スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファンダムvol.2

こんなとき(別ゲームプレイ中)に限ってAmazonは発売当日に届けてきやがる。
とゆーわけで、帰宅したらテイルズオブファンダムvol.2が届いてました。
せっかくだからちょろっとやってみた。この手のテイルズファン向けソフトやるのも初めてなので。

フルボイスな分、すべての台詞の前で微妙に読み込みがあってそのせいでテンポが悪い。非常に微妙ながら、ちょびっとイラッとする。
ゲーム性はそもそも期待していない。期待していないが、ファンディスクってやっぱりこんなもんなんだ~という感じ。ゲーマーとしては、やはりその辺をおろそかにされるとちょっと萎える。
が。
目的はそもそもクラトスなのだ。(言い切った)
早速、TOSクラトス編をさわりだけやってみたが……
やっぱり自分はオタクやなあ~と思わずにはいられず。
ゲーム中、主人公(=プレイヤー)からは見えない場所で絶対に行われていただろうアノ人とアノ人の会話とかやりとりとか、声付きでやってくれてる!!
もうそれだけでテンション上がりまくりです。
しかもTOSなんてプレイしたのもうだいぶ前で、記憶が曖昧になってきているというのに、それでも萌えられる。
いや~オタクゴコロはすごいね。

明日は全員TOSプレイしたことあるメンツでゲーム合宿なので、持ってって一緒に楽しもうと思います。
スポンサーサイト

ふと。

そういえばもう今週中にはテイルズオブファンダムvol.2が発売じゃないか。もしかしなくても。
うわ、絶対FE2周目終わんない。実はもう3部終章までクリアして最後である4部に入ったところだけど、絶対終わんない。
Amazonで注文しちゃったんだよな~…だから遅くとも発売翌日には自宅に届くと思われる…
FE暁投げ出さずに済むかしら…まあ、いよいよ2周目限定イベントも佳境だから大丈夫だと思うけど。4部からは比較的簡単だしね。
でも今は、新作なら何よりゼルダの夢幻の砂時計がやりたい気分だったり。だってやたら評判いいから。

DとP

英会話帰りにまた有楽町ビックカメラに寄ってみた。もちろん携帯の為。いまだ検討中なので。

じっくり時間かけて稼働してる奴触ってきました。一度試した奴を他の見てからもう一度触ってみたり。
で、自分が一番重視している操作レスポンスから見て。
D904iかP904iだな、という結論に。
価格.comとかだとFの評価が高いようで、確かにあのデザインや操作性はなかなかだが…私的には遅い。我慢できないほどじゃないけど、微妙にね。まあ最近の高機能携帯は、ドコモ以外の各社の携帯も、どうしてもレスポンス遅くなってるみたいだけどね。
以前、Nが早さを売りにしているという話を書いたが、確かにまあまあなんだけど…カメラの画像を表示したりするときは遅かった。
SHは論外。

2択になったところで。
P。デザインは普通。新しいカスタムジャケットはなかなかいいかも。ちとぶ厚い。特にカメラのレンズ部分はなんであんなに盛り上がっているのか。操作は何にも見ないでもメールの文章打てたので、SHとそんなに違わないのかもしれない。ワンプッシュオープンはPの代名詞みたいだけど…うーん、それほど必要性を感じないかも。かえって壊れるのが心配(原始的な作りなので)。

D。全メーカー中一番薄い。スライドする時の感覚は気持ちいい。ちょっと軽すぎるか?メール操作はSHとはかなり異なる。記号とか探せなかった。iPODみたいな感覚のホイールボタンは動き早くていい感じ。ただ早すぎ?クルクル回すのでもしっかり押すのでもどちらでも反応するので、その辺は使い方次第か。これだけの大画面が常に外側を向いている状態ってのは初めてなのだが、それによってどんな問題が起こりうるのかが心配。

とりあえず、近々買い替えそうな気はします。
さーてどっちにすっかな~
と言いながら、既に3回ぐらい変遷しているのでどう転がるか不明。

余談だが。
入り口で『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』がワゴンに満載されているのを見て発売日だったのを知る。40??円くらいで随分安い気が。安さに惹かれて買いそうでした。すぐにやりそうにないからやめたけど。
と同時に、DS Liteの新色も発売日だったのね~。夕方のその時間でもメタリックロゼだけはあったみたいで宣伝してました。
DS Liteの品薄状況もだいぶ改善されてきたのかね?てゆーか発売後数年経っていながらほとんどの店頭で品切れとゆーのが異常だったんだよな。

しゃっくり

職場で担当するチームの一つで、ちょっと大きな仕事が終わったので、その打ち上げ飲み会でした。
終わったのは先週で、もう次の大きな仕事に入ってるから、あんまり打ち上げって感じじゃなかったかもしれないが

ところで。
酔っぱらうとどーしてしゃっくりがでるんでしょう?
私はそれが人よりひどいみたい。
いつも大して酔っぱらうわけじゃない。ビールなり焼酎なりをコップ2、3杯飲んだところで、そんなに変化はないはずだ(自分は)。
でも、しゃっくりは高い確率で出る。
しかもだいたい店を出た後、歩き始めると出るのだ。
友達と一緒の時はいいけどさ~、一人になってからもしゃっくり止まらないと恥ずい。てゆーかすごい酔っぱらってるみたいで嫌だ。
ほっとけば治るものだけど、一発で治す方法とか切実に知りたいです。
いつもやってるのは「息止める」だけど。
これはタイミングが重要みたいで、そもそもしゃっくりが出るタイミングって測れないので難しい
何かないかねえ…

運頼み通用せず

ひさーしぶりにFE暁ネタで。
実際、なかなか進んでなかったんだけどさ、2周目。
旅行行ったりそれに伴って英会話の日程がずれたりってのもあったけど、止まっていた最大の原因は、3部9章で拾えなかったアイテムを、拾う為だけにもう一度やり直すかどうか悩んでいたせいだと思う。
誰も死んでいないのに、それでも完全クリアの為にもう一度やるかどうか真剣に悩んでしまうFE…恐ろしや。
ではその辺の話を。

9章「略奪者」
ラグズ連合軍を見失ったベグニオン帝国軍。帝国側からラグズ連合軍が撤退して行ったガリア王国に直接抜ける道はないので(本当はあるがラグズ達しか知らない)、ガリアと国境を接するクリミア王国へ協力を要請。が、クリミアはこれを拒否。怒った帝国軍総司令バルテロメ(ゼルギウスは補佐)は、そのまま軍を進めて国境侵犯し「現地調達」を開始する。この事態に対し、クリミア女王エリンシアの命を受け、王宮騎士団が阻止に向かう。
とゆーわけで、第2部以来のクリミア王宮騎士団の面々。
ポイントはやっぱり火を点けてまわる帝国工作兵の排除と消火かね。てゆーか、攻略本見るまで「民家に火を点けるのは"工作兵"だけ」ということを知りませんでしたそれ知ってれば簡単だったね、このマップ…
弱々な弓騎兵ステラを出撃させるかどうか悩んだけど一応出撃。やっぱりちょっと頼りないマカロフの補助に意外と役立ってくれました。
そして、ストップしていた最大の原因。敵将の後ろ1マスで拾える「精霊の粉(魔力UPドーピングアイテム)」。敵将撃破でマップクリアになっちゃうので倒さないように、唯一敵将の背後に回れる天馬騎士マーシャの武器をはずしてその場所に待機。拾えなかったら次ターンでまた待機。待機。待機…ひたすら繰り返してもどうしても拾ってくれない…
そうこうしているうちに、経験値稼ぎでチクチク敵将攻撃してた他の面々が殺ってしまった。まあ、ひたすら待機に疲れてしまったのもあるけれど。
拾いたかったよ。ドーピングアイテムは本当に貴重だし。でも疲れたの。それでももう一度やり直そうかしばらく悩み続けてました。

10章「クリミアの心」
開始するまで、上の理由で随分ブランクありました。旅行もその間に終わった
9章後のエリンシアとバルテロメの会見も不調に終わり、いよいよ帝国軍はクリミア領内のガリアとの国境地帯へ。ガリアのラグズ連合も迎撃の為に国境へ。
そこへ単騎で割って入るクリミア女王エリンシア。あー、ここで流れるエリンシアのテーマがいい。可愛らしく綺麗な旋律なんだけど、どこか凛としていて大好き。
エリンシアの行動にラグズ連合は一時撤退。帝国のゼルギウスも「ここは女王に敬意を示す」と撤退を指示。1人、その辺の引き際を心得ないバルテロメが、帝国の1部隊に女王攻撃を指示。させまいとグレイル傭兵団とクリミア騎士団が動く。
ど真ん中に丸腰のエリンシア。北西からクリミア騎士団、南西からグレイル傭兵団、北東から帝国軍。今度はアイク達操作でクリミア軍は独自行動。
エリンシアはクリミア軍が守ってくれるので基本放置。アイクとセネリオだけを(支援組ませた)お手伝い程度に派遣。この2人なら敵に囲まれても死ぬ心配ないし。残りの主力は南側ルートでとにかく敵の持ち物盗みまくる。あと経験値稼ぎ。しかし…
タイムラグが長かったせいでしょうか。死にまくり。てゆーか安易にユニット進めすぎ。敵の特攻武器チェック漏れや行動範囲チェック漏れとか、すごく基本的な部分でミスを犯し、何度も殺される羽目に陥りました…運を天に任せると高い確率で死が待っているのがFEだ。忘れるな>自分
このマップ最大の目標は敵将横の神官が持ってる「リブローの杖(遠隔体力回復杖)」だったので、エリンシアの安全を確保すると猛然と帝国軍に向かっていくクリミア軍に先越されないよう高速進軍。まあなんとか…無事リブローを盗み、敵将倒して経験値も獲得。高速進軍の代わりに討ち漏らした敵ユニットの経験値はクリミア軍に奪われたけど、まあ2ユニットくらいならいいでしょ。いい加減、クリアしたかった

まだ続く。

» Continue Reading

chorus

大学時代所属していた合唱サークル。
その後輩が、うちのサークルのOBOGを中心に結成した合唱団というのがありまして。お誘いを受け、その定期演奏会を聴きに行ってきました。

卒業以来合唱はまったくやっていないし、当然ながら聴くのも随分と久しぶりでした。
中心がうちのサークルだけあって、知っている顔がちらほら。というか、うちのサークル以外の知っている顔もかなり。
というのも、サークルはとある合唱連盟に加盟していて、他大学の合唱団と交流したり一緒に演奏会を開いたりしていたんだが、私は当時そっちの方の渉外担当だったのだ。その関係で、他大学の知り合いも多かったんだよね。で、そっちの面々の顔もかなり見受けられました。

パンフを読んで、後輩の1人が大学卒業後に芸大に入り直して声楽を学び、その道のプロになっていたことを知ってビックリ。いや、噂に聞いてはいたんだけど。
だって既にタイトルも取ってるし立派にプロじゃないか~。しかも見に行った演奏会では指揮者やってました。サークル当時も学生指揮者だったけどね。そっちの勉強もやってるのかしら。すごいなあ。

昔からベースの声(男声の低声パート)が好きだったけど、今日の演奏会ではベースのソロが目立つ場面が多くて嬉しかった。当時から「美声だなあ~」と思っていた男の子が参加してて、さらに磨きがかかった声をまた聴くことができて幸せでした。
女声も、特にソプラノの統一感は良かったわあ。でもやっぱり私はアルトが好きだけどね。自分のパートだったからというのもあるけど。

レセプションに誘われていたけれど、時間の関係で演奏会だけで帰りました。懐かしい顔もいっぱいあったから、顔出したい気持ちは山々だったけどね~…不便な場所だったもんで。
人通りの少ない、けれど車は多い道を歩きながら、誰も聞いてないのをいいことに、懐かしい歌を歌いながら帰りました。

有楽町で会いましょう

今夜はHちゃんと2人でお食事~のはずが、Y子もついてきた。歓迎しますが。

携帯電話の実機が見たかったので、有楽町ビックカメラ前で待ち合わせ。
早めについて904iシリーズを幾つかみたけど…気になっていたNでもFでもなく、Dが一番好感触だった…
Dか~…あのスライド型、一度も使ったことないんだけど…スライド感は思ったより、というかすごく良かったけど…うーん、どうなんだろう…
ちなみに私が初めて持った携帯はDだったんだけどね。
あ、そういえば有楽町ビックのゲーム売り場が配置替えしててびっくりした。なんとなーく…縮小した?ような気がする。

そんなこんなでHちゃんと合流。
本日は、干物が売りらしい「吉今」へ。
和食オンリーかと思ってたら、すごくメニューが多彩。グラタンとかもある。てゆーか石焼きウニチーズグラタン、超ウマかった。
Y子がメニューの構成から「東方(見聞録)系の匂いがする…」と言ってましたが、本当にそうでした(笑)
東方系の、少し高級めを目指している?という感じですかね。でも別に特別高いわけじゃないけど。ただ、日本酒と焼酎の揃いは、チェーン店にしては良かったですね。
でも美味しかったです。干物って幸せ。白いご飯が欲しくなるけど。
あとは店員の対応が落ち着けば
どうもオープンしたばっかりらしく、どの店員さんも不慣れな感じがほの見えました

わざわざ約束してまで会った目的は、実はゲームソフトをもらえることになっていて
『シャイニング・ウィンド』とゆー5月末にでたPS2の新作ソフトをHちゃんからいただいてしまいました。
直前に見たビックカメラのランキングでもかなり上位に入っていて、本当にお得でしたね。ゲームが好きだ~って普段から言っとくもんですね(笑)

その上、HちゃんからはY子に結婚祝いまでありましたよ。
会社出る時に「Y子も来るから~」ってメールしただけなのに、この短時間でお祝いを用意してくるなんて!とY子と2人で感心しきり。いや、社会人はこうあるべきですね。すみません。
カメラは持ってきてたので、Y子の結婚式の時の写真をHちゃんに見せたげました。
あ、ついでに函館旅行の写真も2人に見せちゃったけど…別に問題ないわね>C姉

そろそろまたご飯会したいね~と話しつつ、お別れいたしました。

帰ってからちょっとやってみた、シャイニング・ウィンド。
あまり評価は高くない(特にストーリー)なので、期待をせずにプレイ。
……あ~~まあ確かに…プレーヤーおいてけぼりな展開……かも。
超豪華な声優陣が喋りまくるので、その辺が好きだったら充分満足できるでしょう。あと、戦闘が激ヌルイ。よくわかんないまま適当にやってても勝てる。まあ最後までこうなのかはわからないけど…
別の意味で止め時が見つけにくく、2時間くらいやったかも。話が次々と進むもんでまあでも…それなりに遊べるでしょう。それなりに先が気になるし。絵綺麗だし声美麗だし。
主人公が何人かのパートナーキャラと「心の絆」を結び、心が剣の形をとった「心剣」を操って世界を救うという流れは…恋愛シミュレーション系を彷彿とさせます。絆が深まれば心剣が強化されるし。心剣はパートナーキャラの胸から出てくるので、剣を抜くシーンはモロに少女革命ウテナだし。どこかエロティック。まあ…パートナーキャラにはもいるんですがね。獣人も
とりあえず、FE暁が先。

夢幻の砂時計

ゲーム続きだが。
DS初のゼルダ、『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』公式サイトがようやっとオープン。
遅いのはいつものことだけどさ~…約一週間前って遅すぎないか?CM流れる方が早かったよね?

GCソフト『風のタクト』に続くトゥーンレンダリング(3Dコンピュータグラフィックスにおいて2次元のアニメ風の作画をさせる技術)、通称ネコ目リンクのゼルダですな。舞台も同じく「海」ってことは、時系列的にもそのまま繋がってるのかもね。
しかし、これだけ売れてるDSで、任天堂の看板ソフトであるゼルダがまだ出てなかったとは。

CMと公式サイトで見ている限り、今回のゼルダは操作系の快適さに重点を置いているような気がする。「直感的に操作できる」って奴ね。DSもWiiも、そこから新たなユーザーを獲得してきたわけだし。
でもまあ、「新たなユーザー」=「ゲーム初心者」ってわけで。
『トワイライトプリンセス』もそういう感想を持ったけど、今回の『夢幻の砂時計』もかなりライト層向けに作られていそうな気がするな~。ネコ目リンクは比較的女性に人気あるそうだから。私も好きだけど。
私は歓迎なんだけどね。特にDSなんて携帯機でやらせるなら、余計に簡単にできてないとプレイモチベーションが維持出来ない気がする。
あと、タッチペンで操作するってことはDSを片手持ちするってことなので、思わず力入っちゃうような操作を要求されると、手が疲れる。
そんなことも含めて、少なくともアクション面では簡単にできていて欲しいなあ。
代わりに謎解きに凝って欲しいかも。推理ものみたいに凝り凝りでもいいよ。
ゼルダは元々頭使う…とゆーかトワプリみたいな3Dタイプだと、本当に周りを見て推理・行動していくとゆーことが必要だけど、推理系に重点おいてもいいんじゃないかな~と思います。たまには。

まだFEやってるからすぐには買わないだろうけど、やっぱりプレイしておきたいな、ゼルダは。
てゆーか旅行やら何やらで最近FEほとんどできてなかったんだけど、そろそろ進めたいぞ。

ビューティフル塊魂

塊魂の新作が発表された。
その名も『ビューティフル塊魂』。なんとXbox360とPS3向けだ。

公式サイトの画像を見る限り、相変わらずな絵柄と内容ですが(それこそがファンには嬉しいんだろうけど)PS3の高い描画能力をいったいどこに使うんでしょうか。
王様はHD画質で見てもらえるということで張り切ってるそうですよ。
どうするんでしょうね?

塊魂好きは周囲に数名いるが…ハードごと買うほどの愛を示せるのでしょうか。ま、先立つモノがなければ無理でしょうが。


そんなわけで、昨日無事に北の大地より帰還。
思い出話はまたぼちぼちと遡って書いていきます。

夢の跡を訪ねて~函館・3

いよいよ最終日。まー最後はお土産買って帰るだけだけど、飛行機の時間は午後なので、午前中は函館のベイエリア観光へ。
しかし本当に天気いいな。日焼けを心配しなければならない快晴ぶり。空気は涼しいが日射しが暑い。ここは本当に日本か。

・金森赤レンガ倉庫群~。まあ…横浜赤レンガとそれほど変わらず、単にショッピング街だな。でもやっぱ海と函館山の風景が綺麗だね。
・最近お気に入りの黒猫LOLOのグッズが売られてるのを見つけて思わず購入。函館まで来て何買ってるんだ…何故かC姉も一緒になって買っていた。
・はこだて明治館。オルゴールとかガラス細工とか。最大の目的だったポストのガラス細工が見つからなかった結局C姉が函館山山頂に続き、大泉君のパネルと記念撮影して終わった気がする…
・お昼はベイエリアと駅の間にあるビールレストラン。色んなビールの飲み比べができる。函館の味覚の名残を惜しむ。
・最後にテイクアウトした、パンにアイスを包んで焼いたみたいなデザートがすっごく美味しかった。名前なんつったっけな~。駅まで歩きながら食べました。お腹いっぱいだったんだけど、美味しさにペロリと平らげてしまった。

・函館駅からバスで函館空港へ。いよいよ旅も終わりが近付きました。
・が、私はここでお土産タイム。空港にあるに違いない!と踏んでいたが、もちろんちゃんとあり、旅の途中で決めていたお土産達をガシガシ買う。
・買っている間に運行の遅れを告げるアナウンスが。まあ、関東ひどいらしいし。
・自分的にはあんまり長く待たされた気はしなかった。フライトも問題なく。アナウンスにC姉は「怖いね」と言ってたが、あんまり怖くなさそうに見えた。私は…たぶんあんま心配してなかった。心配したところで何か変わるわけじゃないし、と思ってしまう性格なので。

帰還。
東京はやっぱり暑い湿っぽい(雨のせいもあるが)。でも馴染んだ感覚だな。遠方から帰ってくる時、車窓から横浜ランドマークタワーとかが見えると「あ~帰ってきたな~」っていつも思います。

なんか、今回もできない体験をいっぱいした気がする。こんな旅はなかなかないだろうと思う。
原動力となってくれた土方歳三さんに感謝を(笑)

夢の跡を訪ねて~函館・2

2日目。本日の予定は、午前中に土方歳三ツアーの続き、午後は函館観光です。

・早朝に目が覚める。昨夜10時就寝だったからな~。C姉は海の見える露天風呂へ。私は部屋風呂へ。源泉かけ流しってイイネ。
・せっかく海の目の前なんだからと、チェックアウト前にホテル前の砂浜へ。…普通の靴で砂浜を歩くのは辛いよな…えっちらおっちら歩きつつもやっぱり波打ち際は気持ちいい。朝日を浴びてエネルギー充填。
・市電に乗り、函館山にほど近い今宵の宿へ。今夜はJALの普通のホテル。同じ区画にあった魚屋さんがやってるたこ焼き屋が気になった。

・再び市電に乗って、市電の終着駅の一つである谷地頭へ。
・C姉が最初「たぶん行けない」と言ってた土方関連スポットの1つ、碧血碑へ向かって徒歩15分ほど。このルートは空港で案内のおねーさんにもらった地図がなければ気がつかなかったと思う。本当に感謝。
・山に向かって歩くので舗装道路でもそれなりな登り坂でちょっと疲れるけど、大した距離でもないので問題なく。函館山のハイキングコースに麓側から入って100mくらいで目的の碑にたどり着けました。
碧血碑。函館戦争で戦死した旧幕府軍側の墓。名前は「義に殉じて流した武人の血は三年経つと碧色になる」という故事から。緑の森の中で、この場所だけ少し拓けて上から光が射していて、取り囲むツツジの生け垣が満開で、とても綺麗な場所でした。後で話してたけど、アビスに出てきたユリアの墓を思い出しました。ちょっとRPGにでも出てきそうな雰囲気だったの。ゲーマーな例えで申し訳ないが本当に素敵な場所だったので、来れて良かった。
・また市電に乗って、今度は函館どっくへ。市電大活躍。
弁天台場跡。まあ…名前や地図からしてとても「ささやかそう」なイメージを抱いていたが、本当に「ささやか」でした。相当近付かないと見えない。迷ったもん。なにげに背後にあるドックの建物群のが気になったわ。
・再び山登りと見まごうような坂道を登り称名寺へ。新撰組の最後の屯所があった場所だそうですよ(解説:C姉)。結構立派なお寺でした。その中にひっそりと隊士達の供養費が。そしてここで土方歳三を追った旅の一つの目的が達成されたのでした。

この後は、普通に函館観光へ。

・お昼ご飯はカール・レイモンのハム・ソーセージが食べられるレイモンハウスへ。本格ハム・ソーセージをその場で焼いたりしてくれる上、ビールも飲める。たまりません
・レイモンハウスは有名な教会群のすぐ傍なので、腹ごなしのあとは早速教会めぐりへ。
・つーかすごいね。教会っつったって宗派の異なる教会が、こうも隣接してていいものか(笑)でもみんなすごく綺麗~青い空に教会の白い壁が映えてまた美しい。
・聖ヨハネ教会は、前庭に芝が張ってあって木製のブランコなんかもあってとてもメルヘンな雰囲気なんだけど、その場所が以前見た『ノエイン』で出てきた場所だったのでビックリした。函館が舞台なのは知ってたけど、「そこ」とまったく知らずに来て、風景見てわかっちゃうってちょっと凄くないか?背景描いたスタッフに拍手。
・メルヘンなブランコでお互いに記念撮影した(笑)どの教会も中が見学できますが、座席前の足下にあるクッションがC姉にとって謎だったらしく、「ひざまずく時の為のだよ」と言ったらエラク感心された。そーか、一般人には分からないものか。
・ハリストス教会はクーポラ型の尖塔が美しい、函館の教会の中でも代表格ですね。つーかこの教会!やっぱり『ノエイン』のOPでカラス(登場キャラ)があの十字架の上に乗ってた~♪とまた喜ぶ私。ハイハイ、という感じのC姉。いつもと逆だわ…
・入ると神父様(という呼び方でいいのか?)ご本人が観光客の相手をされてました。「ギリシア正教の教会に入るの初めて」と言うと「なんでわかるの?」って聞かれた。一応カトリック信者なので多少は他の宗派も…十字架の形が違うのは有名だし(横棒多い)。あとうちの母はイコンが好きなので。その後は祭壇画の意味とかカトリックとの違いとか色々と解説して下さって、すごく勉強になりました。いやあ役得(笑)
・教会は巡ったので元町公園を目指してテクテクと。函館には有名な坂道がたくさんありますが、途中の1つが素晴らしく景色が良くて思わず記念撮影。教会側から来ると、ちょうど坂のてっぺんを通るのでね。そして後からそこがチャーミーグリーンのCMで有名な八幡坂であったことに気付く。さすが。
・旧函館区公会堂。黄色と水色の…素敵な配色の外観ロマンティックな館内でドレスで記念撮影できるのが売りだったけど…うーん…どうもコレ!というのがなく、結局やめた。館内は素敵でしたよ。バルコニーの眺望は素晴らしかったね。
・旧イギリス領事館あたりで疲労がピークに。お茶にする。そしてそろそろ観光地も巡ったし、この後どーする?な感じに。夜は函館山の夜景を見る予定だったけど、昼も見たいなあと少し思っていたので、昼バージョンを見に行くことに。
・でも函館山ロープウェイまでは歩く。かなりガラガラなロープウェイで山頂へ。
・絶景!快晴で風が強いけど気持ちよくて最高!!(←高いとこ大好き)海と街の風景が素晴らしい!!人もあまりいないし、かなり好き勝手に写真撮りまくりました。
・ちなみにC姉には別な素晴らしい出逢いがありました。
・レストランやお土産屋も充実した山頂駅。なぜかC姉は「ここでお土産を買う!」と宣言して、結構な量を買い込み、そのまま宅配手続きしてました。函館山山頂で買うことに意義を見出したのだろーか。

・一旦下りて、ホテルで休憩することに。かなり疲れていたので、この1時間ほどの休憩は効いた。やっぱり横になるっていいよね。
・ガイドブックに載ってた寿司屋はホテルのすぐ裏だった。2人で特上寿し頼んで日本酒飲んで(旅の醍醐味)、相当豪勢な気分になってから、豪勢な景色を拝みに再び函館山へ。
・本当に昼間と同じ場所かと思うほどの混雑+雲隙間を縫って柵前を確保し、2人で雲の切れ間を待ってひたすら粘った。豪勢な食事とっといて良かった。エネルギーあったもん。
・見れた。長くは保たなかったけど、黒く塗りつぶされた海に挟まれて光り輝く函館の街が。カメラにも納めました。満足室内に戻ったら髪びっしょりでビックリしたけどな、お互い(笑)
・下りた後、ちょろっと夜の教会巡りを。みんなライトアップして綺麗でした。つくづく絵になる景色の多い街だな~。
・一方で、函館山を振り仰げば山頂付近がやたらとピカピカ光っている。…みんな粘ってフラッシュ焚いてるのね。てゆーか麓から分かるなんて、フラッシュの光って本当に強烈なのね。
・飲み足りないねぇ~どっかバーでも入る?とちょっとウロウロしたけど、人いねえ…。諦めてホテルに帰ろうとしたところ、朝見たたこ焼き屋がまだ営業していた。買い求め、ホテル前のコンビニでお酒を買い込み、部屋で乾杯。かえってちょうど良かった。

お風呂に入ってこの日は就寝。山頂駅で北海道限定入浴剤買うの忘れた事だけが今日の失敗か?(笑)昼間見つけて、後で買ってホテルで楽しもうと思ってたのを忘れたのだ。
でも充分、お腹いっっぱい楽しみました

夢の跡を訪ねて~函館・1

3月に京都を訪ねたのに引き続き、新撰組の足跡を訪ねて今度は函館へと文字通り飛び立ちました。同行者も同じくC姉。とゆーかそもそもこの計画はC姉発案ですから。
函館そのものも有名な観光地で、以前から一度訪ねてみたかった街なので、今回は普通の観光も楽しむつもりで。
では箇条書きでいってみようか。

・起床4:20。どんなに早く起きても腹は減っています。朝ご飯はきっちり食べてから出発。
・6:30頃羽田空港到着。C姉が先着していたが、なんだか顔が死んでいる。挨拶もそこそこにトイレへ駆け込む体たらく。その後は元気になったみたいなんで一安心。
・セキュリティチェックで直前に買ったエチケットスプレーが引っかかる。そういやその辺厳しくなったんだっけ…お預けして函館空港で受け取ることに。ああ面倒。
・搭乗口あたりから、C姉のテンションが異常に上がる。乗り物好きな男の子を連れている気分。
・飛行機が動き始め、離陸する頃に最高潮に。ガッ!と腕掴まれましたというか組まれました。すごい力でした。武者震い?
・機内でも窓から雲海を撮影したり色々でしたが、着陸時ももちろん盛り上がり、とにかく1時間ほどで北の玄関口函館に到着。

・函館は青空!非常に気持ちよく我々を迎えてくれました。空気もひんやりしていてやっぱり北海道ですね。
・函館空港って市街地に近い。バスですぐに今宵の宿へと到着。
・チェックインをロビーのテーブル席に腰掛けながら、ホテルの人が端末を持ってきてやってくれた。ウェルカムドリンクにお酒があるのに驚いた。朝っぱらからシャンパン引っかけさせていただきました。
・市電は函館の風景の一部なんだろうね。絵になるなあ。初めて乗りました。
五稜郭。写真で見たことは何度かあるけど、本当に綺麗な星形だねえ。五稜郭タワーからの光景は、五稜郭はもちろん、周囲の風景も見事でした。
・そして土方歳三の座像が(笑)その他にも、函館戦争前後の歴史を紹介するパネルやそれを3D化(笑)したフィギュアもあり、外だけじゃなく中も見応えありました、五稜郭タワー展望室。
・展望室の土産屋で見つけた土方歳三辞世の句をプリントしたTシャツ。1Fの土産屋で改めて見たら「血しぶきTシャツ」という名前で、なんとバックプリントが血しぶきだった。そこが決め手になってC姉が購入(笑)
・なんか既にお腹いっぱい気分でしたが、まだ五稜郭に入っていなかった
・入り口では満開の藤棚が迎えてくれました。中は緑の気持ちいい公園でした。しかしタワーからも見えたけど何やら工事中でして、どうも函館奉行所を復元する模様。「また来る!」と闘士を燃やすC姉。
・函館駅を経由して、土方歳三最後の地碑へ。
・いわば墓参りなのだからお花をお供えしたいなあと思っていたけど見つからず。手ぶらでお参りさせていただきました。福祉センターの綺麗な前庭の一画。私自身もそう考えていたけれど、かなり華やかなお花がいっぱい供えられていて、ちょっと嬉しかった。辛気くさいの、嫌いそうだから
・そして再びバスにて土方歳三函館記念館へ。
・海辺に、外壁中に土方氏と石川啄木の写真がプリントがされた建物…あやしひ(同じ建物の2Fが石川啄木函館記念館)赤を多用したライティングといい銃声とともに流れるセリフといい、ナンナノココワと言いたくなる怪しさでした。極めつけはロボット啄木か。でも外のバルコニーは海の目の前で綺麗で気持ちよかったです。

・今夜の宿は湯の川温泉。海を眺める大浴場はもちろん、各部屋にも露天風呂が付いている。明るい時間から両方楽しみました
・このホテルは夕食のバイキングも有名らしい。豊富な海の幸、その場で揚げる天ぷら、凝ったデザート等々、なかなか豪華。こちらも明るい時間から入ったので、海辺の席を案内してもらい、陽が沈むのを眺めながら酒と料理とを存分に楽しみました。実際、結構長時間いたかも。すっごいゆったりして気分良かった
・有り得ないぐらい早く寝た。10時頃?早起きと歩き疲れと夜の気持ちいいお酒と料理のおかげでしょうね…

やっちまった

磁気定期券を通すべき改札をSuicaで通っちまいました。今朝。
あー!心配していた事を早速やっちまったー!!

私鉄の磁気定期券1枚とSuica連絡定期券1枚に買い替えたのは先日の通り。
でも磁気定期の線だってPASMOに対応しているので、相互乗り入れしているSuicaでも改札通れます。
ただし、私の持ってるSuicaは別の区間の定期券なので、区間外の改札を通れば、当然Suicaにチャージされているお金から引かれてしまうわけで…

改札を通った瞬間「あっ!」て思ったけど、「ピピッ」という軽い音とともに既にチャージ料金から最低運賃が引かれた後でした
事情を話せば元に戻せるのかもしれないけど…朝の通勤途中にそんなことやってらんねえ。
入札した以上は出札しないと、次の改札で扉閉められちゃうので、泣く泣く再びSuicaで改札を通ったのでした。ああ私の200円…

戒めとして記録しておきましょう。
でも、明日は希望を持って北の地へ飛び立ちます

年金記録

ふう。連日の英会話はやっぱりちょっと辛いね。
英会話始めた当初は月火木だったけど、すぐにやめたもんな。
でも!昨日今日と連日通ったおかげで、今週末は存分に旅行が楽しめるってもんよ!

話変わって昨日の事ですが。
帰宅すると家の階段に封筒が置いてありました。何やら伝票のようなものがたくさん入っている。
よく見ると領収証。
親が保管していた年金の領収証でありました。
学生時代に初めて国民年金に加入してその時過去に遡って支払った時のものとか、前の会社から今の会社に転職する間の空白を埋める為に支払った時のものとか。
最近かなり騒がれているし少々気になってはいましたが、そんな書類がちゃんと残してあるなんてちっとも知りませんでした。
てゆーか自分で管理してなかった
深謝。

持っていた国民年金手帳と厚生年金被保険者証などと共に別の封筒に収め、改めて保管しておきました。
今は混雑してるみたいだから、時期をみて確認してみようかね。
新聞に載ってた「未統合の可能性がある人」に含まれてたしな~

strategy game

今日の講師は初対面。From England。
初対面なんで、最初に自己紹介などをした。

互いの趣味にVideo gameがあることがわかり、結構色々とゲーム語りをしてしまった
だって『Legend of Zelda(ゼルダの伝説)』は今までだって分かる人いっぱいいたけど、『Fire Emblem』をやってると言って通じた人は初めてだったよ。
趣味は色々とあるみたいだけど、少なくとも5~6年前に初めて日本に来た時、彼は日本のゲームを買ってはイギリスで売るという事をやっていたみたいですよ。ゲームソフト屋で働いていたこともあるそうだし。
道理で詳しいわけだよ。てゆーか詳しすぎ。
FEが最初ファミコンで出たゲームだって事も知ってたし、FCで2作出たとかその後SFCで2作、GBで3作?とか色々言ってたし。合ってるし。すごいわ。
FEみたいなゲームは、日本だとSRPG(シミュレーションロールプレイングゲーム)って呼んでるけど、「strategy game」ってゆーんだよと教えてくれました。

彼にとってのBest gameは『クロノ・トリガー』だそうです。それは私も大いに同意するところなので「I agree.」と言っときました。
あれは本当に名作。今でも色あせないシナリオ、戦闘システム、グラフィック、魅力的なキャラクター、音楽。
「強くてニューゲーム」ってシステムが良かったね。繰り返しクリアが簡単で。何回クリアしただろ。マルチエンディングなんだけど、たぶんコンプしたよ。2周目以降は、あらゆる段階でラスボスの所に飛ぶことができるので、どの段階でエンディングを迎えたかによってエンディングの内容が変わるんだよね。面白かったなあ。
PSリメイク版が出てるけど、SFCのロードレスな状況に慣れていた身にはちょっと辛かったです。確か貸したまま放置だな。SFC版はまだ家にあるけど…電池生きてるかなあ?

イギリスで初めて出たFFは7なんだとか、イギリスのゲーム事情についても教えてくれました。興味深かった(笑)

そんなでしたけど、そろそろまた1つのレベルが終わります。
次々回くらいにレベルチェックかな。
その次は、一応当初の目標だったレベルのレッスンに入りまーすがんばるぞ。

てゆーかこの記事、カテゴリ「英会話」というより「ゲーム」?

DoCoMo2.0

正直この「DoCoMo2.0」ってコピーは好きじゃないが、N904iには興味あり。
なーんて、SH703iが出たときも似たようなこと言ってたけど、あれは店頭で実機をいじってそのレスポンスの悪さに即やめたのだ。
初めてFOMAにしたときの奴がむっちゃレスポンス悪くてねえ…あれ以来、携帯選びの最大のポイントはレスポンスになってます。
そーいう意味じゃ、今使ってるSH901icはまったくストレス無しでとても満足してるんだけどね。
ただ先々のことを考えると、そろそろローミング対応の機種にしておいた方がいいかなあと思って。
そんなわけで、夏の新モデルの中でN904iに目を留めました。

Nは過去一度も使ったことがない。
なーんかねー、割と殿様商売なイメージのあるドコモの中でも、Nは特にその傾向が強い気がしてね。根強い人気にあぐらをかいて、さっぱり改善とか進歩とかいったものが見えないというか。
機能比較サイトで初めて見たけど、Nの文字ってあんなに見にくかったんだね。びっくりしたわ。それがN904iから綺麗になったって宣伝してたんだけど。
ボタン操作も随分他の機種と違ったんだね~。我が道を行く感じだね。まあそれも今回から変更したみたいだけど。いいことだと思います。
ちなみに私がSHにこだわってたのは、その文字入力操作がとても良かったから。これまで機種変する毎に違うメーカーの機種を使ってたんで操作系統にそれほどこだわりなかったんだけど(慣れればいいだけの話だし)SHを初めて使った時は「これは使いやすい!」って思ったんだよね。それまで使ったことのある機種のどのやり方でも入力できるようになってる感じで、だからすぐ慣れた。
904でも最初はSHに注目してたんだけど…どうも最近のSHはレスポンスに目を注いでくれていないようです
一方で「ハイスピード」も売りにしているN904i。
それが本当であれば、次期有力候補に躍り出るかもしれません。

横浜開港記念日

6月2日は横浜開港記念日です。
小中学校は横浜市立だった自分、その頃は6/2がお休みでした。
観光都市横浜では、開港記念祭なるものを毎年開催しています。色んなイベントが行われますが、一番の注目は、やっぱり関東地区で最も早く行われているだろう花火大会でしょうか。
学生の頃、テスト空けに友人数人で見に行ったのが懐かしく思い出されます。当時はまだ整備されていなかった赤レンガ倉庫前の、50cm先は海という何も遮るものがない場所から見た花火は本当に綺麗だったなあ。

なーんてことを、本日の英会話で少し喋ってました。ちなみに花火は「fireworks」と言います。英会話に通い出してから何度か耳にして覚えました。
でも「何周年?」と聞かれて咄嗟にわからず、120~130年くらい?とか言っちまいました。公式サイトによると、2009年で開港150周年だそうです。ごめんなさい。

英会話帰り、地元駅にて定期券購入。ついにSuicaで連絡定期だよワーイ
通勤経路が「私鉄→JR→私鉄」な自分。今までは、私鉄の磁気定期2枚とJRのSuica定期を使っていました。計3枚。
その為、最低でも2枚が標準で入るような定期入れじゃないと使えず、相当に長い年数、おそらく15年近く、現在の定期入れを使ってきました。
3月のSuicaとPASMOの相互乗り入れ実現のおかげで、このたびめでたくSuicaを私鉄との連絡定期にし、Suicaともう1つの私鉄の定期の2枚に減らす事ができました~
やっっっっと!今年の誕生日にY子&Cちゃんからもらったわちふぃーるどの定期入れが使えます
古い定期入れから色々と移し、一部は捨てて、最後に定期券を移動。
ああ、この定期入れは本当に色んなものを入れてたんだね~。長いことお疲れ様。でも、一部の糸がほつれている程度で壊れてないし綺麗だし、何か別の目的で使おうかな?愛着もあるしね

ちなみに。
Suica定期券は連絡定期になったことによって1枚の値段が上がり、10万円超えました

百合かも

昨夜は飲んで帰って0時頃はやたらと眠かったくせに、ふと見始めたYouTubeが止まらなくなって午前3時くらいまで起きてたよ。
…幻想水滸伝5のイベントムービーを見るだけのつもりだったのに、なんだか次々と別のゲームの懐かしい動画が出てきてなあ…まあそれはいいとして。

20070602194057結果朝寝して起床した今朝、窓を開けると庭に見慣れない花が。
あれ、うちの庭に百合なんてあったっけ。結構立派に咲いてるなあ。あとで写真に撮ろ。
と思った。
庭の草花は主に母が面倒を見ているので(樹木は父が面倒を見る)、昼に買い物から帰ってきた母に聞いてみた。
「うちに百合なんてあったんだね」
「あれ、たぶん百合じゃないわよ」
「え?」
見てみると確かに百合らしからぬぶっとい茎。そして花屋で見かける百合とは似ても似つかない葉の形。
てゆーかなんで「たぶん」なんだよ、植えたんじゃないの?と聞いてみたら、
「なんかいつの間にかあったのよね~」
との母の言葉。
こんなに存在感のある奴が?…ただ単に忘れてるだけじゃ…?
と思ったけど黙っておいた。

吟醸66

来週に迫った旅のチケットをもらう為にC姉と東京駅でごはん。
イベントが重なっていた昨今、共に少し金欠気味なので、八重洲地下街の安い店を軽く物色。というか、入ってすぐにあったマイアミでご飯すませちまいました
なんかね、パスタとかピザとかに惹かれたんだよね。すいてたし。
お腹を膨らませ、同時にジョッキビールとグラスワインを空けたところで、「まともな酒が飲みたい」ということで移動。
八重洲地下街は現在あちこちがリニューアル中らしく、やたらと工事中地区が多かった。
んで、「ラーメン激戦区」という名前の一画もあちこち工事中で営業してるのは僅かだったんだが、そこで見知らぬバーを発見。
「吟醸66」という名前。
日本酒&焼酎のスタンディングバーでした。
50種類くらいはあったか?その中から、1杯300~400円で飲むことができる。ちなみに杯はワイングラス。肴もあって、2種盛りが300円、3種盛りが400円。量は少ないけど、イカの塩辛もスモークレバーもしっかりした味で旨い。
いいわ~ここ~
私もC姉もかなり気に入りました。安くて旨い酒と肴が食べられるとあってはね。
しかしこの店、期間限定らしい。リニューアルの関係かね?10月末くらいまでと書いてありました。
興味のある方はお早めにどうぞ。
Calendar
05 | 2007/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。