スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しく書きましょう

PCの浸透もあり、手書き文字の重要性は薄れている(?)昨今。
それでもやっぱり文字の基本は手書きなわけで、特に他人に伝達する目的で使用する場合は「誰にでも読める文字で書く」というのは重要だ。汚かろうが変な癖があろうが、とにかく相手に伝わりさえすれば、文字の本懐は遂げられているのだと思う。
日本語で、伝わりにくい(癖が出やすい)文字の最たる物はカタカナだと思う。
よくあるじゃん?
「ナ」と「メ」とか「ク」と「ワ」とか「ク」と「ケ」とか。

今日同僚が、「"ソ"を"ン"に見えないように何度も書き直していたら、だんだんどっちがどっちだかわかんなくなっちゃったよ」と言ってた
作業上、カタカナ1文字だけを書かなきゃいけないことがあるのだ。前後の文脈があるわけじゃないから、文字そのものを正確に伝わるように書かなくちゃならない。
そうなると、普段どれだけ正確に綺麗な字を書いてるかどうかがよく分かるんだよね。後から「なんて書いてあるのか分からない」って指摘される人って、だいたいいつも同じ人だもの。
そういうミスは、指摘するのも防ごうとするのも難しい。
指摘って言ったって「気をつけて書いて下さい」くらいしか言えないし、指摘された方も、それまでずーっとそうやって書いてきた文字だもの、そう簡単に直せるもんじゃないと思うんだよね。せいぜいその作業をするときだけは、見間違えやすい別の文字に見えないよう気をつけて書くくらい?
まあね、手書き文字の見にくさを指摘されたことのない自分からすれば、指摘を受けた文字は「なんでここがトメなんだよ、ハライだろ!?」とか「どーゆー書き方してんだよ、書き順違ってんじゃねえ!?」とか思うような文字ばっかりなんですが。

どうも、ほとんどの場合書き順が違っていることから起こるらしい。文字の読みにくさ。あるいは読み違え。
例えば「ナ」と「メ」の例で言えば、「ナ」は横棒が先で縦が後、「メ」は縦が先で横が後なんだけど。「ナ」の縦棒の下先端がうっすらと横棒に繋がっている跡があったりするんだよ、指摘を受ける文字は。ちげーよ、書き順。
しかし書き順なんてそうそう直せるもんじゃないと思う。ましてや大人になってからじゃ。
文字は図形じゃありません。形さえ合ってればいいってもんじゃない。そして書き順というのは、正しい文字を書くために実は重要な役割を果たしている。その通りに書いていれば、トメやらハライやら飛び出したり出さなかったりを間違えることがないようにできているから。たぶん、カタカナみたいに単純な字ほど、その辺が重要なんだと思う。

ひらがなカタカナって、小学校にあがる前後で習うはず。こんな無駄な恥かく前に、正しく覚えてもらいたいもんです。つか、自分も確認した方がいいかもしれんけど
スポンサーサイト

水疱

1シーズンぶりに正月に買った黒パンプスを履いたら、足指に見事な水ぶくれ発生。イタイ。
うーむ、最近買う靴のサイズが小さくなってるからか、履いてて足先に負担がかかることが多いなあ。でもそんくらいじゃないと踵抜けるのよね。難しいわ。

任天堂の経営方針説明会で、Wiiの新しいチャンネルとして「テレビ番組表チャンネル」が発表されたそうな。2008年3月までにリリースだって。
ほえ~かなり実践的なもの持ってきたねえ。それは便利そう。
「テレビとゲーム機は時間を奪い合うものと見られてきたが、リビングルームに置かれるテレビの友として、面白い番組はないかと電源を入れてみるようなものにしたい(要約)」だそうですよ。

Wiiに現在搭載されているお天気チャンネルやニュースチャンネルは、PCやテレビでも情報だけなら当たり前に見れるものだけど、Wiiでしかできない見せ方の工夫がされていて結構面白いのよね。ニュースの表示と同時に地球儀がまわってどこの地域の話なのか教えてくれたり、世界中の気温と天気を地球儀まわしながら見ることができたり。私の場合、アメリカ行く話なぞも持ち上がっていたものだから、たまにカリフォルニアの天気をチェックしてみたりしたことがあります。そんなに緯度は変わらないんじゃと思ってたけど、すごい寒暖差があって驚いた。

テレビ番組表が、Wiiのチャンネルではどーいう見せ方をしてどーいう機能を持ち、どうやって操作するものなのか、楽しみです。

死にキャラ

またもやOekakiBBS.comの版権お題よりインスパイア。今回のお題は「このキャラが死んで悲しかった…」。要するに死にキャラ祭り。ある意味壮大なるネタバレになりかねないお題だが、やっぱり死にキャラというのは人の心を捉えるらしく、かなりの盛り上がりを見せているようだ。
何人かが「お題を見て真っ先に頭に浮かんだのが○○でした」とか書いてるのを見て、自分だと何だろうなーと考えてみた。

ルドルフ・シュミット。
彼だ。『笑う大天使 オペラ座の怪人』に出てきたテディ・ベア。
ルドルフはすぐに思い出したものの、フルネームがシュミットで良かったっけ?と思ってWikipediaで確認したら、そのあらすじだけでも泣きそうになってしまった。
ポロポロと涙をこぼし、くてりと力を失い、小さく汚れた姿になってしまった彼。ああもう思い出すだけで切ない
『笑う大天使』は本当に泣かされたわ。何度も。まあ川原作品には毎回のように泣かされてるんだけどさ。『美貌の果実』とか『銀のロマンティック』とかさ。あー読みたくなってきた。

死ぬわけじゃないけど毎回泣くっつったら『グラン・ローヴァ物語』だね。デシとダシの話でまず号泣。そしてラストでグラン・ローヴァのじーさんの言葉に泣かされる。
フィクションで泣くのって圧倒的に「死」の場面が多いと思うけど、グラン・ローヴァは「優しさ」」に泣けるんだよね。優しさに触れたいときに読むと、めいっぱい泣いた後で温かい気持ちになれます。素敵な作品だ。

どうも自分はフィクションでは簡単に泣けるらしい。最近だと…『ブレイブ・ストーリー』で泣いたな。ゲームだと『幻想水滸伝5』の主人公両親の最期。どっちもしゃくりあげるくらい泣いた
実生活で泣くことがない分、フィクションで泣くのかしらねー。てゆーか、実生活で泣いたって…いつのことかしら…記憶にない

2ヶ月

前髪がうるさい。耐えられない。

と思うと、だいたい前に髪を切った時から2ヶ月経過している。
美容院に電話して、それをスケジュール帳に書いて、ついでに前に行ったのは…と確認するときっかり2ヶ月目だったりするんだよね。
腹時計ならぬ前髪時計。

髪が長かった頃は前髪も自分で適当に切ったりしてなかなか美容院に行かなかったけど、短めにしてからは自分で切ったことないなあ。
心なしか、髪の調子も良い気がします。
カラーリングはしてるけど、トリートメントはしたことないんよね。でも長年お世話になってる美容師さんからは何も言われないし、別にいいんだろうと勝手に思ってる。

つーわけで、日曜には髪切りに行ってきます。

時の空間把握

朝、駅で会った同僚に、妙な質問をされた。

「例えば来年の春の計画とか、一年間の計画とかを話すとき、どういうイメージを描いてます?」

ええ?と思っていると、彼女の場合、一年は円でイメージしていて、春が左上の方にあり、冬が下の方。季節は時計回りで経過しているが、大晦日はその円からちょっと外れている、のだと説明してくれた。
えー?そんなイメージなんてあるの?と思ったのが正直なところ。
私の場合、例えば来年旅行に行こうとか考えてたって、そこに図案化されたイメージなどない。「来年」というのは言葉でしかない。
ただ彼女はそういうイメージを持っていて、それが人によってかなり異なることに気がつき、以前興味を持って色んな人に尋ねたことがあるそうな。で、昨夜たまたままたその話題になったので、再びサンプルを集めるべく質問してきたと。

うーん…と考えて、強いて時間を図形化することがあるとすれば、やっぱり仕事上の多少長いスパンで考えなきゃならない時くらいかな、と思った。でもそのイメージは例えば定規のようなもの。仕事の話だと、年度ごとなので4月始まり3月終わりの定規になるけど、プライベートな事だと1月区切りになったりするかもしれない。
そんな風に答えておきました。

夕方、彼女のデスクの近くを通りかかったら、様々な図形と「○月」とか「夏」とか書かれたメモが置いてありました。サンプル収集の成果
帯だったり色が付いていたりなかなか面白かった。波線で描かれていて、大きな山の部分に「F1GP」、小さな山に「M1」と書かれたメモにウケた(笑)

カラスとサギ

こないだFEだったのに引き続き、今はバテン・カイトス祭りな本家版権お題。
やっぱり自分が好きな作品がお題になってると嬉しいねえ
色んな絵を見ながら、こんなキャラがいたなーとかそんなセリフあったなーとか思い出すのが楽しいです。

1のパーティキャラ「リュード」の名セリフ「最高の自分を見せて下さい!」に吹いたリュードって性格は真面目なのにセリフとか戦闘の技とかすっごい面白かったよなー、そういえば。
ちなみに上のセリフは戦闘中に言う。
バテン・カイトスの世界では、武器も防具もアイテムもすべて「マグナス」と呼ばれるカードに封じられていて、戦闘ではデッキに組んだマグナスから次々と武器やらアイテムやらを選択していって行動するんだけど(トランプゲームの「スピード」に近いかな)、中に「カメラ」ってアイテムがあるんだよね。
それを選択すると、文字通り撮影するのよ、戦闘中の相手だったり味方だったりを。上手く撮れるとお金になったりもするのよ。中には超レア写真とかもあって、結構収集するのが楽しかったり。
で、リュードにカメラを使わせると、件の「最高の自分を見せて下さい!」って叫びながら撮影すんのね。初めて聴いたときは爆笑したよ。

あーなまじ2はクリアしてないし、1も1周しかしてないのでやりたくなってくるよ。まあ2はいつかクリアしなきゃだけどね。
あの下方向への移動の不具合、今FE蒼炎やっててGCコントローラに問題ないみたいだから、ソフトがおかしいのかなあ…それだともっとヤだな。まあ、移動できないわけじゃないんだけどね…

1と2それぞれの主人公のカラスとサギが、「バテン・カイトスはWiiでもできるよ!」って宣伝してる絵は微笑ましかった。そーよね、せっかくWiiは売れてるんだから、GCソフトも色々とやって欲しいわよね。コントローラとメモカはいるけど。
全然関係ないが、FE蒼炎と暁やったばかりの状態でカラスとかサギとか言ってると、ネサラやリュシオンが思い浮かんできてしまう…

恩師

FE蒼炎2周目、相変わらずちまちま続けてようやく23章に入るところ。
18章から始まったデインへの反撃が、デイン王都ネヴァサの陥落で一段落して、いよいよこれからクリミアへ!ってとこですね。
しかし前も思ったけど、なんでクリミア軍はデインへ向けて進攻したのかねえ?デインを滅ぼすのではなく、クリミア再興が目的なんだから、まずクリミアへ向かうのが筋なのでは?蒼炎1周目やってた頃は、ベグニオンからクリミアって陸路で繋がってないのかと思ってたけど、暁でバルテロメ様があっさり陸路侵略してたよねえ、ベグニオンからクリミアに。ネヴァサにいる(と思ってた)デイン国王アシュナードが目的だった…としても、国王を倒すってそれ、国を滅ぼすのとほとんんど同義じゃないか?デインの王族って流行病でアシュナード以外死んだって知ってるわけだし。クリミアにいるデイン軍を追い払うだけじゃ戦争は終わらないからって事なのかなー。あと、数で劣るクリミア軍には、クリミア各地に広がっているデイン軍をそれぞれ撃破していくのは難しいし時間がかかるから、とにかく真っ直ぐ頭目を目指すしか戦法がなかったとか。…それが一番考えられる理由かな。でもゲーム中で説明してくれてもいいような。

20章「ダルレカの攻防」。ジルのお父さんであるシハラム将軍が守るダルレカ。
戦い前のシハラムとハールのやりとりが泣ける。自分が死んだら、部下達を頼むと戦線から外されるハール。それを黙って引き受け「お世話になりました!」と去っていくハール。ハールってさー、暁でも死ぬときにシハラムの事呼ぶよね。本当に敬愛していたんだね…。
ジルが可哀想なのでここはやはり参戦させず。しかし戦い終わって一人泣くジルがもう哀しくて哀しくて。「言い訳はしない。あんたはオレを恨んでいい。でも、オレはあんたがこのままこの軍で戦ってくれたらと思う」ってのが、やっぱアイクだなーって思う。
敗残兵をまとめるハールのところで、ハールと同様シハラムに着いてベグニオンの聖竜騎士団からデインへ亡命した兵士が「我々のデインでの18年間はなんだったんでしょうね…」と呟くのに対し「言うな。それでも、俺にとってあの人の部下だったことは誇りだ。」「私も…私も…」というやりとりが、やっぱりとても切なかった。

21章「王なき王都」。
いい加減CCさせよう!と拠点上げでミストをワルキューレに。杖持ち徒歩だったのが、いきなり杖の他に剣まで持ってさらに騎馬だもんね。ミストのCC変化はすごすぎる(笑)そしてやっぱりグレイルの娘でアイクの妹。剣さえ持てば、どんどん強くなる。最初は力がないのでトドメ役でなんとか経験値稼ぎさせるけど、何しろ敵の攻撃を避けまくるので、防御低くてもあんま心配しなくてOKなのが良い。
敵将イナ。竜鱗族で、暁では4部からクルトナーガとともに参戦してくる彼女。蒼炎ではなんで彼女がデイン軍にいるのか本当に謎だったよなー。「あの方」って誰?まさかアシュナード?ええ~?ってずっと思ってたもん。最後の最後でやっと分かったよな、その理由。

22章「一人、歌う」。
前章最後でイナを逃がす為にナーシルがアイクを攻撃。それ以前から、軍の情報がデイン側に流れているという事実があった為、ナーシルがスパイだとして拘束。信じられないアイクがナーシルを問いつめるも、何も語らず。最後に一言「パルメニー神殿を調べてくれ」とだけ呟いた為、傭兵団のごく少数のみ連れてデインのパルメニー神殿へ。
立て籠もったデイン側傭兵が神殿の司祭達を盾にしているこのステージ。盾にされてる司祭達を一人も殺さずにクリアすれば「女神の杖」がもらえる。1周目は苦労したなあ…
今回は、もう全員CCしてるし遠慮なく行こーってことで、部隊3分割して進軍。左右は4人ずつくらい、中央ボスへ向かっては、アイクとミストの兄妹だけで(笑)兄妹の進軍が早くて左右の宝回収部隊を追いつかせるのが大変だった。フォルカに敵司祭からリブローの杖盗んでもらいたかったからさ。
戦い終わって、神殿の一室でリュシオン王子の姉リーリアの遺した壁のメモから、やっとデイン(アシュナード)の真の目的、メダリオンの秘密、アイクら家族とデインの因縁が明らかに。

戦いに、新たな目的が加わったところで、いよいよクリミアです。
てゆーかライーーやっと会えるね!23章からいよいよライ参戦

だぶるおー

昨日、英会話から帰ってきたら私の部屋で兄が大の字になって寝てた。
なんじゃい、と思ったら、先月修理できなかったPCにリベンジしに来てたらしい。更にパーツを買い足して挑戦してみたものの、やっぱりうまくいかず不貞寝してたところだったらしく。マザーボードは数ヶ月前まで兄が自分で使ってたものだし、兄の家のPCで試してみてマザーボードの異常ではないなら、私のPCの電源の問題だろうとのこと。とにかく今日はもうできることがない、とのお話でございました。
…あんまり色々買い足して修理費用増やさないでくれよ。あと帰ってきたんだからちょっと出て行くとか気遣いできんのか、兄よ。仕方ないから隣室で着替えたけど。

その後何をするでもなくぼーっとTV見てたら、なんかアニメが始まった。
あーこれってもしかして?と思ったら、ガンダムの新シリーズ『機動戦士ガンダム00(ダブルオー)』だった。なんとなくそのまま2人で見続け。
ナレーションがアムロ声だという情報を私は知っていたけど、兄がやっぱり「アムロの声じゃん」と言ってた。やっぱり初代ガンダム世代。前に私がSEED Destiny見てた時も、後ろを通りがかりにデュランダル議長の声を聴いて「シャアじゃん」と言った人。その時私は全然気付いていなくて「あ、ホントだ!」とビックリしたもんだった。その指摘に続いて「この人、敵?」と聞いてきたのは、当時まだ全然序盤でデュランダル議長も一応味方ヅラしてたから、鋭い指摘だったかもしれない
半分ちょいくらい見てたら夕飯に呼ばれたので中座したけど、兄評価は「絵に癖がなくていいんじゃない?」とのことだった。…そういえば昔からこだわりポイントだったかも、それ。FEを最初に買ってきたのは兄だけど(『紋章の謎』ね)、そのときも「キャラものっぽいけど絵に癖がないからいいかと思って」とか言ってた気がする。実際には、キャラものといえばキャラものだったけど、そんなこと吹き飛ばすくらい手強いSRPGだったわけですが。まあ、いいソフトと出会わせてくれたので感謝です。

ちなみに『00』の私見は。
裏がありそうな知性派松本保典声がいた…!ということに大注目だったり。三つ子の魂百までなのかどうかわかりませんが、普段はあんま声優とか注目してなくても、最初に惚れた声には反応せずにはいられないようです。
ほんの一瞬の登場だったけど、あとからYouTubeで見た1話でもやっぱりチラリと登場してたので、今後重要人物になってきそうな気配ありあり、と踏んでるんですが。見続けなきゃダメかな、こりゃ。

text

久しぶりに英会話ネタ。
ここに書くのは久しぶりだけど、ちゃんと通ってますよ毎週。用事がなければ。

前回のレッスンで「基本レベル」であるLv1~4までがついに終了。今日からは発展レベルです。とはいえ、全体の中ではまだ「中級」レベルですけど。
ここからはSocialとBusinessのどちらにするか選ぶことになる。
なので最初は講師からそれぞれで使うテキストを見せられたり特色を教えてもらったり。もちろん英語でだけど。
つか今日の講師、初対面のBill。from Hawaii。珍しく、とても「おっちゃん」な感じの陽気な人だった。割と自分とどっこいどっこいか年下?って感じの講師が多いんだけどね。時々ロマンスグレー。その真ん中くらい?のBillはちょっと珍しかったです。
が、喋るの早い…早いよ~聞き取るのに懸命でした。

前回のレベルチェックに時の講師(この時はロマンスグレー)にも言われたけど、Lv5はBusinessがオススメ、Lv6はSocialがオススメだと言われた。
Lv5BusinessはE-mailの書き方等、ビジネスと言ってもかなり基礎的で実践的なので役に立つ、一方のLv5SocialはPronunciationなので「very boring」だと。しかしLv6BusinessはNegotiationになるので今度は「difficult」で、Lv6Socialならごく一般的な話題を取り上げるので「interesting」だと。
どっちの講師にもそう言われたのだけれど。
テキストはLv5と6セットでしか売ってくれないのね
もちろんBusiness選んだらそれの5と6、Socialならそれの5と6。……罠か?
結局今回はテキストを買うの保留して、どっちもCapter1、2までは同じらしいので、そのコピーをもらいまいした。予習復習用に。Homeworkも出てるしね。

2つセットだと4万近くするテキスト、ほいほいと買える額じゃありません。
でもまあ…残りレッスン数からしてLv6まで行くのは無理かなーって気もするし、Businessにしとくのが妥当かなあ

関係者以外立入禁止

学生時代、将来は美術館とか博物館とかの職員になりたいという友達がいた。
その理由が「"関係者以外立入禁止"って書かれてる看板をすり抜けられる快感を味わいたい」というものだった。
確かに、外部の人を常に受け入れるような場所には、外部の人を迎える為の表向きの場所と、その場所の準備なり運営なりの為の裏方がいる場所とに分かれている。その表と裏の境目の、表側に置かれるのがいわゆる「関係者以外立入禁止」って奴だ。

うちの職場にもある。
そして毎日のようにその看板をまたいでいる。
特に「外部の人」に見られている時にその看板をまたいだりすると、なんとなーく優越感というか「私はいいんだもーん」というかそんな気持ちが湧かないでもない。
というよりも、「自分はこの扉の向こうの世界を知っている」という優越感かもしれない。
例えば私の場合、それこそ美術館とかで「関係者以外立入禁止」の場所を見つけると、だいたい扉があって向こう側が見えないので、「この向こうはどうなってるんだろうなあ」って気になっちゃったりする。そしてそう思ってる時にそこを通り抜ける人を見かけると、やっぱりなんとなく「いいなあ」って思ったりする。
特に歴史的建築物だったりすると、その構造を全部知りたくなりません?「関係者以外立入禁止」、気になるんだよねえ。

だからなんだということはなく。
毎日「関係者以外立入禁止」の看板をすり抜けながら、そんなこと言ってた友達がいたなあって思い出したというだけのお話。
彼女はその後、今の私と同業者になっていました。
美術館、博物館ではないけど、夢はかなえたね。

!!!

Yahoo!ニュースのトップに「スレイヤーズは命」なんて言葉が並んでいるのを見た22時24分。

つまらんがイヤな事

つまらん事でむかっ腹きてるので、情けない気分になりたくなければ読まない方がいいですよ。ま、トイレの話なんですが。

以前から、職場のトイレに入った時にトイレットペーパーがホルダーに入ってなくてちょっと「ムッ」とすることがよくあった。
ペーパーの予備は、個室ごとに常に4個くらい手に届く所に置かれているので、なくなればそれを使えばいい。実際、ホルダーに入れないまま既に使われていることもよくある。その度に、ちゃんとホルダーに入れればいいのにーと思いつつ自分で交換してました。
が、今日はちょっとムカつき度が違った。
個室に入ったら、ホルダーのフタ(カッターになる部分)が全開されてたのだ。2つある両方とも。片方はもう完全になくて、もう片方もあと少し。その状態で、わざわざフタを降ろさず全開。

替えてくれってか!!

何?その次には必ずお掃除の人が来てくれるとか思ってるわけ?次だってただのトイレ利用者の可能性が高いと思うけど?それとも次の利用者の為に「紙ないよー」ってわかりやすいように?いやいや、予備がなくなってるところ見たことないし紙がないなんてことはありえない。
やっぱり次の人に替えろと言ってるとしか思えない。

あームカついた。ま、誰だかわかんないし仕方ないから替えたけどね、両方とも。
百歩譲って交換の仕方が分からないとしよう。交換方法の説明書きがあるわけじゃないしね。でも紙が交換されているのは知っているわけだし、普通そんなに複雑な構造なはずないし、ちょっといじれば分かるもんじゃないか?私だって最初は分からなかったけど「替えなきゃ」と思ってガチャガチャいじってたらあっさり分かったけどな。
たとえ分からなかったとして、私なら質問する。だって紙がないの分かっててそのままにしとくなんて、公共マナーに反するもの。つーかマナー云々前に、自分が次の人の立場だったら嫌な気持ちにならないか?その程度の想像もできないか?
こんなこと、指摘する事すら嫌なんだけどね。レベルが低すぎて

ムンク展

つーわけで、国立西洋美術館にて開催中のムンク展に行って参りました。昨夜C姉が「見に行こうと思ってる」とゆーのに便乗した形です。
飲んで帰って遅かったにも関わらず、朝9時半待ち合わせ。展覧会などは朝から行かないと「日和見しそうだから」とゆー意見が一致した結果ですねむかったなー朝。

しかし上野に到着してみれば、もうわんさか人がいました。さすが美術館・博物館の宝庫。いや上野動物園かも。
お互い、目の前を何度も通過したことはあったけれど入館するのは初めてでした、国立西洋美術館。前庭にロダンの彫刻の複製が幾つも置かれているのが目を引く建物ですね。
ロダン作『地獄の門』ロダンの代表作『地獄の門』は特に圧倒的で目を引きますが、C姉が「やちの家の玄関?」とか失礼な事おっしゃってくださいました。その後も「実は引き戸なんだよ」とか色々言ってましたね。

エドヴァルド・ムンク。あまりにも有名な『叫び』は今回の展覧会にはなく、彼の「装飾画家」としての一面を取り上げるという構成でした。室内などの空間を飾る為の絵というのをたくさん構想し、残していらっしゃるそうですよ。知らなかったけど。
以前はノーベル賞の授賞式会場であったというオスロ大学講堂の壁画もその一つで、正面の今まさに海から昇ろうとする光り輝く『太陽』や、大樹とフィヨルドを背景に子供に民族の歴史を語り継ぐ老人の姿を描いた『歴史』、慈愛深い表情で幼子等を見守る『アルマ・マーテル(教育の母)』など、『叫び』からは思いもよらないような、暖かな色彩溢れる絵を見ることができて驚きました。
一方で、愛の苦悩やら業を描いたような重い絵、死を見つめるどこか狂気じみた絵などもありますが。不思議な感じがしちゃいますねー。こうも違うタイプの絵を見せられると。
とりあえず、彼の苦悩は主にやたらと恋愛関係で修羅ってたのが主要因ぽいので「自業自得だね」ということでまとまりました(笑)まあ、芸術には必要なものなのでしょう。じゃなきゃこんなに情熱的になれないよ。
チョコレート工場の社員食堂の為に描いた絵っつーのも良かったですね。展示されているのはその習作とか構想スケッチだけど、今も社員食堂として使われているその部屋を置かれていたPCで見ることができました。贅沢な食堂だ。しかし、当時男性用と女性用に分かれていた食堂の両方を依頼されていて、女性用しか完成させてないという話に、またも「この女好きめ」という感想を抱いたり
未完に終わった、オスロ市庁舎を飾る為の労働者をテーマにした連作の絵に、私もC姉も惚れ込みました。『雪の中の男たち』だったかな?スコップやらを担いでこちらに向かって歩いてくる何人かの労働者達の絵なんですが…カッコイイかーっ!この白い背景(雪)に黒く浮かぶ無骨な手足とかゴツい靴やら何やらがたまんないねっ!!色調も渋いし!!なんだよ、男もかっこよく描けるじゃーん(何様だオマエ)
しかし私の今回の一枚は『マドンナ』。妖しげな魅力がたまりません…なんだか目が離せなくなるんだよねーあと左下の「宇宙人」(笑)
つーわけで、お土産にはこの『マドンナ』が描かれたドロップ缶を。飴なんて全然食べないくせに…助力を頼んで消費してもらって、缶だけ保存しよう。あとはポストカードで気に入った絵を。加えてチケットファイルという、チケットの半券をファイルできる奴を。旅行の時とか何かの施設に入るたびにチケットの半券が溜まるので、その整理にいいかなーと。

観覧後は美術館併設レストランでランチ。窓から臨む中庭の緑がとても美しいレストランでしたその後は腹ごなしもかねて上野公園を散策。
つーか、お互い不忍池を知らないなーということでそっちまで足を延ばしたんですが…こんなに蓮に占拠された池だとは知らなかったかなりびっくりした。花の時期はきっとすごいんでしょうけどね。花がないと…どっちかっつーとホラーな眺めでした。
上野の顔・西郷さんの銅像も見て、ついでに彰義隊の墓も参って(ちょっと新撰組関連)、いまだ13時すぎくらいでしたがお別れとなりました。
その日はもう終わった気分だったよ…ちゃんと行ったけどね、英会話。
早く着いたんで教室に入ってぼーっとしてたら、ちとウツラウツラしちゃいました

ピガール(3度目)

週末が近付くにつれて「もう一度ピガールに行きたい」という思いが強くなり、C姉にお付き合いいただいて再訪してきました。
そもそもこの店はC姉と2人で偶然に見つけたお店。今回の再訪で2人揃って3度目のお邪魔となったのでした。つまり、お互いに一度別の人を連れて来ている

「最初からなら、たぶんボトルでいけるよ」との私の意見により、ボトルで注文。「なんとなくシシリーに惹かれる」ということでシチリア産の白。
2人だけ、C姉はムール貝必須という条件により、前菜を複数種類、メインにピザ一枚とすることに。
鴨のスモーク、カプレーゼ、ムール貝と食した後で、ピザの定番マリナーラを食す。ワインが余っていたのでつまみが欲しいねということでチーズ盛り合わせを追加。この店では初めて頼んだけど、注文するチーズの種類に応じて値段が変わるシステムだった。
チーズとワインってどうしてこんなに幸せの味がするんだろ~ムール貝も、スープがなんでこんなに旨いのか
やっぱりこの店は好きだ

隣にスペインバルがあるのは元々知ってたけど(そして行ったことあるけど)、さらに隣がドイツ料理だというのを今回初めて発見した。国際色豊かな3軒だな。

話題は色々でしたが。
話の流れで明日は午前中に美術展へ行くことになりました。

2008年カレンダー

20071013222654ここ数年、自室で使っているWachiFieldの2008年カレンダーだけを買うつもりだった。先週行った銀座のモザイク阪急で。
のに。
気がついたらこんなTシャツまで

これ、先週Y子ベビー出産祝いを買いに来たときに見かけて以来気になっていたプリント柄なんだよねー。何より、このパンダカラーに一目で心奪われてしまい……
キャラクターものということもあるけれど、WachiFieldのものは基本的に結構なお値段がします。まあ本物の皮革製品を多く取り扱っていることもあるんでしょうが。
このTシャツだって、長袖Tシャツだってことを差し引いても、たぶん聞いたらびっくりするくらいの値段ですよ。
悩んだんだけどねー……結局、買わないと後悔しそうだと思って買いました。それくらい惚れてしまったのです。
お値段なりの品質を心がけているのか、製品は総じて非常にものがイイと感じています。プリントTシャツは何枚か持ってるけど(部屋着orパジャマ用)、首あたりとかが折り目に沿って裂けてきてしまったTシャツ、それくらい何度も洗って着ているのに、細かなプリントがまったく剥落してないんだよね。ちょっと感動。おかげでまだ捨てられないだって着心地いいんだもーん。

ちなみに。この後階下NOLLEY'Sでネックレスも衝動買いした

Nカンファレンス

昨日の任天堂カンファレンス2007じゃ、DSやらWiiやらに関するいろーんな情報がいっぱい出回ったわけだが。なんだかありすぎてどれに注目したらいいものやらよくわからんかった
引き続き今日もまとめを更新してくれている有難いゲームニュースサイトのおかげでやっと分かってきた感じ。

でも、それよりなにより。
テイルズオブシンフォニア-ラタトスクの騎士
の新しい動画が公式サイトに出たぜ!ってゆーのに何より反応してみたり(笑)
テイルズチャンネルのトップページでは「最後には、嬉しいオドロキが…。」とか思わせぶりに書いてあったけど、まあ彼は出てきて当然でしょう。しかしなんて分かりやすい後ろ姿だ(笑)少しは頭身上がったか?それは最初のシンフォニアの頭身が低かったせいもあるだろうけど。
背景にはイセリアだのオサ山道だのが出てきたなあ。気になったのは、おそらくシルヴァラントベースと思われる建物があったところ。2年後は、あそこに誰がいるのやら。

モンハン3がPS3での開発をやめてWiiに来たってのは大きなニュースになったね。Yahoo!のトップにも出たしね。どうかねえ…そりゃPS3よりWiiのが3倍売れてるらしいけど、ユーザー層が合うかどうか…モンハンが好きな人は、それこそモンハンさえ出ればPS3買うだろうと思うけどね。私はPSP版をやろうかどうしようかなあと思っていた人なので、評判良さそうなら(主に操作系)やるかもしれません。

Wii Fit
の公式サイトもできたね。12月1日かー。間違いなくクリスマス商戦の目玉の一つなんだろうな。しかも子供向けじゃなく大人向けの(笑)Wiiスポーツに続く全年齢層向け大ヒットソフトになるかどうか注目だな。自分はどうしよう…てゆーか結局Wiiスポーツも買ってないんだけど

Wiiウェアとゆー新作ソフトを有償でDLするWiiの新しいチャンネル。まさかいきなりFFCCシリーズが出るとは思わなかったわ。しかも面白そうだし、小さな王様と約束の国FFCC。国造りシミュレーションとRPGの掛け合わせ?RPGのパーティーを、いわばスポンサーの立場で操作していくってなかなか新しいかも。

RPGといえば、世界樹の迷宮2が発売決定だそうで。絶対出るだろうなーと思ってたけど、思ったより早かったな。何せシステム面の改善の余地がありまくりだったからな。きっとやりたいこと全部はやりきってなかったソフトなんでしょう。出るなら出るで嬉しい限り。てゆーか自分、1の方をいいかげん再開しろよって事だな。さすがにクリアしていないゲームの2を買う勇気はない。

話がDSに移ったのでDS続きで。
テイルズオブイノセンス
も、公式サイトのムービー見る限り今度こそ本気入っているっぽいからそれなりに気になってきたよ。ムービーの曲がテーマ曲なのかわからないけど、カッコイイね。絵柄のせいもあるかもしれないが、なんだかエターニアを思い出した。

ファイアーエムブレム暗黒流と光の剣(=FEシリーズ初代)がDSでリメイクってのはマジなのかなあ。任天堂がリメイク出すって初めてなんじゃないだろうか。確か方針としてリメイクしないってずっと言ってた気がするし。シーダ姫はともかく、少年ぽさより男っけの増したマルス王子の顔にはちょっとびっくりした(笑)

ところで。
ひっそりとDS文学全集が気になってたりするんだけどいやあ、結構読んでなかったりするもんだからさ、往年の名作。だって100冊よ?それが2800円よ?しかもDSソフト1枚分の大きさしか物理的な容量がないわけよ?素晴らしい出版業界の危機ちょっと操作性を試してみたいけどねー。こんな地味なソフト、いくら任天堂だからって店頭デモプレイをしているところがあるとは思えない

イラッとくるとき

職場では一応責任ある立場なので、よく質問をされる。

「これ、表には50枚って書いてあるんですけど、中は30枚くらいしかないんですけど」と、担当するチームの1人が質問してきた。
今扱っている資料には、ずっと昔に整理した時に付けた整理番号が付いていて、原則、現物とその番号の数は合っていなければならない。というか、過去に何度も確認作業を経ている物なので「合っていない」というのは大問題だ。1、2枚じゃなく何十枚ともなれば尚更。

その資料はちょっと変わった形をしていた。アルバムのようなものなのだが、普通の本の形じゃなく全体が蛇腹状で、完全に広げると横に長ーい1枚になる。専門的には折本(おりほん)とか折帖(おりじょう)と呼ぶのだが。

「中に付いている番号はちゃんと連番になってるの?」
番号が飛んでたら、どっか別のとこに行っている可能性があるし。
「なってます。30番くらいまでしかありません。」
「…てゆーか、裏にあるとかゆーバカな話じゃないよね…?」
と言いながら、ペロリとめくってみたら……

あったよ

単に両面にあるってだけだったよ。たぶんその子は資料を広げる時、普通の本みたいに前から順番にめくっていって、折本だって分かっていながら裏をまったく確認しなかったんでしょう。で、「ない」と早とちりして質問しに来たと。
折本を初めて見たんだったらそれでもいいよ。でも絶対そんなの何度も見てるはず。しかも「番号は合っていなければならない」という前提も知っているはず。
それなのになんでそんなに簡単に「自分の目」を信じてしまえるのかね?私だったら絶対疑って「どっか見落としがあるはず」ともう1回最初から目を皿のようにしてチェックするけどね。
しかも、実はその前にもその資料について質問を受けていて、「それだけじゃ分からないから先に一通りチェックしてきて」と返してた奴なんだよね。
質問するってことは誰かに判断を仰ぐってことじゃない?判断材料になりそうな事は、質問する側の礼儀として下調べしてあって当然のはずだけど、その材料に関する質問を逆に返したら、まったく答えられなかったんだよね。だからそう返したわけなんだけど。まあ、それ自体はよくあることだ。
嫌なのは、その時その子は全体を見たはずなんだよ。調査結果を持ってもう一度質問に来てたからね。
…その時も、気付かなかったんだ?てゆーか、その時の調査はいわば「半分だけ」だったってこと?

1回しか見てなくて早とちりなら「必ずもう1回チェックして」とか言えるけど、2回見て気付かないってのは、もはや注意力の問題だと思う。注意力が問題の場合、例え3回見たとしても気が付けるかどうかは怪しい。そんな浅い注意力で何回見たってたぶん変わらないから。そして時間の無駄。
「いつも"よく見て"って言ってるよね?気を付けて下さい」
と言いつつも、たぶんまた繰り返すんだろうなあと思う心の内があったりして。

FEお題

本家版権お題のFE祭りも今日で終わりですねー。自分はもちろんROM専ですが、前回お題の時以上の流れの速さ、またコメントの多さに、「みんな本当にFEが好きなんだなあ」と一ファンとしてとても嬉しくなりました。
と同時に、いつものことながら未プレイゲームに手を出したくなる…

FE歴は実は大したことなかったりする。だって紋章と蒼炎と暁だけだもん。ちなみに暁でシリーズ10作目、らしい。SFC「紋章の謎」には、初代FC版「暗黒竜と光の剣」のリメイクが「第一部」として入っているから、ストーリーだけなら初代も知っていることになるのかな?
紋章か~…あのリセットの嵐、よくクリアしたよな~……カミュに2回ほど、彼以外全滅させた状態で返り討ちに合ったのを覚えているよ。私、コントローラとかにあたったことはただの一度もないけれど、あの時ばかりはその気持ちがよくわかったよ(笑)
GBA3部作「封印の剣」「烈火の剣」「聖魔の光石」もやってない。何故って据え置き機じゃないとやる気おきなかったから。というよりGBAの液晶での長時間プレイが考えるだけで辛かったから。GBA、旧型もSPも持ってたけど、はっきり言って「どうぶつの森」の為だけに持ってたようなもんだ。あ、「逆転裁判」もやったか。そんなもん。DS Liteでよーやっと満足いく明るさの液晶になってくれたので、今がチャンスだなあとは思っている。GBA版って易しいらしいし。
あとはやはり「聖戦の系譜」か。本当~に根強い人気だよな~。Wikipediaでも「シリーズ中傑作と言われる」とか書かれてたし。たぶん、紋章がすごく大変だったのと、その頃ゲームから離れてたのもあってやってないんだよな、自分は。今から考えるともったいないことをした。今ならWiiのバーチャルコンソールでDLできるんだよね。
どれもこれも、あとはタイミングの問題のような気がする

とはいえ、現在は蒼炎2周目プレイ中なわけで。ここんとこ、週末ごとに外出してたから全然進んでないけどな。やっと20章に入るとこか。
18章シノンの再加入条件、「ヨファで話しかけた後、アイクで倒す」ってお前どんだけ我が儘やねん!と言いたくなる。しかも7章で抜けたまんまのパラメータでのこのこ戻ってきやがってヨファより弱いってどないやねん!それでも師匠か!!と。まーヨファも正直微妙だけど。これでも1周目よりはよく育ってるけど、あまり弓兵の利便性を感じないんだよね。特に兄貴達が弓持ち始めるとね。
19章、敵側にいるネサラからナイトリングをもらいたい19章。その為にはネサラの兵であるカラス達を殺してはいけないのだが。凡ミス連発。2周目で初めて2回以上リセットしたかも。
1回目は様子見も兼ねてヤナフをネサラの攻撃範囲に待機させたら"攻撃されて"死亡→リセット(攻撃されないと思ってた…)。2回目はシューターの攻撃範囲に誤ってリュシオンを入れてしまった→もちろん即死でリセット。3回目はツイハークの装備を変えるだけのつもりが操作ミスで隣にいたカラスを攻撃、よりにもよってキルソードで→カラス死亡、リセット。
さすがに一旦電源切ったわ。その日のうちに再開してクリアしたけど。

前回より後、ヨファとイレースがそれぞれ「スナイパー」と「賢者」に。イレースは1周目育てなかったのでCC姿を見たのは初めてだったけど…ミニスカ&おさげからロングの深スリット&アップに変わって、あまりのお色気変化ぶりにびっくりした。戦闘アニメーション切ってたけど、思わずイレースだけ復活させてみたりあ、アイクはいつもアニメONだけどね。奥義天空の発動が見たいから(笑)
CCはその見た目の変化ぶりも楽しいよね~そろそろミストをCCさせたいな。

夕焼け

20071008172649夕方ゲームしてたら急に部屋の中が赤く染まった。西日は直接射し込まない部屋なので、そんなことは珍しい。
「なんだなんだ?」と思って窓の外を見たら、雲と夕陽が朱金に輝く素晴らしい空景を見ることができました。
おおー眼福

写真撮ってみたけど、やっぱ全然伝わらないなあ。こんな暗くなかったし、雲に光があたる部分はもっとオレンジ色に輝いていて、それがずっと広がっていて素晴らしかった。
ちなみに、中央右寄り下、屋根の端がひっかかりつつチラリと見えている台形シルエットは富士山今の部屋からだと富士山のてっぺんの部分にちょうど屋根がひっかかるのよね~隣の部屋だとちゃんと見えるけど。

試行錯誤しながら写真を撮りおわった頃には、朱金の光は既に藍の色に染まりつつあり、部屋の中も薄暗くなってきてたのでした。
5分も経ってないと思うんだけどね。本当に一瞬の、美しい世界でした…

初対面

とゆーわけでY子'sベビーに会いに行ってきました
ちなみにEちゃんとRさんは前日から我が家にお泊まりして一緒に行きました。うちからだとY子さんち近いのでね。最寄り駅でさらにCぴりんも合流して一路Y子宅へ。

到着時はちょうど授乳中で、真っ赤な顔でまさに「赤ちゃん」な様子での対面となりました。
おー、Y子がママやってるよー。見た目変わんないけどね。あれほど大きかったお腹もすっかり引っ込んだ様子で。
お乳を飲んだ後はしばらくむずかったり泣いたりしてたけど、後半はすっかりおやすみでしたね。眺めていると微笑ましくてちょっといじったり色々してるとだんだん眠く…Y子も言ってたけど、ベビーからマイナスイオンが発されているような気がしましたね。見ていて飽きないねー。
出産祝い、もこもこロンパースをはじめ、子鹿柄ベビー服も喜んでくれたようで。「ツボを心得てるね」との最高の賛辞をいただけました

Cぴりんのリクエストにより、5月の結婚式の模様を撮影したDVDを見たり。Wiiの写真チャンネルで生まれた直後からの写真を見せてもらったり。写真は、順番に抱っこさせてもらったときも撮られてたので、最後に自分たちの写真まで見る羽目になりましたが

生まれたばかりの赤ちゃん、いいなー可愛いなー結婚とかどうでもいいけど、赤ちゃんはいいなあと思ったりしてました(笑)
健やかなる成長を心よりお祈りします

出産祝い

明日はY子の赤ちゃん見に行くぞー!!というわけで、出産祝いを買いに。
英会話の終わった夕刻、有楽町でEちゃんとRさんと合流、モザイク銀座阪急へ。
入ったら、WachiFieldのイベントやってた知らなかったけど、結構大きな支店が入っている模様でわーいとやってしまったら目的を見失ってしまうので、ほどほどにして目的のお店へ。
事前調査により決めていたのはLove&Peace&MoneyRibbon hakka kids。Ribbon…はポップで可愛らしいモチーフの多い賑やかな色彩のお店、Love&…は落ち着いた色調のカントリー系な感じ。
Love&…で見つけた羊の毛みたいにもこもこのベージュのロンパースに3人同時に一目惚れし、まずはそれをメインに一揃い。
Ribbon…ではカーキ色の耳つき帽子に一目惚れし、それに合わせて子鹿の刺繍のあるシリーズからカーキのものを選んでやっぱり一揃い。あとハチのおもちゃ。
どちらの店も、オマケをつけてくれたり可愛らしくラッピングしてくれたりして嬉しいですね。店内にいる赤ちゃん達も可愛かったです。

終わった後は、いつぞやのピガールが近くだったのでそこでお食事。
うーん、やっぱこの店いいわ店員さんの対応が気持ちいいし、料理もデザートも美味しいし地下で見つけられにくいのか、あまり混雑していないのもいいところ(笑)実際、今回も入ったとき私らが最初の客でした。徐々にお客さんは入ってくるけれど、全体に落ち着いた雰囲気でゆっくり食事とお酒を楽しめるところがいいね帰り際に会計しながらそんな風に店員さんに話したら、満面の笑顔で「ぜひ、またいらしてください!」と言ってくれました。行くよ~
本日のヒットは、レモンの皮から作られているという店オリジナルの食後酒アルコール度はすごく高いけど、レモンの爽やかさがいい感じのお酒でした

流血

風呂で小指を切った。
数日前にも怪我した同じところで、治りかけたかさぶたと一緒にそれより少し大きく削ってしまった模様。
風呂場だしシャワーしてるし血が止まるわけがない。
うーん…としばらく考えた後、「ま、この程度の失血で死にやしねえ」と放置。お湯で常に洗い流していればバイ菌も入らないだろうし、と。
でも、気がつけば手が血だらけだったりあたりに飛び散ってたりタオルに血がついてたり、とっても面倒だった。
先ほどやっと絆創膏を貼りましたが、絆創膏の表面に血が浮き出てきてますね。漏れてはいないけど。
これから疼いてくるんだろうなー。流血の基本。
とりあえず、明日は会社にもバンドエイド持っていこう。

馬鹿な時間

馬鹿な時間の使い方。
見続けていつの間にかすごい時間が経っていたYouTube。ニコ動。

今朝、前を歩いていた男子学生2人組がそんな話をしていた。
片方が、ニコ動見てたせいで睡眠時間1時間だよとかなんとか。
私も経験がないではないが、まあ休前日じゃなきゃやらないな。

私が陥りやすい馬鹿な時間の使い方。
他人のゲームプレイ日記を読む。
自分もプレイしたことのあるゲームじゃなきゃ読まないが、これが結構楽しくてやめられなくなる。一つ読み終わっても、よくリンクされてたりするので、また次のゲーム日記を読んでしまったり。終わらない。
そんなわけで、最近FE蒼炎の軌跡の面白いプレイ日記を見つけて読み続けてしまって困ってます。超長文なおかげでまだ読み終わらない。暁の女神の分もあるのに。
そして蒼炎のプレイも進まないダメじゃん。
Calendar
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。