スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ノド痛い

笑いすぎて喉が痛い。酒飲むと声が大きくなりやすいし、それでいて話が盛り上がったり店が騒がしかったりするとますます声を張り上げてしまいがちなので、飲んで喉が痛くなるってのは過去何度か経験があります。我ながらバカみたいですけど。

昨日は再び麹蔵で飲んでました。北海道旅行の算段・再び。
最初にC姉からチケットなどももらい、やっと現実味が増してきた気がします。何しろ早期申し込みのおかげで割引のあるプランで、誰か1人でもキャンセルが出たらその時点ですべておじゃんというものでしたから。5人もいながら1人も脱落者なく来れたというのは奇跡に近いわ。私はともかく、他のメンバーには忙しい人もいるからね。まあ最後まで油断は出来ませんが。
旅程はそのC姉がプラン立てしてきてくれたものでだいたい固まったようです。まあよかったよかった。…しかしどうしようかな…この際、翌日月曜も有給とってしまおうか…

そういえば前回麹蔵に来たときも、最後に頼んだ焼酎が切り子のグラスで出てきたけど、何故か今回も私のだけ最後に切り子で出てきた。前は値段とかかな~と思ってたけど、比べてみたらその前に頼んでいた方が高かったし他の人の頼んだものとアルコール度も同じだったし、謎だ。
焼酎の種類の多さに迷ってなかなかメニューを離さなかったRさんが面白かった。
そーやって飲んでるところにCちゃんから電話があり、「有楽町で飲んでる」と言ったら「なんで新宿じゃないんだよ~!」とぶーたれてましたが、二次会から合流することに。

雨の中歩き回りたくないので、麹蔵から駅に向かう途中にある、というか駅前にあるTHE ROSE & CROWNへ。なんかいいタイミングで、6人という大人数ながらそれほど待たずに入れました。それよりはCちゃんに銀座の道案内を電話でする方が時間かかった。
ここは軽食メニューもあるし酒の種類は多いし二次会にはいいよね~。ビクトリアン調?の内装もいいですよ。喧噪が似合うお店で、みんなワイワイと楽しく飲んでる感じが好きです。ちなみに二度目の訪問。
酒もまわってきて結構はっちゃけた会話していた気がする。まわりもうるさいから声張り上げて。
シンフォニアネタで、クラトスに妻子がいたことを「裏切られた」と表現し、それはネタバレなんだから伏せられていて当たり前と言えば、「そーいうのって『聞かれなかったから言わなかっただけだ』とか言い訳されてるみたい」とメロドラマ的な台詞を勝手にどんどん展開していったC姉にウケた(笑)
あとCちゃんの母乳。女体の神秘。ていうとなんかいやらしいな。
そうそう、これ見たらきっと文句言いそうだな~と初めて見た瞬間に思ってたゼクシィの新CMの話題をしたら、食いつくようにC姉とRさんが猛然と「あれムカつく!」と思った通りの反応をしたのに大変ウケました。Rさんまでこんなに食いついてきたのはびっくりでしたが「あの2人は結婚しても絶対失敗する!あんなポロポーズしかできない男はダメ!」とまで力説してましたが、YouTubeで検索した同CMの動画には、まるで正反対のコメントがついてましたよ(笑)>お二人さん
ちなみにその動画→http://jp.youtube.com/watch?v=3_S9Q54DdrY

あー本当に喉痛くなった。笑った。
皆さん、楽しい夜をありがとう。北海道でもよろしく。
スポンサーサイト

定期更新

「定期的に更新した」のではなく、「通勤定期券を更新した」です。
SuicaとかのICカードってカード自体はずっと同じで券面の印刷が書き換えられるだけだもんね。
てゆーか、JRの券売機で普通のクレジットカードが使えるようになっていたのに今回初めて気がついた。びゅうカードしか使えない思ってた。いつの間に…!でもこれでやっと定期買うのに大金持ち歩かないですむわ~
自分の定期券、半端ないですから金額が。じゅうすうまん。にじゅうに近い。
しかも!これで会社の金でクレジットカードのポイントためられるじゃ~んじゅうすうまんだろーが定期代は全額支給ですから。ふふふ。

しかし。結局定期を1枚にすることはできなかったな。
3月からPASMOが「3会社線まで1枚にできます」とか言い出したからさ~、これはPASMOに乗り換え時か?とか思ってたんだけど…「3会社線」のパターンに条件があって、自分の場合はダメだったね。結局今まで通りの2枚にならざるをえない。相変わらずの片方ICカードで片方磁気定期。ちぇ。
ま、PASMOのピンクのカードよりSuicaのグリーンとペンギンのが好きなので、乗り換えについてはあまり乗り気じゃなかったし、いいことにしよう。

定期は仕方ないんだけど、磁気定期で通らなきゃいけない地元私鉄の改札がウザイ。やたらとPASMO(およびSuica)専用改札機が導入されてるのだ。JR新宿駅ですら、各改札口のSuica専用機はあの台数に対して2台くらい(のはず)なのに、なんでうちの地元くらいの規模の駅で専用機を3台も設置するんだ。普通の改札機が無駄に混雑するんですけどしかもかたまって配置されていて、それが階段の近くなので変に大回りさせられたりもする。非効率的な人の流れ。
専用機の導入台数と配置を決めた奴に「バカたれ」と言ってやりたい

ゴミの悪戯

自宅の最寄り駅は地下鉄駅。
地上へ出るにはエスカレーターとエレベーターと両方あるが、いつもはエスカレーターを歩き昇っている。運動しないからせめてもの運動。
今日の帰りは珍しくエレベーターに乗ることにしてみた。
しかし。
待てど暮らせどエレベーターが降りてこない。エレベーターに乗ることにしたのは、ちょうど目の前で親子連れがエスカレーターに乗ったので、いつものように歩き昇れないな~と思った(エスカレーターは1人分の幅しかない)からだったのだが、2フロア分のエスカレーターを乗ったより長く待ってもエレベーターが降りてこない。
何人か一緒に待ってたけど、どう考えてもおかしいくらい来ないので、結局親子連れもとっくの昔に去ったエスカレーターをいつも通りに歩き昇った。
地上に着いてエレベーターをチラリと見やる。中が見えるのだが、ボックスは地上にいた。煌々と電気が点いているし別に故障した様子にも見えない。変ね~と思いながら通り過ぎようとして、ふと扉が細く開いているのに気付いた。床を見ると茶色の小さな壜が落ちて扉に挟まっている。リポDとかの栄養ドリンク系っぽいのが。
とって返してズコッと引き抜いた。
ほんの3cmくらいの隙間はあっさり閉じて、エレベーターは無感動に降りていった。

誰だよ、迷惑な
「ゴミはゴミ箱へ」すらできない人間ってどうかと思うよ。実際にはいっぱいいるみたいだけど。淋しいね。

淋しい話で終わるのも哀しいので、一つゲームニュース。
『ファイアーエムブレム-新・暗黒竜と光の剣』DSで8/7発売決定。
18年前にファミコンで発売された初代FEがDSで帰ってくる。SFCで「紋章の謎」と2部構成で出た「暗黒竜~」ではなく、元祖FC版のリメイクらしい。
画面写真があるが…何、このちょっぴりリアル系なマルスやエリス姉様は柔道選手かと思うような鎧兵はドーガですか?…ほっそり甘めマスクの優等生マルス王子の方がいいなあぁ~~
結局ちょっぴり残念なシメだな。

火狐

仕事中、Webブラウザ画面は最低7つは開けていないと仕事になりません。つか、会社のPC起動したら、まずその7つのサイトを立ち上げるしね。よって当然ながらタブユーザー。ブラウザ以外にも、4つくらい別ソフトを同時に起動しなけりゃならないし。

自宅じゃIEですが、そんなこんなで会社ではNetscapeを使ってました。でもだんだん色んなサイトがネスケに対応してくれなくなってて…Yahoo!の検索画面が化けるようになるに至り、ついに話題のFirefoxに乗り換えました。
軽いし便利ね、これ。
一つのフォルダにいつも使うサイトを登録しておけば、「すべてタブで開く」ボタン一発で全部開けてくれるし。印刷プレビュー画面も見やすいし、小さなところに気の利いたデフォルト値設定があってなかなかですわ
気に入ったので、会社で使っている2台のPCの両方とも切り替え。チームの子たちのも、勝手に変えてやろうかしら(笑)

記事を書く前にFirefoxについて軽く検索かけてみたら、「Firefoxとはレッサーパンダのこと」とあって驚いた。キツネじゃなかったんだ…!でもロゴマークはどう見てもキツネよね。
Firefoxは「テーマ」をDLすることによってアイコンとかを変化させられるけど、いつの間にか上司のPCが「ネコ」になってた。…私もやろーかしら。

にゃあにゃあ

帰宅して自分の部屋でネットして、暑いから開けている窓からずーーっと猫の鳴き声が聞こえます。「にゃーにゃー」と間断なく聞こえてくる。
………猫好きとしては気になって仕方ない
しかし前にも聞いたことのある声なんだよな。前も同じようにずっと鳴き続けていたような。
近所の飼い猫?
あるいは近所をテリトリーにしているノラ?
しかし猫が鳴き続けるってのは珍しいと思うので、なぜこんなにも鳴き続けるのか本当に気になります。…哀しい目にあってるんじゃなきゃいいけど。

この猫とは違うと思うけど、よく裏の家で「ジジー!」と呼んでいる人声を聞きます。…きっと黒猫なんだろうな
黒猫は不吉と言われたりするけれど、私的には神秘的でしなやかな感じがして好きだ。憧れの対象かな。親しみがあるのはトラ猫。自分に懐いてくれた猫は圧倒的にトラ猫達だったので

ラタトスク新プロモ

『テイルズオブシンフォニア-ラタトスクの騎士』の公式サイトで新しいPVが公開されてた~
好きだった作品の続編というものには下手をすると裏切られることもあるので、正直なところ戦々恐々な部分もあるのですが、戦闘画面なんかはスピード感があって動きがなめらかでいい感じですね。特にマルタ(ヒロイン)の長い髪が動きに合わせて自然に靡いているのには、あーやっぱりGCやPS2とは違うんだなあとハード性能の差を見たような気がしました。RPGは戦闘時間が大半だから、それだけでも面白ければなんとかなる。まあシンフォニアの場合、何よりそのストーリーが好きだったので、本当はそこに一番期待したいのですけどね。怖いので、想像も夢もあまり思い描かないようにしています

それにしてもたくさんの戦闘シーンが入っていて、中には秘奥義と思われるシーンまであったけど……ゼロスくん!!あなたその背中の羽は……!!!コレットはもう以前のPVでも羽があったけど、ゼロスくんもとなると…ロイドはどうなんだろうとか思っちゃいますね…。でもゼロスくんも前作と同じく秘奥義限定かな?ロイドはいろいろなことを鑑みて、天使化は二度としないような気がするしね~。だいたいそんなことしなくても彼はエターナルソードの契約者なんだから。まあ、EDでアンナの墓前にフランヴェルジュ置いてってるけど。そいやヴォーパルソードの方はどうしたんだろう。あれはダイクからの親心なのだから置いてくわけにもいかんと思うが。

いずれにせよあと一ヶ月ちょっとか。予約して買おうかどうしようか迷うところだな。特典が気にならないでもないが…「イセリア村立☆シンフォニア学園 3年T組リフィル先生」とか。でも一度見ればだいたい満足する内容なんだよな~クラトスが出るなら話は別だが。

話は違うがおえかきBBSの版権お題が再びファイアーエムブレムあー嬉しい楽しみ
その前のONE PIECEお題も力作揃いで、でも何しろ原作読まなくなって久しいものだから色んな知らないけれど魅力的なキャラが描かれていて、全巻読みたくなりました。どうしよう。エース気になるよエース。

主人公は王子

なんとなく付けているアクセス解析。別に集客目的とかでもどれくらいの人数の人が見ているかとかも興味はない。ただ単に検索ワードがたまに面白いから付けている。チェックするのも数ヶ月に一回くらいだね。で、本日久しぶりに見てみたところ、面白い検索ワードが。

「主人公は王子 PS2 RPG」
…王子様が主人公なRPGをやりたかったんでしょうかでもそんなのいっぱいあるよなあ。
パッと思いつくところではやはり『幻想水滸伝V』か。何せ主人公のプレイヤーの間での呼び名が「王子」ですからね。幻想水滸伝シリーズは主人公の名前をプレイヤーが付けることになっているので、各作品の主人公にはプレイヤー間共通の通称があるのですよ。1は「坊ちゃん」、2は「2主」と言ったような。で、同シリーズで「王子」という立場の主人公は初めてだった為、5の主人公の通称は「王子」になったと。ちなみに4の主人公は「4様(ヨンサマ)」。当時流行していた某韓流俳優にあやかっている模様(笑)
古いところではドラクエ2とか。「ローレシアの王子」だったねえ。つかドラクエ2はパーティー全員王族だったね。「サマルトリアの王子」と「ムーンブルグの王女」。他にもドラクエは、最初は分からないけど「実は王子様でした」ってパターンが多いかもな。シリーズ全部やってるわけじゃないけど、プレイしたうちの2作品は該当する。英雄伝説1、2(by日本ファルコム)も王子様だったなー。
あれ、でもそんなに多くもないか。テイルズは全部違うし、というかテイルズの主人公は伝統的に田舎モンが多いし(アビスは例外)、FFは…色々だなあ。でも一般人のが多いな、やっぱ。SPRGでもよければ、FEなんてほとんどみんな王子様が主人公なんだけど。

「愛がなくても 白焼き」
意図不明。本当に何が目的でこんな検索ワードなんだろう。つーか見た瞬間吹きましたよ
白焼きに愛情を注いでいる?それとも逆?う~ん、謎だ。
十中八九ひっかかったのは「恵比寿ばし 武生」に行ったときの記事でしょうが、「愛がなくても」なんなのかがとてもとても気になる。何か納得できる状況が考えられますかね?

「ジョーバ 乗りたい」
…ジョーバを試乗できる売り場でも検索してたのかな?でもこのブログで「ジョーバ」と書いたのは、サンフランシスコでリアルに乗馬したときのだけだよなあなんの参考にもなりませんね。あ、違うわ。AIちゃんちに行った時も話題にしたか。
しかしジョーバ、健康器具としては人気もあるし優秀なんでしょうが、本当の乗馬の代わりにはさすがになりませんねえ。当たり前だけど。あー、あの空と大地と馬の息遣いが懐かしい。どっか高原とかで体験乗馬させてくれるところ探してみるかなあ。

ちなみに本日、Wikipediaサーフィンでつぶれてしまいました。ふと銀魂のキャラクターが知りたくなって検索して見ているうちに、アニメの声をあてている声優のリンクにとび、そこから様々な声優のを見てさらに出演している作品(主にゲーム)の説明へとんで…という感じで。なんという無駄な時間の使い方。
ああでも最後に、本日ニュースになった新たに発見された狩野永徳の屏風絵タイトルに出てくる「叭叭鳥」ってなんぞや、というのを検索しましたが。Wikipediaでは出てこなかったけど他で分かったので満足。

おそろい

うちの職場にはドレスコードがないといっていい。だから私も毎日ジーンズとかで通勤してるし仕事中もそのまんまだ。仕事着といえるものはないが、強いて言えばエプロンがそうかもしれない。
強制しているわけじゃないが、汚れたりすることもあるのでエプロンはした方がいいですよ程度のことは新人さんに言っている。結果、職場の大多数の人間はエプロンをつけて仕事をしている。まあシャツをはおったりしている人もいるし、エプロンだってみんな自分で買ってきたものだからてんでバラバラだけど。

それが。
労働監督局の監査が入ったとこかで、今の職場に入っている複数の委託業者(我が社も含む)すべてに対し、「所属が違うということが明確に分かるよう、名札やエプロンなどは各社で統一しなさい」とゆーお達しが出た。
てんやわんやですよ。名札は委託元が業者の分もすべてそろいで作ったものだったし、エプロンなんて元々強制しているものでもなかったのに、うちの会社の場合、今の職場にざっと50人くらいはいるので、それだけの数のエプロンを(しかも会社のロゴ入りとか指定してきやがったし)作るだけでエライ出費ですよ。この苦しい時に
まあ幸い我が社には元々ユニフォームとしてのエプロンがありますのでそれを発注すればすみましたけどね。ちょうどデザイン変更をしたとかで、全社的にも注文していたのでそれに紛れ込ませてもらった感じ。

今日、届きました。予備も含めて100枚近いエプロンが。
みんな一斉にNewエプロンに。
………なんか揃ってると怖い
デニム地のエプロンなんで、服を選ばないところが救いかな。

ああ、明日は休みだ。久しぶりに土曜が休みだ。
明日が休みな金曜日ってなんて素晴らしいのかしら

つれづれとFE

FC2ブログの機能に共通テーマってのがあるじゃない。日記だ音楽だ映画だのとジャンル分けがしてあって、その下の各テーマはみんなが好きに作れる。私がもっぱら利用したり見たりしているのはもちろん「ゲーム」ジャンルだけど、共通テーマを辿っていくと、今まさにそのゲームをプレイしている人の感想が見れたりするので面白いのだ。だから自分もプレイ日記書くときは、共通テーマのリンクを張るようにしてるんだけどね。一つ前の記事の一番下にあるように。
共通テーマはまた、FC2のトップページから見ていくと更新のあったテーマほど上に表示されることから、「今どんなゲームをみんながプレイしているのか」の指標にもなったりする。今だとモンハン2ndGが熱いねえ、やっぱり。
その一方で、最新200件しか表示されないこの画面で、常に上位にいるソフトなども目に付いてくる。
「おいでよどうぶつの森」はすごいよ。ほんとーーおぉに常に上の方にいるよ。いつまでもやり続けている人がいるんだろうな。まああれは、ある種生活の一部にもなり得るゲームだからな。自分がプレイ中の「女神転生・ペルソナ」も消えるところを見たことがないかも。これの場合は、シリーズが何作もあるから、誰かしらがシリーズのどれかをやっているという事態になりやすいのでしょうね。同じ理由でFFやドラクエもあまり消えるのを見たことがない。FFなんかは「FF7シリーズ」と「FF11」と「その他のFF」と分割されてたりするけど、そのいずれも常にあるような気がするな。

そしてやっと本題。FEこと「ファイアーエムブレムシリーズ」も、常に消えることのないテーマなのだ。
FEの最新作は「暁の女神」で、これは去年私がさんざんプレイしていたとおり、2007年2月に発売された。既に一年以上経過している。でも今この共通テーマを利用している人は、必ずしも暁をやっているわけじゃないのだ。それどころか、いっちばん最初の「紋章の謎」をやっている人、GBA三部作の「烈火の剣」や「聖魔の光石」をやっている人、そして暁の前作にあたる「蒼炎の軌跡」をやっている人など、実に様々なのだ。
1作目の「紋章の謎」とその次の「聖戦の系譜」に関しては、Wiiのバーチャルコンソールで配信されているから分からないでもないんだ。でもGBAで出た奴なんかは、相当昔のものなのになあ。それでも今まさに楽しくプレイしてる人がいたりするんだよなあ。FEってやっぱり面白いんだな、と思った。とゆーだけだったりして
他人のプレイ日記見ててもね、FEは特に楽しいんだ、私的には。
FEには毎回多数のキャラが登場するけど、一つのステージで出られる人数は限られていて、必然的に使うキャラが限定されてくる。どう限定するかはプレイヤーの自由なので、見た目で決めてもいいし将来有望そうなキャラを見定めて決めてもいい。だから、1回のプレイじゃ登場キャラ全員を育てることは絶対にできないんだよね。どのキャラを育てたかによって、同じステージでも戦法が変わってくるでしょう。また戦闘中は特定キャラとの間だけで発生する会話や、キャラ同士で組んだ支援によって発生する会話などもあるので、育てれば育てた分だけ、そのキャラのことが分かってきたりする。逆にいえば、育てなかったキャラのことは分からない。
だから、他人のプレイ日記を見て、自分の育てなかったキャラの活躍ぶりとか会話とかを見るのがすごく楽しいし興味深いのよ。ホント、プレイすればするだけ、毎回違うドラマが発生したりするしね。他の人が育ててるのを見て、自分も今度はこいつ育ててみようかな~とか思ったり。
あとはFEもマニアになると、「縛りプレイ」と呼ばれる自分なりの制限ルールを設けて何回もプレイする人がいますね~。過去見かけたのは「女だけで進軍」とか「獣だけ(蒼炎・暁に出てくる半獣の「ラグズ」のこと)で進軍」とか「主人公一人だけで進軍(これはすごかった)」とかかな。FEは元々パーファクトクリアを目指そうとすればどうしてもリセットが必要になるある程度の難易度のゲームだけど、「縛りプレイ」によってその難易度が格段に上がっています。しかしその難易度こそを楽しんでしまうのが真の「エムブレマー(FEマニアの称号(笑))」なのかもしれませんね。

ちなみに去年自分がプレイしていた「蒼炎」と「暁」。両ゲームにおける主人公アイクが今年発売の人気ゲームスマブラXに出ていた為か、「スマブラで好きになって原作やりたくなった」って人を結構見かける。おそらくすべて女性と思われる。そして、なんとなく腐女子率が高いような
まあねー分からないでもないんだ。アイクは男女問わず無意識のタラシだし、セネリオはアイクしか信じてないしシノンはアイクの父グレイルを崇拝してるけどアイクは毛嫌いしてるしヨファはそんなシノンに懐くふりで手玉にとってるしティバーンは地位も性格も「王様」だしネサラはひねくれてるしライは猫だし。何よりエンディングでのアイクの後日談変化が、ライとセネリオとの支援Aでしか発生しないってのが凄い。男相手オンリーかよ。妹のミストはボーレとの支援Aで結婚後日談がちゃんとあるというのに。だから「ガチホモ」とか言われちゃうんだろうなあ~でも面白いけどね。
「そっち系」の視点でのプレイ日記を見るのも面白かったりします。得てして暴走した感想だったりするので(笑)
そーいや蒼炎の2周目プレイは最終章前で止まってたなあ。いつクリアしようかね。

インフレ

先週、先々週と土曜出勤が続いて休日は日曜だけだった為、その貴重な休日はほぼ一歩も外出せず、家にこもる日と化しておりました。そしてペルソナ3やってた

いい加減、長い気がしてきたぞ。「夜」に出かけられるところが他にないからといって、タルタロスに毎晩通う必要はないよな。毎晩通ってるからプレイ時間が長くなってるんだろうし。てゆーか、ふと気がついたら主人公以外の仲間のペルソナが育ちきっちゃってたんだよね。もう覚えるスキルがない。まだスキルが増える余地があるのは、美鶴、順平、アイギス、コロマルだけだ。
とゆーいわばレベルインフレ状態だったので、10月満月が過ぎて真田先輩と天田君が覚醒してペルソナが変化してくれたのは本当にほっとした。よかったーこれで育てる余地ができたよー。
10月半ばの中間テストを終えた現在で、主人公が確かLv58。他は55前後。攻略サイトによると、そろそろ主人公のペルソナも最高レベルに近くなってきてるみたいね。幾つかのアルカナでは、コミュマスターを除く最高レベルのペルソナをもう作ってしまっていたし。

コミュといえば、不良僧侶のコミュ「塔」をマスターしたのに続き、他校のエース・早瀬とのコミュ「星」と、悪徳業者たなか社長とのコミュ「悪魔」もマスターしました。…男ばっかりだな。
「星」コミュは、最高威力のミックスレイド技?の「ハルマゲドン」を出すのに必要だったから、最初から絶対マスターするつもりだった。とはいえこれに必要なもう一つのコミュ「審判」はまだ発生してもいないから、ハルマゲドンは相当先のことになりそうだけど。うーん、早く見たいなー。
早瀬君ともたなか社長とも、コミュマスターして「確かな絆」を結んだわけだけど、なんか「塔」の無達坊さんほどの感動はなかったなあ。早瀬君の場合、家庭の事情で仕方ないとはいえ、なんか夢を追う終わり方であってほしかった気もします。まあ、諦めてるわけじゃないし「今は」家族を支えるという道を選ぶのも、素晴らしい事ではあるけれどね。
たなか社長は…最後まで「たなか社長」だなという感じであれは改心じゃなく、お金がありすぎて使い途がなくなってきたから今まで使ってなかったところに試しに使ってみようかという事にすぎないと思われるまあ、あの人はあれでいいよ、うん。とにかく彼の場合、会う度にコミュレベルが上がってくれて楽なのでマスターしてしまったという感じ。でも「悪魔」のペルソナは強力で使い勝手のいいのが多いから好きよ

そろそろ女の子とのコミュもマスターしてみたいなあ。とはいえ、こっちだと恋愛要素が絡んできて、一度「特別な関係」状態になると他の女の子とのコミュ上げがやりにくくなるみたいだからなかなか面倒だけどね。こまめに好感度上げていかないとレベルも上がらないし。…手っ取り早く上がりそうなのは、古本屋の老夫婦の「法王」と余命幾ばくもない青年の「太陽」かもしんない。あと、キャラとしては嫌いだがペルソナが魅力的なので、グルメマスター・末光の「月」も上げておきたいかも。

ストーリーの話してなかった。荒垣に関しては…攻略サイト見てる関係でネタバレしてたから驚きはしなかったけど、なかなか重い話になりましたね。特に天田君があの年齢でそんだけの想いを抱えているのは辛かったろうにと思ってしまいました。立ち向かうことにした今も、それはそれで幼い身には大変に見えて痛々しいです。仲間達、お兄さん・お姉さんなんだから守ってやれよ。
荒垣のイベントに関しては、祭壇で独語する真田先輩の方がちと萌えでした遺影に向かって声をかける最初の爽やかな笑顔がステキでその後の歪む表情との対比としても良かったっす。

さーて満月シャドウは残り一体?とみんな言ってるけど、ストレガもいるしまだあるでしょーねー。しかし一ヶ月に一度しか事態が推移しないというのは、なんかだんだんトロくさく感じてきたぞ。早く進め。というか、自分がどんどん日にちを経過させればいいんだろうけど、どうにも貧乏性で金を稼ぎにタルタロスに通ってしまう。装備品高いしさー。
そーいや一時期あれほど問題になっていたチドリは、最近は単なる順平の惚気の話題にしかなってないぞ。姿も見ないし。そろそろフォローがほしい。

えきねっと

6月は京都と北海道に行くことになりそうです。どちらもだいぶ具体化してきたので、とりあえず今日はネットで京都までの新幹線を予約しといた。
座席指定もできて決算はクレジットで終わりで、切符の受け取りは最寄りの窓口か自動券売機でOKってのは、あらためてほんとーおぉに便利だよねえ。ものの10分で終了。楽だなあ。
帰りはどのくらいになるか不明なのでまだとらないけど、まあその場で買ったっていいよな。まだどこに行くか全然具体化してないしね。

京都は、実は米国出張中にサンフランシスコで知り合った人と行くのです。サンフランシスコ最後の夜に飲んだときに「そうだ、京都へ行こう!」と盛り上がって絶対に実現させようと誓ったのです(笑)現在はあちらも帰国しており、その人に元々京都在住の友人がいるとかで、そのお宅にお邪魔させてもらいつつ3人一緒に観光をしようという計画で。
人の家に行くのだから、手土産持ってかないとねえ。やっぱり横浜名物的なものかな。鎌倉ものでもいいか。お土産を考えるのもまた楽しみだね

コードギアスR2の全話無料配信がいつの間にか6/2まで延長されているそーいうところも、ネットは便利だねえとつくづく思う次第です。

Pictrain

会社帰りの本屋で可愛らしい雑貨たちを発見。非常口とか道路標識とか時刻表とか、公共のマークとして使われているピクトグラムをデザインした雑貨。その名もPictrain(ピクトレイン)というブランドだそーだ。
分かりやすい(元が標識だからね)シンプルなデザインとポップな色がなかなかオサレですよ。ちと衝動買いしそうになりました。

それとセットで置かれていた本。『ピクトさんの本』。見開きにいきなり「ピクトさんとは、被苦人(ピクト)さんである」とあって笑ってしまいました。帯の「あの可哀想な人」にもウケる去年の発売ですねえ。確かに以前にも見かけたことがあるような。ピクトレインの宣伝の為にも、再び出張ってきたのでしょうね。
パラ読みしましたけど、日本全国のみならず世界中にいるピクトさんたちがコメントとともに紹介されていました。彼らの苦難を、落下系、頭打ち系、はさまれ系など、様々に分類しています。しかしいずれにしてもひどい目にあっている表情がない分、妙にコミカルに見えてしまう気がします。それがさらに哀れを誘う気もします。

大学の時、ユーザーの為のガイドを作りなさいみたいな課題があって、使い方の説明なんかにピクトさん(頭は○、胴体手足は線の人形ね)を使って描いたら、教授に上手いと褒められたことがあったなあと今思い出した。○と線の人形に上手いも何もないだろうと思うかもしれないけど、肩の角度や頭の角度、足の曲げ方なんかで、驚くほど表情豊かに見えるものなんだよ、彼。とゆーことに高校の頃に気がついて、以来レポートなんかでイラストがあると効果的な場合にはよく使ってました。懐かしいな。

はじめに戻ってピクトレイン。
ミニボックスなんかピルケースみたいで可愛くていいな。旅行先でのアクセサリー入れとかにも良さそう。何個か買ってもステキかもしれない。と思ったけど、ただそれだけの理由で1個1500円を衝動買いする気にはなれなかったので買わず
お金は(なるべく)計画的に使いましょう。

野毛山動物園

野毛山動物園。横浜市民にとってはもっとも馴染みのある動物園なんじゃないだろうか。最寄り駅はやはり桜木町駅かな。桜木町っつったら今じゃすっかりみなとみらい地区への玄関口のイメージが先行してるんだろうけど、その反対側にあるのが野毛地区。市立図書館とか音楽堂とか科学館とか文化施設が多く揃っているし、野毛といえば大道芸が今は有名かも。でも元々は古くからある繁華街で、小さな飲み屋さんとか飲食店がすごく多い地区でもある。桜木町へ来たなら、昼間は綺麗なみなとみらい地区で過ごしても、夜は野毛側に行ってみた方が大人は楽しいかもしれないよ(笑)
で、文化施設が連なるあたりはずっと登り坂だったりするんだけど、そのてっぺんに緑深い野毛山公園があり、その中に野毛山動物園がある。

小学生の頃、遠足で行った。たぶんそれが最初。
大学生の頃、花見をしに10年ぶりくらいに行った。それが二度目。
小学生の頃は気がついてなかったけど、この動物園、入園料がタダなのだ。無料。でも立派に動物園。キリンだのライオンだのワニだの一通りいる。ゾウは、戦後直後からずっといた「はま子」が数年前に死んでからはいないけど。
のんびりしていて間近で動物たちと触れあえるしその上タダだし、いい場所だな~と学生時代も思ったのを覚えている。まあ、なかなか行かない地域なので以来また長いこと行ってないけれど。

母が行ったことがないらしい。というのをさっき夕食をとりながら初めて聞いた。
おいおい、いくら出身は東京下町とはいえ、何年横浜に住んでるんだよ、あり得ないよ。ということで、今度お友達と行くことになったそうだ。
……ちょっと羨ましく思う自分がいたりして

通勤読書

横浜の自宅から新宿の職場まで、通勤時間が1時間半以上ある自分にとって、その時間に何をするかは結構大きな問題。といっても、なんもしてなくても過ごせるんだけどね、自分は。音楽聞いてなくても読書してなくてもゲームしてなくても、ぼーっと考え事したり人間観察したりで過ごせます。つか、学生時代から続くこの「電車内時間」の大半はそうして過ごしていたと思う。別に苦痛じゃないんよね。
でもまあ最近はずっと読書時間になってます。やっぱゲームするよりは本読んでた方が楽だなあと思ったり。ゲームの方が頭使うし(と思う)。
そんなわけで、最近はふと本屋に立ち寄って3冊くらい買い込む、というパターンが何度か続いている。元々週イチは必ず本屋に寄る習慣があったけど、最近は週に2、3回通っている。買わないときも多いけど、目星は付けたり。そして翌日買ったり。なんかもう、本屋を歩いて目についたものを適当に買っている。電車で読むことを考えて、いつも文庫か新書だけど。
こーゆーやり方してると金の無駄遣いなんだよ。部屋にしまわれる場所のない本が増えるんだよ。と思いつつも今日も買ってきてしまった。まずいな。
それもこれも、図書館カードの更新をしていないのが悪い。一年ごとの更新なんで手続きしなきゃならんのだけど、行くのが面倒で。しかし借りられないと買ってしまう。それはよくない。いい加減行かないと。ああ、今度の土曜日出勤だからいいかも。

現在、買ったはいいが読んでなかった蔵書がないかどうか漁ったりもしている。こないだ見つけた乃南アサのなんて、いつ買ったのかも覚えてなかった。とりあえず次は親の蔵書も漁ってみようかなと思っていたり。母のだと、キリスト教関係が多いので面白くないんだけどね~。ああ、遠藤周作とかならあったような。読んでないのあるかな?

預言と予言

「ノストラダムスの大予言」とかキリスト教の「イザヤの預言」とか、耳にしたことがある人は結構多いんじゃないかと思うが、「予言」と「預言」は違うものだと理解しているのはどれくらいなんだろう。正しい意味はおいといて自分的率直な印象は、「予言」はうさんくさい、「預言」は聖書の言葉、ですね。
なんでこんなこと言ってるかっつーと、新作ゲームに「世界を書き換える預言書RPG」なんてジャンル名がついていたからなんだけど(笑)

AVALON CODE(アヴァロン・コード) DS 2008年秋発売予定
「預言書を書き換えるRPG」ってなんぞや。ひたすらそこが気になります。絶対的な力を持つ預言書から「世界の滅び」を知った主人公が、世界を滅びから救う為に預言書を書き換えていくそうな。……あの、既に矛盾が見えるんですけど。「書き換えられる」「絶対的な力を持つ」預言書ってなんやねん。書き換えられる預言書に「誰が」滅びを書いたのよ。まー実際には書き換えるのに厳しい条件がいろいろあるんでしょうが。じゃなきゃゲームにならない。冒険する必要がなくなっちゃう。
意味は「アヴァロン法典」てところなのかな。「アヴァロン」はケルト伝説に出てくる、アーサー王達が死後に運ばれた西方の聖なる島(天国みたいなもん?)のことらしいですね。絵柄は可愛くて好み。

レイトン教授と最後の時間旅行 DS 2008年秋発売
小栗旬が出演!ってのは一般的にも大きいニュースになったのかな?発表されたのは昨日だか一昨日だったかと思うが。
なんか…ゲームとして面白いことは既に評価されてるんだから、そんなにバブリーなこと色々しなくても…とかイチゲーマーとしては思っちゃうんですが。ライトユーザーにウケがいいソフトだからなー。最後まで手を抜かず!ってことなんですかね。ハリポタみたいに先細りにしない為にかな。そーいう意味ではレイトン教授シリーズを最初から三部作と銘打って出したのも戦術なのかもしれないねえ。3つで終わるなら、じゃあ全部買ってもいいかなって思いそうな数だもんね。もちろん途中が駄作なら後が続かなくなるだろうし、毎回スタッフ達が頑張って作っているんでしょうが。
レベル5にはそろそろ違う作品を見せて欲しいな。ああでも今はドラクエ9でいっぱいいっぱいかな?

ニッポンのあそこで PSP 発売中
知らなかったのだけど、最近ゲームサイトでちらちら見かけるので気になり始めたタイトル。
一応のストーリーは、主人公である宇宙ネズミ族の「ナビッチュ」が、勤務する宇宙旅行代理店の仕事として「ニッポン調査」を担当するというもの。
宇宙人ですからUFO乗ってます。UFOで日本の上空を飛び回ります。動画で見る限り、なかなか気持ちいい動き。しかも飛んでいる場所の住所が同時に表示されている。
地図と地形は3Dマップで描かれているけれど、建物などは最初はないみたい。そこを調査していくわけだ。彼の調査方法は、「ギョ」という情報を食べる魚を日本中にバラまき、奴らが太ったところでその魚影を目印にUFOそのものをウキ餌にして釣り上げ、情報をはき出させるというもの。はき出させると、食べていた情報を元にそこに東京タワーが出現したり札幌ドームが出現したり色々するんだそうだ。そーいうランドマーク的なものだけじゃなく、地元の隠れた名店とか銀行、コンビニまで表示されるらしい。当然ご当地グルメなども。そーしてだんだん地図がにぎやかになっていく、と。現実の時間とリンクしていて、夜になれば夜景も見れる。…これ、好きな人はかなりハマると思われる。つか、私も気になる。
ちなみにソニーが新たに開発した、GPSを使わずに現在地表示ができる機能が搭載されていて、都心部なんかだと、結構な精度で今いる場所を表示してくれるみたいよ。

新作ゲームじゃないけど。今ちょうどおえかきBBSの版権お題になってるせいで、昔から気になっていたゲームがまた気になってきてしまった。
Venus & Braves~魔女と女神と滅びの予言 PS2
こっちは「予言」ね。
不老不死の青年が、女神から告げられた100年後の滅び「大災厄の予言」を回避するために、不死ならざる戦士達を率いて100年間戦い続ける話。「戦いなさい、100年間戦い続けなさい。貴方の部隊を率いて…」って女神の言葉が壮絶で最初から印象深かったよな~。
主人公が不老不死になったのはどうやら事故らしく、既に300年は生きているが、それでも自分をおいて死んでいく普通の人たちに達観することができず、人に混じって生きている。ゲームでは実際100年間戦い続けるわけだが、もちろん主人公以外は成長すれば老いもするしそして死んでいく。どんなに力強かった戦士も、主人公以外はいずれ衰えるので、戦いに勝つためには世代交代をさせていかねばならない。それも、生き残り、部隊を率いる主人公の役目。あー既に切ない。
知名度は高くないと思うけど、プレイした人たちからは非常に高い人気を博している作品。世代交代には結婚と子供への能力継承などがあるので、そういったところに単純なRPGにはない「プレイした人だけの物語」が発生したりするんでしょうね。
昔から「いつかやりたいゲーム」。版権お題見てるとやりたくなる…

負傷

今朝の電車で足を踏まれた。
隣に立ってた女性に電車が揺れた拍子に。
思わず、「い゛っ!!」と声が出てしまったほどには痛かった。
揺れるのは仕方ない。混んでるから踏んでしまうこともあるさ。
しかし一言くらい何かあっても良かったんでないの。
ラッシュ時の電車で波風たてたくないので黙ってましたが。

会社に到着して内履きに履き替えようとしたら痛みがはしって驚いた。その頃には歩いていても特に痛いと感じてなかったから。
今見たら、小指のつけ根周辺が変色してきてるよ…
こりゃ腫れるなー

いつものごとくゲームニュースをチェックしようとして見つけた「えきねこ」動画人気の画像に癒された

補完。

GW中の出来事、補完完了。
ご飯とイベントとアニメ。今年のGWはそんなんでした。

GWの後は土曜出勤が続く。というわけで本日出勤でした。まー土曜ののんびりした仕事風景も比較的好きですけどね。でも家でゴロゴロするのに勝るはずもなく。ち、来週もだよ。
有給使ったっていいんだけど、6月にもしかしたら旅行が連続するかもしれないので、そのためにも今月は出勤しておきたい。別に有給はいっぱいあるけど、こう、雰囲気的に今月も来月もってのは気が引けるでしょ。めんどくさいし変な話なんだけどね。今の職場ならそんなこと絶対言われたりしないと思うけど、染みついた日本人的職場処世術は引け目を覚えさせずにはいられないのですよ。

土曜出勤は電車が空いているのだけが救い。とはいえ、そんな中で明らかに観光目的の浮かれた集団を見かけると理不尽なイライラが沸き起こらないでもないけど。静かなら気にならないんだけど声がうるさかったりするとね。
ま、そんな自分こそ哀しいなーとは思うのですが。人の感情は難しい。

NHK BGM

夕飯を食べているときは、だいたいNHKを視聴している。なんか子供の頃からの習慣。
今日もそんな感じでNHKでやってた特番?の、全国の鉄道を紹介する番組を眺めていたら、すごく聞き覚えのあるBGMがかかった。
ガンダムSEEDだわ。SEEDの次回予告の時の曲だわこれ。それが富山県のライトレールとゆー、いわば近未来的路面電車みたいな奴の映像とともに流れてきたよ
この手の出来事は割とよくあることだけど、多くの場合、元になった音源の方のイメージが強いので「この場面でこの曲か~」と感慨深くなってしまうことが多いね。あ、でも今日のは結構良かったですよ。いわば電車がストライクガンダム(=SEEDの主人公初期搭乗機体)のように登場したイメージでしたから

…エピシェールの新作パン「もちもちマフィン」はかなりのヒットだ。今日はチョコチップにしたから、今度はプレーンを買ってみよう。これ書きながら食べてました

お礼状

仕事してたら、バイト君が私宛の手紙を届けに来てくれた。
部署宛の荷物や郵便は毎日いろいろあるが、個人宛のものとゆーのは結構珍しい。しかも手紙なんて。
差出人を確認したら、米国出張先でご一緒した1人だった。結婚したばっかりの人ね。
内容は先日の飲み会の時に渡したお祝いに対するお礼。ごく小さな便せんにさらっとだけど、なんでもかんでも電子メール(または携帯メール)で済ませてしまう昨今、きちんとお手紙でお礼状をいただいたのはかなりの感動でした。ちゃんと手書きしてるし、名刺は渡してあるけど職場の住所長いし(とゆーか部署名が長い)一人一人にお礼状を送るのは手間がかかるでしょーに。律儀な方だなあ。さすが営業さんというべきか。
手書きの便りというものの大切さ、その力を再認識させてくれた出来事でした。

5月1日からの日記はさかのぼって更新する予定。
GWの前半はおでかけ、後半はアニメ見てた。その辺をいずれ。

コードギアス

暇な連休があるとアニメの一気見がしたくなるらしい。前もGWにガンダムの耐久鑑賞会とかやったなあ。
『コードギアス 反逆のルルーシュ』を見た。きっかけはSCCで9ちゃんに「コードギアス知ってる?」と聞かれたことかな。ちなみにIZちゃんも9ちゃんもギアススペースで参加してたので、それもある。
まあとにかく名前は何度も聞いたことあるし人気あるし、Yahoo!動画のレビューでも「面白い」と言われているので見てみようと思い立った。最後のが一番大きいかもな。レビューはいわゆる「ファン」的な視点で書かれていることが少ないので、一般視聴者の視点で見て面白いか否かの指標として見てます。

結果。
うん、面白かった。今、続きを『R2』としてやってるだけあって、最後が思いっきり「つづく」状態で終わってるけど、R2で本当にちゃんと続きをやってるのでいいんじゃないかな(R2も5話まで全部見た)。でも、これを本放送のときに見てたら「なんじゃこりゃあ!」と叫びたくなるような終わり方ですがね
全25話なのもあって、話がとんとん拍子で進むので見やすい。あと、割と一話で一つの出来事を終わらせている感じなので、見ててストレス溜まらなそうな気がする。もちろん例外はあるけど。最終話とか。
以下、箇条書き感想。

・ナイトメアフレーム。起動キーがどう見てもUSBメモリ。
・同。操縦桿が、ボタンといい動かし方といい車のギアブレーキに見える。とてもアナログな感じ。でも人間が操縦する以上、インターフェースはアナログなのがいいかもね。
・紅蓮弐式ステキカレンの女の子なのに近接戦闘でパワフルな戦い方が好き。
・いつもならランスロットみたいなスピードタイプを好きになりそうなんだけどな~。なんだろ、乗り手の運動能力も機体性能も反則的なので面白味が感じられなかったのかな?
・ゼロのいちいち芝居がかった仕草・口調が笑えるようでいて、最終的には「奴にしかできない」と納得させられてしまった気がする。でも絶対あんなアヤシイ人に近づきたくない。
・ディートハルトのクレイジーな口調がいいっすね。ラクシャータの「ああ気持ち悪い」も良かったっす。脇役の演技いい。
・ミレイ会長のお祭り、楽しいのでもっと色々やってほしい。唯一ルルーシュをこき使える方。
・R2のルルーシュ、コンタクトレンズの着脱が華麗すぎ。
・弟の「ロロ」って安易すぎだろ。
・関係ないけど「ルル」って聞くと「花の子ルンルン」を思い出す。

とりあえずそんなとこか。
R2はルルーシュに制約が増えてるせいか、常に緊迫感があって最初っからトップスピードで飛ばしてる感じで面白いね。正体知ってる人間が増えて、その「正体」にしても「出自」と「ギアス」と「ゼロ」と段階がある上に、「記憶をなくしているフリ」まで必要でもう何がなんだか。ルルは頭いいねえ。
でも結局のところ、彼の正体を完全に知っているのは未だに皇帝とスザクだけなのか。C.C.らはおいといて。面白いな~。(ん?機情は知ってるのか?…面白くないので知らないの希望)
R2でC.C.らの謎と皇帝の目的は明らかにされるんでしょうかねえ。皇帝なんて、C.C.のことだけじゃなく、ルルーシュが何かするのを期待しているように見えるんだけど。暴走したとき「やりおったわ!」とか驚喜してたし。あーでもそれもC.C.のことなのかな?皇帝のとってもわかりやすい悪役声も好き。てゆーか主人公からして悪役声だし、悪い人だらけのアニメだよな、これ。
R2は無料配信中なのでオススメ。全話見られるのは11日までだが。

SCC

2日金曜夜、仕事後にC姉とともにCちゃんちに集まって宿泊、翌日スーパーコミックシティことSCCに一般参加、とゆー感じで過ごして参りました。

1日はCちゃんの誕生日だったので、行きがけにホールケーキを買ってった。ちなみによく考えてみたらホールケーキを買うのって人生初体験だった。もちろん名前を入れてもらうよう頼むのも。…うーん、誕生日祝いというもの自体、我が家ではあまりやらないイベントだったし、幼い頃はあったけど、ケーキは基本的に母の手作りだったからなー。うん、マジで市販のホールケーキって買ったことなかったわ。貴重な体験ありがとう、Cちゃん。

ある意味通い慣れたCちゃんち、「自力で来てー」と言われたが、各停の駅の方からの道のりはまだダメだった模様(急行も停まる大きい駅からなら問題ない)。久しぶりに道に迷った電話で道順確認して無事到着。
着いたら近所の飲み屋さんへ晩ご飯をいただきに。安くて小さくて美味しい店がたっくさんあるCちゃんち周辺は本当にうらやましい環境だ。この日のお店もうまかった。階段下の席もアジがあってよろしい。アジの炙り焼きの脂といいほうれん草のおひたしといいエビスビールといい旨かった~
多少余裕を残して帰宅。ケーキがあるから。
しかし帰ってからも途中で買った餃子を肴に更に飲んでましたが。忘れそうになったところでケーキも食べた。ちゃんとロウソクたてて吹き消してもらいましたよちなみにケーキ嫌いなC姉がいるので、最小のホールケーキ(直径12cmくらい?)を選んできてました。正解でした。

金曜深夜にやってる『マクロスF』が見てみたいと私が言い出した為に、それが始まる午前2時くらいまでだべったりWiiでYouTube見たりして時間つぶした。マクロスFはYahoo!動画の無料配信で1話を見て、映像と音楽が綺麗だな~って思って興味を持ったのだ。生放送は見たことなかった。
見た。面白かった。できるだけ今後も見よう。
Cちゃんも面白かったらしく、その後YouTubeで第1話を探してみたり(笑)そんなことやってるうちに初代マクロスの映像とかも出てきて、C姉と思い出話をしたり。見た記憶がないんだけど、何故かあらすじとキャラは知ってるんだよな、マクロス。あと「愛、おぼえていますか」。まれにあの旋律が頭を占領することがある。なんでだろう。
マクロスな夜を過ごした後、就寝。

翌朝、純和風なCちゃん手作り朝ご飯を美味しくいただき、全員メインの目的がないのでお昼という気の抜けた時間にSCC会場へと乗り込む。なのに会場入るのに、朝と同じルート(おそらく。恐ろしく遠回り)で会場入りさせられた。超ブーイング。
SCCは入場料代わりにカタログを買って中に入るわけだが、目的もないのに重たいカタログを持つのが嫌だった自分は、お金を払ったときに「これ、いらないって言えます?」と聞いてみた。案の定とまどった反応をされ「再入場の時に必要になりますから…」とか言われたが、んなことするわけあるかいと内心でツッコミながら「結構ですから」と受け取らずに突破。C姉とCちゃんに「勇者」と言われた。なんでやねん。
まずは本日最大の目的といえる、IZちゃんと9ちゃんへご挨拶IZちゃんは毎回、無事な姿を見ることで安心します。いつも楽しくてかっこよくていいなあ。あ、今回は可愛い格好でした(コスプレにあらず)。相方さんと髪型から服装から本当にそっくりで、「一緒に暮らすってすごい」と思わされた。
9ちゃんは本当にマジで久しぶり。そしてなんでまたそんなジャンルで相変わらずのオヤジをという本を前に、相変わらずの話しっぷりで安心したぜひまた飲みとか行きたい。Cちゃん、頼んだ。
その後C姉は、前日夜から綿密にチェックしまくっていたスペースを求めて1人旅立ち、私とCちゃんはゲーム系・テイルズスペースを軽く冷やかし(Cちゃんがゼロス君に会いたがった)、寄ってみたかった手芸系スペースへ。アクセサリー目的。
私は初めてだったのだけど、あんなにたくさん出ているとは思わなかった。すごい数だったよ。あれだけあれば中には拾い物もありそうだよな。結構繊細で美麗なビーズアクセサリーとかもあって、みんな安いし良かったわ。今度からは手芸系スペースも必ず寄るようにしよう。
今回はイヤーカフ?を1つだけ買った。ピアス開けてない自分にとってイヤリング以外の耳のアクセサリーって貴重。片方だけってのがまた可愛い。ロングネックレスも気になったけど、あの中では比較的高かったので躊躇して買わなかった。でも普通の店頭で見たなら安い値段だったよ。場の魔力に惑わされた。

そんな感じでSCC終了。銀座までタクってご飯食べて帰りました。
ちなみに銀座でデモによる渋滞に巻き込まれた。デモ隊の「9条を守ろう!」の声を聞いて「あ、今日って憲法記念日かー」と漏らした我々の反応は、多くの日本人に共通する感慨に違いないと思ったのですが。

エスパーニャ

木曜日の夜という珍しい日にみんなで集まってご飯。メインの目的は計画中の旅行代金の支払いだけど、せっかく集まるのだから美味しいところに行こうということで、いつものごとくHちゃんご紹介のお店へ。今夜はスペイン料理のエスパーニャ。新宿駅南口から徒歩5分くらい?南口での待ち合わせって割と無謀だよね~。むっちゃ人多いもん。つーわけでなるべく端っこのルミネ1の前で待ち合わせました。

結構有名らしい。そして昔からの店。お料理は正統派スペイン料理って感じでしょうか。いや、正統派がどんなんだと言われると困るけど。
Hちゃん的おすすめはサングリアとパエリアだったので、サングリアのデキャンタ(大)と、パエリアも2皿頼んだ。サングリア旨いあっちこっちでよく飲むけれど、これは素直に美味しかったわ。もちろん甘いんだけどね。しかし5人で飲みながら(そのうち4人は明らかに「飲む」方)食事の終盤まで最初に頼んだデキャンタ大で保ってしまったので、コストパフォーマンスもいいのではないかしら。
パエリア・バレンシアスタイルパエリアは久しぶりだったかも。お焦げはあまりないんだけど、お米の固さといいパラパラ感といい、かなり好みでした。写真の「バレンシアスタイル」とイカ墨を頼んだんだけど、イカ墨のが好きだったな。てゆーかイカ墨って旨いよな、うん。まあ見た目は真っ黒なんで炭が皿にのってるみたいですけどね
結構な品数オーダーした気がするけど(お酒もボトル1本追加したし)、結局5000円くらいだったよな。リーズナブルな方じゃないかしら。今回はあれもこれもと頼んでしまったけれど、ちゃんと考えてオーダーしたらもっと値段下がると思う。

旅行プランは、北海道初上陸だというRさんの「北海道といえば○○」というイメージに沿ってプラン立てすることになりました。○○を挙げてくるようRさんに宿題を課した上で、また後日集合予定。
Calendar
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。