スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王冠は誰のもの

FE暁は現在4部3章中断中。
てゆーか月曜には3章始めたんだけど、その後英会話行ったり残業したりでできなくて。
でもこれ書いたら少しは進めようかしら。てゆーか進めたいよ。

さて第4部。第3部終章に起こる大事件の結果、これまで別々の集団として操作してきたユニット達ほぼすべてが合流します。
ユニットは、第1部主人公のミカヤが所属するデイン王国暁の団を中心とするグループと、第2部主人公のクリミア王国女王エリンシアとその王宮騎士団のグループと、そして第3部主人公アイクを団長とするグレイル傭兵団の3つに分かれていました。
第3部終盤では、前の章ではアイクを操作してたのに、次の章ではミカヤ操作で敵ボスがアイクだよ!とかいう場面もありました。てゆーかアイクが敵にまわるとあんなに怖いなんて……
12ターン防衛がクリア条件の章だったんですが、10ターン目くらいからグレイル傭兵団の主要メンツ(さっきまでその強さに拍手を贈っていたユニット達)が増援部隊として出てくる上に、11ターン目に入るとそれまで動かなかったアイクがこっちに向かってくるんで、「来るなあぁぁ!!」と叫びながら全力で逃げました(笑)奴の攻撃範囲に入る=死を意味する。

話戻って第4部。
合流はしたけど、結局3つの部隊に分かれて別ルートで進軍して1つの目的地を目指すことになります。何人かは(おそらくイベントの関係で)強制的に分けられてしまいますが、残り半分くらいは自分で自由に部隊分けができます。
ミカヤ軍はちょっと力不足だったので、竜騎士コンビのハールとジルを。ああ、やっとこの2人を一緒の部隊にしてあげられたよ♪早速支援もつけたげました。鬼強遊撃隊ハールがいれば大体の事に困りません。
ティバーン軍には回復役がエリンシアしかいなかったんで、アイク軍からキルロイ(司祭)とその支援相手のワユ(剣聖)を。ワユ、蒼炎で一生懸命育てたから、今回は別の剣使い育てようかなあと思ってたのに、あんまり可愛くなってるからやっぱり育てちゃった。相変わらずダントツのスピードです。戦闘アニメ可愛いよう。
アイク軍はアイク1人でもどーにかなりそう。てゆーか強制メンバーのティアマトとかセネリオとかでどーにでもなるよ。おまけにシノンもいるし。回復役にはミストがいるし、セネリオも最上級職になれば杖使えるし。てゆーことで人数は一番少ない。でも少数精鋭。精鋭すぎるわ。

序章、1章、2章で、ミカヤ軍→アイク軍→ティバーン軍と操作したけど、なかなかいい感じ。てゆーかリセットしてないよ!(初期配置ミスとか補給忘れとかで、戦闘開始直後にリセットしたのはあるが)
とりあえず、ラグズ王達がむっちゃ強いですな。今のところ鴉王ネサラと鷹王ティバーンか。てゆーか君達、移動力「10」なんですね。神竜騎士ハールだって移動力「9」なのに。凶悪なHIT&AWAYだわ~。でもネサラの攻撃アニメーションの時の「カァー」て鳴き声は何度聞いてもマヌケな気がするわ。ちょっと「ガァー」っぽいから実際に見たら怖いだろうけど。でかいし。
いつかのティバーンとゼルギウスてゆーかティバーンて、翼広げると3mくらいありそうじゃないかい?そんなん向かってきたら間違いなく逃げます。ゼルギウスは凄いわあ(OPムービーで、襲いかかるティバーンの爪を剣で受け止めてる)。
あとサナキが可愛いよう。さすが皇帝、すっごい重量のありそうな真紅のマントを着てるんですが、それをバッサバッサと捌きながら戦ってます(笑)魔道士系は戦闘アニメーションでもそれほどアクション大きくないけど、最上級職スキル「陽光」を出すときはクルッと前宙するんで、「その恰好で前宙ってすげえ!」と笑いながら見ています(笑)。

でもってマスタークラウン(=最上級職へクラスチェンジする為に必要なアイテム)は残り2つ。
えーと結局あの後、ネフェニー(聖槍使い)、チャップ(将師)、ボーレ(勇士)、セネリオ(大賢者)、ワユ(剣聖)を最上級職にしたんだよね。…見事にグレイル傭兵団ばっかだ。あ、ネフェニーとチャップは正確には違うか。でも3部でずっと一緒だったし。
とりあえず次はシグルーンかマーシャか(共に聖天馬騎士)ジル(聖竜騎士)かで悩んでるんだけど…そーするとみんな蒼炎からのキャラなんだよね~。ミカヤ軍のエディ(剣豪)やレオナルド(狙撃手)も結構育ってるんだけど…先の3人の方が既にLv20だしなあ…それに、それぞれの最上級職である剣聖と神射手は既にいるので、他の職業の最上級職が見たいよなあ。まあ同じ職業だって見た目はキャラ毎に異なるんだけど。
とりあえず天馬騎士をCCさせるとしても、シグルーンかマーシャかマジで悩むぅ~。まだこれから手に入るかなあ、マスタークラウン…

CCといえば、3部終章から4部序章にかけてアイクとサザがCCしたなあ、イベントで。やっぱり主人公級ということか。2人とも、通常の静止絵まで変化したもんなあ(普通のキャラは戦闘時の絵しか変化しない)。
アイク、「神将」になったら前よりスマートになったように見えるのは、あの筋肉隆々な腕が剥き出しになってないからでしょうか(出してるけど、身につけてる鎧の影に隠れてあまり目立たない)。
サザは暁から随分「オトナ」顔になって、よく言えばクール悪くいえば無愛想だけど、なんでヘソ出しはCCしてもやめないんでしょうか。好きなのか、そうか。
とりあえずアイクをさっさとLv20にするかね。この先絶対、漆黒の騎士とのタイマン勝負が待ってるからね。
スポンサーサイト

敏感なトイレ

職場にトイレは幾つかありますが、私がよく利用するのは入り口近くにあるトイレ。
曇りガラスとはいえ窓があるので明るいし、洗面台も鏡も大きいから。

本日利用したとき、個室に入っている間に洗面台の水が流れる音がしました。
入った時は誰もいなかったんだけど、いつの間にか誰か入ってきたのか、と思いました。
(いつもならトイレ入り口のドアが開閉する音で気がつく)
それほど間をおかずに個室を出たところ、誰もいませんでした。
おやあ?

そういえば、同じチームの子がこないだ言ってたなあ。ここの洗面台おかしいって。
センサー式の自動流水なんだけど、彼女の目の前で、誰もいない洗面台のそれが動いて水が流れたって。
それかなあ?
で、何に反応したのかなあ?(笑)

board

今日の英会話はちょっと焦った。
とゆーのも向かおうとしたら電車が止まってたからだ。
駅で止まってるのに気付いてすぐに電話はした。遅刻は15分まで?だかの規定があるんだけど、連絡もらった場合は待ってますからと言ってもらえたが、遅れた分レッスン長くやってくれるわけでは当然ないわけで。
金がもったいないやん。
幸い、ジャストくらいに到着することができました。
で、ちょっと息切れしてた(地下鉄ホームから地上2階まで幾つかのエスカレーター歩き昇り&早足の為)理由を「電車が止まってた」と講師に話したところ、彼が帰りに乗る線だったらしく、止まってた原因を聞かれた。
…架線にビニールひっかかって止まった、とゆーのをなんて言ったらええねん!と詰まってたら「tecnical accident?」と助け舟を出され、なーんだそれでいいのか、と納得した。
うーん、単純だけど難しい。

レッスン内容はお金の話色々。parsonal finance。
大事な事だよね~。
私が2週間前に3万降ろしてまだ別に困ってないって言ったら驚かれた。自宅通勤だからそんなもんだと思うけど。
そうそう、自宅に入れるお金の事をboardというらしいです。メモ。
英会話費用が馬鹿にならないので、今月からboardを少なくしてもらってる自分です。
ご両親様、ありがとうm(__)m

第3部終了

結局記事投稿する前に第3部クリアしちゃった…
途中途中の感想も残したかったのにぃ。
とゆーか第4部開始に先立って、ちょっとしたアドバイス的情報でもと思って(主に部隊編成に関して)攻略サイトをちょっと見たら……すっごい核心突いたネタバレ見ちゃった……orz
いやまあな、奴はな、蒼炎の時からほんっっっとに絶対アヤシイと思ってたし、今作でもただの「味方」のわけはないと思っていたけど……ああぁ~~~~
まあ奴が「ソレ」だからといって、だからどうなんだというところはよくわかんないんだけど、将来の(もしかしたらエンディングの)「どんでん返し」の一つである事には違いないわけで…はあぁ…

さて、他人には意味わかんない重い空気はこのへんにしときましょう。
第3部終了時で最上級職になれたのは結局4人。
弓使いシノン(神射手)、斧使い騎士ティアマトさん(黄金騎将)、槍使い騎士オスカー(白銀騎将)、斧使い竜騎士ハール(神竜騎士)。
いやあもう、みんなおっとろしいくらい強いね。特にハールはその最大の移動力でもってマップ上のあちこちに飛んでもらってお助け遊撃隊(1人だけど)と化しています。力も強いし。そういえば、飛行系ユニット同士の戦闘だと、アニメーションの背景が上空なのが密かにお気に入り。昔は徒歩系と同じ高さの地面スレスレで闘ってるアニメだったからなあ…飛んでる意味あんの?て感じだった。
ティアマトとオスカーは、騎馬系として一緒に行動させることが多かったから、かなり初期から支援をつけてたんだけど(同じ戦闘に何度か参加していると「支援」関係を結べる。支援を結んだユニット同士がマップ上で近く(3マス以内)にいると戦闘時にステータスが上昇する補正がかかる。また支援関係にある間は、キャラごとに「会話」イベントが発生する)、支援レベルA(最高)の時の会話がさ~…「死なないで下さい」「私は死なないわ。あなたがいるから」とか、ちょっとどうしたティアマト姉さーん!な恥ずかしい会話でびびっちゃったよ。3年たったらグレイル団長のことはふっきちゃったんですか!?(ティアマトさんはアイクの父グレイルに想いを寄せていた)
まあ…今回の支援A会話はほとんどがかなり恥ずかしい内容というのは知ってはいたんだけど…最初っから支援Aのサザ&ミカヤはともかく(てゆーかてめーらその会話内容で姉弟って設定無理があるだろ)、一応公式で別の恋愛感情があった人の会話がコレだとビビリます。でもまあ、戦闘にはとっても役に立つんでいいです。実用をとります。

趣味をとった支援=アイクとライの支援関係。
アイクは、最初面白そうだからとシノンと支援つけてたんだけど(アイクを表面上は毛嫌いするシノンが、支援会話でどの程度オカシクなるのか見たかった(笑))、ライが参戦してきたらあっさりシノンはふってライと支援結ばせちゃった♪この2人の関係好きなんだもん!シノンは代わりにアイクの妹ミストと支援つけたげました。彼の敬愛するグレイル団長の娘なんだから問題ナシ!
でもってアイクとライだが、支援Bまではいったんだけど…何故かその後会話イベントが発生しない…B止まり?とかってあるのか?そんなあ~~~!しかも第4部で部隊を分けて行動することになったら、強制的にアイクとライが別部隊に=支援をつけてる意味が皆無に
ううう…いずれ合流することは分かっているから、それまで戦闘中の支援ナシで我慢するか…それともアイクとの支援を心待ちにしているだろうセネリオと情けでつけてやるか(セネリオがこの世で信じてる人間はアイクだけである)…悩む。

左からシグルーン、サナキ、アイク話が支援に終始してしまったな。言いたいことは色々あったのに。長いからそろそろやめよう。
最後にこれも嬉しかったこと。
神使サナキが自軍に合流!(とゆーか元老院に幽閉されて殺されかかっていたところを脱出してきた)しかも美しき神使親衛隊長シグルーンさんも一緒だ!!蒼炎でもっと活躍していただきたかったキャラその2だよ、シグルーン隊長!レベルが最初から高すぎて(上級職のLv19)すぐにカンストしちゃって悲しいけど、麗しき天馬騎士(天馬騎士はすべて女性)の参戦は嬉しいです!でも天馬騎士ならマーシャ(元ベグニオン帝国天馬騎士=シグルーン配下。現在はクリミア王国に仕える)のがレベルは下だけどパラメータは上回ってるし、最強はエリンシア女王だから、彼女らが参戦してきたら使わないかも。ごめんなさい。
そして!第4部序章で、ついに神使サナキも戦闘参加だ!最初から魔道士系最上級職だ!もちろん「皇帝」という彼女固有クラスだ!
どんな戦闘を見せてくれるのか楽しみ~~~♪さて、支援は誰とつけよう?順当なところだとシグルーンかな~てゆーかまだ戦闘参加1回目だから元々縁の深い人としか支援つけらんないしなあ…ラグズ王の誰かとつけられたら面白いかもしれないが。サナキと同じ部隊にいるのは鴉王ネサラだけか…しかし奴は幼馴染みの白鷺王女リアーネとつけてあげたい気もするしなあ…う~みゅ。

楽しく悩みつつ、第4部突入です。

開花

東京の桜開花宣言に合わせてデザイン変更。
これにすることは以前から決めていたけど、タイミングをはかっていたのよね。

でもってかなり時間をかけつつ3/16~17にかけての京都旅行についても記事投稿完了。
まあ興味のある方は該当の日付の記事をご覧下さいな。

あとはあれだ。FE暁だ。
やってるし、進んでるし、語りたいこともあるし、画像も相変わらずTV画面の携帯撮影で画質最悪ながら何枚もアップロードしてるし、準備は万端なんだが如何ように書くべきか。
んなことやってる間に第3部が終わっちゃいそうだよ。
とはいえ、最近は味方ユニットの動きを読むのが難しくて、1回はテスト的にプレイせざるを得ない状況なので(そして自軍ユニットの動きと敵増援部隊の動きを見る)、以前にも増して1章クリアするのに時間かかってるけどな。
でも楽しくてやめられないよ…ああFEにハマるって怖いね…
もしかするとこちらも過去の日付に遡って更新かもな。
その頃の出来事と書きたかった事と、今とはまた別だから。何やってんだか。

Restart

英会話帰りに駅に向かって歩いていて、やけに酔っぱらった集団が多いな~平日なのに、と思ってたら明日は休みでした。
って!昼間に書いたじゃん!!

そんなわけで約20日ぶりの英会話でした。
結局あんまり復習してなかったり…この際だからどの程度勘が失われるもんなのか実験だ!と開きなおって臨んだレッスン(殴)
講師は初対面の男性でした。Americanだね。
レッスン中からなんとなくそうかな~と思ってたけど、彼がこの学校で受け持つ初めてのレッスンだったそうです。
別に不慣れな感じがしたわけじゃなく(英会話の講師をするのは初めてじゃないって言ってたし)、なんとなく教え方がちょっと違うような気がしたのよね。テキストに沿う事より、よりnaturalな英語にこだわって教えてくれる感じ?
それはそれで良い事なんだけど、覚える方としてはちょっと面倒だったり。
一つの物事を表現するのに色々な言い方があるのは当たり前だと思うけど、それを覚える側としては、一般的な一つをとりあえず覚えるのが楽なんだよね。
聞いて理解はできるけど、喋るのはちゃんと覚えないとだからさ~。

それより。
さすがにこれくらいのレベルになってくると、レッスン中に教えられた事がレッスンの1回だけじゃ覚えきれなくなってきている感じがする。宿題以外にも、ちゃんと復習しないとダメか。
そんなこんなで、現在Chapter3進行中。

p.s.
おえかきBBSの版権お題が再びスレイヤーズだ

あれから

しばらく更新してなかったら、一部から心配されたので念のため記事投下。

祖母の葬儀諸々はもちろんありましたが、その他に京都旅行やら再開する英会話のための書類準備やら、その間にもちろんプレイし続けているFEやらで、ちとまとまった時間がとれず。
特に旅行は写真の掲載など色々面倒だからねえ。
レイアウト気にしなけりゃ簡単なんだけど。
明日は休みなので、過去に遡って色々更新したいと思ってます。

昨日、職場のエレベータに1人で乗っていて気が付いたこと。
鏡に映っている自分の顔が、なんだか赤ら顔のような…
……日焼けした?
京都、天気良かったからなあ

夢の跡を訪ねて~京都・2

朝7時起床!の予定だったけど、例によって枕が変わると眠りが浅くなる自分。5時過ぎに目が覚め、その後も寝ようと努力してたけどあまり実らず、6時半には諦めて起床。準備を整えた後は、C姉の新撰組本その3の『土方歳三、沖田総司全書簡集』を読んでました(笑)

バイキングの朝ご飯をたっぷり食べてホテルをチェックアウト。
20070319202106いよいよ、新撰組の足跡を訪ねて出発です!
京都駅から四条大宮までバスで移動。そこから徒歩で移動開始。
さすが京都は寺社仏閣が多いよなあ。観光で来ると大きくて有名なところしか見ないから、ごくごく細い通りにも次々と寺があったり京を感じさせる白壁の塀が続いてたりすると、改めてその歴史の古さを感じます。寺って所在は昔からあまり変わらないよね?隊士達もこんな小路を歩いたのかもしれません…なんて思いながら、C姉の行程表に従って隊士達の墓に寄ったり屯所へも。
八木邸に向かう途中だったかな?小さな酒屋があったのですよ。気になったのはボトル2本セットの地ビール。片方には近藤勇、もう片方には土方歳三の顔写真ラベルが。「これで帰りの新幹線で乾杯したらシメとして最高じゃない?」と言ってかなり買いそうでしたが、まだ行程も始まったばかりだったし、きっと他の土産屋にもあるよとやめてしまいました。そして後に後悔することに
八木邸の屯所跡では2人揃って新撰組隊旗柄の携帯クリーナー買っちゃいました(笑)
そして壬生寺では土方歳三の名前が刻まれたキーホルダーを…てゆーかC姉、沖田さんファンじゃなかったのか。さっきの地ビールの時も「土方さんの方を飲みたい」と言ってたあたりからそうだったけど、いつの間に随分と心境の変化があったようで。ビールは沖田さんのがなかったから仕方ないとしても、キーホルダーは沖田のもあったのに、結局土方さんを買ったあたり、浮気の現場を見たようでした。

20070319202139八木邸を出た後は、彼らが遊び、また芹沢鴨暗殺の夜には、彼を泥酔させた宴会の場所である角屋を目指して島原方面へ。途中の公園では桜が満開でございました。ああうららかな昼下がり。幕末にもこんな日常があったことでしょう。
通りがかりにあった新撰組グッズを扱う小物店で、店のおばちゃんと新撰組談義をしたりもして(私はほとんどついていけなかったけど)、やっとこ島原の入り口へ。
「角屋」は現在、「角屋もてなしの文化美術館」として、有料で邸内を見学することができます。てゆーかここは本当にステキ。素晴らしい。
別に新撰組云々、幕末志士云々がなくても、その文化的価値は素晴らしいと思うわ。庭の美しさ、室内装飾の精緻さ多様さ、建築物としての価値。見応え充分です。
そして詳しく解説をしてくれるガイドさんがいることがまた嬉しいですね。
特に1F奥の間でおじいさんにガイドしてもらった時は、たまたま私たち2人しかおらず、庭を渡る風とその音を感じながらおじいさんの静かで巧みな語りを伺い、とても穏やかに過ぎし時代に思いを馳せることができたように思います。いい時間でした。よかったなあ。
200703192021582Fの見学は時間が限定されていて、さらに追加料金をとられますが、その価値は充分にありました。てゆーか2Fはさらに豪華なお部屋や貴重な書や絵があるので、容易に見せることができないんだろうな。
部屋ごとに異なった意匠、細工、貴重な直筆絵などを間近に見られることにいちいち感動しながらの見学でした。うん、つくづく良かった。
入り口近くに「新撰組の刀傷」があり、また2Fの最上級の部屋でも床柱に複数の同刀傷を見せられ、「まったくいきがったやんちゃなガキどもだね~(微笑)」という感想を得ながら角屋を後にしました。

この後、西本願寺へと向かったわけですが、お昼食べるの忘れてました。てゆーか角屋が面白くて。「もうこの際ナシでいいよ」という事にして再びてくてく歩く。
天気はいいが風が強かったこの日。気がつかなかったけどそれなりにエネルギー切れ起こしてたみたいです。身体が冷えてねえ。
通りすがりにあった京漬物屋で試食しつつお茶をいただき、菜の花の漬け物を購入。大変あったまらせていただきました。
西本願寺では一時屯所としていた太鼓楼を工事現場の隣から見上げる(西本願寺は大改修工事中)。本殿に入ったら何かの法要なのかちょうど雅楽の演奏が始まって、短かったけど素敵な音色にしばし癒されました。
西本願寺で行程はほぼ終了でしたが、時間が余ったのでバスで二条城へ。この時、今朝の地ビールを買いに戻るかという案もあったのですが、冷えで根性がなくなってきてた自分、やめてしまいました。ちょっと惜しかったなあ。
二条城も…風がコンタクト使用者にはちょっと怖い場所になってました。ひたすら一周しただけだったかも。閉場間近だったというのもあるけど、二条城初めてだというC姉にはちゃんと見学させてあげたかったなあ。また行こうね。

根性なくした我ら、タクシーで最後の目的地リーガロイヤルホテルへ。ここ、屯所の跡地なんだって。今はもちろんホテルだけど、それを示す石碑があるそうな。
最大のオチが待っていました。ここ、去年の秋も同じC姉のリクエストで来たんだよね。某小説でこのホテルが舞台になっている場面があるそうで。その時、記念に表にある「リーガロイヤルホテル」の名前が刻まれた碑の前で記念写真を撮影しました。目的の新撰組屯所跡の碑、その隣にありました。
わざわざ半年後に、すぐ隣の碑を見るために京都まで来たのかよ!(大笑)

最後の晩餐。
京都駅伊勢丹の階上にあるイタリアンレストランに入りました。京都市街を一望する眺望の良さに惹かれて。たまたま見つけたんだけどね。
まだ明るい時間に入ったので、京都を夕暮れから夜景まで見つつ食事と酒を楽しむという、すっっごく贅沢な時間を過ごさせてもらいまいした。特にたまたま夕陽が遠い窓の隙間から差し込んできたときは、あまりの美しさと偶然が重なった喜びに思わず声を上げてしまいましたよ。てゆーかC姉感極まって涙目になってた(笑)

20時の新幹線で、京都を後にしました。
結局新幹線の中でもビールでお疲れ乾杯。まあすぐ爆睡してたけど。
充実しまくってたなあ。いい旅でした。新撰組と京都とC姉にありがとう。

さて、次は函館まで新撰組を追います。

夢の跡を訪ねて~京都・1

朝イチから午後イチにかけては祖母の告別式&初七日。
終わって喪服を脱いでそれから旅支度をして、日が暮れた頃、旅立ちました。京都へ。
大丈夫、おばあちゃんはそんなこと気にしないさ!
明治生まれながら、勉強して看護婦と産婆の資格を取得して職業婦人として働いてたような進歩的なおばあちゃんだもの!(関係あるか、それ?)

まあともかく、行って参りました。
同行者C姉。
旅の目的は「京の都に新撰組の足跡を訪ねる」です。
発案C姉、プラン立てもC姉。私はほぼ、ただくっついてっただけですね(笑)
でもせっかくだからと司馬遼太郎の『燃えよ剣』読んで新撰組についての知識をざっと仕入れておきました。幕末の京都にいた、なんだか剣振り回してた危ない集団で、色々と映画とか舞台に取り上げられてる奴ら、程度の知識しかなかったもので。
てゆーか面白かったです『燃えよ剣』。短絡的ですが、土方歳三さんのファンになりました。あれは本当に劇的だわなあ。もちろん小説なのだからフィクションもあるのでしょうが、多くのファンサイトがあるのにも納得しました。てゆーかそれらのサイトでも勉強させていただきました。ありがとう。
とゆーわけで、旅立つ頃には私もにわか新撰組ファン(笑)
大いに旅を楽しめそう♪とわくわくしながら待ち合わせの東京駅へ向かったのでした。
でもってここから先は、旅の報告書。ただし、新撰組ツアーについてはC姉が事細かに報告してくれるだろうから、私はそれ以外の事に主軸をおいて感想を述べていきたいと思います。

20070319202427大丸の地下街で合流。お弁当買って新幹線へ。
合流したときには既にハーフボトルの日本酒とワインを購入していたC姉。新幹線内の晩餐は、ご覧のようになりましたまあいつもの事か。お弁当食べてる間に日本酒はなくなり、引き続き赤ワインをチーズ味コパンを肴に飲んで、あっという間になくなりました。
車中はC姉の持ってきた新撰組メインのガイドブックやら漫画やら読んで既に新撰組一色。あの花ゆめ新撰組漫画良かったな~。絵綺麗だし切ないし。函館新撰組がメインてところがまたマル。ちょっと自分でも欲しくなったぞ。1冊完結だしね。
22時すぎに京都へ到着。今夜の宿である新都ホテルへ。
人気の新館をとってくれたので、部屋の内装も機器も現代的でステキでした濃茶の調度に白のリネン、モスグリーンの枕などが落ち着いた雰囲気を醸し出してました。案内してくれたポーターのお兄さんは何故か落ち着きなかったけど(笑)
真っ白な大きなバスタブでゆっくり湯につかって一日を疲れを落とし、新撰組漫画を再び読みつつ、明日に備えて就寝。
明日が本番です(笑)

107年

昨日早暁、祖母が亡くなりました。
享年107歳の大往生。
ご愁傷様ですというよりおめでとうございますと言いたい。
「生きた」というのはそれだけで讃えられるべき事だと思う。
よく生きた。よく頑張ったね。

生年は1899年。
今日、従姉妹に「足かけ3世紀だもんね」と言われて、
そうか、19、20、21世紀と生きてたのか、と思い至りました。
すげえ。
1899年=明治32年てどんな年だ、とネットを検索してみた。
勝海舟が死んだ年らしい。
シベリウスが交響曲「フィンランディア」を作曲したらしい。
ヘミングウェイ、ヒッチコック、川端康成が生まれた年らしい。
おばあちゃん、同い年だったんだねえ。
そんな事言ってると、なんだか歴史の生き証人が一人失われたみたいな大事に思えるけれど、一方でそれは真実かもしれないが、一つの命が消えたといういわば日常の一つの出来事でもあり。
それでいいんだと思う。

隣家に伯父伯母夫婦と住んでいた祖母は、90代の中頃くらいまではよく庭先を掃除したりしてましたけど、近年はずっと姿を見ていませんでした。
久々に見た祖母の死に顔は、その頃と変わらない、小さくて可愛らしい死に顔でした。
変かもしれないけど、なんだか「元気でね」と言いたくなりました。
うん、元気でね、おばあちゃん。

成長記録

FE暁は、現在第3部9章に入ろうというところ。
章によって操作する部隊が異なるという展開がまた出てきましたね。第3部はずっとアイクが主人公かと思いきや。

異なる視点から物語を追うというのはそれはそれで楽しいけれど、FEの醍醐味の一つである「ユニットの成長」という点から見ると、「よし次章で○○がクラスチェンジだ!」とか思ってるところで、そのユニットが入っていない部隊を強制的に操作させられるのはちょっと悲しい。
そーいう意味では、第2部は微妙にストレスの溜まる流れでした。(毎章、操るユニットが変わってた)
やっぱな~、強いユニットにわざと弱い武器持たせてチクチクと敵HPを削り、弱いユニットでも倒せるようになったところでトドメを刺しにいかせるとか、色々苦心しながら育てていって、結果軍の主力たり得る頼りになりまくりなユニットになったりすると、そのキャラクター性以上に「よくやったエライ!」ってすごく愛着が深まるのよね。
蒼炎のアイクはその最たるものだった。
最初は1人で1回攻撃させたところでまず敵を倒すことはできなかったけど、ラスト近くになると、敵のまっただ中に1人で放り込んでも、群がる敵の攻撃をほとんど避け、返り討ちで倒し、たまにダメージくらっても「天空」スキルで自己回復&ボス敵すら1撃死というとんでもないユニットになってました。
カッコヨカッタよ…アイク…いや、今(暁)もめちゃ強いですが。
一番弱い「青銅の剣」持たせたまんま壁役(=HP削り役)として前線に立たせてたら、群がってきた敵のほとんど倒しちゃって「それじゃミスト(アイクの妹。現在Lv4)に経験値がいかないでしょ!」と逆ギレしてみたり。(←アイクの攻撃力を計算しないプレイヤーが悪い)

それにしても、アイクに限らずグレイル傭兵団はほぼ全員が強力なユニットで(蒼炎の激戦をくぐり抜けてきたからね)、レベルのカンストが気になってきています。
FEはレベルが20までしか上がらない。下級クラスだと、Lv20になると同時にクラスチェンジで上級クラスのLv1になり、それも20までだから、賞味40のレベルアップがあり得るんだけど、暁のグレイル傭兵団は全員が最初から上級クラス。
暁からの新システムで「最上級クラス」というのができたのだが(蒼炎からのキャラ用だよな)、これは「マスタークラウン」という特殊なアイテムがないとクラスチェンジできない。で、現在グレイル傭兵団がこれを手に入れたのは1度だけ。
その1個は、いち早くLv20に達してしまった狙撃手(スナイパー)シノンに使ってしまいました。
アイクの父グレイルに心酔していて、でもアイクのことは気に入らなくて、グレイルが死んでアイクが団長になったときには、「こんな未熟な奴についていけるか」と脱退。(実際、蒼炎の初期メンバーでは、ティアマトさん以外の唯一の上級クラス)蒼炎の終わり近くになって敵兵として出てくるが、弟子のヨファに説得され、その後アイクに倒されると、不承不承戻ってくる。意地っ張り?ちなみにラスト近くだとアイク始め他の傭兵団メンバーもだいたい上級職になっているので、シノンの力は強いて必要なくなってます。実際私は使わなかった。可哀想な奴(笑)
ま、そんなこともあって暁では使ってあげようと思っていたわけです。
で。バカ強です
こいつもHP削らせ役には向かない。計算上敵のHPが残るように攻撃させてるのに、必殺発動してトドメ刺しちゃう。必殺出し過ぎ!それもあっていち早くLv20に達してしまったと。
弓兵の最上級職・神射手(サジタリー)は、射程が2~3に伸びるので、敵の攻撃まったくくらわずに倒せます。しかも回避は高いわ防御・魔防も高いわで、敵の直接攻撃に反撃できないというのに、壁役にしても避けるわくらってもほとんどHP減らないわでまったく危なげがない。化け物ユニットになってます。

しかし。アイクもLv20に達しちゃったし、ティアマトさんやオスカーなどの騎馬系もLv19、チャップ、ネフェニーもLv19。だからと思って使い始めたガトリーやボーレもLv17~8と、どんどんみんなカンストしていってます。ああ、経験値がもったいないよ~
早くマスタークラウンを手に入れたい。
それまでは、愛でもって育てにくいラグズのライを育てるのみ。まあ暁で彼が出ることが判明してからというもの、一番のお気に入りであることにかけても彼を育てるつもりでいたのだけど。1レベル上げるのにエライ苦労したわ…くそう、別部隊の奴が持ってるスキル「エリート(獲得経験値が2倍になる)」がすごく欲しいぜ

第3部3章

FE暁、第3部3章攻略中。
3章開始と同時に流れたムービーにまたもや叫びました。

ライが喋ったーーー!!!!
ライの化身シーンがムービーで見れたーーーーー!!!!

万歳三唱。
ベグニオン帝国中央軍総司令のゼルギウスもカッコイイ蒼炎では重要人物っぽいのに後方支援として一瞬しか出てこなくて、その知性的で良い人そうな美形っぷりに「もっと活躍してよー」と思っていたので、今作でムービー含めてその有能ぶりをいっぱい見せてもらえて萌えさせていただいております。
敵だけどな。敵方がステキだからこそ、また燃えるってもんよ!!

敵方といえば。
左から神使派元老院議長セフェラン、神使サナキ、ほか元老院有力者3名正直、第3部における最大の敵は「ベグニオン帝国」というより、それを牛耳る元老院だと思われ、帝都シエネでこの元老院と闘っているだろう神使(=皇帝)サナキがどうしているのかとても気になります。
ううう、蒼炎の時からその政治的手腕は侮れないものがあったとはいえ、まだ13歳の彼女が、ふてぶてしい元老院の爺どもとどう渡り合っているのか…ゲームの進行上、殺されたりはしないだろうけど、危険はいっぱいありそうだ。何しろ先代神使は暗殺されている。

さてそんなこんなで3章。
18ターン以内にマップ内6箇所にある敵の兵糧に火を付けてまわることがクリア条件。
ユニットを厳選したら、火を付けてまわることそのものはなんの問題もなくクリアできた。10ターンくらいで済んだかも。
が、時々テントから飛び出してくる元老院議員ども。武器も持っていないし皆一様にスタコラと逃げていくのだが。
その持ってるアイテム、寄こしやがれ。
特に「白の宝玉(=10000で売れる)」持ってる奴!貧乏傭兵団には貴重な収入源なんだよ!置いていけーーー!!
とゆーわけで、無抵抗な議員達を血眼で追う、我らがグレイル傭兵団。放火魔の上に追いはぎ。先の戦争では勇名を馳せたのに。みんな貧乏が悪いんだ。
事前にセネリオから「貴族は後々面倒なので殺すな」言われてるので、盗賊ユニット限定のスキル「盗む」で奪わねばなりません。殺して奪う方が楽なんだけどね(極悪)。
様子見も兼ねてプレイした1回目は、クリア条件は満たしたものの、白の宝玉取り逃がした。じゃなくて、白の宝玉持ってる議員に逃げられた。
まあ…増援部隊の出方もわかったし、明日もう一意度仕切り直すか…

左からティバーン、アイク、ライ3章からやっと鳥翼族鷹の民と合流。てゆーか鷹王ティバーン様が!!(「様」づけデフォルト)
あ~相変わらずエエ男やねえ…
ムービーでも「いくぜ野郎ども!」ってハッパかけてて、その海賊の首領みたいなワイルドな感じがたまらないわぁその後、崖から飛び降りて、落ちながら鷹に化身、羽ばたいていくシーンも最高にステキでした。
ライvsゼルギウスとかティバーンvsゼルギウスとか、自分的に「いい男」達が真剣勝負してくれる姿がたまりません。
ま、ライとティバーンはラグズなので、戦闘時にはそれぞれ猫と鷹なんだけど

La brise de vallee

本日は退社後、新富町のLa brise de vallee(ラ・ブリーズ・ドゥ・ヴァレ)へ。
いつものグルメメンツで、ちょいと久しぶりのフレンチ
新富町駅からは徒歩1分。
1Fがカフェだけあって、南欧風?のお洒落な外観でした。
レストラン利用は2Fで、赤絨毯の敷かれた階段を昇っていくと、通りに面した側は全面ガラス張り、天井は高く天窓もあり、という解放感のある空間でした。大きな花瓶にお花(もちろん生花)もふんだんに生けられていて、カフェの気軽さとはまた違ったステキ空間。
あ~一週間の終わりにこーいう別世界気分って幸せだわいつもの飲み屋も、別の幸せがあるけどね。

品数の異なるコースが幾つか用意されてましたが、まあ分量的に見て4500円のコースが妥当だろうと3人ともそれで。前菜、主菜、デザートを一品ずつというもの。アラカルトで選ぶことができます。
で、本日の選択は。
前菜・タラバ蟹の白子ソース、主菜・甘鯛の春菊と百合根のソース、デザートにチョコムースと紫芋のアイス、オレンジソースがけ。(本当はもっと長くて説明的な名前です)
注文したものが来る前に、アミューズ2品。
最初はシュー生地に、あれはえーと魚系?のものとサワークリームとを練り合わせたものかな?これは一口で。爽やか。
2品目は豚と鴨とレバーのパテ、上にピクルスの千切りとコンソメゼラチンがのったもの。うふふ、美味し
この辺で食前酒として頼んだスパークリングワイン(白)がなくなり、本日は全員魚料理だったので白ワインを1本追加。
やっと注文の品。
蟹、実は追加料金がついちゃうメニューだったんだけど、薫製にした白子をそのままのばしてソースにしたって奴がどーしても食べてみたかった。
し、しあわせ…!蟹ふわふわだしソースは蟹の身とうまく溶け合っているせいか思ったよりもあっさりめで、優しいお味。少し入っている葱などの野菜とこの白子ソースを合わせると、これはソースの濃厚さがよくわかって、でも野菜が旨いー!
感動は主菜でも。こっちのが大。
甘鯛は鱗をわざととらずにカリカリに揚げてあって、鯛の白身と少し苦味のあるグリーンが美しい春菊のソースと甘味のある白い百合根のソース、上に散らしてある百合根も合わせて食べると…絶品皮と身とソースだけでも相当な美味ですが、たまに百合根も合わせて食べると、そのほっくりした百合根がたまんない~
相当に幸せになりました
このままデザートはつまらんとチーズを追加オーダー。合わせてハーフボトルの赤ワインも。
チーズは私にとってはデフォルトのブルーチーズとC姉が小声でアピールしまくってたミモレット。好きだよね(笑)
赤ワインは、先に飲んでた白が癖のない非常に飲みやすいタイプだったので、今度はちとえぐみの強い奴でした。いつもいいオーダーありがとう、C姉様(=ワイン担当)。
干し無花果と干し葡萄も一緒にチーズが出てきてくれて、あーこれ嬉しいよなーと。なんかミモレットが今までになくソフトで濃厚だった。面白いなあ。
20070309215118やっとデザート。濃厚なチョコムースでした。チョコにオレンジソースって綺麗だし美味しいよね。C姉のほうじ茶と黒糖アイス(だっけ?)もちょっともらったけど、美味しかった~。Hちゃんのキャラメルデセールパレット(キャラメル味の色んなデザートが少しずつパレットの様に載っている)も可愛くて美味しそうでした。
私はチョコレート頼んじゃったからいつも通りエスプレッソだったけど、他の2人が頼んでたフレッシュハーブティー、すっごくいい香りだったな~。また行きたいなあと思えるお店だったので、次回はあれ飲んでみようっと。
20070309220829最後のプティフール。こんなにたくさん種類があるの初めて見た4種類もあるよ。それも全部タイプが違うし。
最後まで見た目と味の驚きをくれた感じでした。嬉しい驚きってとっても幸せです。
ちょっとお高くついちゃいましたが、これだけ幸せにしてもらったので満足です。

いつもながら、素敵なお店の紹介ありがとう~>Hちゃん
次は恵比寿の鍋か池袋の点心か。
全然違うところかも

第2部終章顛末

月曜火曜ともFE暁の女神やってました。ハマってますね。ええ。
でもって第2部終章の再プレイ。結局再々プレイまでいってやっとクリア。
再プレイでも1人死なせちゃってねえ…弓騎馬兵ステラ。
でも再々プレイへの意気込みは再プレイの時とは違いました。正直ステラは先々使う気がなかったのでそのまま進んでも良かったんですが、なんかこの終章ステージが楽しくなってきたんだよね。
もっとこうしたらうまくいきそう、とかこっちの方が効率良さそうとかが見えてきて。
「もっとうまくやりたい」という気持ちで再々プレイに臨んだ感じ。

てゆーか1回目。
エリンシア(左)とマーシャ(右)なんでか私、エリンシアを「戦えないキャラ」だと勝手に思って、回復杖役のみで使ってたんだよね。どっかの攻略サイトで「エリンシアを前線に出さないように」というコメントからそーいう勘違いが起こったのだけど。
パラメータよく確認してみたら防御力はかなりあるし、何よりエリンシア専用武器「アミーテ」の「必ず2回攻撃」能力が反則的な威力。エリンシア自身の攻速(攻撃スピード。相手より+3の数値があると2回攻撃ができる)が元々高いので、アミーテのそれと合わせると、1ターンに4回攻撃ができるという鬼強さ。
また彼女は天馬騎士なので、移動力が高く城壁などの障害物も飛び越えられ、敵の攻撃の届かない範囲から飛んできて攻撃→安全圏に戻るという完璧なHIT&AWAYが可能だということに、再プレイにして初めて気がつきました
こんな便利なユニット使わないでクリアしようなんて、私、何勝手に縛りプレイやってたんだろ……でも1回目だって1人死亡しつつもクリアしたんだけどさ。
それをフル活用したら、かなり楽になりました。
楽になりすぎて、1回目は半分諦めた敵の持ち物を盗むコマンド、全部盗んでクリアしたわ。
そしてリアーネ(ラグズ・鳥翼族鷺の民の王女)の呪歌・再行動が「2人再行動」にできるとことには、完全クリアして満足した後に気がついた……ラフィエル(同兄王子。第1部に登場)は4人できたけど、リアーネは再行動させるユニットを選択するコマンドが出た時点で「あ~1人までか」と勝手に思い込んでしまった……くっ。
だって蒼炎では1人だったんだもん!!!!

そんなこんなで、先日大いに盛り上がった2部終了後のムービーは、結局3回見ました(死)
でもって2度目に見たとき、「あ、ガトリー忘れてた」ということに気がついたのでした。
あれだけ盛り上がっておいて、彼だけ名前叫ぶの忘れてた

水もしたたる

昨日はえらいめにあったよ。
久しぶりに傘を持つのも大変なほどの風雨の中、家まで歩くハメに。
駅を出たときは、雨が降ってはいたけどそれほどでもなかったのにな~。
徒歩10分ほどかかる我が家。
半分くらいまで来たところで、どんどんひどく。
なんつーか雨が波打ってるの。
道路も水で覆われてる感じで風に波打っている。
戻るもならず行くもならず。
あまりひどいときは家々の影に隠れつつ、なんとか帰りました。
帰ったら即、風呂入りましたけど。

今日、会社でその話をしたら「オレなんか傘もささなかったよ」という人が。
「日頃の行い~」とか言われてとても心外でした。
「でも水もしたたるなんとやらだったんじゃないの」という余計なフォローまでいただきました。む。

べっくらこいた

第2部終章の再プレイ、少し始めておくかと風呂あがりにWii起動。
寝る準備しながらOPを垂れ流してたら………
ムービー変わってる!!!
てゆーかアイクが!!
今までチラリともいなかったのに、アイクと漆黒の騎士の対決シーンが!!
一枚絵が連続するシーンでは、初っ端にティアマト、ミスト、セネリオのグレイル傭兵団主要メンツが!!
さらに!ムービーラストはミカヤとサザがデインの空?を見上げるシーンで終わってたのに、その後いきなり険しい表情で一点を見据えるアイクさん(思わず「さん」づけ)が出てきて!何かを決意したように、キッと振り向くシーンで終了!!

……なんかもう…やられまくった気分……
くっそう、徹底的にアイク達の再登場を隠してやがったな。
わざわざOPムービーを2パターン用意してるなんて!
もちろんムービー中はBGMがずっと流れてるから、それも少し変化してます。だって何か違う曲が流れてきたから「おや?」と画面を見たらいきなりアイクと漆黒の騎士が剣で火花散らしてたんだもの。
嬉しいけど、なんか、こんにゃろうな気分。

勇者登場

第2部クリアー
いや短かったもんで、第2部。序章含めて5章しかなかった。第1部は10章あったけど。
しかし第2部終章、最後の最後でボスに一人殺された…orzううう…すっごい大変だったから終章やりなおすの嫌なんだけど…やっぱりやり直そうかなあ…
とはいえ、そのターンさえ過ぎてしまえばクリアだったので、とりあえず第2部のエンディングは見てしまいました。
このムービーがもうかっこよくて!!!

反乱軍に捕らえられて脅迫の材料とされ、処刑されそうになるルキノさん。
その少し離れた大木に身を潜め、弓を構える者達が。
ヨファーー!シノンさーーーーん!!!
てゆーかシノンさんの声ステキーーーー!!!
緊張で手元が定まらないヨファに対し、師匠役のシノンが「しっかり見とけよ」と鮮やかに一射。矢はまっすぐ今まさに吊されようとしているルキノさんのロープを断ち切る!
衝撃でそのまま断頭台の上から落ちてゆくルキノさんを、駆け込んだ影が抱きとめる!ぎゃーーーアイクーーーーー!!!
そのまま剣を一閃して周りの敵兵をなぎ倒す!
囲もうとする兵達を今度は渦巻く強風が襲う!きゃーーセネリオーーーーー!!
うるさくてごめん。
てゆーかこの後はもうグレイル傭兵団の独壇場。
うきゃー!ティアマトさーん!オスカーーー!!ボーレーーー!!ワユーーー!!!
と叫びっぱなし。いや、内心で。手はバンザイしてたけど。
最後に回復役のアイクの妹・ミストちゃんがルキノさんを助け起こし、それを優しく見守るキルロイが癒しの光で照らして終わり
あんまりみんながかっこよくてテンション上がりまくりでした。
ああ、あのムービーをもう1回見れるんなら終章やり直してもいいかも
ま、全部クリアしたらクリア特典でムービー見れるはずなんだけどね。

上がったテンションのまま画面は通常モードに戻り。アイクとエリンシアの会話。
てゆーかアイク。…むさくなったな、あんた
そーだよね、17歳から20歳になったら、さすがに少年ぽさもなくなってくるよね。だいたい傭兵稼業なんてやってるわけだから、腕もモリモリ筋肉質になるよね……な、慣れよう。
そしてここで大失敗を。
まちがってイベントスキップボタン押しちゃった
いきなり「第2部 完」と出て呼吸止まりました。
………やっぱ終章やり直すしかないか………
まあとりあえず第3部の入り口ものぞき見。
やっぱり第3部からはグレイル傭兵団=アイクが主人公だった
てゆーかいきなり序章からライが出てきたーーーーー!!!!!
相変わらずこの2人は親友だなあ。友情にも年季が入ってきた感じで、よきかなよきかな。
だがしかし。ライは見た目全然姿変わってないのになー…アイクだけどんどん成長していく感じ。
それはラグズとベオクの違いでもあって、仕方ないことなんだろうけど。ラグズは総じてベオクより長命なので(2~3倍?)、成長も遅いのだ。
もしかしてそのことを強調するためにも、あえてアイクは絵を変えてるのかもな。そのわりに、グレイル傭兵団の他の面々はそれほどでもないのが気になるけど。
女の子は可愛くなってるし(ミストやワユ)、ティアマトさんは相変わらず美女だし、オスカーなんて相変わらずの糸目で全然変わってないように見えるし。なんでアイクだけこんなにオヤジくさくなってるかな~。
あ、親父のグレイルに似てきてるのか。アイクは親父を目指してたから、これは必然なのか……そんなとこ似なくてもいいのにぃ。
ちなみに、アイクのクラスは蒼炎の時のグレイルと同じ「勇者」になってました。エリンシアの「女王」もそうだけど、唯一のクラスというのが多いですね、暁の女神。

さて、いつ終章やりなおそうかな。

第2部

久しぶりになんの予定もない土曜日。
朝まではちょっと横浜でもぶらぶらしてくるかなあと思ってたんだけど、なんの用もないのにふらつくと無駄なお金を使いそうな気がしてやっぱやめた。
おとなしくFE暁を進める。

8章は3度目にしてやっとクリア。
てゆーかあっさりだった。3度目ともなると慣れるというか…体当たりもそれほど駆使することなく安定した感じでクリア。
9章は超短いのでこちらもトントンとクリア。
で、第1部の終章。マップはデイン王城内。
配置された敵の数も増援の数も過去最高でしたが、ここまで大事に育ててきた自軍ユニット達。最後はいっぱい活躍してくれましたよ。
このマップ上でジル、エディの2人がクラスチェンジ。それぞれ、聖竜騎士と剣豪に。
あ~この光に包まれて新たな姿になるクラスチェンジは本当にわくわくするなあ。それと共に「こんなに立派になって…」という心境にもなれる「努力が報われる瞬間」でもあります。
第1部における悪役だったジェルド将軍は、その必殺率の高さがあまりにも怖かったので、「漆黒の騎士」にとどめを刺してもらいました。
「漆黒の騎士」は蒼炎におけるラスボス…ではないけど、アイクにとってはラスボスだったろうな。何しろ父親の仇だから。
反則的な強さだった為、死んでないだろうなあと思ってたけど、本当に死んでなかったよ。しかもデイン再興の為とか言って、ミカヤ達の仲間になるし。
なんて物騒な味方なんだ。相変わらず強すぎて困るよ。女神の剣装備してるから外すこともできないし!結局ジェルドを倒すとき以外は一切攻撃させませんでした。

第1部クリアー!
ミカヤは先王の遺児・ペレアス王子から大将軍の地位と爵位を与えられて光賢者にクラスチェンジ(主人公キャラは他と違ってレベルアップではなくイベントでクラスチェンジすることが多い)。
ミカヤとしては複雑だろうけど、これからが復興の始まりである祖国デインを守りたいというところでしょうか。
ミカヤ、サザ等の元々デイン人であるメンバーはそのままデインに残留。トパック等のお助けメンバー達は、ラフィエル王子一行をその肉親に会わせる為に、獣牙族の国ガリア王国へと旅立ってゆきました。

で、第2部。舞台はクリミア王国へ。
序章がいきなり"空の上"!でびっくりした。
ラグズの鴉の民と鷺の民、ベオクの天馬騎士と竜騎士…確かに全員翼あるものたちだけどな。
なんかフツーの鳥たちとかが眼下を飛んでるんですけど~…こんなたっっっかい上空でドンパチやってるもんだったんですか?飛行ユニットって。
今まで地上を歩くユニット達と同時に出ているところしか見たことなかったので(シリーズ通して)、飛べるといっても地上数メートルくらいの高さのもんだと思ってました。勝手に。
20070303202838で。ハール出た!!(写真下がハール。マップは遙か上空)配達中だった(元デインの竜騎士だったが戦後はジルとともに飛竜の運び屋に)。すっごくめんどくさそうに味方になってくれた。てゆーかお前はさっさとジルの待つデインへ帰れ。
でも強いので助かりました。エリンシア等の天馬騎士はてんで弱いし。
ハールこき使ってやる!と思ってたら、どうも第2部は章ごとに出撃ユニットが違うみたいです。
てゆーかなんだこの蒼炎キャラ総出演状態(笑)クリミアだから仕方ないのか?アイク達は行方不明みたいだけど。絶対この後出てくるな。
ルキノ姉さんの鮮やかな剣技にほれぼれ獣牙族猫の民レテは、敵倒した後の顔洗う仕草がたまらない
既に次は3章だったりするんだけど、いよいよ反乱鎮圧に赴こうという次章は、ほとんどが騎馬ユニット。今度はルキノ姉さんの弟、ジョフレ将軍に頑張ってもらいます

友と新宿で

久しぶりに青森からAちゃんが来てたので新宿でご飯してきた。
もれなく職場からY子もくっついて。加えてY子にCちゃんもくっついて。
半年ぶり?の新宿でAちゃんが出口間違えてたけど、無事に会うことができました。

本日のお店はベジダイニング
だんだんお馴染みになっているな。
野菜メインで身体にいい感じで美味しいメニューが揃ってるところがいいですね、ここは。
芽キャベツの浅漬けがうまかった~苦味がたまらなく旨いよね。春の味。
旬のメニューとして、芽キャベツや菜の花の様々なメニューが載ってたんだけど、うーん、菜の花も食べれば良かった。

話題はレイトン教授から始まって、大泉洋に及び水曜どうでしょうに流れハケンの品格も加わり…大泉洋メインでしたね(笑)
実は私は彼のことはよく知らないのだけど…
ハケンの品格は最初の頃何回か見てたんで、それで知ってる程度。あとはだいぶ以前から周りがやたらと騒いでいるから、名前と何してるのかくらいは、まあ。演じているところしか見たことないから、本人はどーいう人なんだかはイマイチ。
あ、でもレイトン教授のプレイデモをやっているところは、なんだか可愛かったですね。とりあえずレイトン教授はまだこれから2作続くそうですから、頑張ってください。

飲んだ後はAちゃんの希望により電器屋に寄り、iPODのアクセサリーを購入してお別れとなりました。
また遊ぼうね~。気をつけて帰ってね。

ぐーあー!

暁の女神、8章攻略中。
てゆーか実は、昨夜一度クリアしてついでに様子見で9章やったら短くてそちらもクリアしたんだけど、不満があったのでそのデータはリセット。8章の始めから再攻略中。
何が不満だったかって、8章では敵兵に処刑されようとしている捕虜6名がいるんだけど、1人救助が間に合わなくて殺されちゃったから。
最も簡単なノーマルモードでやってるんだから、せめて全員救助ぐらいしたい!と再挑戦なわけですよ。

捕虜を助ける為に実行しなければならない「救出」コマンド。
隣接した味方ユニットを担ぎ(画面上では1つのユニットになって、人型マークが付いた表示になる)、技と速さが下がる代わりに、救出したユニットには敵からの攻撃が一切加わらなくなるというもの。
実行するためには救出するユニットが、される側より+2の重量があることが必要。
ところが。サザは身軽なので捕虜達の重量+2分がなくて、救出コマンドが使えない。
うーあー!一番動き回れて(移動力が高い)攻撃避けまくれて無理がきくお前が、肝心の救出ができなくてどーするんだよ!お前の救出はミカヤ専用か!?(ミカヤはサザより軽いので「救出」ができる)
戦闘強制参加ユニットのミカヤ&サザ両方とも捕虜救出ができないなんて!ただでさえ8章の出撃可能ユニット少ないのに!(12人まで)

色々頑張りましたよ。
このマップ全体に広がる沼地は移動力が極端に落ちるので、あと1マス届かない場合とか、体当たり(スキルの1つ。自分より体格+2以下の隣接ユニットに「体当たり」して1マス分移動させる)しまくりですよ。
この章から参加のラフィエル王子は「呪歌(ガルドル)」とゆースキルを持っていて、一度行動を終えた味方ユニットを再行動させることができるので、彼が仲間に隣接できるように体当たりしまくり。
儚げなラフィエル王子に、化身したニケ(彼の奥さんで狼の民。化身してると白い毛皮の巨大狼)で体当たりさせるのは、チビキャラ表示とはいえ痛そうで「おいおい大丈夫なのかよ」と心配になります。
でも味方を助けるためにガンガン体当たり

そんなこんなで、この章のボスキャラ+2魔道士まで敵を減らしました。この章のクリア条件は「敵の全滅」なので、どちらも倒さなきゃならないけど、後ろから来ている魔道士2人は移動が遅いので、正面にいる敵将を倒して戻っても充分余裕に見えた。
敵将近くにいるユニットは、これから育てていきたい比較的弱めのキャラ。でも何人かいたので、その攻撃力を加算すれば充分敵将を倒せる数値が出せた。
敵将も魔道士だったので、魔防が低いキャラだとちょっと危険だけど、1発くらいなら耐えられる体力はみんなあった。
はい、では先陣・槍使いのブラッド君、行け!
一発くらわす。よしよし。
敵将反撃。
必殺発動。
ブラッド君死亡。

…………リセット。

ふう~~~~………
また明日挑戦するか
Calendar
02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。