

帰りに本屋で明日発売のはずの幻水5アンソロ3巻を発見し、ついでにアビスのアンソロで持ってない奴まで見つけてしまって購入。
アビスのアンソロは久々でなんだか懐かしかった。
フローリアンの美意識がステキでした。

さーて、明日は出勤だ。

安らいの灯り

既報の通り、両親が旅行中です。
そのため、4LDK(?)一戸建ての我が家にいるのは自分1人です。
慣れてるけど、やっぱりちょっと不気味よね。
特に家に帰ってきたとき、中が真っ暗なのがね。
一人暮らしは経験あるけど、単身者用の部屋なんて、玄関から一目でだいたい見渡せるもんね。
うちの場合、玄関を開けて最初に見えるのは、真っ暗な階段と2階の踊り場、台所辺りのみ。
奥の部屋は闇に沈んでいます。雨戸締めてるし。
まあガンガン電気を点けていくわけですが、ふと思いました。

物騒な事件が多い昨今、例えば闇に沈んだ奥の部屋に誰かが入り込んでいたとしても、玄関からじゃ全然わからない。
ドア締めて戸締まりして、それから気がついたら最悪だよな~と。
とゆーわけで、今朝は家を出るとき、玄関を開けたところからは見えない奥の部屋の電気を点けておきました
どうせ雨戸締めてるから、昼間から電気が点いていても外からはわかりませんし。

帰宅後。
安心感が全然違いましたね。
誰もいなくても、電気が点いてるのと点いていないのとこじゃ。
玄関からすぐには見えませんが、灯りさえ点いていれば、ちょっと首を伸ばすだけで充分奥の部屋まで見える。
これで安心ってわけじゃないけど、変に用心せずに済みそうです。
いや用心は大事だけど、それよりは平常心だと思うので。
冷静さを欠いちゃいけません。非常時こそ。
難しいけどね

めーわく。

一昨日くらいから、突然迷惑メールが大量に届くように。
今までたま~にくる程度だったのに。
アドレスどっかに漏れたか?
まあ、まだ無茶な量ではないけれど、届く度に不快になるメールだからねえ

しかしいろ~んなメアドなんだね。
それとも表向きだけか?
うーん、どういう対策がいいんでしょうね。

餞別

何、1日3回も記事投稿してるんだか。
でもあったことは書いておきたいので。

20060924211211またズボン買いました。
実は自分が最もよく買い物をしていた最寄り駅のジーンズのお店が、9月末で閉店しちゃうんですよね。
だから閉店しちゃう前に買っておきたかったというか。
あそこの店員さんは「格好良く着れるサイズ」というのをきちんとお勧めしてくれるんで好きだったんですが。
ジーンズってそれがすごい重要だから。形によっても違うし。
ブーツカットなら、ストレートなら、ワイドなら、あるいはストレッチ素材なら、地厚なものなら、という風に。
今回はワイドパンツを初めて購入してみました(写真、グレーの奴)。
少し小さめかなというサイズをまずは試着。
腰回りはピッタリだったけど、ワイドとはいえなんだかぼったりとしすぎていてイマイチ格好良くない。
店員さんに「もう1サイズ下げてみませんか」と言われて着てみたところ、ラインが綺麗に出て断然良くなった。
プロを感じる瞬間ですね~

もう1つはデニムに白い線の入ったストライプ柄。
ジーンズらしくないところが気に入って。
ついでにベーシックなアーガイル柄のカーディガンと、ピンクとネイビーのキャミソール。
まあこれはその店じゃなくて、同じビルに入っているコムサでだけど。
うーん、なんかキャミソールが際限なく増えていくような…まあいつでも着れるからいいんだけど。
ネイビーのは、今持ってる奴が色がさめてきちゃったので買ったわけだし。
濃い色のって洗濯繰り返しているうちにさめちゃうのが痛いよね。

東京ゲームショウ2006

閉幕した…よね?
22~24日にかけてでしたから。
まあわざわざ金払ってまで人ごみに出かけようという気はさらさらありませんので、各ゲームサイトの実況的なニュースを色々と見ていました。
中から徒然と。

ハード関連
PS3、49,980円(税込)で発売へ
Yahoo!でもすぐにニュース流れたけど、やっぱり価格下げてきたね。
最初のあの値段じゃねえ…という反応が多かったんでしょう。
加えてWiiの低価格。
まあ今回の価格でも、Wiiのが半額以下なんですが、確かPS2も初期価格は5万近かったので、それと同じだと思えば。
(逆に言えば数年待てば今の価格(16,000円)で買えるってことかな…)
これで手を出しやすくなることでしょう。
ゲームショー記事の中で改めてPS3で開発中タイトルを見たけど、やっぱり過去の名作の続編がたくさん出るからね~。
私は今のところ惹かれるものがないけれど。

PS2とPSPの新色カラーは「可愛いピンクになりました」
今のDS Liteのノーブルピンクよりも濃いピンクだそうで。流行りかね。
PSPソフト、そろそろ欲しいものもちらちら出てきてるんだけど、あのハード自体があんまり好きじゃないんだよね~。
重そう。でかい。画面汚れそう。
やりたいと思っているソフトも、ほとんどはPSまたはPS2で出たソフトのリメイクなので、いざとなったら元の方をやればよいわけで。
う~ん、微妙。
でも色はなかなか可愛いですね。

ソフト関連
ファイナルファンタジーXII レヴァナント・ウィング【DS】
FF12自体やってないくせに何見てんだって気もするけど、だって公式サイトであの名曲が流れるんだもんよ!
FF4や6や9(ごめん、勝手な好み)の要所要所で流れて感動の涙を流させたあの曲が!!
はい、リンク貼ったのはそれだけの理由です
内容はFF12の主人公ヴァンとそのGF(?)パンネロのその後の冒険物語、らしいです。
だからFF12の時より年齢も上がってるし、「空賊に憧れる少年」から「夢を掴んだ若き空賊」になってるのね
世界観はステキかも~。
てゆーか「エターナルアルカディア」をプレイして以降、「空賊」という言葉には無条件に好感を持ってしまいます。ああ名作。

Heavenly Sword【PS3】
今のところPS3タイトルで興味持ってる唯一のものかな。
変幻自在な「神の剣-ヘブンリーソード」を持って戦うアクションゲーム。
なのに主人公は女性。
「魅せるアクションゲーム」というコンセプトにも関係しているんでしょうね。
開発もSCEなので、ちと期待。今のところ発売日未定ですが。

聖剣伝説4【PS2】
発売日は12月21日に決定。
シリーズをまったくやったことがないんだけど、絵柄は昔から好きだったし、シリーズ通して切ないストーリーだというのも気になるところ。
あ~どーしようかな~~

チョコボと魔法の絵本【DS】
も~あざといくらい可愛いよ、このソフト。
どーぞリンク先に行って見て下さいませ(公式サイト)。
チョコボ中心のゲームって何本か出てるけど、今回のチョコボ以外のキャラクター「しろま」と「くろま」って何さ!
「くろま」はまるっきりビビ(byFF9)じゃないかー!!(←FF9でビビにやられた人)
まあビビの容姿はFF伝統の黒魔道士姿そのものだったから仕方ないんだけど。
なんつーか、「可愛いどころ揃えやがって」って感じ。

そんなとこかな。
他にはCESA「日本ゲーム大賞2006」の年間部門優秀賞11作品に「テイルズオブジアビス」が選ばれたことが、少し意外で嬉しかったことかな。
大賞が「脳トレ」と「FF12」のダブル受賞だってのは、まあ過去1年間を振り返れば納得なことなので。
つか、本当に任天堂はソフトメーカーとして地味に優秀だね。
こういった賞では、大概複数のソフトが受賞しているし(今回は脳トレの他に「Nintendogs」「マリオカートDS」)、年間発売ソフトTOP10とかゲーム雑誌でやっているのを見ると、任天堂開発ソフトが複数入っているのが当たり前だし。
よってソフトメーカー別に見る売り上げTOP3なんかは、はっきり言って毎年任天堂が1位だし(少なくとも私は他のメーカーが1位の年を知らない)。
上記賞のベストセールス賞は「おいでよどうぶつの森」だし。
ハードに関しては負け組なイメージが一般的にあると思うんだけど(今はDSがバカ売れだからそうでもないか?)、売り上げは凄いのよね。ボーナスシーズンになると、高額な会社としてよく新聞に出てたりするし。
ああ羨ましい…(そこか)

秋の野の

20060924144015庭に小さなスミレ色の花が咲いているのを発見したので、久しぶりに写真を撮ってみた

スミレなのかな?
雰囲気似てるけど、でもよくわかんない。
紫色なのと、花が1.5cmくらいしかない小さなところが、どことなく秋の野草っぽくていいな~と。
この季節、探してみると、うちの庭の中でも意外に色んな花が咲いているもんです。
だいたい小さくて、あまり植えた覚えもない野草だと思いますが。
それはそれで秋らしい風情。

京都奈良

11月に京都・奈良へ行くことになりました。
「行こう」と話が持ち上がって、一週間も経っていない今日には予約。
ピークと思われる時期ですからね。即断即決です。
その割には5人という結構な人数ですが。

言い出しっぺでもある私とEちゃん2人の独断とも言えるプラン立てでしたが、今日会って決めて他3人にメールして「1時間以内に異議がなければ申し込む」と宣言して実行しました(笑)
でもEちゃんが勝手知ったる感じでテキパキと決めてくれたので、私はただただ確認と皆への連絡だけしてた感じです。楽。
あ、申し込みの時に名前も貸したか。

そんなことはいいとして、今年の紅葉は京都・奈良で見ることができそうです
そして明日からは両親が3泊4日旅行。
……どこへ行くんだっけ?

ワイン・ニョッキ・ゴルゴンゾーラ

週末の会社帰りにY子さんと飲む。
ちと久しぶりでしたね。
Y子さんが体調崩してたり私の都合が悪かったり。

いつも会社から新宿への短い移動の途上で「今日は何を食べたい気分か」を計ってなんとなくそんな店を探すんですが。
今日はなかなか決まらなかったね。私が珍しくお腹空いてなかったのもあるか。
う~んと首をひねりながら、「味の濃い奴」「たれ?」「何料理?」「和食飽きた」「じゃチーズ」「イタリアンか」「パスタじゃなくてピッツァな気分」…なーんて感じで、新宿駅のホームに降りた頃にはピッツァ中心イタリアンに決定。
ちょうどお腹も減ってきた。
適当に看板を眺めながら歩いてイタリア3色旗な看板に目を止める。
新宿三越脇の4℃路面店階上。
ラ・ベルラとかいう名前だったかな?
そう高くもないメニューと美味しそうなニョッキのポモドーロ写真に惹かれて。(ピッツァな気分って言ってなかったか?)
珍しくビールから入らず、最初からボトルワインで。Rosso。
2人なので前菜とパスタとピッツァで限界だよね~ということで、ルッコラとパルミジャーノのサラダ、写真で見たニョッキ、ゴルゴンゾーラと生ハムのピッツァを注文する。
比較的早い時間なのに、結構混んでました。
人気店なのかな~と思いつつ、ワインで乾杯して届いた料理に手を付ける。
ウマ!
なんかね、スタンダードな味なんだけど、みんな美味しいの。
ルッコラの苦味とパルミジャーノのコク、もっちもちなニョッキと酸味が絶妙なトマトソース、ゴルゴンゾーラ~♪な味と生ハムの塩気のバッチリな相性。
特にピッツァは止まらなくて、結構量があったのにペロリと食べちゃいました

充分満足した後のお会計
1人、約3000円也。
間違いかと一瞬目を疑ってしまったよ。
安。ボトル1本飲んでるのに。
早い時間に入ったから出るのも早かったけど、店の出口には階段下まで人が並んでました。
なんだか納得。

三越のカフェで食後のコーヒー飲んで本屋に寄って帰りました。
ステキな金曜日

追記:
店の名前とHPを見つけたので。LA VERDEでした。

A grasshopper

お風呂に入ろうとしたら、壁にバッタが。
ショウリョウバッタって言うんだっけ?
ほっそいフォルムのバッタ。
うちの風呂場の壁は淡いピンク色なのでよく目立ってました。

秋めいてきたこの頃、草色の、いかにも夏の虫を象徴するその姿はなんだか哀愁をそそられます。
お風呂場がアワアワ地獄になる前に、タオルにくるんで外に逃がしてやりました。

あと少し。
がんばれやー

朝からフルネーム

今朝、家を出て最寄り駅まで歩いている途中、友人に会いました。
小中高と一緒だった友人。
(仲良くなったのは中3からだが。小学校の時はよく知らなかった)
互いの実家は距離にしたら徒歩5分圏内。
結婚して少し離れてたけど、そういえば7月に「子供が生まれてそれに合わせてまた近所に引っ越してきました」って葉書が来てたんだった。
(筆無精な自分は例によって放置)

この友人。昔からかなり変わっていた。
小中高とずっとヘアスタイルは腰まで届くまっすぐな黒髪で、日本人形みたいな顔立ちなくせに、喋るとやかましい。本当にやかましい。
そして動作も大雑把で忙しない。
一方で絵が上手く、よく授業中に先生の似顔絵を描いては皆を笑わせていた(新聞の政治欄の1コマ漫画みたいに、リアルでもあり上手い具合にデフォルメもされていた)。
そんな授業態度な割に成績は非常に良い。
現役で某G大に合格してしまう才女でもあったわけですが。
確か美術の教員になってたんだよな。
そんで同じく先生業の人と結婚したはず。

やかましいがなかなかいない人種だし楽しい人なので、卒業後もたまに会ったりしてたわけですが(偶然会うことも多いし)、一つだけ私にとってとても「やめていただきたい」彼女の性癖がありまして。
人をフルネームで呼ぶ。
やかましいと言いましたが、まあ声もでかいんだけど高くてよく通るんだ。
今朝も通勤中の人がまばらに歩く住宅街で、でっかい声で私のフルネームを呼ばわれまして。
久しぶりなもんで本当にびっくりしてまともに挨拶できませんでしたよ(お互い様でもあったけど)
遙か昔に登録した彼女の携帯番号が残っていたので、会社帰りに電話してお詫びといずれ遊びに行く約束までしましたが。
まあ…その呼び方をやめろということは高校時代から言ってるし、今更無理なんだろうなあ…こっちも諦め入ってるけど。
しかし私の姓が変わったらどーするんだ。
……すっごく今まで通りに呼びそうな気がするな……
ま、そんな予定は今のところまったくありませんがね

かりゆし

高校時代の友人とご飯食べてきました。
最近ちょっと多いな。
一口に高校時代の友達といっても、私の場合、部活繋がりの人とクラス繋がりの人と2種類に分かれるんですが。
でもお互いに知ってはいるんだけど。なんでか別々だな。
それはともかく。

新宿の「かりゆし」という名前の沖縄料理屋さんでした。
新宿3丁目駅のすぐ近くなので、JR新宿駅からだとちょっと歩きましたね~
滅多に行かない区域ですが、他にもなかなか面白そうな店が多くて、探索してみたら楽しいかもしれない。
かりゆしもステージがあって、沖縄楽器の生演奏とかやってくれるみたい。今日は都合でなかったのだけど。
料理が本当に沖縄の家庭料理って感じで、食べやすくてヘルシーで良かったです。
シークァーサージュースも泡盛も旨かった

明日はもう仕事だしってことで、早めに切り上げて帰宅。
休みだったらもうちょっと遊んだりしたかったんですけどね~
なんでか都合を合わせるのが難しくて、いつも翌日仕事の日とかになっちゃうので残念です。

あーあ。また明日から仕事かー
今週は土曜日も祝日なので、土曜出勤にはならないのが唯一の救い。
代わりに来週の土曜が出勤だけど

トリフォニー

「なんかちょっと久しぶり。遊びに行かん?」
のメールから始まって、今日はC姉と錦糸町のすみだトリフォニーホールにてクラシック鑑賞と相成りました。
曲目は『タンホイザー』と『カルミナ・ブラーナ』。
どっちも超有名。
聞けば誰でも「ああ」と手を打つ。

初めてのすみだトリフォニーホール。
よくオケを聴きに行っているC姉も初めてだったらしく、豪華だの迷うだの言ってました。
席は3Fの2列目。
高いな~ってのと同時に、オケの編成がよく見えるな~と。
そしてエライ編成だな~と。
ピアノが2台あるわ銅鑼があるわ大太鼓があるわ合唱団席がオケと同じ所と後方のパイプオルガンの前にもあるわ。
舞台上、すし詰め。
ワーグナーだから?(うるさい曲が多いイメージが)と思ったけど、どちらかというと『カルミナ・ブラーナ』の為だった。
そもそも『タンホイザー』には合唱ないしな。
『カルミナ・ブラーナ』って昔の欧州の世俗曲の集合なのね~知らんかった。
合唱団も混声に加えて子供合唱団までいて、なんだかあり得る編成大集合って感じでしたよ。

曲は、耳慣れた曲なので聴きやすかったです。
でも『カルミナ・ブラーナ』は長~くて、眠くなりはしないものの、途中ちょっと集中力が途切れそうでした。
最初と最後は有名なんですけどね。
ソロのソプラノとバスの人の声が素敵でした。バスの高音て好き。いいわ
テナーの高音域は一歩間違うと女声みたいで…

17時頃には終演。
錦糸町のベルサイユの豚というお店に行き、豚料理他を食べる。
テーブル中央に石でできたような豚さんが飾ってあって、その台座に「Oscar Franso...(忘れた)」とか書いてあって「オスカル!?」と2人して反応してしまいました。
別の所にも同じような豚が飾ってあったので、「あっちはアンドレ・グランディエなんだろうか~」と語っていました。確認できず。
お店を出た後は駅ビル内にあるヨドバシやら本屋やら寄って、思わず幻想水滸伝5のアンソロコミック見つけて購入し、帰宅致しました。
さっきまで熟読してた。かなり笑った。
表紙、キャラデザインしてた人と同じ人が描いているよ。豪華だ
そろそろ2周目やるかな~

C姉様、今日もありがとうございました。

価格変化

引き続いてゲーム話題。

Wiiを買う決定打をもう一つ発見。
『ファイアーエムブレム(以下FE)~暁の女神』、2007年2月発売予定。
ああー…そーいや任天堂開発ソフトで絶対買う!なのは、FEもそうなんでした。
てゆーか。
『FE~蒼炎の軌跡』の続きだよね!?
アイクとかセネリオとかライとか出てくるよね!?ね!!??
出なかったら泣く。

他にはカプコンが『戦国BASARA』を出すと言ってるのが意外だった。
まあもちろんPSでも出るんだろうけど…今のところPS3の予定タイトルの中にはないな。
スクエニの『ファイナルファンタジークリスタルクロニクル』の続編も楽しみにしているタイトルの1つ。
キャラメイキングが出来て大雑把な筋道はあるけど、基本的にどうやって進めて行くかもプレイヤーの自由で、ゲームの側が規定した冒険じゃなく、「自分だけの冒険」をしていると思わせてくれるプレイ感が良かった。
スクエニお得意の美しいグラフィックも、「世界を旅している」という感覚を覚えさせてくれる、ステキな作用をもたらしてくれていました。
そーいや世界観はナウシカっぽかったっけ。瘴気に覆われた世界。

ふと思ったんだけど、Wiiに下位互換があってGAMECUBE(以下GC)のソフトもプレイできるってことは、GCを持ってなかった人がWiiを買って、GCのソフトも買うかもしれないってことよね。
ゼルダとかピクミンとか、それなりに魅力あるソフトがあるわけだし。
…今、ゲームショップでGCのソフトってゆーとかなり安価に売られてるんだけど(1000円以下とかある)、今後価格が上がる可能性がある?
…昔やりたかったけど迷って買わなかったGCソフト、チェックしておこうかしら…

11.11vs12.2

話題にしないわけにはいかないだろうという、そこはかとない強迫観念にかられて、次世代ゲーム機の話。
本日のWiiの発売日及び価格決定を受けて、いよいよ次世代ゲーム機の全貌が明らかになりましたね。

PS3:2006年11月11日発売 税込62,790円
Wii:2006年12月2日発売 税込25,000円

…別に任天堂信者なつもりはないんだけど(PS2もGAMECUBEも持っている)、Wiiのが圧倒的に買いやすいよなあ。任天堂にしては珍しく下位互換もあるし(GAMECUBE用ソフトもプレイ可能)。
バーチャルコンソールってゆー、過去のFC・SFC・N64・PCエンジン・メガドラ・MSXで発売されたソフトを有償DLして遊べるっていうのが気になる。
何よりアレだな。
同時発売タイトルに『ゼルダ』がある以上、私はWiiとゼルダを即買いする可能性が極めて高いな。
だって今度の『ゼルダの伝説~トワイライトプリンセス』は、自分的最高傑作ゲームの1つである『ゼルダの伝説~時のオカリナ』と同じくリンク(=主人公の名前)がリアル系!
あまり画面が公開されてないんだけど、幾つか見た限り、非常にダークな世界観で好みでもある。

でもってPS3には、今のところ同発タイトルに欲しいものがないんだよね。
まあ、Wiiだって欲しいのはゼルダだけなので、それじゃあGAMECUBEの時と何ら状況は変わらない(売れるのは任天堂のソフトだけ)ってことになるんだけどね。
何が出たら迷うかな~…
FF13はもうどうでもいい(FF12すらやりそうにない状態だし)。
テイルズは~…結構やってるように見えるかもだけど、前情報で「面白そう」と思わないと買ってなかったりするんだよね。リバースもレジェンディアも借りてやっただけだし。
一番手を出しそうなのは、『ICO』及び『ワンダと巨像』開発チームの新作だな。
あれはSCEのソフトだから、PSでなきゃ絶対できないんだよな~~~
ドラクエは、もしナンバータイトルをちゃんと出す気があるのなら、Wiiで出してほしい気がします。
任天堂を応援するわけじゃなく、単にゲームの雰囲気がPS3に似合わない感じがするからってだけだけど。なんとなくね。

2週連続(BlogPet)

時間は、一度3連戦でしたからね~…
厳しかった…

王子(=)
主人公も色々と辛いけど、リアルタイムやパーティーと辛いけど、武器鍛えて強化する防具整えて紋章装備させて~…
ってやってるとそれだけで時間が経っているけどね

何しろ仲間1


*このエントリは、BlogPet(ブログペット)の「ぽえ」が書きました。

華麗なる剣舞

ゲームにハマってたおかげでちっともブログを更新せず、それなりに語りたいネタも色々とあったりしたんですが。
ごめん、もうちょっと語らせて。幻水5

やってて最も新鮮で面白かったシステムを語るのを忘れてたよ。
一騎打ち。
文字通り、1対1のタイマン勝負。
どーやるかってーと、自分も相手もとれる行動は3つだけ。
防御と攻撃と必殺。
それぞれ×と□と○ボタンに対応。
必殺>攻撃>防御>必殺…という、ジャンケンと同じ構造になっていて、だいたい5秒くらいの制限時間のうちに次にとるべき行動を決定して、相手も同時に行動を決めるので、その強弱で結果が出る。
体力ゲージがあるので一発で勝負が決まることはなく、何回かそれを繰り返して、先に相手の体力ゲージを0にした方が勝ち。
ま、ジャンケンを何回も繰り返して、決まった数以上先に勝った方が勝ちって感じですね。
面白いのは、相手が言う台詞から次の行動を予測するというところ。
単純バカな相手だと必殺を出す前に「ひっさーつ!!!」とか思いっきりバラしてくれる(笑)
ひねくれた奴とか頭のいい相手だと「これはどうですか?」とか「いっくぜえぇーー!!…な~んてな♪」とか、どれともとれない台詞を言ってきたりする。

一騎打ちはイベントでしか起こらないので、すべて声付き&モーションキャプチャーによる華麗な武闘アニメーション付き。
自分はボタン1個しか押してないのに画面では王子がファレナ国宝でもある三節棍を自在に操って戦ってくれるわけですよ!
たまーに「超必殺」とか持ってる相手もいて、それも「防御」出せば勝てるんだけど、素早い連続攻撃をカッカッカッカッ!とすべて受け止めて隙が出来たところをガツンッ!!と打ち込む王子の姿には惚れ惚れしましたね
その分、やられるとマジで痛そうだし、相手から「読めてんだよ、バーカ!」とか「そんなものですか?残念ですね」とか言われて超ムカつくんだけど闘志湧きますよ

王都奪還の最終局面で、クーデター首謀者の一人と一騎打ちする直前のセーブをとってあります。
権謀術数に長けていて常に余裕の態度を崩さない、そのスカした貴族の御曹司を思う存分叩きのめせる上に(何回かやってるからもう台詞のパターン覚えてる)、この後可愛い妹ちゃんをやっと抱きしめて泣かせてあげられるので、1セーブで2度美味しいステキなデータとなっております

くりあー。

幻水5、クリアしましたー。
いやー長かった長かった。プレイ時間、80時間近かったか?
でもなんつーか、その分がっつりしっかり楽しめた感じで満足です♪
てゆか、どーしようかなマルチエンディング。
仲間の集めた数とか一部キャラとの好感度とかで微妙にED変わるらしいのです。
私は今回、長くかかるゲームであることと、普通にやってたらまずベストEDを見れないことを見越して、最初から攻略サイト見まくってやってたんだけど、面白かったからちょっと違うEDを見たくもなっていたり。
実はミニイベントで見ていないものがいっぱいあるんだけど(美女・美少年・美青年協力攻撃とか、お風呂イベントとか)、もっかい最初から育ててついでに見てみたい気もする…
まあもう少し今のデータを育てるかね。
なんせラストダンジョン入ったところからノーセーブで中ボス3連戦&ラスボス&EDなんで、今のレベルだともう一度ED見るのにも苦労しそうだよ

お話は一応ベストEDを見ました。
といっても、ベストEDを見れる状態でさらに選択肢が出て、それによって「(国外へ)旅立ち」or「女王騎士長就任」のEDになるらしいんですが。
まあお話的に王道かなと「女王騎士長就任」のEDを見ました。
本来なら次期女王である妹姫の夫君が着任する習わしである女王騎士長。
このお話の戦争は、妹姫の婚約者と決まった男(20歳くらい歳の差ありそう。犯罪)が、その婚約式が行われた夜に王城を占拠&妹姫以外の王族を殺害(王子と女王の妹は逃亡するが)という一大クーデターにより始まりましたからね。
軟禁状態で女王に即位させられちゃった妹ちゃんを、王都とともに王子が奪還した時点で、婚約と即位については妹ちゃん自身が取り消しを宣言したので、当然ながら「女王の夫=女王騎士長」の座は空に浮いた状態になったわけで。
この国では男の王族は王位継承権がないってんで結構ないがしろにされてきた(実際ゲーム序盤ではそんな陰口をたたかれるシーンがあったり)みたいなんだけど、王子が王都を取り戻した時点で「お父上以上の救国の英雄」みたいな扱いになったし、実際頑張ったしイイ子だし可愛いし(関係ない)、今後は王子もそれなりな責任を負う立場になったりできるといいなあと思ったり。
まあ今作の王子に関しては、既に国内外に英名を轟かせてしまったので(奪還までには他国の介入もあってそれを追い出したりもした)まったく心配してませんが。

それにしても王子と妹姫はほんとーーおぉに仲睦まじくて可愛かった
アブナイ意味でなく、ゲーム中、本当にいじらしくて可愛かったの。
妹ちゃんが、たぶんまだ10歳くらいなのに、敵中にあって一生懸命女王としての矜持を保ち続けようとする姿とか、ご両親が亡くなった時だって「泣いたら負けじゃ!(妹ちゃんはこーいう喋り。一人称は「わらわ」)」と泣かなかったのに、やっと大好きな兄上に会えて抱きしめられて大号泣しちゃった姿とか。
混乱の中で護衛の女王騎士に両親の死亡を聞かされ、妹姫を助けたかったけど無理矢理逃亡させられて(まあ護衛としては当然の措置だけど)、奪還までの道のりで、色んな人に出会ったり仲間にしたりしつつも、どこか心から笑ってない感じだった(フィルター入ってる?)王子が、妹ちゃんに「おいで」って感じで手を広げる時のこの上なく優しい笑顔とか!

ああ、女王騎士姿の王子ステキだったな~
女王騎士の衣装は、雰囲気は一緒なんだけど一人一人違っていて、そこからしてかなり好みでした。
てゆーか女王騎士の方々は本当に魅力的。
カイルもミアキスもガレオンさんも皆、ステキ可愛いカッコイイー!でした。
王都奪還戦ではしっかりパーティーを女王騎士で固めて(上記3人の他にゲオルグとリオン+王子)、6人協力攻撃「ファレナ(国名が「ファレナ女王国」なの)」でキメましたよ(笑)
あ~キャラを語り出すと長くなりそうなんでこれだけにしよう。何せ総勢108人。

最後にEDでちと不満があったので。
ED中、王子が女王騎士の衣装で登場した後、ゲーム中は見習いだったけど正式な女王騎士となったっぽい、元・王子付き護衛のリオンちゃん(女)が出てきますが、騎士が女性をエスコートするみたいに、王子が妙に恭しくリオンの手を引くのが不満。
いや、最終的にラブい関係になったっぽいから一緒にいるのは当然として、でも元々は王子と護衛の関係じゃん!?
なんかなー、例え結婚してたとしても(年齢的にまだしてほしくないが)あそこまでかしずく感じでエスコートするのはやめて欲しかった。すごい違和感。
普通に後ろから出てくるんでよかったんでは。だって実際その状態でだって「女王騎士長」と「女王騎士」の関係でもあるはずなんだから。

ま、ちらほらと不満もあるけれど、すごく楽しみました
どうしようかね、シリーズ前作。

2週連続

ひたすら引きこもって幻想水滸伝5プレイ中。
もう、このダメさ加減に酔いそうです。
とはいえ、ゲームにハマってるときは結構開き直ってひたすらプレイしているけどね。
とにかくさっさとこの病的状態を抜けなければ!という気持ちもあるので。
ま、単に「先に進めたい」とゆーのが正直なところですが。

やはり時間がかかる。何にってキャラの育成ね。
何しろ仲間108人だから。
前に言ったように全員が戦闘要員なわけではなく、また徐々に増えていくので今だって108人育ててるわけじゃないんだけど、武器鍛えて(武器はキャラ固有で変更がなく、ひたすら鍛治で鍛えて強化する)防具整えて紋章装備させて~…ってやってるとそれだけで時間が経っている。
戦闘に参加するのは6人までだから、最低それだけ育ててればいいんだけど、一度3つパーティーを作らなきゃならない時があって、金も時間も大幅に消費した
仲間になった時からレベルが高いのもいるので、そーいうの中心にかき集めてなんとかしたけど。
しかも戦争モードの後にセーブなしで3パーティーで3連戦でしたからね~…厳しかった…

そうそう、戦争。
パーティーキャラでの戦闘とは別に、歩兵や騎兵の部隊を率いて集団戦闘を行う戦争モードがあります。
仲間にしたキャラを主将・副将などに配置し、それによって部隊の能力や性格を変化させ、あとは「歩兵は弓兵に強いが騎兵に弱い」といった3すくみの性質を把握して部隊を動かしていくって奴。
チェスのように駒(部隊)を進めて、敵部隊と衝突すると戦闘になってそれぞれの能力に応じた結果が出るってあたりは、まあその手のシミュレーションゲームによくある形だけど、リアルタイムに戦局が動くってのがちょっと違うかな。
大概のシミュレーションはターン制で、こっちが動いたらあっちが動くって感じだけど、幻想5のは、こっちが指示する間もずーっと動いているので、ゆっくり思考している時間がありません。
まあそこに緊張感もあったりしますが、最初は結構焦るし混戦になりがちで、無駄に兵士を死なせてしまった…
慣れたら敵の半分以下の勢力で撃破できるようになりました。
慣れるとなかなか楽しい。

ストーリー展開は相変わらずわくわくしますねえ
出会いあり別れあり裏切りあり、で。
イベントで、冒頭の王城陥落時の真実を聞かされるシーンがあるんですが、これがもう…!
夫婦愛っつーか家族愛っつーか、あんまり悲しくて悲しくてボロボロ泣いちゃいましたよ。
女王陛下が本当に哀しかった…
王子(=主人公)も色々と辛いけど、まだまだ頑張って欲しいと思います。
妹ちゃんの為にも!
あんなに可愛くて幼くて真摯に兄上を慕ってくれる上に、今や敵中にあって必死に頑張っている彼女を、私も王子を操るプレイヤーとして一刻も早く助けてあげたいですよ

こももちゃん

近所のハックドラッグにてこももちゃんを発見。

こ、これは!
私のお気に入りのみかんちゃんの後継か!?
みかんちゃん消えちゃう!?

と心配しましたが。
どうやらメーカーは違う様子。
片やソニーCPラボラトリーズ。
片やB&Cラボラトリーズ。

……でもこんなに似てていいのか?
いやまあ形は全然違うけどさ。
桃の形の入れ物で、リップクリームとハンドクリームの2種類。
みかんちゃんと同じじゃん。
ま、桃の大きさはリアルに再現するわけにはいかなかったようで、
みかんちゃんみたいに本物と間違えられるようなものではないけれど。
実は系列会社だったりする?

まあとにかく。
うちのみかんちゃんが切れないように、買い占めないと。
桃の香りはあまり好きではないし。
Calendar
08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。