スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2時間

金曜日に急にお誘いがあり、大学時代の友人と会ってきた。
大学のサークルの友達。第2子出産の為に里帰り中とのこと。

場所が浦和美園という埼玉高速鉄道の終着駅。片道約2時間の距離でした
一つ手前の東川口で、赤い集団が大量に乗ってきて(それまで超ガラガラだった)なんだなんだと思ったら、Jリーグ浦和レッズの本拠地?なんですね。赤い集団に押されつつ下車しました。
…埼玉って横浜より寒い。少なくともここは。

駅近くにイオンがあり、そこでランチとお茶しました。
てゆーか何この巨大な施設。そしてそれ以外に何もないってくらいに開けた土地。広ーい駐車場。
雨のせいもあって、駅前はレッズファン以外はうら寂しい感じだったのだけど、どこにいたのというくらい、店内は大混雑でした。まあ、レッズファンの方々も紛れてるんでしょうが。赤い人、チラチラいたし。
正直、これだけの長距離だし昨日も外出してたし日曜だし、早めに帰りたい気持ちもあったのだけど…まあ久しぶりだしね~…17時近くまでいました。帰宅したらもう19時だよ。
あー会社行ったのとあんま変わんね~。ちなみに朝は9時に出た。
会話は楽しかったのだけど、明日はもう会社と思ったらちょっとグッタリきた。休んだ気がしねえ。
何よりこの週末にゲームが全然できなかったのがストレス(笑)
私にとっては、睡眠よりゲームの方がよっぽどストレス解消になるっぽい。
スポンサーサイト

あなたの舞台

フルートを習っているC姉の発表会に行ってきた。
去年もあったけど日程が平日で行けなかったので、見に行くのは初めて。
そして家に遊びに行ったときにちょっとだけ吹くところを見たことはあるけれど、ちゃんと一曲フルで演奏するところを見るのは初めてだったのでした。
まあ、去年の演奏をDVDで見たことはあったけどね。

「ドレスを改造した」とは聞いていたけれど、目に鮮やかなブルーグリーンのショートドレスに両肩から靡く同系色のリボンのヒラヒラがまた可愛くて、知ってたけど「やっぱり可愛いわあ」と改めて見惚れました(笑)
そして舞台上でもピアノ伴奏者と合図したりなんだり色々してて、「少しは場慣れしたのかなー」と思いました。去年はDVDで見ても顔が固まってたから(笑)
演奏が終わった後の晴れ晴れとした表情が印象的でした

午前の部のトリ1つ前だったのだけど、最後に演奏者全員がもう一度出てきて挨拶をしてくれました。普段着の人もいれば思いっきりドレスな人もいてなかなか面白い眺めでした。そしてC姉は何していいかわかんないっぽい顔してました。本当に顔に出るなー(笑)

それにしても、今回楽器の生演奏(しかもソロ)というのを久々に色々見て、やっぱり本物の楽器っていいなーってすごく思いました。素人の発表会だからもちろん間違ったり色々するけれど、本物の音色はやっぱり綺麗で、一曲一曲の裏にはそれまでの長い努力の積み重ねがあって、うまくいってもいかなくても何らかの達成感があって。やっぱり素敵だなと思いました。
小学校一年の時から大学まで続けていたエレクトーン。弾かなくなって随分たつけどまた弾きたくなった。あるいは電子楽器じゃないものにも手を出したくなった。具体的には何もないけどね

終わった後は「昼からお酒の飲める店!」とのC姉リクエストに従って、会場近くのイタリアンレストランで遅いランチをとりました。系列店に何度か足を運んだことのある、味にももてなしにも定評ある店でしたが、やっぱり美味しくて幸せでしたC姉のご希望通り、しっかりお酒付き。2人ともに朝からまともに食べていなかったので、がっつりコース料理で。ワインもすすんだ~楽しかった~
テーブルを担当してくれた店員さんが「八嶋」似で、しかも場所柄か外国人の店員さんもいたのだが、彼も似たようなメガネ男性ででも身長差がすごいものだから、「でっかい八嶋とちっさい八嶋だー」と言ってこっそり笑ってました

食欲も満たされてお酒もほどよく入り、C姉は解放感にも満たされて、そのまま温泉旅行決めちゃいました11月にちょっくら行ってきまーす。

リベンジ飲み

先日、職場で担当するチームの一つで打ち上げをしましたが。
その時体調不良で一滴も飲めなかった子が「リベンジしたい」と言うのでもう一度行ってきた
といっても、あまり立て続けだと都合の悪い人もいるわけで、結局今日行ったのはリベンジする子も含めて3人だけというこじんまりとした飲み会となりました。
でも少人数ってのも魅力的なんだよね。みんながいるところじゃ聞きにくい質問とかもできたりするじゃん?思わぬ一面を知ることができたりするから、そんな飲みも好き

3人とも飲むメンツだったので、遠慮なく飲んだ。今夜は日本酒メインで
思った通り、普段は聞けない話が色々と飛び出して、楽しいっつーか「いい収穫」でした。
あまり知らなかった人の新たな一面を知るのはとても嬉しい。
だから飲み会は好きだ。

よく、すごくよく誤解されるが、私は自宅では一滴も飲まない。
お酒はそれなりに好きだが、美味しい料理がないと美味しいと思えないし、楽しい会話がなければやっぱり旨いと思わない。ので、一人で酒を飲むというのはしたことがない。一人暮らししてたときも。
「うそぉ~~?」とかすごくよく言われるけどな。失礼な話だ。
だから楽しくお酒が飲めるのは、ひとえにつきあってくれる方々のおかげなのです。
大感謝

今夜の飲み会は特に予約もしてなかったので時間制限もなく。
じっくり喋ってゆったりお酒を飲んで。
気がついたら4時間も語り合ってたのでした

侵食

何故か、友達と英語で話している夢を見た。
もちろん日本人の友達。久しぶりの人だったけど。
別に英語が話せる人ってわけでもなかったはずだけど(少なくとも私は知らない)、普通に英語で返してきたのに「やっぱり普通に喋れるんだーすごいなー」とか夢の中で思ってた。
そして目が覚めた時、「そこは"have"じゃなくて"had"だ!」と自分につっこんだ。
進歩と見るべき?

でもって本日の「もっとえいご漬け」。
バーバラが初めて結構惜しかった。
「This train is the 4:42 train to Ca...」まで聞き取れたが最後の「Ca」以降が聞き取れなくて時間切れ
駅のアナウンス。雑踏の音と、反響して輪唱みたいになってるせいで、後ろの方にいくほど聞き取りにくかった……まだまだだなあ。

名月や

中秋の名月ですねー
あまりのお美しさに、駅から家までひたすら仰ぎ見ながら歩いちゃいました。
輝く銀色の光に、体の中まで洗われるようですわ。
また、昼間は暑かったみたいだけど、少なくともうちの周辺はこの時間かなり涼しくなってるし。虫の合唱と秋風が心地よい

お月見というと月見団子とススキと縁側ってイメージがあるけど、実際にやったことはありません。やってるのを見たこともない。てゆーか果たしてそんなことをした経験がある人がいるんだろうか。
月を眺めるだけならしょっちゅうやってるけど、一度そんなステレオタイプなお月見もやってみたい気がします。縁側はなきゃ仕方ないけれど、ススキとお団子くらいはなんとかなるだろうし。月は晴れてさえいればOKだし。
のんびり月を眺め風を感じ虫の音に耳を傾け……こう、酒杯に月を映してクイッといってみたいなあ~~
賛同者求ム(笑)

FE蒼炎17章まで

FE蒼炎2周目、17章までクリア。
結構順調に進んでるなー。ノーマルだから?
といっても1周目も確かノーマルでやってたんだけどね。もっと苦労してた気がする。やっぱり敵の動きがあらかじめ分かってるから楽に感じるのかな。

クリミア王女エリンシアを守ってやっと同盟国ガリアへ辿り着いたものの、ガリア王カイネギスからは「互いの国民感情を慮ると、クリミアへ兵力を派遣することはできない」と言われてしまいます。国王同士がどれほど信頼し合っていても、国民一人一人のレベルでは、未だ埋められない深い溝があると。代わりに、デインとクリミア両国にとって宗主国であるベグニオン帝国まで赴き、デインの不当を訴えた上で助力を請うべきとの助言をもらいます。
ガリアからベグニオンへの船はない為、一旦クリミアへ戻り、そこから船を仕立ててベグニオンを目指すことに。

11章「流れる血の色は」。クリミアの港町トハにて、ラグズであることがバレた途端に住民達から暴行を受けるライ。が、ライは「同盟国の人間に手を出すわけにはいかない」と化身もせず無抵抗(ラグズは化身しないと戦えない)。1周目、この時ライに惚れたねそれまでもいい奴だな~とは思ってたけど。で、助けに入ったアイクに対し今度は「人間のくせに半獣に味方するのか」と自警団を呼び、さらに近くにいたデイン兵にまで通報する住民。激怒するアイクに対し「クリミア王女の護衛がクリミア人に手を出すわけにいかないだろ」と諭すライ。
アイク「…手を出さないようにする。が、向かってきたら容赦しない」
ライ「って。それじゃ意味ないって!」
とゆーやりとりを見て、この2人の関係に惚れた
そんなわけでここは手出ししちゃいけない敵がいたり、漆黒の騎士までコンニチワしてきたり色々あるけど、敵の動きを把握しさえすればまあなんとか。デイン兵のみ駆除して無事終了。

ナーシル、サザ、アイク船ではサザ君が登場しましたね。わーちびっ子(笑)無愛想なのは最初からだけど。この少年が『暁の女神』ではあんなに巨大化してエラそうになって出てくるんだね。暁で強くなってもらう為にも今回サザを育てようかと思ってたけど…結局育ててません同じ盗賊としてはフォルカがいるし、サザを出撃させる余地がない。せっかくスキル大器晩成ついてるのに、宝の持ち腐れ。

ゴート、クルトナーガ、アイク船の道中からもう一つ。12章「異邦の領域」で【船を持たない海賊】鴉の民達から襲撃を受け、座礁したゴルドア王国にて竜王子クルトナーガと対面。
てゆーかゴート!いたんだここに!?いやあ、暁4部終章のvs竜鱗族ステージで「誰だっけこの人?」と思いながら戦ってたよちゃんと蒼炎でも「王子の守り役」として登場してたんだねえ。ゴルドアが出てくるのこの1回こっきりだからね。クルトナーガはともかく(すごくよくしてくれるし)、背後に影のように存在していた人の事など忘却の彼方でございました…

アイク、サナキ、ミスト、ティアマトで。ベグニオン到着。同時にベグニオン皇帝にして神使サナキともご対面。うわーサナキちっちゃい!かーわいー!!13章「風は導く」での戦闘のどさくさに紛れてお付きの目をくぐり抜け、アイク達の船に忍び込んでいたところを見つけられるわけだけど、→の名乗りに対し、アイクとセネリオに「それはないだろう」「ないですね」と畳み掛けられたところで吹いてしまったさすが失礼コンビ。
そーいや13章前ではエリンシアの名言「ぶっ飛ばして差し上げましょう!」が聞けて嬉しかったわ(笑)対して冷静に「あんた、だいぶ俺達に馴染んできたな」と返すアイクも好きだ

ベグニオン帝国。ここでも、クリミアでの出来事に続いてラグズとベオクの間の現実に直面することになる。
20年前に出された「ラグズ奴隷解放令」以後も多くの貴族の家に暗黙の了解的に存在するラグズ奴隷。その為に行われる「半獣狩り」、「奴隷商人」。そして「解放令」を出した先代神使ミサハの暗殺事件と、その直後に「暗殺犯はセリノス(帝国西部の森に存在した鳥翼族鷺の民の国)の民だ」という噂によって発生した「セリノスの大虐殺」。
こーいったいわば帝国の「闇の事情」の解決の為に、サナキが直々にアイク達みたいな傭兵団に依頼したのは、やっぱこの頃から既に皇帝=最高権力者ではないという現実があったからなんだろーな。
そーいや暁でのにっくき敵・帝国元老院の面々もちゃんと出てきてたね。全然覚えてなかったよルカンが暁よりも悪そうだった。オリヴァーって元老院議員だったのか。もっと小物だと思ってた(元老院は7人の有力貴族より成る)。まあ17章「黎明」で、鷺の王子リュシオンを監禁したかどで追跡・撃破したのでもう失脚したけど。

17章、分かってたけどやっぱり長かったなー。4エリアぶっ続けの戦闘。間に補給なし。1エリアごとに2ユニットの追加参戦が可能なので、それに武器や道具持たせて補給するくらい。でもまあ、覚悟していたほどには厳しくなかったかな。リセットもエリア4で1回だけだったし。
長い戦闘のおかげで一挙にクラスチェンジしました。ボーレ(ウォーリア)、セネリオ(賢者)、ツイハーク(ソードマスター)、オスカー(パラディン)。ケビンとジルがもうLv20なので、次の拠点でCCさせちゃおう。あとはイレースとヨファがもうちょい。Lv18、19あたりかな。
サナキ、エリンシア、アイク、シグルーン17章後、アイクもやっとクラスチェンジ!レンジャーからロードへ12章でもうLv20になってたからなー…長かったよ。アイクは、サナキから派遣される「クリミア再興軍」を率いる便宜上爵位が必要だとのことで、渋々エリンシアから爵位を授けられてのCCです。

つーわけで、いよいよクリミアを再興するための戦いの始まりですね。ここまで長かったねえ。鷺の民と和解したので、この後、鳥翼族やら獣牙族やらラグズの参戦が増えてくる予定。待っててね、ライ…!

TGS2007

東京ゲームショー終わったねー。
いつもゲームニュースをチェックしているITmediaとか毎日インタラクティブとかって、普段は土日更新ないんだけど、さすがにこの期間中はバンバン更新してましたねー。
ゲームは好きだけど行列嫌いな自分は、いつもこーしたサイトさんのリアルタイム更新にて情報を得ています。ありがたや。
注目しているのは何か面白そうなゲームあるかなー、既出ゲームで気になる要素の発表とかあったかなーってとこなのだけど、去年までみたいな新型ハード発表!とゆー派手な目新しさはないものの、色々と面白そうなものは見られたね。つーわけで最近の気になるゲームソフト覚え書き。

スクエニから幾つか。
チョコボの不思議なダンジョン 時忘れの迷宮
 for Wii 12/13発売
絵が可愛い。チョコボ可愛い。
不思議のダンジョンシリーズは、本家本元からトルネコ、ポケモンと様々に広がってますが、一度も手を出したことがありません。やりたい気持ちはありつつも。しかしこれだけあると、いったいどれから手を出すべきやら。

ドラゴンクエスト4 導かれし者たち
 for NDS 11/22発売
やっぱやったことないし。素直に面白そうなので。噂のザラキ連発クリフトが見てみたいです。あと、アリーナ姫最優先で回復しちゃうとことか(笑)

FINAL FANTASY IV
 for NDS 12/20発売
そしてやっぱりFF4も気になる。ベタでもなんでも話が好きなのよアレは!
貴様また裏切るのかカインーー!!とか、パロム・ポロムやめてーー!!とか、リディア綺麗になってー!とか色々と、本当に色々と感動があったゲームなので。

SCEから。
パタポン for PSP 今冬発売
ん~Loco Rocoの第2弾!みたいな?でもなんだかより戦略的要素が強いような感じで私はこの方が好みだな~と。音ゲー要素を使って戦略シミュレーションやってるみたいな。影絵みたいなグラフィックもとても好み。

コナミ。
TIME HOLLOW 奪われた過去を求めて
 for NDS 今冬発売
『パタポン』もだけど、これもTGSで初めて知った。ジャンル名「過去修正アドベンチャー」。最近、ジャンル名ってなんでもありだよね。テイルズは新作のたびに「今度はどんなジャンル名つけてきた!?」って見ちゃいます。まあそれはおいといて。
タイムパラドックスものですかね。過去を修正して現在を「なかったこと」にする。けれど修正した未来でまた予期せぬ出来事が起こり…とゆー流れ?アドベンチャーはシナリオが命ですが…設定は大変面白そうですね。
ちなみにコナミといえばメタルギアソリッド4を出すべきなのかもしれないが…初代がクリアできなかったヘタレとしては眺めるだけにしておく。PS3だし。でも今度のスネーク、白髪のマッスルじーさんなので、ちょっと気になる(←シルバー大好き)。ムービーはもの凄いので一見の価値あり。

セガ。
風来のシレン3 からくり屋敷の眠り姫
 for Wii 2008年発売
セガっつーよりチュンソフトか。本家本元不思議のダンジョンシリーズ、でいいんだよな?このシリーズに手を出すなら本家からかなあとも思ったり。あと、今回の絵が好み。

マーベラスインタラクティブ。
王様物語
 for Wii 2008年発売
マーベラスは牧場物語シリーズが有名だけど、満を持して発表した完全新作がコレ。
孤独な少年が不思議な王冠をかぶった瞬間から、いきなり王様をやることに。王冠は人を従える力を持っており、その力を使って少年は国を治めていく。とはいえ最初はそんなにたくさんの人を従えさせられない。いわば「ご近所さん」の力を借りてその要望を叶え、だんだんと国を大きく発展させていく。そんなコンセプト。
「従える」とゆーのは、具体的には王様のあとをたくさんの人がわらわらとついて回るのだけど、それがまるでピクミンのようで牧場物語のメーカーらしく、絵柄もほのぼのとして可愛いし、かなりの好感。「国が発展していく」カタルシスを感じさせてくれることを期待してます。

TGSには出展してない任天堂から。
ARCHAIC SEALED HEAT
 for NDS 10/4発売
こーんな「大作」っぽいSRPGが任天堂から出るなんて知らなかったわー。しかも坂口博信氏とは。FFシリーズを手掛けた人ですよ。現在は独立してらっしゃいますが。絵柄、世界観、ストーリー等、前情報はかなり魅力的です。でも結局ゲームなんてやってみないと分からないけどね。評価によっては手を出すかもしれない。

そんなとこかな?そーいやキングダムハーツの新作も出るらしいねー。発売日未定だけど、DSとPSPと携帯で。FF13のような展開の仕方だな。元々あまり興味ないけど、それが広く展開されると余計に萎える感じ。スクエニは凄いなーとは思うけど。

あとは新作の話ではないので追記で。

» Continue Reading

wandering

「もっとえいご漬け」、あんま話題にしてないけどもちろんやり続けてます。相変わらず電車の中で。いい暇つぶしなんだ、これが。
ホント、ゲームとしてもよくできてると思うよ。ちょっとした時間にできる、ということをよく考えられている。

プレイするときは、英語力判定も必ずやるようにしてます。前の「えいご漬け」の時はプレイしても判定は時々しかやってなかったんだけど。
「もっと」になってからの判定は、単なるディクテーションの他に、一連の会話を聞いてその会話に関する質問に答えるという、文脈理解が必要な問題が必ずセットになっている。それが結構面白いんだよね。本当に英語力を判定してもらっている気になれるというか。
で、判定ですが。
ここのところずっと「AA」と「AAA」の間を行ったり来たりしています。調子悪いと「A」になることも。「S」の壁は厚いなあ…

そうそう、「いじわるディクテーション」ことバーバラの部屋が出ました。バーバラとは「えいご漬け」にも出てきたキャラクターで、突然画面が暗くなって黒いドアを叩くように言われ、入ると彼女がかなり「本場」な感じの聞き取るのが厳しい問題を出してくるとゆーものでした。
今回はちゃんと専用モードができていて、そこを選択すればいつでも本場英語問題に挑戦できます。
が、今のところ連敗中…
ぜんっぜん聞き取れない。最初のなんて、地球侵略しにきた宇宙人のセリフっぽかったけど(途中までは聞き取れた)、場面設定が突飛だと当然言ってることも突飛なわけで、突然それ言われても聞き取るのは厳しいです。前後の文脈って重要。
くそう、一度ぐらいバーバラに「それくらいできても大したことないわよ!」って言われたい。バーバラはいわゆる「ツン」キャラ。

次から次

先週言ってた右足首は治ったっぽい。
昨日、またヒールのあるサンダル履いたけど、痛くなんなかった。よし。

が。
昨夕からは、なんだか今度はかなりの倦怠感と時々ごく軽いむかつき。
寝たら治るかと思ったけど、今朝になってもだるさ全開。
こんなの初めてだ。
熱があるわけでもないし、食欲はわかないけど食べられないわけじゃない。
とてもかったるいけれど、動けないわけじゃない。
だから会社も行ったし普通に仕事もした。
だるいから集中力を欠くし、やたらと溜息つきながら仕事してた気がするけど。
仕事してた方が、何かに気を向けるからだるさを忘れてたかもな。
今もだるい。ヤな感じ。

明日は出勤日で出るつもりだったけど、こんなんだから有給にさせてもらいました。
まあ英会話は行くけど。
んあ~~!はよ治れ!!

ふう。ゲームしよ。

被写体

今朝の夢。
どこかの画家に自分を描かれた。
一応プロとゆーかそれなりに名のある画家、という設定だったな。
なんでどーしてそうなったのかもよくわからん。
絵は、どことなくゴッホちっくな肉厚の油絵だった。
でも色鮮やかで「悪くない」と夢の中の自分は思った。

珍しい体験を夢でしてしまったわ。
夢に意味を求めても無駄だと思うけど、なんなんだろーな。




…というつまらんネタ投下した後いつものごとく友達ブログ回遊してたら…
Y子のベイビー誕生!!の報告が!!!
おめでとーおめでとーおめでとーーーーーー!!!!!

FE蒼炎2周目

とゆーわけでFE蒼炎2周目進行中~。難易度ノーマルで。
ストーリーを振り返りたいってのが一番の目的。あとは、あわよくばアイク×セネリオの支援Aデータを作っておこうかと。暁3周目をやるかどうかは別にして。そうそう、2周目こそ漆黒の騎士を自力で倒す!ナーシルに邪魔させない!(一定ターン数の間に倒せないとナーシルが乱入してきて相打ちになる)その為にはvs漆黒ステージで強制出撃のミストを育てる!(1周目はほとんど育ててなくて青ざめた)

で、10章までクリア。ちなみに序章と終章含めて全30章構成。ま、7章まではチュートリアルみたいなもんだし。グレイル父さんが死ぬまではね…
序章「傭兵」ではまだ「見習い」のアイク。父であり傭兵団の団長であるグレイルから(手加減付きで)1本とったことによってやっと認められ、1章「初陣」から新米団員として出発します。
細い~スマートだ~ってのは、暁アイクのゴツさを見た後なので当たり前なのだけど、加えてアイクってこんなにアツイ奴だったのか~と(笑)2章「救出」でミストとヨファが山賊団に誘拐された時なんか、アジトの場所も聞かずに飛び出しちゃって、しかも分かれ道では「俺が知るわけないだろう」と開き直ってボーレと喧嘩しそうになるしボーレこそ猪突猛進型だと思ってたけど、この頃のアイクはそれを上回る直情径行だなあ。年齢・実力・性質ともに近いレベルのこの2人の衝突っぷりが微笑ましいです。ある意味、平和な時代の象徴とも言えるか。
3兄弟末っ子のヨファが、最初っから長兄オスカーは「オスカーお兄ちゃん」で次兄のボーレは呼び捨てなのにウケた非戦闘員の頃から(ヨファは9章初陣)次兄に対抗心強かったのかね。

4章「街道の戦い」からクリミア王国とデイン王国の間で戦争が始まり、偶然クリミア王女エリンシアを助けた事からデインを敵にまわした形となり、一挙に厳しい戦いを強いられることに。王女を同盟国ガリアに送り届ける事には成功するも、7章「漆黒の魔手」においてグレイルがデインの漆黒の鎧をまとった騎士に殺され、アイクは傭兵としてもまだ新米でありながら、団長として傭兵団を率いていくことになる。

ところでグレイルvs漆黒の騎士のムービー。こないだYouTubeで英語版を見た。漆黒が「神騎将ガウェイン殿」って呼びかけるのに対しグレイルが「そんな名で呼ばれたこともあった」とか答えるところ、「That was my name.」って言ってて、なるほど!カッコイイ!と思った。神騎将ってのも「Generalなんたらof DAYNE(デイン)」とか言ってるんだけど聞き取れん。漆黒の声、鎧越しでこもってるので聞き取りにくいー!英語版だとグレイルがデインの将軍だったってここで分かっちゃうことになるけど、それはいいのだろうか。日本語版だと分かんないよな?まあ「デインの騎士」に「殿」付きで呼ばれるあたりで推測は可能か。
7章では獣牙族の戦士ライも初登場初対面でアイクが「半獣…?」と言った事に憤慨するけど、「他に呼び名を知らなかった。すまない。なんと呼べばいい?」とすぐに謝ったことから気に入って交友が始まるのよね~やがて親友になるこの2人の関係がとても好き。蒼炎だと、ライが自軍として参戦するのって遠い先なんだけどね…

4章から初参戦のセネリオ(それまで他の傭兵団で修行してた)、グレイルが生きている間はそれほど「アイクに命懸けてます!」って感じに見えないなと思った。グレイルが死んでアイクが新団長になった頃から、それが際立ってきてる気が。

セフェランとアイク10章ではこの方が出てきましたね。思わずじっくりパラメータ眺めちゃったけど、最初からスキル【女神の加護】持ってるじゃんか!思いっきりアヤシイじゃないか!!セフェランは幼い頃のアイクを知っているはずだけど、この青年とあの子供が同一人物だってこの時気付いてるのかしらね。アイクは「グレイル傭兵団のアイクだ」ってはっきり名乗ってるから、気がついてもおかしくないとは思うんだけど…表情読めないよな、この人。やっぱりいつも穏やかに微笑んでる人ってのは信用しちゃいけないですね~。

そーいやさっき11章の冒頭見てて気がついたけど、ライはセネリオが【印付き】だって最初から気付いてるのね。「生まれに恵まれない」云々言ってるからそうだろう。それでも普通に接してるあたり、やっぱりライってラグズの中でも「できた奴」なのねまあ単に物好きって感じもするけど。
さーて11章は漆黒の騎士出現マップだねー。もちろん相手にしない。んなことしたら殺される。奴の行動範囲から逃れつつ、仲間ユニット1人に話しかけて、デイン兵以外の敵兵と次章で仲間になるユニットを殺さずにクリアしなければならない。あー条件キビシイ。

GC6周年

9月14日はニンテンドーゲームキューブの発売日だったそうで。6年前、2001年のお話です。そーいや発売日に買ったなーと思い出したので、自分のGCゲーム歴を振り返ってでもみようかと。
ちなみに今我が家にあるGCは、その後発売されたオレンジカラーのGCです。ええ、色の為だけに買い直しました。社会人ゲーマーのやりかねないバカ。最初の紫GCは当時の会社同僚にソフト付きで売りました(笑)

まずは我が家にあるGCソフトリスト。
ルイージマンション

ウェーブレースブルーストーム

どうぶつの森+

どうぶつの森e+

ピクミン

ピクミン2

スーパーマリオサンシャイン

ゼルダの伝説 風のタクト

巨人のドシン

GIFTPIA

ファイアーエムブレム蒼炎の軌跡

ちびロボ!

バテン・カイトス 終わらない翼と失われた海

バテン・カイトス2 始まりの翼と神々の嗣子

ファイナルファンタジークリスタルクロニクル

エターナルアルカディアレジェンド

ファンタシースターオンライン
エピソードI&II
テイルズオブシンフォニア


かなり持ってるはず、と思ってたけど本当にあるな
PS2ソフトはもっと少ない。とゆーのも結構売ってるから。GCソフトは「自分で買わない限りプレイできない(他人が持ってない)」+「売っても大した額にならない」とゆー考えから、こうして家にたくさん残っているのだと思われる。それは64ソフトも似たようなもの。あ、ルイージマンションだけはもうありません。先述の、GC本体を会社同僚に売ったときに付けたソフトだから。
では、各々のソフトについては追記で。

» Continue Reading

財布リニューアル

20070915181148探し続けてどんくらいだ?
やっと新しいおサイフ買いましたー
先日寄った新丸ビルの中にあるお店『HIROB・Barrault』にて。その時見たのがずっと気になってね。
結局今日の英会話帰りに再訪して買っちゃいました。

白です。真っ白です。
他にオレンジと黒もあったけど。本当は金、銀、茶もあるらしいんだけど。
汚れるよなあってすごく思ったけど、やはり最初に「可愛い」と思ったのがこの色だったんだよね。オレンジもちょっと迷ったけど。
白に金具部分はゴールドで、私にしてはずいぶん可愛らしい選択をしたような。
牛革製ですが、とても軟らかく軽く、そこが気に入ったかな。あとはたくさんのポケット。
帰って撮影後、早速今までのサイフから中身を色々移動しましたが、あっという間にでっぷり太りました
前のサイフが10年使ってても革が結構硬くてポケット少なくて、カード類をほとんど入れられなかったんだよね。ちなみに大学の卒業旅行の時に、イタリア・ミラノのプラダで買ったもの。本当に長いこと使ってたな…
で、今まで入らなかったものを喜んで色んなポケットに移動したら、そんな結果に。ちょっと厳選してダイエットしました

携帯ストラップ買ったときに、「そのうちセットで付けよう」と買っておいた白い猫鈴を早速付けました。携帯の方には黒いのが付いてるのでこれでセットWachiFieldグッズのこれは、黒い子がチップで白い子がバニラという名前です。2匹揃ってバッグの中でリンリン鳴りそうです。

銀座大野

結構久々?に美食の夜を求めて銀座へ。いつもの如く、C姉、Hちゃんと3人でのお食事でございます。今夜は銀座大野

仕事後待ち合わせまで時間に余裕があったので、久々に有楽町の無印良品に行ってみた。したら、「リニューアル記念」をやってた。いつの間に。
合流したら、「リニューアルしたプランタン行ってきたー(オープン日だった)」とC姉が。銀座界隈、リニューアル流行り?

有楽町駅からテクテク新橋方面へ。なかなか分かりにくくて辿り着くのに苦労しました。また最後に入るべき路地が本当に細くて「本当にココ?」という感じ。
銀座から離れたのに、急にまた銀座に戻ったような佇まい。1Fはカウンターだけ、2Fは個室(たぶん)というこじんまりとした、でもいかにも和懐石って感じのお店…だと思う。だって懐石って初めてだから。「なんかいつもより(他の客の)平均年齢高くない?」とHちゃんが言ってた。あと男性率もな。フレンチとかイタリアンだと、だいたい女性のが多いもの。和食って「大人の男」を示すものなのかしらねえ。

カウンター席に案内されました。荷物を預けてあったかいお手ふきをいただいたところで、「食前酒にシャンパンかワインはいがかですか?」と。この店、和食とワインのお店なのです。
シャンパンで乾杯したところで、コースの始まり~。最初はアミューズではなく、先付ですね。えーと、ほうれん草の…なんていうんだろ、お豆腐みたいに固めてあるの、に雲丹とキャビアがのったもの。意外にあっさりなお味。シャンパンに合いますね。
次は秋刀魚と帆立と蟹の3種それぞれ手がかかっていると思われる一皿。秋刀魚が~秋ですねえ
すまし汁。日本人で良かったと思える瞬間。お豆腐が月を模した黄色いまん丸で、そんなところにも和を香らせる。
シャンパンなくなったんで、白ワイン一本追加。やっぱりお魚系中心だしと白を注文。それだけ注文して、いつもの如く店の人に選んでもらったんだけどね。お肉もあるので、それも考慮して選んでいただきました。グリーン系の香りがする白。全然癖がなくて、一種日本酒のような雰囲気も持つ感じ。これは初めてな味だな~。
お造り。こんな旨い刺身、ちょっとないよ。舌感動。肉厚で歯ごたえがあってさ~。噛むごとに、幸せをともに噛みしめてました
黒豚のお鍋。肉が柔らかい、とろける~また肉の出汁がしみこんだ野菜がたまらんよね。そーいや春菊かと思ったらクレソンだった(C姉指摘)。和食の店で見るとは思わなかった。
海老の殻焼き。殻ごと食べられます。超豪華えびせん?バリバリ言わせながら食べました。
最後は真っ白ご飯。湯気を立てる白いご飯に無条件に嬉しくなれるのはやはり日本人故か。食べきれない分は、おにぎりにしておみやにしてくれました。心遣いが嬉しい。
メロン美味。仕上げにまたも月を模した甘味。今夜はお月様を2つも食してしまったわ。

もちろんお腹はいっぱいなんだけど、フレンチとか食べた時とは違って、なんだか優しい感じのお腹いっぱいさだった。ズドンとまではきてないというか。和食故か。…いつもよりワイン控えめだったからか?
はー美味しかった、満足
あ、今回、携帯を入れたまま荷物を預けてしまったのでまったく撮影せずでした。そこだけちょっと失敗。

あしくび

月曜から、何故か右足首が痛いのです。
歩けないなんてことは全然ないのだけど、足の向きとかによって不意に痛くなるので、一日に何度も「イテ」とか「イタタタ…」とか呟いてます。
原因不明。
強いていえば靴のヒール?
でも日曜日はどこにも出かけなかったけどねえ。土曜日は美術館やらオフ会やら盛りだくさんだったけど。

週末になっても痛いようなら病院行こうかなあと思っていたのだけど、今日になって急に軽減したみたい。
昨日は階段が多少怖くなるくらいに頻繁に痛くなってたんだけどね。今日の午前中、会社の廊下を歩いていて不意に「あれ、今日はあんまり痛くない」と気がついたのだ。

自分、普段から痛みとか放置するタイプです。大したことないからってのが一番大きな理由だけど、それとともに、これまで放置して悪化したことがないから。てゆーかいつの間にか治ってたから。忘れた頃に「あれ、そーいやこの前まで痛かったよなあ」って感じなんだよね。
自然治癒?自己回復?
よくわからないけど。再発してたら問題ですが、今のところそんな経験もないし。
今回の足首も、このまま行けば病院にお世話にならずにすむかな。まあ明日また様子を見ますが。今日くらいのままだったら、来週まで様子を見るだろうな。

『夢幻の砂時計』クリア

昼食中に見た「安部首相辞任」のニュースは驚天動地でしたね。なぜ今?よくわからない人だなあ。
ま、とりあえずそれはおいといて。
『ゼルダの伝説 夢幻の砂時計』クリアしましたー

先週FE暁2周目クリアしたので、こないだの日曜日に久しぶりに再開。
確か最後の海図を手に入れるために海王の神殿に潜っているあたりで、ちょっと飽きがきてなんとなく放置してたんだよね。
どっかの評価でも見たけど、何度も海王の神殿に潜ってるとさすがにちょっと飽きるよな。まあ持ってるアイテムによって攻略法も変化するし、タイムを短くするために色々と効率的な方法も考えるという楽しみがないでもないけど。
5Fまでのタイムを2分半くらいまで縮めた後は、1~5Fまでまったく無視するようになってました。もう1箇所くらいワープポイントあっても良かったんじゃないかなあ。10Fとか。

とにかく、最後の海図を手に入れたら、最後の「ハガネ」を手に入れるためにまた新しい海の新しいダンジョンへ。
幾つかのミニダンジョンが連続するような感じでしたね、ここは。いつ本格的なダンジョンがくるのかな~と思っていたら、ボスが出て1回死んで、再チャレンジでボス倒して終わった。そんくらいダンジョンは簡単だった気が。
そしたらもうラスボスです。
いやまあ、しようと思えば寄り道は色々とあるんだけど。
とりあえず終わりが見たい気もしたのでラスボス倒しに行く。

ゼルダの伝統として、ラスボス戦には必ず段階がある。今回もあった。ちなみにしばらく前に、会社のゼルダやってた子から「ラスボス戦で挫折しました。やっぱりゲーマーには敵わない」とか言われました。つまり彼女はクリアしてない。
そんなに難しいのかな~と思ってましたが…初期段階ではかなり楽勝。
初期の第2段階?(なんじゃそら)では紋章を描くのがうまくいかなくて、どーやったら時が止められるのかさっぱりわからずにしばらく詰まる。攻略サイトでコツを教えてもらったらできた。あれは出てくる枠がやたらでかいのが悪いと思う。描くべき形がわかってても、あんな横長で画面いっぱいの枠が出てきたらどーやって描くべきなのか迷うよ。あんな小さくていいなら枠も小さくしろよ
ブーたれつつも、コツさえわかれば特に問題なく。あっさり突破。
大砲打ちも、向かってくる砲弾撃ち落としてれば回復もするし、かなり楽勝。
これのどこが詰まるのよ、と思ってたら次がなかなか手強かった。攻略法を見つけるまでかなりダメージくらった。なんだかんだでそこまでの間に体力削られてて薬も尽きてたので、1回そこでゲームオーバー。
ここまでが日曜日のプレイでした。

間を置いて、昨夜また再開。
ボス戦途中でセーブポイントがあったんでそこでセーブしてあったんだけど、どこから始まるんだろう?と思ってたら、最後の手強いとこに入る手前で、そこからすぐに別の場所へ行けるようにもなってた。さすが親切設計。
まずは落ちた体力と尽きた薬を補給するために近くの島へ。ただ補給だけすりゃいいのに、なんでかまた海王の神殿に潜って、日曜日には取ることができなかった宝箱を取りに行ったりとか余計なことしてました。日曜日には取り方がわかんなかったのよ。もう一度現場に行って周囲をよく検証したらわかった。自己満足。
そんなことしてたら0時近くになってしまった。寝るべきだったけど、電源入れた時はボス戦やるつもりだったしな~と一応再びボス戦へ。1回でクリアできなかったらやめて寝るつもりだった。
あっさり倒せちゃった
せっかく補給した薬も一度も使うことなかったよ。攻略法さえ分かれば簡単ね。トワプリからその傾向が強い気がする。

エンディング、めでたしめでたしでした。海王の真の姿は、フォーエバーブルーやった直後ってこともあって、なんとなく親しみがあったりした(笑)バテン・カイトスも彷彿とさせた。妖精シエラは時オカの妖精ナビィとは関係なかったね。これはとても残念。ま、仕方ない。
ラストシーン。これがラストシーンになるのなら、もう少し格好良くカスタマイズしとくんだったと思った。悪魔シリーズで揃えてたら、エンディングの印象が変わりそうだな(笑)

総括。
面白い!!これは間違いなく。
やっぱり謎解きが楽しいよね~。レイトンとか好きなら、ゼルダだって行けると思うけどな。ゼルダはアクションもあるからそこが多くの人にとってはネックになるのかもしれないが、そこはホラ、今回はタッチペン操作だから。
これが気持ちいい!快適!!特にブーメランの操作が私は好きだったな~。軌跡を描けばその通りに飛ぶんだもん。なんて楽なの。ブーメランは今までのゼルダでも何度も出てきたことのあるアイテムだし、使い方も機能も基本的なところでは変わっていないのに、なんだか全然違うアイテムみたいだったよ。使うのが楽しい。そんなアイテムっていいね。
癖のある脇キャラ達。今回も変な人いっぱいいたな~(笑)お気に入りは…やる気の無さそうな的あて屋と、勇者と警備員の兄弟かな。アヤシゲすぎる。
もうちょい骨太の謎解きが欲しい気もするけど…でも携帯機ということを考えると、気持ちよくプレイするにはこれくらいがちょうどいいかもしれないなーと思った。「プレイしていて気持ちいい」ってのは、ちょっとした合間にやることが多い携帯機ゲームにとっては重要な要素かもしれないと思うのです。ちょろっとやるたんびに不完全燃焼じゃモチベーション下がるでしょ。
まあとにかく。
自信を持って人に薦められるゲームだと思います。ゼルダが初めての人であれば尚楽しいかと。お手軽に、大昔から「名作」と言われ続けているシリーズに手を出すいい機会かと。

ポケモンセンター

自他ともに認めるゲーマーである自分ですが、ポケモンシリーズは一度も手を出したことがない。アニメも知らない。まあピカチュウくらいは当然知ってるし、ダイパに登場したペンギンみたいなのがポッチャマっていうのも知っているが。それはゲーム系サイト見てれば普通に得られる知識なので。
ポケモンセンターも存在は知っているけれど、当然足を踏み入れたことはないし場所も知らない。
が。
ここんとこ気になっているモノがあって。

通勤途中の浜松町駅あたりで車窓から見えるビル。
朝夜の通勤時間帯だと、ガラス張りの壁面一面に、寝ているピカチュウが描かれている。これがかなり可愛い。ペンキとかで描かれてるんじゃなくて、ガラスの内側に特大のスクリーンかなんかを貼ってるんでしょうね。明らかに公式絵です。
100mは離れているだろう走っている電車の窓から見てもはっきりわかるので、実物は相当な大きさと思われます。
これが、土日とかの昼の時間帯に通ると、手を挙げて元気に笑顔で挨拶するピカチュウになってるんですよ。まったく同じ場所が。横には他のポケモン達も描かれていたり。

たぶん、あそこがポケモンセンターなんでしょうね。で、営業時間外だとピカチュウが寝てるんでしょう。芸が細かい。
私が見るのは圧倒的に「おやすみピカチュウ」の方ですが、ピカチュウが寝ている絵ってあんまり見たことなかったし、個人的には起きているのより可愛いと思うので、見れると微笑ましくて嬉しいのでした。
通勤途中の小さな癒しスポット。

『デーモン聖典』完結

昨日の帰り、本屋に寄ったら継続購入しているコミックスの続刊が出てたので購入。『桜蘭高校ホスト部』11巻と『デーモン聖典(サクリード)』11巻。
デーモン聖典の方は今巻で完結でした。結構短くまとまったね。まあちょうどいいくらいじゃないでしょうか。というか、最初からこの長さの予定のようでしたし。

とりあえずハッピーエンドだったんでよしとする。まあこの人の作品でアンハッピーってのは知らないけど。
最後の方、特に最初からデーモンとしては特殊に見えてた「K2」の正体については、なんとなく予想着いていたとはいえ、やっぱりその能力とか一般のデーモンとの性質の違いとか「ちょっと都合よすぎ…?」と思わないでもなく。
でも導入部の引き込み具合はいいし、面白かったとは思う。
特にデーモン達のキャラクターが良かったね。みんないいアジ出してたよ。
"赤龍"のクレイジーっぷりもいいし、"妖怪"の非情さもたまらないし、"獣"はやんちゃで強引だし、"グリフィン"の聖典への必死さは健気だったし。
てゆーかデーモン達の名前いいね。「ミカ」があの素晴らしい美貌にして同種達に"妖怪"って呼ばれるのは、その冷酷な表情も相俟ってなんとも魅力的でした。
はい、ミカお気に入りです。ラストまで来て、ダントツお気に入りになりました。
「形の元」が、夭折した天才ピアニストってとこもいいし、聖典「礼奈」の願いを叶える為に消滅するつもりだったとこもいいし、最後に「想い出が欲しかった」というシーンも泣けるほど良かったです。
つーかさー、デーモン達がみんな切なくて。人間達の心情あれこれよりも、人ではない彼らの一途な想いが本当に切なくてたまりませんでしたね。"恍惚の死"のシーンは何度見ても泣けます。

勢いのある作品なので結構あっという間に読めちゃいますが、今度また最初から読み返してみようかなと思います。

10周年

午後の予定はオフ会。
今よく遊んでいるネット仲間の面々と、最初に知り合った場であるMLが始まってから、この9月で10年になるのを記念して。
というと、なんかものすごい規模のオフ会っぽいですが、ML自体は大変な人数だった時もあるとはいえ、今もつきあいがあるのはごく少数。その中で都合の合った人たちと久しぶりに長丁場で話しますか、というような集まり。

お茶の水のカラオケ屋。和室。お子様連れのYよいの為ですね。って前も使ったことあるけど、ココ。
NさんとかAIちゃんIZちゃんとか、かなり久しぶりだったので嬉しかった~♪「変わんないね」と言うと、「お互い様」と返されました。
カラオケ屋だけど、歌ってなどおりません。あ、お子様達は時々歌ってましたが。プリキュアとか。
一応オフ会らしく、近況報告を順番に(マイク持って)やりました。10年経ってもみんなまだまだ現役でオタクね~と思いました(笑)
しかし、始まり(=スレイヤーズ)は同じものだったはずなのに、今やみんな様々ですね。面白いものです。
その後はBGM代わりに皆さんがハマった歴代モノの絵が出るカラオケ曲を流したりしつつ、適当にくっちゃべる。
途中でEなに電話して、電話での久しぶりの師弟対面とかゼ○○支部巨頭会談的な事をしてました。
そーいや彼女は最近、ワシントン在住のオタクアメリカ人のメル友ができ、その子が日本の"DOJIN"を訳すのを手伝ってあげてるそうです。"DOJIN"まで国際化か。とどまるところを知らないね。

そーいや今回、Yよいのとこのお姉ちゃんの方に妙に気に入られて遊んでました。Cちゃんに「すごいよね。やちは誰でも全力であしらうよね」と言われました。どーいう意味よ。
変化のない遊びはつまんないだろうと、私はいわゆる"ズル"もやってのけますが、それがかえってウケが良かった様子で。ごめん、余計な知恵つけさせたかも>Yよい
まあ、世の中に得て無駄な知識はないから。大丈夫。

19時まで遊んで、おねむなお子様達を連れつつ帰りました。
今度はAIちゃんちに遊びに行きたいな~。猫と遊ばせてもらいたい

金刀比羅宮

盛りだくさんな一日でございました。

まず午前中は展覧会「金刀比羅宮・書院の美」を見るために上野の芸大美術館へ。
絶対行く!とずいぶん前から決めていたにも関わらず、8月中は暑さに負けて出かける気にならず。気がついたらもう会期終わっちゃう!ということで慌てて。先週行く気だったんだけどねー…兄がPC治しに来たからねー…
上野駅公園口には近隣で行われている展覧会のチケットを売っているブースがありますが、前にいる人がみんな「金刀比羅宮」って言ってるあたりから嫌な予感はしてました…やっぱり大混雑でした
とゆーか、芸大がどうも大学祭だったみたいでねえ…大変なお祭り騒ぎでございましたよ。そのせいもあったかもしれないなあ。
入場規制かかってて、会場に入るまでに30分くらいかかりました。

肝心の、書院の形をできるだけ再現して展示された応挙・若冲・岸岱の襖絵に囲まれた空間も…まあじっくり楽しむというわけにはいかなかったかな。せっかくだから、絵画としてだけではなく、それに囲まれた空間そのものも楽しみたかったんだけど。それぞれの絵は、意地でもしっかり見ましたが。
応挙の虎。ユーモラスな表情で福々しくて可愛かった。周囲でも思わず笑みをもらす人多数。小さな女の子とかもね。一方で、その力ある目で「見つめ返されている」感覚が覚えられて迫力ありました。手前の鶴の間も良かったな~。幼鳥と連れ立っているのがいて、やっぱりなんだか微笑ましかった。
岸岱の柳と白鷺。この柳よかったな~。柳ってなんとなくユラユラして儚げなイメージがあったけど、素晴らしくどっしりして重たげな葉が青々とついていて、デコボコした木肌が「老いて尚気骨ある老人」って感じでカッコヨカッタそこを部屋全体に渡って舞い上がり舞い降りる白鷺が、本当にアニメーションの連続絵を見ているみたいに描かれているのね。洒落てるなあ。
若冲の壁面すべてを埋め尽くす花々は…なんだろーね、不思議な事するよねえ。綺麗に区切られた区画にあらゆる花々を描いてるような感じ。それぞれ違う花。綺麗なんだけど、あまりに整然としているし壁一面だし、部屋があまり大きくないのもあって、なんだか埋め尽くされそうな圧迫感がありました。花に埋められるといえばロマンチックに聞こえないこともないけどね。何に捧げた花達なのか。

そこまでは3F展示室の様子。続きはB2Fへ。
こちらは絵馬とか屏風とか、金刀比羅宮に奉納された品々ですね。疲れたのでざっと見るにとどめる。あ、でも端っこにあった「こんぴら狗」の説明は心に残ったなあ。
金刀比羅宮は「こんぴらさん」と呼ばれて親しまれていて、そこへ参ることが「こんぴら参り」。江戸時代には多くの人々の信仰を集め、こんぴら参りも盛んだったけど、中には遠くて行けない人もたくさんいた。そこで飼い犬の首に道中の犬の食費と初穂料を入れた袋を下げさせて金刀比羅宮方面へ行く旅人に託し、犬は旅人から旅人へと託され世話をされながら辿り着き、金刀比羅宮では犬の袋から初穂料だけを受け取り代わりにお札を入れて、郷里の方向へと向かう旅人にまた託し、同じようにして自宅へと送り届けられたという伝承。
無事に飼い主の元へと帰り着くまでに、どれほどの善意に恵まれたのでしょうね。なんかそれだけでお札なんかより(失礼)大変有難い事だと思います。

同時に展示されていた、芸大美術館所蔵歌川広重画『名所江戸百景』も見てきました。江戸の街の名所がその土地の名前とともに描かれているもの。知っている場所の今の風景と見比べてみるととても面白いと思います。こちらもなかなかの混雑ぶりでしたよ。みんな江戸時代の東京の風景が興味深いんでしょうね。同感。
またとても色鮮やかで、眺めているだけでも素敵な絵達でした。一言で全体の感想を言うなら「富士山がこんなによく見えたんだなあ」というところ

お土産に、クリアファイルを数点。応挙の虎の一筆箋サイズのものと、『鳥獣戯画』A4サイズクリアファイル。あまりに可愛かったので展覧会とは何の関係もないのに買ってしまった

そんなところで美術館を出、上野駅のリニューアル「アトレ」のアフターヌーンティーでスコーンと紅茶だけのランチをとり、午後の予定へと向かったのでした。つづく。

目標達成飲み会

職場のチームで飲み会。
年間目標達成のために、8月を強化月間としてみんなにいつもと違った形で作業してもらってたんだけど、無事に充分な数値をクリアすることができたので、お祝い飲み

このチームは私が最初から責任者として関わってきたので、業務も人間関係も比較的うまくいっている最近がとても嬉しい。もちろんこれまで問題がなかったわけじゃないし、その度に1人ずつカウンセリングとか上司に相談とか、派遣さんが多いので派遣業者の担当者と相談とか色々あったけどね。
最初の一年は頭の痛い問題も色々あったなあ…
でもメンバーも(新規加入以外は)入れ替わることなく、みんなが業務でもプライベートでも協力し合って解決するようになってくれて、本当に有難い。感謝感謝ですよ。
失敗も色々ある責任者だけど頼りにはしてくれてるようなので、今後も助け合っていけたらいいな。

飲み会では普段は聞けないプライベートな話も聞けたり。
開かずの間があるとか、兄弟関係とか。なんか今夜は兄弟ネタが多かったな。弟とは姉に使われる為に存在する!と主張する「姉」がいたり、一方で「弟には使われている…」とつぶやく「姉」もいたり。
うちも3人兄弟なので、他家の兄弟関係ってのは聞いてて面白いです。ちなみに私は兄2人の妹だけど…うーん、基本的には「利用させてもらってます」って方かな…昔は遅くなった時に車で迎えに来てもらったりしてたし。今もPC修理してもらったり、あーお小遣いもらったこともあるな。年齢が離れているので。ま、頼まれごとをされたら、できる限り応えてあげようとしますけどね。兄弟ですもの助け合わないと、とか思わなくても当たり前の事って感じですね。生まれた時からずっと近くにいて自分と近い体験を繰り返してきた人ですからね。大切ですよ、やっぱり。

話ずれた。
とにかく楽しかったしいっぱい笑った。
そんな感じで今後もやってこーね、みんな。

げぃむネタ

ゲーム続きだけど、書き留めておきたいゲームがあったので書いてみる。
ちなみに昨日はDS Liteの新色、クリムゾン・ブラックが10月4日に発売なんてニュースもあったね。Lite初のツートンカラーですね。…旧DSのレッドと比較すると格好良さはイマイチ…という気もしますが。旧DSは基本ツートンカラーだったからな~。

それはまあおいといて。
最近気になったゲーム。

『トリノホシ~Aerial Planet』for PS2。2007年冬発売。
地球から遠く離れた辺境の惑星が舞台。
地表の98%は海であるというこの星に、乗っていた宇宙船のトラブルにより、主人公の少年は不時着する。
命に別状はなかったものの、他に人のいる調査基地からはちょうど星の裏側あたりに漂着してしまった主人公。助けは望めないため、グライダーを使って自力で調査基地を目指すことに。
何千キロも離れた調査基地に辿り着くためには、98%を海で覆われたこの星に点々と存在する島々を線で結ぶように進んでいかなければならない。
現在も調査を進めている段階であるこの星に地図などまだ存在しない。
主人公は、この星に生息し島々を渡って生活している鳥たちの生態を調べ、彼らとコミュニケーションをとり、彼らと共に飛ぶことで陸地を見つけて旅を続けていくことになる。

このメインストーリーだけで既に私にはとても魅力的なのだけど、さらに、鳥たちはもちろん、彼らから教えてもらう食料となる植物など、すべてに名前が存在しないというところ。未開の地だからね。自分が第一発見者だから、自分で名前を付けていいわけよ。ゲーム中では「ラベリング」と呼ばれているみたいだけど。
これでメインであろう「空を飛ぶ」シーンが充分に美しく変化に富んでいればかなりいい感じかも。フライトシミュレータ並みになっていることを望む。結構好きなのよ、フライトシミュレーション。思い出の1本はニンテンドー64の『パイロットウィングス64』。てゆーかまだ公式サイトがあったよ!ビックリ。

『非常口-EXIT DS-』for DS。2008年1月発売。
元はPSPで出たゲームらしい。知らなかったけど。
主人公の「Mr. ESC(ミスター・エスケープ)」を操作し、災害場所に取り残された人々を救出し、制限時間内に出口を見つけ出して脱出するパズルアクション。
Mr. ESCが万能ってわけじゃなく、救出して連れて歩く「同行者」達の力も借りて、道を切り開き、脱出口を見つけて全員で脱出するって手順が純粋に楽しそう。パズルって好きじゃないんだけど、こーいうのは好き。アクション性がある奴?テトリスとか時間制限のあるものって一種のアクション性もあるよね。そーいうのだと楽しい。ただじっくり考えるだけってのは飽きる
加えて、このグラフィックがとっても好印象。シルエットで描いたアメリカン・コミックのような?適切な表現が浮かびませんが、コミカルで動かすのがとても楽しそうです。
既にPSPで一定の実績を上げているソフトのようだし、期待して待ちます。

新型PSP「PSP-2000」の発売も近付いてきましたね。
初期不良が怖いのですぐに買うつもりはないけれど、大丈夫そうなら買いそうです。そろそろやりたいソフトが増えてきたよ、PSP。

FE暁4部終章2

昨日に続いて、FE暁2周目ハードクリアの最後の記録を。
それにしても次は何をしようか。テイルズオブファンダムvol.2とか、パパの為だけに買っておきながらほとんどまったくやってない状態だったりするし、やるべきなんだけど、それよりは蒼炎をやりたい気分が盛り上がってきていたり。
…始めたら、一年越しでFEやり続けてそうだよな。まあアイクとセネリオの支援Aデータだけ作れればいいのだけど。でも1周しかしてないし、最初支援のシステムがよくわからなくて全然支援会話聞いてなかったりするので、ちゃんとやってみたい気もする。ああ。

気を取り直して。
4部終章「再生」Area3
Area3に入る前に【負の女神】ユンヌから加護を受けます。各自の武器に。その時点で最強の武器を各ユニットに装備させるわけですが。
漆黒の騎士ことゼ○○○○から受け取った神剣エタルドは、迷った結果ミストに。武器レベルSSの剣は他にヴァーグ・カティがあるので、そっちをワユに。アイクのラグネルにしてもエタルドにしても間接攻撃可能なので、ミストにはその方がいいかなと。
そーいや、vs漆黒の騎士戦の時はアイクに親父の形見の斧ウルヴァンでしっかりヤっていただきましたが、この先は強力武器を1人が2つ持ってても仕方ないので、斧武器レベルSSのジルへと。
前Areaでルベールから奪った槍ゼーンズフトは槍専門のブラッドへ。ガトリーも槍武器レベルSSだけど、ブラッドは槍以外装備できないからねえ。
ま、そんな感じでArea3の戦闘画面へ。

先述の通り、何度かやり直す羽目になりました。攻略自体は簡単なんだけど、やっぱり最強の竜・黒竜王デギンハンザーがね。ハゲのくせに貫禄あるからね(関係ない)。
デギンハンザーを倒すことに加え、色んな通常会話やら戦闘会話やらを聞こうとごちゃごちゃやってるうちに、間違ってナーシルやゴートの攻撃範囲に入っちゃったり色々。
とりあえず、クリア後やり直しでやったときは、あらかた会話も聞き終わっていたのでその辺全然狙わずにやったら、ものすごくあっさりクリアできました

Area4
蒼炎、暁通しての黒幕の登場です。最初から怪しかったけど、結局こいつが色々と弱っちかったから悪いんじゃないの?まあ…あれだけの不幸が重なれば仕方ないのか…生来の【正】の資質と異なる選択をしてしまったのも。つーかデギンハンザーもだけど、長く生きすぎだよ。強靱な精神力を持っていない限り、せいぜい100年の寿命で充分なんだと思うけどな。
にしても、彼が何故そんなにも長命なのかの説明はなかったような気が…どっかのサイトでは見たけど。元々○の民だからとゆーんじゃ、あれだけの長命の説明にはならないような?黒○だというのがどーいう影響のあるものなのか、ゲーム中のどこかで説明聞けるんだろうか?
長々と書いてしまったが、攻略そのものは、まわりの精霊消してスキル見切り持ちで殴れば簡単なのであっさりと。デギンハンザーなんかより全然楽。

Area5
いよいよ女神と対峙。アスタルテに対しては…特に感慨なし。まあ、神とはえてしてこーいうものかなと。
2回目は、ナーシルはもちろん、まったく育てていないサザも出撃メンバーから外しました。リアーネなどパラメータに少々不安のあるユニットは、拠点レベル上げと余ってたドーピングアイテムで補填を。
ちなみに、聖竜騎士に続いて神竜騎士としてもジルがフルパラカンスト。加えて巫女ミカヤも拠点レベル上げで全パラカンスト達成しました。ジルは拠点上げもなしでLv18くらいで達成したかな。すごいよ。
アイク最終パラメータちなみに我らが団長の神将Lv20パラはこんな感じ→
魔力・魔防はどうあっても上がらないね~。まあ、魔力と魔防のあるアイクなんてかえって不気味だけど。今回は幸運もいまいちでしたね。まあ漆黒に2回攻撃さえできてればとりあえずいいです。
女神戦は、オーラ消して後は1ターン中に総攻撃+トドメアイクで決まりなので特に変化なく。
ここから加入のエルラン初期装備「女神の杖」が大変便利なので、結構活用させてもらいました。効果範囲全体で、体力全回復+状態異常回復だからね。代わりに耐久3回しかないけど、そこはミストにハマーンの杖使わせて耐久も回復。しつこく使いました。

そしてエンディング。

» Continue Reading

FE暁4部終章

2周目を一度クリアした後、1人仲間にできず+ラストバトルで1人死亡の屈辱を晴らすべく、Area3からやり直し。
そーして再びエンディングを迎えました。今度こそクリア
そんな段階だけど、忘れないうちに終章の軌跡を記録しておこうかと。とはいえもうだいぶ薄れているけれどねせっかくここまで記録したのだから最後まで。

4部終章「再生」
ついにベグニオン帝都の前で合流する3隊。再会を喜び合うが、その目の前に帝都で死んだはずの【正の使徒】達が女神の力によって心なき兵士として蘇って立ち塞がる。
一刻も早く女神の元へ辿り着かねばならないが、これでは全員は無理。最低限の人数で正の女神アスタルテのおわす【導きの塔】を目指すことになる。
で。

2周目選抜メンバー。
神将(ヴァンガード)アイク
巫女(シャーマン)ミカヤ
密偵(エスピオン)サザ
皇帝(カエサル)サナキ
竜王子(プリンスドラゴン)クルトナーガ
竜鱗族/赤鱗(ドラゴントライブ/レッド)イナ
までは強制メンバーなので固定。

大賢者(アークセイジ)セネリオ
大賢者(アークセイジ)ペレアス
戦乙女(ヴァルキュリア)ミスト
剣聖(ソードエスカトス)ワユ
神竜騎士(リンドブルム)ジル
神射手(サジタリー)シノン
将師(マーシャル)ガトリー
聖槍使い(ホーリーランサー)ブラッド
獅子王(キングライオン)カイネギス
鴉王(キングクロウ)ネサラ
そして白鷺兄妹からは、白鷺姫(プリンセスイーグレット)リアーネを。

支援は、アイク×セネリオ、ミカヤ×サナキ、サザ×ペレアス、クルトナーガ×イナ、ワユ×ジル、シノン×ガトリー、ブラッド×カイネギス、ネサラ×リアーネ。
とにかくミカヤとサザの「最初から支援A」ってのを一度崩してみたくてやってみた。直前までペレアスと組ませようと思ってたんだけど、突然サナキに浮気。だって実の○○だし。つーわけで、捨てられたサザは浮気されたペレアスと(ひでえ)。それなりに関わり深いし。
ミストは再行動できる回復役ってのがやっぱり便利で連れてきた。けど後日談で結婚話を見るにはボーレとの支援Aを崩すわけにいかないので、このメンバーの中では独り身で(笑)
ブラッドとカイネギスはもう、ないよりはマシという程度
ネサラとリアーネは2周目最初からの狙いなので当然。
ちなみに獅子王を連れてったのは、サウンドルームを埋める為だったり(ラグズ王には固有戦闘BGMあり)。

Area1
リワープの杖でワープしまくる元老院副議長ルカン。後でいーやとほっといたら、突然自ユニット魔道系が固まってる近くのポイントに飛んできた。喜び勇んでペレアスだのミカヤだのサナキだのでボコる。戦闘会話も発生したし、思いがけずあっさり地獄へ堕ちていただいた。
増援でレベルの底上げをし(主に魔道系)、支援レベルを上げるべく体当たり合戦も展開し、ほどよく終了。1発クリア。

Area2
上方でアイクvs漆黒の騎士タイマン勝負、下方でその他大勢が頑張るマップ。
1周目は下方エリアの事実上の敵将ルベールが持ってる最強の槍「ゼーンズフト」を奪う為に、超長距離魔法でルベールのみを抹殺し、その間にアイクvs漆黒の勝負も着き、あっさり終了でした(漆黒倒せばクリア)。
しかし今回はみんなに撃墜数稼いでもらってレベルも上げていただこうと、下方エリアの敵を殲滅する方向で。アイクはそれまで漆黒を倒してしまわないよう、上方エリアで漆黒と追いかけっこをしててもらいます。
増援がいっぱい出てきて楽しいね~♪障害物のまったくないマップなので、防御力の高いユニットで紡錘形に陣を敷いて、防御力のない魔道系やリアーネはその中に入れて対処。紡錘形の頂点にクルトナーガを配置したら、なんだかすごく強そうな陣に見えるよ!(笑)
その状態で出てこなくなるまで増援叩き。出なくなったらルベールへの包囲網を少しずつ縮めていって、倒しておしまい。
あ、いやその後から本番のアイクvs漆黒の騎士なんだけどね。まったく心配ないから。こっちもあっさり決着着いて本当に終わり。

アイクの記憶解放イベント見れた!!子アイクと子ミストが見れたよ~!!可愛い

てところで、疲れた&眠いのでまた次回。

DS用ケース

NintendoDSを持ち歩いて利用してる人は、もはや大人にも子供にもいっぱいいると思われる。
おかげでDSの周辺機器には大人向けのデザインのものもいっぱい出ている。外見上立派な大人でゲーマーな自分には嬉しい限り。

ところで私はDSを買ってからずっと、とあるポーチをDS用キャリーケースとして利用している。何年か前温泉に行った時に、その旅行プラン利用者へのサービスとしてもらったテスター化粧品一式が入っていたポーチ。これがまあ、DS(旧DSも含めて)ジャストサイズで。内張にスポンジが使われているのでクッション性もあるし、ただでもらっておきながら大変重宝していたのですよ。
が。
まあ毎日バッグに入れて持ち歩いていれば汚れもしてくるわけで。あとはやっぱり専用じゃないので、ソフトを入れておけるような内ポケットもないし。一緒にソフトを何枚か入れておいたら、一度電車内で落としたことがあるので、以来それはしていません。探すの大変だったし恥ずかしかったので。だからDSに挿入されているソフト1枚しか持ち歩けない。

つーわけでそろそろ専用ケースが欲しくなってきた。
安っぽくなく、ソフトも一緒に持ち歩けて、さらに私は『もっとえいご漬け』をメインにやっているので、イヤホンも収納できるとベスト。
既に何度か大手家電量販店のDS周辺機器売り場でチェックはしているが、なかなかコレ!というものは見つからず。
今日ネットで検索してたら、こんなの見つけました
かっ…カッコイイ…
超高級感。本牛革製。撥水加工。DSソフト2枚収納可。イヤホン収納可。
願ったり叶ったりのジャストミートぶりなんだが……
\7,350
そりゃ高級感もあるわな。
あ~でもあまりの希望通り商品ゆえに迷うぅ~~~~

いつの間にか持ってたら指さして笑って下さい。
でもこのサイト、利便性とデザイン製を兼ね備えた商品がいっぱいあって見てるだけで面白いです。
コレとかかなり本気で欲しいかも。シュレッダー買うより絶対経済的だし便利だと思う。

お金の話

英会話中に兄からメールが入っていた。
先週、PCの調子が悪いとメールしたら今日来てくれたようで、「特におかしいところはない。動作が不安定なのはきっと暑さのせい。念のためハードディスクを交換するので1万ほど用意するように」とのこと。
身内が詳しいと便利です。

さて、財布の中身を見るとちょうど諭吉さんが1枚。キャッシュ入れておかなきゃと銀行へ。
これまで生活費が逼迫した経験がないので、そうしょっちゅう残高の変動をチェックしているわけじゃないが、引き出した後の残高が妙に多い気がした。
帰ってネットで口座をチェック。
思った通り、先日公共職業安定所から通知のあった給付金が振り込まれていました。よしよし。
しかしこうなると、振り替えるかどうか悩むところで。

私は1つの銀行に2つの口座を持っている。片方は貯蓄用で多少金利が良い。とはいえ定期預金でもないんで、普通に引き出すこともできるし、まあ普通の口座が2つあるのとそう変わらない。
ので、給与が振り込まれてカードなどの引き落としも行われる普通口座にある程度の金額が貯まると、貯蓄口座に振り替えるようにしている。
本当は引き落とし用の口座を用意して引き落とし額を把握し、それ以上の金額を入れないようにしておくのが一番いいんだろうけどね。さすがに面倒。
何かあったとき、普通口座に入っている一定金額以上の被害が出ないようにってとこですかね。貯蓄口座はロックかかってて、私自身でも簡単に解除はできないんで。

まあ、今回は振り替えるのはやめておきました。だってもうすぐカードの引き落としがあるし。英会話の契約料が引かれるはずだし。
今まで貯蓄は特に意識しなくても、いつの間にか普通口座の残高が増えていって、その度に貯蓄口座に移動って感じでそれなりに貯まっていってくれたんだけど、ここ最近はその残高の増加のスピードが落ちているような気がします。
これはやっぱり、もう一度家計簿を付けるべきかな~。家計簿っつーか、お小遣い帳程度ですが。支出しかチェックしない。
何年か前までは年単位でつけてたこともあったんだけどね、PCでフリーソフト使って。PCソフトは計算する必要がなくて楽だけど、やっぱり旅行とか出先だといちいちメモして後で一度に付けなきゃならなくて、なかなか面倒だったんだよね~。
いつの間にか付けなくなってしまった。
今始めるならやっぱり、がんばる私の家計ダイアリーかねえ。
Calendar
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。