スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

29日午後11時

サンフランシスコの官庁街→太平洋沿いのレストラン「クリフハウス」→ユニオンスクエア→ジャパンタウンとめぐってきました。あ、ちなみに今日は一応出勤扱いです。最初の官庁街で一個アポこなしてきたからね。午前中はそれでつぶれた。

ジャパンタウンの中にあるジャパンセンターという建物には日本のお土産屋さんとか飲食店とかいろいろ入っているんだが、中に紀伊国屋書店がある。2階層あり、1階は「MANGA」オンリー。1階の入り口ではデスノートの月のパネルが出迎えてくれてました。店内にはあるわあるわ日本のアニメや漫画が。つか、半分くらいは日本のそのまんまのものが売られています。おそらく新刊だろうものも。猫村さんの3巻とか、日本でも比較的最近に出たよな?残り半分くらいが英訳版。ジャンプ系ばかりかと思いきや、全然そんなことはなかった。少女漫画もあったし成年漫画もあるね。「サイコ」とか「ベルセルク」に「Parental Control」のビニールがかかってたのが、アメリカだなあと思った。
YAOIコーナーそして一番奥の棚に見つけてしまった。そうかこれもあるか「YAOI」コーナー。店の中で一番面積の小さい壁とはいえ、その壁一面でしたよ。英訳版と日本のそのまんまと並べて売られてた(他のジャンルは別々に陳列されている)。「YAOI」の下に「やおい」とも書かれていて、そんなしつこく書かなくても、と思ってしまった東洋系の小学校高学年くらいの女の子の2人連れが、1人がもう1人を引きずりながら棚の前に行ったり、白人男性数人が笑顔で手に取ったりしている姿を目撃しました。うーん、本当の腐女子はいるのだろうか。
「鋼の錬金術師」の新刊が出ていて一瞬買いそうになったが、日本に比べて二割増しくらい高いのでやめた。荷物になるしな。
2階はそれ以外の本。こちらも日本の本がそのまま売ってるスペースが半分くらい占めてたかな。他に日本の文化を紹介する英語の本や、あと日本語学習テキスト系がかなりのスペースをとって置かれてたね。そこはさすがという感じ。

昨夜は案内してくださってる人が彼の奥様とともに夕食に連れていってくれて、またその店のオーナー(日本人)がメニューにないものやお酒をサービスしてくれ、さらにそこの料理人(韓国人。夫妻とは友人らしい)が閉店後においしいKorean foodの店に連れて行ってくれて、結局深夜2時近くまで飲んでました。アメリカ来て夜遊びしたのは初めてだったわ~。ま、女一人じゃ日暮れてからは外歩けないしね。
結果やっぱり飲みすぎで、ホテルに帰った後」気がついたら着の身着のままベッドで寝てたよ。コンタクトすらしたままで。そして今朝は二日酔いで、アポ前に胃液を吐くという失態を演じてしまったまあ、それ1回したおかげで復活したけどさ。あ~ヤバかった。いかんね。

明日はオフです。でもくだんの夫妻にバーベキューパーティーに誘われているのですが。うーん、外国で一人だということで、本当にいろいろ気を遣ってもらって嬉しいのだけど、そろそろ自分で観光ってのがしてみたいかも。月曜に少しできるかな~。
スポンサーサイト

28日午後6時半

バークレーのホテルをチェックアウトした後、ちょっとスタンフォードに寄り(一応仕事)、そしてサンフランシスコのダウンタウンに戻ってきました。アメリカ到着初日に通り過ぎて以来だね、ここは。

ジャパンタウンの中のホテルにチェックイン。
ファンシーな内装?なんなのこのホテルは。
と開口一番に思ってしまいました。まあ日本でホテルのサイトを初めて見たときも、これはホテルなのか?と思ってしまったからなあ。ロビーで明らかにジャパニメーションと思われるものがTVに写されていたあたりから不思議な気配が。
そして部屋を開けてみたら、壁の一面がイラストで埋まっている。まあ、ファンタジーな絵柄ではあるけどアニメっぽいわけではないからアートとして見れるけどね。お部屋は明るい色調で綺麗だしランプは球形のぼんぼりみたいな形だしビーズクッションならぬビーズソファがあったりするし、なかなか素敵なホテルですけどね。前のホテルの内装が暗い色調だったので、ちょっと明るい気分になれて嬉しい。いや、決して暗くすごしてたわけじゃありませんが。

さて、もうしばらくしたら食事に行くか。

27日午後11時

リアルジョーバしちゃった。
つまり乗馬をしてきました。本物の。小学生の頃に引き馬にしか乗ったことがない身で。
案内してくださってた方が馬を飼ってるのですよ。何頭も。うちの上司の何人かも彼に誘われて乗馬したことがあるとは聞いていたので話題にしてたら「乗ってみる?」と。「乗りたいです」と即答。だってやってみたいじゃん!

つーわけで午後から行って来ました。
「馬を連れてくるので大学前で待ち合わせしよう」ということになって待っていたら、トレーラーに乗って現れました。トレーラーの窓からは本当に馬の顔が覗いている。同乗してから馬を歩かせることのできる公園へ。
公園っつったって遊具があるような街中の公園なんかじゃないよ。イメージとして国立公園でしょうか。ここの場合は州立だろうけど。大自然そのまんまの丘陵地帯まるごとが「公園」。しかもそんな公園があちこちそこらじゅうにあって、犬の散歩やらマラソンやらサイクリングやら住民たちのレジャーの場所になっているのだな。都市からそう離れているわけでもないのに、なんてうらやましい環境でしょう。
で、馬。
もちろん大きい。けど優しい目してるよね。「ブラッシングしてあげて」と言われたのでやったげた。そして初タッチ。あったかい~。
それからとにかくいきなり乗馬。鐙に足が届かないのでほとんど抱き上げてもらうような感じでしたよ。最初はトレーラーのまわりを引き馬で動かしつつ、足の止め方と方向の変え方を教えてもらう。で、向こうも別の馬に乗ってすぐ出発。
最高
なだらかな丘陵はすべて緑の絨毯に覆われていてあちこちに黄色い花が咲き乱れ、空は青くくっきりで丘の緑と見事な対比をなしているし、地リスたちはそこらじゅうを駆け回ってる。起伏は激しいのだけど、それは馬が歩いてくれる。すーごく楽しかった
一時間くらい乗ってたかなあ。たまに下りで駆け足されるとかなり揺れるので焦るけど、「Walk!」って言えば聞いてくれるし、最後のほうはそれなりに言うこと聞いてくれたと思う。「Go!」も聞いてくれたし。
おとなしい馬で馬自身が歩き慣れた道筋だからこそこんなに簡単に乗れたんだろうけど、あんまり気持ちよかったんでちょっと「乗馬やりたいなあ」なんて思ってしまいました。風をきって走ってみたいチャンスがあったらまたやってみたいなあ。馬で野山を散策するって最高にお勧めです。ああでも高所恐怖症の人には無理かもね。がけっぷちみたいな細い道を、さらに高い視点から見下ろすことになるから。しかも揺れるし。私は楽しかったけどさ。

UCBerkeleyの朝ちなみに「馬を早く休ませてあげないと」ということで、帰りは公園最寄の駅でおろしてもらい、そこから電車で帰りました。車社会アメリカには珍しい電車。BARTとゆーサンフランシスコの街々をつなぐ鉄道。アメリカ来てからこちら、移動といえば徒歩か車だったので久しぶりの電車でした。ほどよい疲労と黄昏時の気だるさで寝そうだったけど、乗り換えもあったし物騒だし我慢した。

初乗馬に初BART。またいろいろ初めて経験できたけど、バークレーは今日まで。たった4日間だけど、朝にUC Berkeleyへと通う道は本当に気持ちよかったので名残惜しいわ。セイザータワーに登り忘れたしな。
また会いましょう、バークレー。

26日午後10時半

まさか。まさかこんなものを買ってしまうとは思わなかった。

午前最初のアポをこなした後、予定外だが近くのもう一つの施設に行ってみようと誘われた。相手方も突然だったにも関わらず、快くインタビューを受けてくださった。その後、「面白い店があるから」と連れて行ってくださった先は、カウボーイが使いそうな帽子から鞭、靴、洋服などがいろいろと置いてあるお店だった。
最初はいくら値段が手ごろといっても日本に持って帰ることを考えると到底買うつもりなどなかったのだが、誘ってくださった方の笑顔の勧誘に負けた。買わなきゃ申し訳ない気分になってしまったというか。まあ確かに可愛い上に安かったからね。
ウェスタンブーツウェスタンブーツ。110ドルくらいだった。写真じゃちょっとわかりにくいけど、刺繍も入っているいかにもなウェスタンブーツです。
「どうやって日本に持って帰るつもりだ」と今も思わないでもない。何せ行きだってブーツ(黒)で来たのだ。この3日ほどはもう一足の白いローファーはいてたけどね。ウェスタンをはいて帰ったところで黒ブーツが荷物になるよなあ……
まあ、また考えればいっか。

明日はもしかしたらカウボーイの真似事をしに行くかもしれません。

25日午後11時半

ねみー。昨日と同じ感覚だな。

今日も業務終了後、昨日とは別の方の車で食材の買い物につきあっていただいた挙句、今度は海際からサンフランシスコ湾を望む絶景ポイントにつれてってもらった。完璧お客様扱いだね。いいんだろうか、こんなに待遇よくて。その後、「バークレーには珍しい」というおしゃれで小奇麗なお店が集中しているストリートも案内していただいた。「ochame」という名前の可愛い日本料理店があった。見た目はカントリー調の店構え。案内してくれた人いわく、うどんとかをとても「気取った感じ」で出してくる店だそうだ。どんなだ。いつか入ってみたいね。

そういや今日はインタビューした相手からいろいろもらった。マグカップだのピンバッジだの。昨日ももらったので、手荷物用バッグの装飾が増えていっている。マグカップは荷物などを置かせてもらっている研究室で水を飲むのに早速活用させていただいた(飲料用の樽みたいにでかいボトルがどこの事務所にもあるのだが、コップは持参というシステムなのだ)。

インタビューは昨日よりはマシになったと思う。思いたい。しかし自分の専門の範囲の英単語ならまだなんとかなるが、少しでも外れると意味とれない。今日のお相手の一人がそんな感じだった。理解できなきゃ質問もうまくできないしなあ。少しはその場で反問したけど、完璧理解するまで聞いてたら話の腰を折りすぎて大変そうだからやめちゃった。本当は突き詰めるべきなんだろうけどね~。一時間ほどのお約束だし、あとはICレコーダーの記録でなんとかしよう。つか、本当にこの手の仕事で便利だな、ICレコーダー。今回の研修が終了したら、USBメモリにバックアップもとっとこ。PCはこの後も手荷物としていっぱい移動を経験するしね。
それにしても文明の利器ってすばらしい。

今朝は8時半からのアポがあったので相当早起きだったけど(つったって目覚ましより早く起きてるけどな)明日は通常通りなのでちょっと気持ち的に余裕。昨夜になって初めてまとまって眠れた感じだった。その前日の異常な睡眠不足(なかなか眠れなかったのに2~3時間後に目覚めてその後寝付けない。それもJetlagだと言われたが)とハイキングが効いたのでしょう。でも5時間くらいか?まあそれくらいが普通だな、私にとっては。

ああもう0時になるわ。その日のざっとした報告書を書いてICレコーダーの記録をPCにバックアップして様々な電子機器の充電して着替えを用意して明日のスケジュール確認してwebサイトでざっと予習して風呂入ってご飯食べて…ってやってると、あっという間に深夜なのよね。
ちなみにゲーム。DS文学全集はもちろん、「すばらしきこのせかい」をちょろりと進めていたりする。主に飛行機内と、眠れなかったときのお供として。「すばせか」は面白いが、戦闘システムがまだ使いこなせない感じ。もっと簡単に操れるようにしたいなあ。あとは装備品とかのデッキの組み方がまだこなれない感じ。いろいろできることがありすぎて、何をどうしたらいいのか。仮想渋谷が舞台なだけに、情報が最初から飽和状態ですな。
ああ0時だ。顔洗って寝るか。

24日午後11時

研修初日。
今週いっぱいのスケジュールを言い渡されて、メインの施設を一通り案内されてお昼食べてすぐに一人目のインタビューに。一人で。
ちょっ…この方が何やってるのか日本語で聞いてもいまいち理解しきれていないような方なんですけど。それも英語オンリーでか。
ぐだぐだながらお相手の優しさに支えられて終了し、次の方は日本人のしかも若い女性なので親しくいろいろとしゃべくった。ああ語学って大事ね。

なんとか業務終了後、昼に私がふと漏らした「大学の裏山に登ってみたい」というのに応え、車で連れて行ってもらった。サンフランシスコ湾やダウンタウン、ゴールデンゲートブリッジにアルカトラズ島、オークランドなどが一望できる絶景ポイントに連れて行ってもらう。さらにハイキングコースを歩いて(「山歩きが好きだ」とも言った)反対側の風景まで眺め、結局2時間くらいかけていろいろと案内してもらった。

初日から充実しまくり?しかし眠い。
でも明日のインタビューを今日よりはマシにしたいし、予習しないと~。まあそれはなんとなく終わった。あとは今日のまとめ。明日になったら忘れそう。箇条書きでもいいから何か残しておこう。
そしたら寝る。

探索

ブログは日本時間のままなので感覚とずれるなあ。今後は滞在している土地の現在時刻をタイトルにするかね。とゆーわけでただいま23日日曜日の午後7時です。でも外は夕方って感じだな。暗くなるのはこれからだね。
前にも言ってた通り、この日曜日は復活祭です。正確な数はしらないけど、日本に比べたら圧倒的にキリスト教徒の数が多いだろうアメリカ。テレビではローマのヴァチカンの中継とかミサじゃないみたいだけど聖歌合唱(にしてはやたらと迫力のある歌だったが)の番組とかいろいろやってました。

ただ今、サンフランシスコの衛星都市・バークレーに滞在中です。次の休みにはサンフランシスコのダウンタウンに移動するので、この街での休日は今日のみ。昨日着いたばかりで(しかも時差にやられて昨日は爆睡したし)ほとんどよくわからないけど、とりあえず昨日案内してもらった人に「この辺までは安全」と言われた範囲まで、ぶらぶらと探索してみることにしました。
セイザータワーを望むまずはこの街の中核とも言えるカリフォルニア大学バークレー校へ。昨日もホテルに入る前に寄ったけど、歩いてどれくらいなのか計りたいという実際的な目的もあってホテルからまっすぐ向かってみた。
大学自体はホテルの前の道路から見えてるし10分もあれば着いたけど、中で迷った昨日は車で目的地に一番近い門から入ったからなあ。方向は間違っちゃいなかったけど、距離の目算を誤ったね。もっとずっと奥だった。その間に森と見まごう木立があるものだから、目的地の建物がちっとも見えなくてちょっとさまよっちゃったよ。迷わず行ったら20分くらいかな。じゃあ30分前に出ることにしよう、うん。
昨日も今日もめちゃくちゃ快晴です。「めちゃくちゃ」という言葉がしっくりくる快晴ぶり。気持ちいいけど日焼け止め持ってくるんだったという後悔が。ちょっと迷ってたんだよね、実は。でも暑くはない。日陰に入ると肌寒い。
大学は春休み中なので(今日は日曜日だから当たり前だが)閑散として、観光客とか近所の人とおぼしき人ばかりに見えました。白人のおねーさんから道聞かれた「サンフランシスコはアジア系がすごく多いから、外国人観光客と見られることはない」というのは本当だったね。そういえば日本で桜を見れない私を慰めるかのように、満開の桜(たぶん)がありました。嬉しいので写真撮った
その後は気の向くままに大学をぶらついてそのまま街に出ていわゆる「駅前」の方向へ。

大学以外に背の高い建物はない街だねえ。食べ物屋が多い。見慣れた人(?)がいる~と思ったらマリオでした。スマブラのポスターだった。つまりゲームソフト屋。そういえばゲームソフトのCMも何度か見たなあ。なぜかホラー系とか戦争ものの殺伐としたのばっかだったけど。
途中歌声が聞こえる~と思ったら教会だった。ミサやってるんでしょうねえ。教会は3つくらい見かけたな。違う宗派なのかもしれないけど、やっぱり多いね。
ずっとてくてく歩いてたんだけど、この頃になるとなんだか頭が重くなってきた。…日射病か?と思うくらい陽射しが強かったのよあ~だからみんな街のそこここにあるベンチで休んだり芝生でねっころがったりするのかねえ。まあ、買い物したかったのでスーパーまでは行きました。そこで悩みつつ30分くらいぶらぶらしてたら何にも感じなくなってました。
帰ったらなにげに3時間くらい経過してたかな。歩くのは慣れてるけど、これだけ強い日差しの中を歩き通しなのはちょっと無茶だったかな。一人だし気をつけないとね。とはいえ、明日からは真昼間から歩き回るなんてことないでしょうけど。
そしてまた寝てしまって今に至るゆうべあんまり眠れなかったんだよね~。まあ、今夜寝れば大丈夫でしょう。昨日ほど爆睡してないし。明日の朝もいつもよりずっと遅い時間で大丈夫だしね。なにせ徒歩圏内
さーてご飯食べて明日の準備するかー。きちんとお仕事しないとね。

到着~

20080323070942
9時間飛行機に乗って、空港で出迎えの人と会い、軽く観光しながら目的地に向かい、お昼をごちそうになってスーパーで買い物して、ホテルにチェックインしてやっと落ち着きました。そしてちょうどその時、日本時間のままの携帯が朝6時を告げた。とても徹夜明けな感じ。とりあえず一眠りします。

旅立ちの朝

とゆーわけで、いよいよ旅立ちです。
荷作りを終えてトランクは玄関に出し、化粧もして化粧品は手荷物にしまいました。
母からは「これ持って行って、お母さんのだから」とロザリオを手渡されました。そんな我が家はクリスチャン。
ちなみに今日は聖土曜日で、明日の日曜日は復活祭(イースター)だそうです。そういえば満月だったな、昨夜(復活祭は満月の次の日曜日と決まってる)。母が上機嫌で「いい旅立ちの日じゃないの」と言ってました。そんな我が家はキリスト教徒。

まあともかく旅立ちです。
フライトは夕方なのですが、到着は現地時間の今日の朝9時です。リアル「時をかける少女」。……「少女」はちょっと無理があるか。
いずれにせよ、もうそろそろ家を出ますが。成田までは遠い。搭乗手続きもあるしね。

パソコンも持って行くし、携帯も国内の番号・アドレスでそのまま使えるので、まったく音沙汰無しにはならないと思います。無事パソコンが接続できて時間があればちょこちょこ更新もするでしょう。フロムUSAという形でまあパソコンダメでも携帯でもできるけどな。
もし何かしらご用がある場合は遠慮なくどうぞ。

では、行ってきます

荷作り

祝日を利用して、やっと荷作り開始。
入れる物はほぼ決まってるし、トランクに収めるための小袋やケースなども揃ってるし準備万端、簡単簡単
なんてことには決してなりませんでした

結局何時間かけてたんだろ。5時間くらいかかってた気がします。研修の為の書類やファイル類が邪魔。PCや電気機器のケーブル類がかさばる。土産物がかさばる上につぶすわけにもいかない。化粧品およびコンタクトレンズ類は当日の朝まで使うから完全に梱包はできない。
現地をシミュレートしつつ服を圧縮したりなんだり。しかしそれでも最初は随分とパンパンでした。…私、旅の荷物はいつも「小さい」と評される方なのになあ…。仕方ないので一部詰め方を変えたり荷物を減らしてみたり。そんなこんなで数時間。
そして2穴リングファイルを持って行く予定だったのは取りやめて、最薄の書類ケースにしました。100円ショップの。こっちのが薄くてバッグの中でのおさまりもいいことに気付いたもので。何より、穴を開けるパンチを持って行く必要がないしね。

シンバル奏者ネコやっと終わったところで、旅のお供に何かマスコット的なものを連れて行きたいなあと探した結果、以前プレゼントされた指貫のネコくんを持って行くことに。ネコ…だったよな?なんか尻尾が妙に太い気がしたもので。
早速、荷作りの終わったトランクの上にてポーズです

年度打ち上げ

担当チームの一つで年度末の打ち上げ飲み会
実際にはまだ締めてないし年度末でもないのだけど、私の出張があるのでやむを得ずこの日に。
加えて今月末でやめてしまう子がいるので、その送別も。それも本当はもう一週間出勤が続くのだけど、彼女がやめるより私が会えなくなってしまう方が早いのでやむを得ず。

今年度もなんとか無事に終わりますねえ。
まあ最後の最後に年度をまたにかけて海外出張なんてもんがあるのだけど。でもこの日程にしたのは、そもそも年度終わりから始めにかけては、新しい業務とかが増えない限りは適度に仕事があり、割り振らなくても各自で十分にできる量なので放っておけるから、というのだったり。目論見は今のところ当たっているので良かった良かった。

飲み会は相変わらずの出席率の高さで楽しかったみんな結構楽しみにしてくれているみたいで、幹事としては張り切りがいがありますねえ。つっても今回の店は「ここに行きたい」と1人がホットペッパーの切り抜き持ってやってきたのだけどね。
うどんが売りらしく(ランチはうどんメニュー中心)、鍋の最後のうどんもツルツルしてて美味しかった鍋は3種類から選べて、そのうちの一つに「カレー鍋」ってのがあって興味津々だったのだけど、多数決で結局ちゃんこ鍋になった。うーん、きっと美味しいだろうから食べてみたかったんだけどなあ。

料理8品で鍋付き・飲み放題付きで3000円を切る破格。まあ飲み放題メニューは値段なりのものしかないけど、金欠だけど飲みたい!とかゆー人にはいいかもれないね。

研修残業

月曜・火曜と、自分の職場にしては珍しく残業続きです。帰宅が10時とか久しぶりだ。しかし朝9時から出勤してるわけだから、会社に12時間以上いたのかーとか考えるとかなり嫌ね。まあ、昔の勤め先ではそんなの当たり前だったこともあったけど。

何してるのかって研修してます。自分がするんじゃなくて研修受けてる側。これも出張準備。
仕事で行くわけだけど、別に商談してくるわけじゃありません。元々渡航先でお世話になる機関の仕事を我が社が引き受けていて、その縁で「研修しに来ませんか」という有り難いお誘いがあり、最初の研修生として自分が行くことになった、というのが経緯です。

ある種の専門性が高い我が職場。私は大学でこの分野を専攻していたわけだけど、この分野の先駆はアメリカなのです。学生時代、「原典講読(専攻する分野の先駆的著作を、その原著で読む講義)」の授業はどの学部にもあったけど、それが英語である自分の専攻は、ドイツ語とかを読まねばならない友人などからは羨ましがられたものです。
先駆がアメリカだから、日本の現場で使われているルールなどもそれをベースにしている。だからそんなに変わるわけじゃない。もちろん使っている言語によるカスタマイズなどは普通に行われているだろうけど。
でも私の職場での担当は思いっきり日本語オンリーで(含む古語)、あちらのルールについてはほとんど知らないので、付け焼き刃的に上司に研修を受けているのです。ちなみに上司は外国語の方を担当していて、以前、それこそアメリカの機関で一年間仕事をしていた実績があります。のでルールは当たり前に把握しており、まあもっとも身近で教えてもらいやすいので、仕事が終わってから時間を割いていただいての研修となっているわけだ。

研修内容自体は面白い。扱っている対象は違っても、同じシステムを使って作業しているから外国語担当の仕事も普段目にしているし、それを教えてもらうのは「そうか、これはそういう意味だったのかー」とか「こうなってたんだ、なるほどー」とか色々感動があって楽しいことは楽しい。
けどそれが来週からの米国でどう生きるのかそれとも生きないのかなどと考えてしまうと、少々不安になります。まあ知識が増えるのは楽しいし、この知識は本当に後々生きると思うのでとてもいいことだとは思っているけれど。ま、珍しくネガティブに捉えがちなのも、出発前の緊張のせいですかね。

自分のパターンからいくとそろそろ腹括りそうな時期です。きっと成田ではゲームだのに興じていることでしょう。ああそういえば暇つぶし用にと『DS文学全集』買いました。他に途中放置中のドラクエ4と2周目に興味があるテイルズオブイノセンスと始めてみたい気持ちが以前からずっとあるすばらしきこのせかいのどれを持って行くか悩み中。

地元の本屋

昼食時に父から「○○書店、来月閉店だって」という話を聞いた。
我が家のもっとも近所にある本屋で、少なくとも私が物心つく頃にはあった本屋さんだ。中規模程度の広さがあり、地下鉄が通って駅出口のすぐ横というロケーションになってからは、夜10時までやってくれていて、地元の小さな本屋としてはなかなかに有り難い存在だった。

ショックだ。
出版業界が厳しいのは知ってるし、実際私も最近あの本屋さんに寄ることが減っていたな~と思い返して気付いたけど、やっぱり幼い頃から親しんでいた本屋さんがなくなってしまうというのはとても悲しい。大きな駅ではないとはいえ、「駅前」という最高のロケーションにありながら、それでもやっぱり経営は苦しいんでしょうかね…
私があの本屋に行く機会が減ったのは、たぶん途中の乗り換え駅にあった大きな本屋さんが、以前は駅を出て行かなければならなかったのに、移転して駅直結のビルに移ったからだろうな。合わせて営業時間も延びたので、寄るならやっぱり大きい本屋さんって感じになってしまっていたな~。同じビルに100円ショップとかユニクロも入ってるから「ついでに」寄れるところも色々あったし。
まあそれを言ったら、地元駅前にも99円ショップがあるけどね。ただし本屋とは道路挟んで反対側だ。「ついでに」は寄れないだろうな。

幸いというか、出張中に閉店というわけではないので、最後の日も含めて何度か顔を出したいと思います。あそこのおじさんもおばさんも顔見知り程度で会話をしたこともなかったけれど、いつものようには顔を見られなくなるのかと思うと寂しいな。チャンスがあったらご挨拶くらいしてみよう。

東京国立博物館

予定通り、旅のためのお買い物へ。まずは一番買わなきゃ行けないあちらへのお土産を買いに上野の東京国立博物館へ。
いいお天気でしたねえ~そして暑かった上野公園はいつものごとく様々な人々でごった返してましたが、黒レザーのロングコートに黒スーツ、黒帽子のマトリックスを彷彿とさせる長身白人男性と、天狗が履いているような一本足の超高下駄を履いて、おばあちゃん(たぶん日本人)と道端で話し込んでいる白人女性が特に目を引きました。あの人、あれで歩けるんだろうか…
目的のものは無事に手に入れることができました。確実に「ある」と分かっていたわけじゃないからちょっとドキドキだったわ。あってよかった~しかし計算外だったのは、国立博物館は敷地に入るだけで金をとられるってこと。門前でチケット購入せにゃならんのよ。600円だけだけど(各館の常設展までは見れるらしい)、ミュージアムショップにしか用がないのに入場料とられたのは痛かったわ。よっぽど見学していこうかと思ったけど(裏に庭園とかあるし)、今日一日の買い物プランの一番最初の目的地だったからここで時間をかけるわけにはいかず、買うだけ買ってすぐに出てきました。あーもったいない。薬師寺展とか見たかったなあ…
上野・東京国立博物館ちなみに去り際にせめてと思って撮影した写真(→)、本館正面玄関付近ですが、左側の葉のない巨木が木蓮だったのに驚きました。たぶん木蓮のはず、あの花は。

うららかな上野公園を出て、有楽町に行ってビックカメラと無印良品で色々買い、さらに東京駅の大丸で化粧品を買い、さらに横浜駅で外貨両替などを行い、かなりくたくたで帰宅となりました。色々ありすぎて何が必要で何が必要でないのかも最後はよくわかんない感じだったかも。一応メモはしていったんだけど、目の前に「旅行雑貨」が色々あると、あれもこれも必要なんじゃないかとか思い始めちゃってね~。最後に横浜でロフトに寄ったのがよくなかったかもしれない。写真取りに行くのは忘れたし(パスポート紛失時の為に写真の焼き増しを依頼していた)。まあそれは明日髪カットしに行くついでに寄れるからいいのだけど。
初めて手にしたアメリカドル。1ドル札すらピン札なもんだから、なんだかおもちゃのように見えて一抹の不安がさて、この額でアメリカ二週間過ごせるか否か。

奪還

帰りの電車の中でえいご漬け。
本日やっと「S」が出た。復帰後初。
それまではずーっと「AAA」の横ばいだった。
ちょっと嬉しい。

最近、バーバラ問題を連続で正答できているのがもっと嬉しい。
と思っていたら、今日最後のバーバラ問題で連勝記録破られたけど。
テープの早回しみたいな声(早くて甲高い)で、いきなり「Thief!(泥棒!)」っつーのは聞き取りづらかった。そこにたどり着くまで時間かかって残りでタイムアップになってしまったよ。ちっ。

明日はお買い物デーです。
とりあえずはあちらへの手土産を買いに上野の東京国立博物館へ行くべし。ミュージアムショップでしか売ってないものに目を付けてるので。ネット販売だとセット売りしかないんだもんよ。
あと銀行と電器屋と百貨店と無印良品かな。
上野、新宿、有楽町…かな。
百貨店は新宿のにするかなー…と思ったら、新宿だと小田急か高島屋にしかないのか。あ、なんだ東京駅の大丸に入ってるじゃないか。まだリニューアル大丸に行ったことなかったから行ってみよう。
あ~最後に地元のユニクロで下着を買い足そう。うん。

最後は買い物メモになってしまった。

チケット

会社にて航空券をもらう。つってもeチケットなので単なる控えだけれど。
ついでに帰ってから成田エクスプレスの予約もした。明日にでも切符取りに行くかね。

あーなんかいよいよって感じで嫌ですねえ。緊張感の高まりがなんとも嫌だ。国際線の飛行機に1人で乗るのも初めてだしなあ。しかも帰りなんて乗り継ぎしなきゃいかんのよ、アメリカで。ああ、そんなつまんないことに今から緊張するわ。
その割に荷造りはさっぱりしてないけどね。まあ10日も前からできるはずもないが。パソコンの設定も終わったし関連ケーブルも揃えたしトランクもあるし、「旅行準備荷物」は部屋に増えて結構邪魔な感じなんだけどね。服や靴あたりはまだちょっと悩みどころだなあ。週末、靴修理に出してこよ。
つかこの週末が勝負だね、色々。あちらに持って行く手土産も買わなきゃだし靴修理して髪カットして、細々とした必要品をもうちょっと買って…てとこかなあ。エアー枕とか持ってないから買わにゃ。ドルもな。20日が祝日なのは助かったな。最後の買い物ができるもの。

そして時差ぼけ対策のために、前日からの起床スケジュールも考えないとなあ。到着した翌日は日曜だけど、できれば動いて現地周辺を確認しておきたいし。翌日に動ける為にはある程度時差ぼけ克服してないとだし。一般的に東回りの方が辛いらしいのでね。昔ヨーロッパに行った時は何とも感じなかったけど、あっちは西回りだしね。

ああ、一部から最近立て続けに聞かれたので一応。
3/22から二週間です。サンフランシスコとアトランタに行ってきやす

TSAロック

20080309161400トランク買った。持ってるけど買った。何故かといえば渡航先がアメリカだから。
9.11テロ以降、空港でのチェックが厳しくなっているのは周知の通り。そしてその一つがトランクだ。現在、アメリカでは空港で荷物を預ける際に鍵をかけてはならない。かけていた場合、何か不審物が検知されると鍵を壊されて開けられる。
それを避ける唯一の方法がTSAロック式のトランク。TSAロックに限り、何か検知されてトランク開けられても、空港係員がちゃんと施錠して返してくれる。まあ、普通のトランクでもTSAロックのベルトを締めて使うという方法もあるのだけどね。去年ハワイに旅行した次兄はそうしたらしい。でもまあ、今はアメリカだけだけど、今後全世界にこの方式が広まるだろうという話なので、買うことにしました。
何より、渡航先ではアテンドしてくれる自社現地法人の人がいるけれど、日米間の移動は一人だからね。荷物という重大なものに関して、しかも海外で一人でいるときに余計なトラブル起こしたくないじゃん…!事前の準備で回避できることはなるべくしておきたい。お金で買える安全は買うべきでしょう。

つーわけでご購入。白。バゲージ・クレームで目立つかなと思って。
トランクなんぞ、傷ついて汚れてなんぼだ。ただし壊れるな。頑張れ、シロちゃん!(←今、命名)

I'll come back.

ついに最後の英会話レッスンでした。
最初の挨拶で「I'm little sad.」と言ったら講師に「Because it's your last lesson.」と返されました。ご承知だったようで。

最後の講師は何度かお目にかかったロマンスグレー。オジサマ好きとしては嬉しい限り
最後だからか、終わったらどうするのとかちょろっと聞かれました。まあまずは出張だわな。当初の予定よりだいぶ短くはなったけどな。「出張が終わったら?」と聞かれたので、「I want to come here back.」などと答えてしまった。いやでも本心。
だって楽しかったもの。あんまり真面目な受講生じゃなかったけどさ。最後の頃はHomeworkもちゃんとやってなかったりしたし。ああでも一度も遅刻も欠席もしなかったのは(事前に変更はいっぱいしたけど)一応「真面目な」部類に入るのかしらね?以前、別の講師にそう言われたわ。
ただ費用はバカにならないので、今度はグループのとかお安くできるものでやってみたいなあ。この一年3ヶ月は本当にいつ行くのかわからなくて、結局ずっとプライベート・コースできちゃったからね。

休憩時間中に、ベルリッツのスタッフの方も「ありがとうございました」と挨拶にいらっしゃいました。スタッフの対応はそういえばずっと良かったよな。当然全員英語も喋れて対応も丁寧。Y子がベルリッツの社員になりたいと思ったことがあったとか言ってたな。うん、知的で品がいいもんね。憧れる気持ちはわかるかも。

最後の授業も無事終わり「Good luck!」とお別れになりました。ああ本当に終わってしまった。やっぱりちょっと寂しい感じ。でもまあ、いつでもまた来れるわね。

終わった後で所用があってC姉と会ったが、最後だったとゆー話をしていたら、「記念にそのロマンスグレーの写真撮ってきたらよかったのに」と言われました。
…その手があったか

三歩進んで二歩下がる

えいご漬け、少し前から帰りの電車にて再開。
始めてみたら実に1ヶ月くらい触っていなかった。例のごとく「久しぶりだな。英語勉強するのに飽きたんじゃないか?」みたいなセリフを起動しなに言われた。

そして新たな現象発見。現象というのは正しくないか。元々そうプログラミングされてるんだろうから。
「英語力判定」をやってみたら、問題がやたらと簡単なのばっかり出てくる。最初に2、3単語の文章の問題が出たときは何の冗談かと思った。でもその後も大して長い文章じゃない。10単語もいかないくらい。
ブランクが長いと判定問題のレベルが下がる仕様になっているとみた。
問題のレベルが下がったからか自分の耳がなまったのか、再開最初の判定は「A」まで落ちたまあその後の3日で元の「AAA」に戻ったけど。時期が時期だけに本気でちょっと青ざめたよ。
ちなみにバーバラは判定が低くなっても頻繁に出てきてたけど、再開以後今のところ全敗。くそう。

今週は月曜夜も英会話行ってました。平日の夜に行くのは久しぶりだったなー。
講師は最近よく会うアメリカ人のChiris。Power氏ではありません。身体おっきくてちょっと赤ら顔で毛深くて、如何にも「アメリカ~ン」て感じかもしれない。
雑談でstereotypeの話になり、アメリカ人のステレオタイプを問われて、「ピザが好き」と答えたら最初反論してきたのだが、ふと「あ、昨日の夜食べたな」と言って更に「週に3回くらい食べてるな」と言うに至り、当たってるじゃんということになった(笑)
ちなみに彼にとって日本人のステレオタイプは「小さい」と「礼儀正しいふりをしている」だそうだまあ、ステレオタイプってのは普通悪い事を指すからね。

そんな英会話も実は次の土曜で最後です。少なくとも出張前はこれが最後。なんだかんだで随分と長く通ったもんだ。
「継続は力なり」……を実践できていたらいいねえ……

まめ

青森のAちゃんが出張で東京来てたので晩ご飯を一緒した。
今夜は新丸ビルにて。
まあ、最初は先月と同じくオアゾにしようとしたんだけど、Aちゃんが新丸ビルに着いてしまったので変更まあ、ほとんど隣のようなものだ。

ご飯を食べられる店は新丸ビルの場合5、6Fあたり?に集中してるけど、地下1階にもテイクアウト中心ながら食べられるところがいくつもあるのでそっちに向かってみた。したら、一番奥にテイクアウトメインの甘味の店達に隠れるように中華料理屋発見。あっさり入れた。
これが値段も手頃で中華とはいえ少し洋風を意識した盛りつけだったりして味も見た目もなかなかだったのよ。穴場かも。新丸ビルであっさり入れる店を見つけるのは難しそうだしね~。今度また使おう。

話題はスレの再アニメ化の話から何故かガンダムへと。Aちゃんはガンダムを見たことがないらしいので適当に説明してやったが、説明すればするほど間違った想像が広がっていそうだった(笑)
前やってた「ガンダムSEED」を省略形で呼ぶのに「種」ってゆーのがあったが、なぜかAちゃんはそれを「豆」だと誤解していたらしい。「ガンダム豆」。何が生えるんだAちゃんの中では「種割れ」シーンが「豆から双葉が出てくる」イメージに定着した様子でした

ちっちゃなガラス細工をいただきました。ガラスの中は海でイルカが泳いでるの~Aちゃんには前にもガラスのペン立てをもらったね。シンプルで綺麗な色でお気に入りです。今もすぐ横にある。いつもありがとうね
別れ際、「無事に帰ってきてね」とのお言葉をいただきました。
はい、帰ってきます。またぜひ遊んでください。

夏休み突入

季節はずれすぎるタイトルですが、ペルソナ3の中での話ですから<夏休み突入
つーわけで、7月の満月イベントを終えて期末テストもやり過ごしテスト休みの屋久島旅行に行って期末結果発表を見て夏休み突入まできました、ペルソナ3。

パラメータがちっとも上がっていないことを反省し、まずは風花とのコミュ発生条件を満たすために「勇気」を上げました。…上げてみたら随分と簡単だったな…。6月中には風花とのコミュ「女教皇」を発生させてランクも3まで上げた。
引き続きパラメータ強化月間ということで、「魅力」を上げに。
パラ上げるには「スクリーンショット」での映画鑑賞が一番効率がいいので、偶数月は任侠映画?(勇気がアップ)、奇数月は恋愛映画(魅力アップ)を上映するというのをとことん活用させてもらいました。と同時に、「学力」は神社参拝と深夜タルタロスへ行かない場合にできる自主勉強で地道に強化。
結果、夏休み前ギリギリで魅力も満タンに。やったね。
ちなみに期末テストの時は学力4でしたが(6が最高)、テスト中の設問に全問正解したら学年トップもとれちゃったよ。学力それほどでもなくても一夜漬けでトップはとれるって仕様なんですかね(笑)

タルタロス通いへの頻度は減ったけど、なんとなく夜寮に帰った時に誰かから「行かないか?」と言われた日は行くようにしてた。まあタルタロスの行ける階層が増えた直後は連続で行ってたけどね。1回のトライで必ずワープポイントのあるところまで行き、だいたい3回目のトライでその時点で到達できる最高階層まで行き、あとは取りこぼしがないようにもう一度回るくらい?
エリザベスからの依頼をこなしたりするのは、満月前夜の疲労しない日に集中的にするようにしました。つか、依頼で「何とかのシャドウが落とす何々を持ってきてください」って類の奴、その依頼を受けている間しかシャドウが目的のものをドロップしないんだということにやっと気がついた依頼は同時に3つしか受けられないから、物を手に入れてから引き受ければいいやーとか思ってたんだよねおかげで溜まってた依頼やっと全部片付けられたわ~

でもってアイギス加入。アイギスのレベルが29でまたショック受けたわ。主人公レベル32…ちなみに他メンバーは29~30。うーん、EASYモードのせいかね?
屋久島旅行では色々と重大な事実が判明したりもしましたが、でも単純に面白かったです。かなり笑いました、ナンパ大作戦に。順平はともかく、真田先輩が…(笑)「勝負にこだわる」といっても、ナンパ勝負にまでこだわってちゃせっかくの二枚目が台無しなんじゃ…。声つながりな某岩男と同じ傾向を真田先輩にも垣間見てしまいました

ちなみに異性とのコミュではある程度ランクを上げると「特別な関係」モードに突入するようですが、生徒会の後輩「伏見千尋」とのコミュでそれが発生しました。彼女の場合はランク5で発生するけど、他の女の子達(全員主人公と同じ2年生かそれ以上)だと6か7必要だったりするので、これはあれか?年下でウブな子ほどあっさりほだされやすいという設定なのか?…間違ってるとは思わないけど。
でも「特別な関係」になってしまうと、他の女の子とのコミュイベントをこなしたときに関係が悪化してしまうらしいので、最初にイベントだけ見てリセットした。全員ギリギリまで上げてからその後どうするか考えよう。
リアルに考えたら何股もかけてる最悪野郎だな。でもコミュランク上げておかないとペルソナの強化できないしぃ~。すべてはシャドウとの闘いの為、ひいては世界の為。とゆーことで、乙女達には主人公にもてあそばれていただきましょう

ノートパソコン

ノーパソ&PS2コン出張中に使う為にノートパソコン購入。そんなわけで更に出費です。ああ痛いこーいうのって必要経費で出してくれないのかねえ…うちの会社じゃ無理だろうな

次兄と相談の上、本日秋葉原で待ち合わせして直接品物を確かめ、購入して参りました。中古です。新品なんて買えるか。
東芝のダイナブックSS1610。2004年発売のもの。
海外の接続環境が分からないのでとりあえずすべて対応できるようにと、モデム内蔵+LAN接続対応+無線LAN内蔵のものを選んでもらった。東芝のものは昔から国際規格なので問題ないんだって。
でもま、兄の好みだとパナソニックのものが良かったらしい。見た目がコンパクトでシルバーでカッコイイ。質も良いらしい。しかし人気のせいか中古に出回る量が少なく、必然的にお値段も高い。10万切るのは珍しいとか。
10万はヤダ。たかが二週間の為に。
いいよ無骨で実用本位。素晴らしいじゃないか、ダイナブック。いや別にスリムですけどね。とてもオーソドックスでシンプルなデザインです。逆に言えば特徴がない。
でもメモリ増設も安く簡単にできました。ごく一般的なメモリを使ってるから。総額で6万いってません。うん、結構いいんじゃない?
写真、ピンぼけたなあ…左下のは大きさ比較のために添えたPS2のコントローラです。ペルソナ3やってたからすぐ近くにあった
…帰ってきたら売るか…

ちなみに買い物後、兄は「久しぶりの秋葉原だから」と言って雑踏に消えてゆきました。パソコンオタクめ。
来週また来てもらってセッティング等お願いする予定。ついでに海外用の変圧器を持ってるとゆーので貸してももらう予定。
…何か礼をするべきだろうな、これは

臨時購入

20080301102855そんなわけで(下記事参照)、新しいバッグです。
何しろ緊急事態だったし壊れたバッグは持ちにくいし、いつもの時間だったらやっていないビジネスマン向け中心のショップ(カバン以外に化粧品とか諸々扱っている)が開いていたので、即座に飛び込んで5分ほどで吟味して決めました。

壊れた奴が茶色だったので同じく茶系統で。
皮製。柔らかく軽く。オーソドックス。普段はジーンズだからほどよくカジュアル。しかし出張考えて書類サイズ。開け口がちゃんと塞がる。
そんな条件で、結構即決。まあ実際時間なかったし。時間なかった割にはいいものと巡り会えたと思うよ。口が絞ってあるけど広げることもできて、そーすると結構容量大きいので一泊旅行くらいならこれで行けると思う。
とりあえず、壊れた奴より長く頑張ってくれ。
Calendar
02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。