スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニャンコとシェリー

浅草は今戸神社に再訪してきました。なんでって実物大ニャンコがいらっしゃるからですよ。しかも今は黒ニャンコも。
相変わらずたくさんの普通の招き猫に混じって白黒ニャンコが鎮座ましましておりました。ああ馴染んでいるような浮いているような。そこがステキちと写真は上手く撮れなかったので割愛。
今戸神社は縁結びの御利益があるとのことで、たくさんの絵馬(招き猫柄)には恋愛事のお願いがたくさん。「息子に嫁を」という母親の必死のお願いから、「キュートで××で(忘れた)美脚で…」とやたら具体的だと思ったら最後に「○○さんと結ばれますように」と実名出すなよ!とゆーものまで色々ありました。おもろ。

でもって浅草寺もぶらりと巡りつつ、銀座へ移動してご飯。

本日のお店、しぇりークラブ。なんとなーくスパニッシュが食べたいとゆーかパエリア食べたい気分だったので、銀座でスペイン料理で検索してみた。銀座でパエリアといえば銀座エスペロとかも有名だけど、行ったことあるし、あーゆー明るい食堂的なのよりバーっぽいとこに行きたい気分だったので。
その名の通り、シェリー酒メインのお店。世界最多の品揃えということで、ギネスに登録されてるそうですよ。小さなビルの1階入り口からすぐ階段を上って2階がお店。壁から天井から黒くてなんだかワイン蔵の中のような雰囲気。カウンターとテーブル席が数席。席間隔は狭いけど、それこそがこの店に合っている気がしました。望み通りの雰囲気だ
シェリー酒のお試しセットとゆーのがあって、3種類のタイプの違うシェリー酒と生ハムとチーズとオリーブの盛り合わせが付いて2415円というので、少し高いかな~と思いつつ注文してみた。が、しっかり3杯分あるのでこれはかえってお得だと思った。グラス、普通のとほとんど変わらないんだもん。それでいて辛口3種とか取り混ぜて3種とか選べるし。
店の売りはシェリー酒なんでしょうが、料理も美味かった持論というか経験則で、「お酒にこだわりのある店は料理も美味い」と思っているんだが、この店もそれを証明してくれましたね。食べたかったパエリアはイカ墨のを注文したのだけど、美味しかった~。なんか今まで食べたイカ墨のパエリアとはちょっと一線を画す味だったよ?好みにもよるでしょうが、私はとても気に入った。あとは鹿肉のロースト。季節物のメニューだったが、これがまたやわらかくて肉の味がほんと美味しくて絶品でした。ああ、酒がうまいよすすむよ。
結局、お試し含めて5杯くらい飲んだかな?料理が美味しいと何故か悪酔いもしないね。ほどよく体を温めつつお腹と舌は充分満足しつつの帰途となりました
スポンサーサイト

my game 2008

今ごろ今さら2008年の自分プレイゲーム総括。いやまあ、まとめておきたいと思ってたし。

ドラゴンクエストIV(DS スクエニ) 未クリア
テイルズオブイノセンス(DS バンナム) クリア
DS文学全集(DS 任天堂) …まあ、読んだ。
すばらしきこのせかい(DS スクエニ) 未クリア
ペルソナ3(PS2 アトラス) BAD ENDまで
タイムホロウ-奪われた過去を求めて(DS コナミ) クリア
テイルズオブシンフォニア-ラタトスクの騎士(Wii バンナム) 2周目未クリア
スカイ・クロラ イノセン・テイセス(Wii バンナム) 未クリア
クロノトリガー(DS スクエニ) 未クリア
街へいこうよ どうぶつの森(Wii 任天堂) プレイ中

…10本。うち2本は借り物だが。
しかーし、やはり1度でもクリアしているのは3本だけかよ。TOIとTOS-Rとタイムホロウ。しかもタイムホロウは借りて1日でクリアしたようなものだし。テイルズしかクリアしてないってことじゃんかまあ確かにあーゆーストーリーでぐいぐい押すタイプは先が気になるからやりやすいってのはあるけどねー。よく喋るし。
クリアせずに積みゲーになってるのがあまりに多いから、他に気になってたドラクエ5とかペルソナ4とか結局手出しもせずになっちゃったんだな。2007年の積みゲーもそのままだしな
早々にクリアできそうなのはクロノトリガーかな~。ペルソナ3の真エンディングも、少々面倒だがあと少しと思えばやる気を出しやすい。すばせかの続きをやりたい気持ちは結構ある。それは2007年から放置状態の世界樹もだが。一番ヤバイのはドラクエ4か。なんかドラクエって淡々としてるから一気にやらないとダメっぽいよな~。途中放置だけど、再開するなら最初からやりたい気もする。

スクエニとバンダイナムコ率が上がったなあ。2007年の高い任天堂率とは対照的だ。まあ2008年に出た任天堂の看板ゲームはアクション率が高かったし、スマブラもマリカーも自分は興味なかったからねえ。別にアクション嫌いじゃないんだけど。スカイ・クロラも続きやりたいけど、いつやろう。

ざかざか買ってる割にクリアしてないのはあまり気分がよくない。少しずつでも消化しよう。しばらく、特に買いたいゲームも思いつかないし。こんな状態じゃ、他のハードのゲームなんて永遠に手を出せないわ

関連記事→my game 2007

ヘンなトコに

肘にデキモノとゆーか吹き出物のよーなものができた。
昨日、職場で会議中に肘が机に触れたとき「なんか痛い」と思った。
家に帰ってブニブニしてるそこの肉をつまんでみたら、赤いものがポッチリと。
ニキビとかと同じようなものでしょうか。

しかしなんでまたこんな場所に。
初めてだよ。
不意に机に触れたりするじゃないか。痛いじゃないか。
吹き出物なら放っといてもそのうち完治するでしょうが、微妙にストレスだ。

幻影都市

MSXゲームネタで何度か名前を出したことがあるけれど、先日YouTubeでOP動画を見つけたら俄然懐かしくなってしまったのでちょっと思い出話をしてみる。

『幻影都市』と書いて「イリュージョン・シティ」と読む。その昔、マイクロキャビンとゆーところから発売されたRPG。Wikipediaで見たら1991年12月発売だそうだ。ちなみに自分はMSX版をやった。MSX版が最初に発売だったみたいね。

近未来の香港が舞台。21世紀初頭に「降魔変」と呼ばれる大災害が起こり、香港は壊滅。そして現れる異様な生物たち。しかし香港はその後、奇跡的な復活を遂げる。英・中両政府から主権を委譲された企業体「SIVA」によって。災害跡を覆うような人工プレートの上に超近代的な都市を築くことによって造られた新生香港は、プレートを境に上層エリアと下層エリアに区切られ、徹底したID管理によって、上層市民(インナー・シビリアン)と下層市民(アウター・ワーカー)という厳然とした区別が存在していた。
下層区域を管轄する警察官・美紅(メイファン)が一人の少女を保護し、それを幼馴染みで同じく下層区域で対魔掃討業者「ダイバー」を営む天人(ティエンレン)のところに連れてきたところから物語は始まる。

…非常に「濃い」ストーリーでした。なんつーか、今や定番化している様々なネタがこれでもかと詰まっていたというか。香港とかID管理とか上層市民と下層市民とかだけでも充分お約束な気がするけれど、他にも、双子とかアヤシイ新興宗教とか人工生命体とか血色の風呂とか、ごっつい鎧着てる敵幹部の中身は美少女(幼女)とか、誘拐された少女と誘拐した男の間で芽生える恋とか、敵幹部(男)とその側近の美少年は実はデキてたりとか、別の女幹部は次々と他の幹部を誘惑して利用しときながら、最後は自分のボスに利用されて化け物にされちゃったりとか、いや本当に濃かったよ、いろいろと。

当時のMSXのメモリ256kbですからね。フロッピーディスク8枚組でした。いやーよくFDドライブが誤作動起こして大変だった。初代FFもMSXのFDでやったんだけど、ドライブの読み込み音で敵が何匹出てくるか表示されるより先に分かったりしたなあ(笑)
そんなんだから、スクロールはガッタガタだしキャラも当然ドット絵なんだけど、当時としては珍しく8頭身で描かれてて、そこで展開されるストーリーとキャラの動きはなかなかスゴイものがありました。とてもドラマティックでした。初めて男同士のベッドシーンを見たよ(笑)男女のもあったけど。ドット絵だけど。なんかラスダンで、ノーヒントで「色即是空」って四字熟語を作らされた記憶があるよ。それ難易度高いでしょー!とか思いながらやってた。

端々の印象は強く残っているけれど、やはりほとんど忘れています。WiiのバーチャルコンソールでMSXゲームも配信されると知ったとき、「やりたい!」と即座に思ったのはこのゲームでした。濃い~世界観だけど、緻密に描かれた背景とかカッコイイ音楽とか全体的にとてもステキだった思い出があるので、もう一度やりたいなあと思うのですが。配信されないかなあ。ちなみにソフトはいまだに持ってたりする。動くかどうかは分からんが。

オマケで、YouTubeで見つけたMSX版『幻影都市』OP。

鋼殻のレギオス

先週から読んでたライトノベル。週末深夜にテレビつけっぱでPCいじってたらコレのアニメが始まった。いきなり高速英語でベラベラ~ッと喋り始めたのでビックリして見てしまった。しかし字幕もなく。思わず聞き取ろうしたけど、全然ダメでしたそしてオープニングが始まって、原作が富士見ファンタジアだと知った。アラ懐かしい。
そんなこんなで気になり始め、既刊11巻とのことで手頃かな~と手を出した。

世界観はどことなくナウシカを彷彿とさせる。地上がすべて汚染物質に覆われた世界。人の生きられる場所はエア・フィールドで囲われた自律型移動都市(=レギオス)の中のみ。今や地上の支配者となった汚染物質を糧として生きる汚染獣たちの襲来に脅えながら、汚染獣を自動的に察知し避けて移動する都市に拠って何とか人の営みを続けている。
そんな世界に対応したのか、汚染獣に対抗できる人間が一部に現れる。「武芸者」と呼ばれる彼らは、他の人間にはない特殊な臓器を持つことによって身体能力を飛躍的に向上させ、汚染獣との戦闘を担うようになる。都市と武芸者。この2つに守られて、人類は生き延びていた。
ストーリーは主人公のレイフォン・アルセイフ君(15歳)が故郷の都市「グレンダン」から旅立って(実際は追放)、学園都市「ツェルニ」へたどり着くところから。学園都市というのはその名の通り教育だけを行う都市で、経済活動も交通も治安も、都市運営すべてが学生によって成り立っている都市。故郷・グレンダンで、12名だけ選ばれる最強の武芸者「天剣授受者」の一人でもあったレイフォンは、ツェルニで武芸者以外の道を探そうとする。けれど様々な状況から武芸者をやめることができず、やがて汚染獣を回避するはずの都市ツェルニが暴走を始めて…という感じかな。

ツェルニの日常は一種「学園モノ」な恋あり青春の悩みありなノリ。レイフォン、モテるし。本人はまったく気付いてないけれど。一方で、汚染獣との戦い、都市の意志「電子精霊」、滅びた都市の狂った電子精霊「廃貴族」、廃貴族を欲する「グレンダン」とその女王と天剣授受者たち、という辺りがシリアス展開の要かな?といってもグレンダンの女王陛下と天剣授受者たちは、かな~~りクセモノ・キワモノ揃いで、怖い人たちなんだろうけど強烈すぎて目が離せないですね。キャラクターとしては大変魅力的。まだ全員が詳細に語られてはいないんだけど、とっても気になります。そこに混じっていたというだけでも「すごいな、レイフォン」って思ってしまう(笑)レイフォン自身は、武芸者としては天才だろうけど、性格的にはどちらかというと気弱な部類(押しに弱い、よく言えば優しい)方だと思うので。

本編は、ツェルニにグレンダンが迫ってくるというあり得ない事態(都市同士は定期的にある「戦争」期だけ接触することがあるが、同じ性質の都市同士しか接触しないようになっている。ツェルニは学園都市なので、他の学園都市としか接触しないはず)となり、女王や天剣授受者たちが一体どう出てくるのか非常に楽しみなところ。盛り上がってきてます。ので、しばらく読み続けそう

空白

週末はちと旅行に行ってました。
先週は何故かライトノベルの一気読みをしてました。そっちに集中してて他が(ブログも)おろそかに。図書館から借りた本も読んではいましたが。明日返さないと。次、なに読むかな~

週末の旅行中は当然どうぶつの森もやってなかったので今日まとめてやろうと思ってたんだけど、先述のライトノベルの再読してたら忘れた。たぶんまだしばらく再読する。森は明日やろう。

なんか寝不足な気がする。それでまた新しい一週間かと思うとちょっと「イカンな」という感じ。だいたい今週で2月終わりじゃん。3月じゃん年度末じゃん。
去年は新年度に特に新しい事がなかったから安心して海外研修とか行ってられたけど、今年は違うんよ。一つのプロジェクトは新体制に。規模は小さいけど新プロジェクトが一つ開始。あと異動に伴う研修指導。それぞれのスケジュールをって上司に言われてんだけど、今年度プロジェクトの終わりがあまり明確にできない以上、なんかスケジュールなんてのもただの無駄になりそうでやりたくないんだよな~。めんどくさがりですからね、自分。ホント、無駄になりそうだな~とか思うとテコでもやりたくない気分。妥協点は見いだしてあるし取引先から言質もとってあるし、まあそのくらいは誤魔化しつつ何とかなるだろ(確信犯)。ただ、事態が動くと状況がコロコロ変わりそうな時期なんで、アンテナ張っとかんといかんね。

呼んではならぬ

昨夜の夏目が非常に大喜びだったので、久しぶりに感想を。続夏目友人帳7話「呼んではならぬ」。

ニャンコ先生をとゆーか斑を、ひたすら「かーわーいーいーーー」と内心ジタジタしながら見てました。でっかいモフモフ獣はたまらん。しかも、なんつーかあんな優しげにも切なげにも見える態度とられちゃたまらん。原作知ってる分ある意味安心して見られるので、夏目を心配する先生(斑)を「もーかわいいんだからーーーー」とひたすら愛で見てました。原作では夏目のモノローグの一部でしかなかった「寝込む夏目を斑の姿で覗き込む先生」が見られて非常に満足ですあと、部屋でニャンコから斑姿になった時の先生も、吐息だけ感じるという演出がいいなあと。原作だとじっと見てるだけなので。とはいえその姿がまた切なくてすごくいいシーンなんだけど。止め絵の漫画と動き絵のアニメの違いだろうな。ああ、いいもん見た。

あとはやっぱちょびひげとニャンコ先生の悪口の応酬が面白かったどんどん低レベルになっていく…(笑)途中からニャンコ先生がちょびひげの口調の真似してからかってたよな。あんたらそれでも大物妖怪か。ああでもヒノエとニャンコ先生の言い合いもそんなもんだったような。愛すべき奴らですな。
夏目の「(先生の)面白い顔がさらに面白く見える」とか「どうしたんだオレ、先生が頼もしく見える」とかの、絶妙セリフも聞けて満足でした。いいツッコミだ
最後、西村君がタックルしてきて、先週仲良し夏目&多軌に傷心少年だった彼もすっかり復活して、みんな仲良く登校~なシーンがまた良かったね。

さて、来週は人魚か。「友情復活の3人」の流れ的にちょうどハマる感じだね。

嫌な予感

今週末にお楽しみがあるので、それに向けて体調を整えたい今日この頃。
しかし、きたるべきものがこない。
てか、もうここまでこないなら過ぎるまでこないでほしい。
別に自分の場合、きても体調的にほぼ変化がないのでそこはいいのだが、いっぱいいっぱい面倒なことがあるでしょ。

「言霊」ともゆーし、こーいう事を書くのはかえって呼ぶかもしれないとか思ったけれど、思い続けてしまうなら一緒だし、書いて開きなおってしまえと書いてみた。
これがコントロールできるようになれたらどんなに楽か…

免許更新

運転免許証の更新に行ってきた。
連絡葉書は12月末に届いてたんだがちょうどいい日が思いつかずにそのままにしていて、金曜日の朝、地下鉄の駅に向かって歩いてる時に「更新、行ってないじゃん!」と声に出して(マジ)思い出しました。なぜ「ド暇」だった先週末に思い出さないのか。まあ誕生日前後1ヶ月だから充分間に合ったんだけど。

ゴールド免許なのに……なんやかやで2時間はかかっただろーか。すげー混雑でした。優良運転者は講習も短いし写真撮影も別でやってもらえるし優遇されてるはずなんだけどね。申請書類と適正検査がホントにもう長蛇の列で(優良枠がない)えらい時間かかりました。新しい免許もらったらもらったで、今回からICチップ入りになったから内部情報が合ってるか確認してくれって言われて、確認端末に行ったらやっぱりここでも並ぶし。いつもなら献血とかして行くところだけど、もうお昼も間近で(午前中に行った)グッタリしてたのでさっさと帰ってしまいました。ああ疲れた。

それにしても…相変わらずどうしてこう免許証の写真ってのはひどいことになるんだろう。できあがった免許証見て「誰?」て思いました

88日目~甘い一日

本日はバレンタイン・デー。まあリアルでは普通に出勤日だったりしたんですが。チョコは誰かにあげるとかよりも、選んでいるときが一番楽しくときめく瞬間ですね~デパ地下に期間限定出張とかしてるところで売ってるチョコ達がステキでしょうがない。自分の場合、主にその形やラッピングとかが好きなんですが。チョコレート自体は別に。シンプルノーマルなのが一番です。

森では「喫茶はとのす」マスターから「ホット・チョコレート」のプレゼントがありましたよ!!
マスターとバレンタインいつもの事だからと最初のセリフをサクッと飛ばした時に「あれ?なんかいつもと違うこと言ってた?」と思って眺めていたら、飲み干したあとの自キャラの感想が「あっまーい!ホット・チョコレートだー!」と。いつも通り飲み干したカップをさげたあと、ボソリと言ってくれましたよ!→
ああー!マスターのこーいうさりげなさが大好きだ
ちなみにハートのチョコレートもちゃんともらいましたよ。ポストに届いてました。ロボ(オオカミ♂)から。村一番のイケメンからいただけるとはこちらもハッピープレゼント攻撃しまくってロボの部屋を自分好みに変えてましたからね。

今週のイナリ家具。名画は既に持ってるモナリザだったので買いもせず。うーむ、名画が揃えば揃うほど、今度はダブりという壁が立ちはだかってくるんだよな~。
お花も新しい色は咲かず。地道に地道に。

一気消化

たまりまくった読書感想、いちいち書くのがめんどくなったとゆーか、もはや溜まりすぎて一書一記事は無理とゆーか、本の内容忘れてきてるというのが正直なところとゆーか、まとめて書いてしまおうと思いました。一冊につき一言二言感想で。

屠場―みる・きく・たべる・かく 食肉センターで働く人びと屠場―みる・きく・たべる・かく 食肉センターで働く人びと
(2008/04)
三浦 耕吉郎

商品詳細を見る

スーパーに行けば美しくパッケージされたピンク色のお肉達が並べられていて、ただそれを手に取れば安全で美味しいお肉が食べられる世の中です。でも、並べられているすべて、当然生きていたのもので、そこへ来るまでにどこかで処理されているんです。屠殺。美味しい物は大好きだから、とてもお世話になっているから読んでみた。
こういった仕事って被差別的扱いを受けることが歴史的に続いているみたいですね。死が忌避されるのは分からないでもない。でも、誰かに首をひねらせ毛を毟り皮を剥ぎ血を抜かせ裂かせたものを恵まれていながら、それに目を背ける態度ってどうなのと思わずにはいられません。

クラッシュ―風景が倒れる、人が砕ける (新潮文庫)クラッシュ―風景が倒れる、人が砕ける (新潮文庫)
(2008/11/27)
佐野 眞一

商品詳細を見る

読みながら、何度か胸苦しくて泣きそうになった。阪神淡路大震災から福知山線事故、9.11テロなど、ここ十数年の間に世界を揺るがせた事件事故の現場のルポ。恐怖と痛みと憤りと、そして行動と。責任を果たそうとする姿の過酷さと尊さと重みも見せてもらった気がする。

世界を動かす人脈 (講談社現代新書)世界を動かす人脈 (講談社現代新書)
(2008/02)
中田 安彦

商品詳細を見る

これを読んでどーゆー感想を持つかに興味があった。「世界は一握りの人間達の思惑によって動いている」ということを、たっっっくさんの人名、社名、組織名で具体的に示してくれました。でもゴメン。ひたすらカタカナ続きで、どれが人名でどれが組織名なのか分からなくなってきて、文章がワタシに催眠かけてくるわぁ~な状態で読んでました。読み終えたけど。
感想。眠かった。あるいは、向上心をくじかれそうになる。

中絶と避妊の政治学―戦後日本のリプロダクション政策中絶と避妊の政治学―戦後日本のリプロダクション政策
(2008/08)
ティアナ ノーグレン

商品詳細を見る

カバーなしでは読めなかった本中絶と避妊について知る内容じゃありません。そうした生殖に関わる戦後日本のとってきた政策について、その経緯や背景を解説しています。アメリカ人が書いた本だということに興味を持って読んでみた。
今も昔も、日本の政治は政治家と繋がりのある利益団体の思惑によって動いているのだなあ~と思いました。避妊より中絶を奨励しているかのような日本の内情。避妊薬は儲からず、中絶手術の方が儲かるそうですよ。言われてみれば、それはそうだろうなとは思いますが。

今は~…宗教社会学な内容の本かな?それを最初に選んだので、もう一冊も宗教系にしてみた。なんか気分がささくれ立つ本が続いたので、癒しを求めているのかもしれない。

恒例の延期

Yahoo!のトップニュースにも即座に流れてましたけど、ドラクエ9発売延期しましたねえ。ドラクエにとってはもはや恒例行事か。
3月28日→7月11日。
かなりの延期だな。「重大な不具合」ってのが、本当に重大なんでしょうねえ。売れると分かっているソフトだから、それで無償交換しなきゃならないような重大なバグが発生しちゃったら確かに大変だものねえ、損失が。安全なソフトを発売してほしいものです。

目についたゲーム。

ティンカー・ベル DS 4月2日発売予定
ディズニーのティンカー・ベル好きな人に捧ぐってな感じでしょうか。もちろんディズニーから出ます。スクリーン・ショット見たらセリフが英語だったんだけど、これは海外版の画面なのかそれとも本当に英語で喋るのか。謎。
絵が美しいですね~。まさにファンタジーな感じでステキ。空中を飛び回るティンカー・ベルの操作はタッチペン向きな感じがしますね。ゲーム性がどうだかは知らない。

ロストウィンズ Wiiウェア 配信中
ティンカー・ベルの動きを見ていて思い出した。このゲームがちょっと気になっていたことを。
海外で開発された、Wiiウェア(WiiのショッピングチャンネルのみでDLできるWii専用ソフト)向けに開発されたゲーム。欧米で絶賛されたらしい。
風の精霊を操り、謎を解いてゲームを進めてゆく。何よりとてもあたたかい雰囲気の絵柄で可愛い。絵本みたい。音楽も公式サイトで聴く限り穏やかでとても綺麗だし。1000Wiiポイント=1000円でDLできるし楽しそうなので、ちょろっとやってみたいな~と思ったりしていたのだ。まあレビューを見ると、結構簡単で場合によっては数時間で終わってしまうらしく「1000円でも高い!」って言ってる人もいたけれど。でも市販のゲームソフトで1000円って相当値崩れしないと無理だしねえ。操作自体が楽しいゲームだとしたら、クリアしても遊べる可能性はあるんじゃないかな~と思います。

気付けばWiiウェアのソフト数も随分増えてきて、なかなか見逃せない存在になってきているかも。バーチャルコンソール(WiiでDLできる過去のソフト)も気付けばすごい数になっているしねえ。しかしMSXが増えないのが残念だ。てか、幻影都市やりたい。マイクロキャビンのソフトは無理なのか。あそこ名作いっぱい抱えてたのにな~~

マヌエル

ポルトガル料理店のマヌエルで食べてきた。
なんだかんだで3回目。結構気に入ってるのかも。駅から遠いのだけが難点。てか、今回行く前に公式サイトを確認したら、前は四谷と渋谷しかなかったのに、いつの間にか高輪と丸の内にも進出してた。丸の内に行こうかな~と思ったんだけど、携帯に渋谷店の番号が入っていたのでそのまま連絡してしまった。でも渋谷店のこじんまりした雰囲気はすごく好き。

優しい味という印象がある。決して薄味じゃないし、味も色々なんだけど。
今回の初めての味は「栗のスープ」かな。ほんのり甘い、確かに栗の味がするけれど、野菜もたっぷりなスープ。とろりとした食感でした。バカリャウ(干し鱈)の天ぷらも美味しかった。
オススメはタコのリゾット。タコが柔らかい。火が通ってるのになんでこんなに柔らかいのか。そしてご飯のひたっているスープがすっごく美味しい。止まらなくなる。店員さんに聞いたら、「日本で言う、鮭茶漬けみたい」な感じのポルトガル家庭料理だそうです。
そうそう、店員さんもちゃんと欲しい説明をくれるし、今夜はオヤジギャグも飛ばしてくれたし、楽しくて気も利いていていいですよ

窓から店内を覗いて「入れるかな~?」ってしながら入ってくるお客さんが何人もいた。地元で愛されてもいるのでしょうね。こんな店が近所にあったらいいよなあ。

面接

上司の上司が来てた。職位で言うと次長。
今いる職場は業務委託を受けている委託元のオフィスの中なので、直属の上司(課長)以外は、普段は私の職場にはいない。会議があるときとか節目とかにやってくる。今日は月一の定例会議のついでだな。
んで何故だか面接することになった。私ともう一人いる正社員と2人だけ、順番で。「たまにはこういう機会を持たないと」だそーだ。確か私は今の会社で7年目に入っているが、初めてですよ、こんなこと。「たまに」過ぎませんか。まあそれはいいとして。

なんとなぁ~く、近いうちに今の職場から異動させたいんだろうなぁ~という気配は感じた。まあ以前から、本社系のイベントにたまにお邪魔しに行くと、腕をとられて「おいでよ~」とか言ってくる人が多々いたわけだが。特に本社の方で異動(関連部署へ、または同部署の他地方への異動)が重なって人間が減った頃は。でも、私は今の職場で5ヶ年計画のプロジェクトのマネージャーをしておりまして、少なくともそれやってる間は無理だなとゆー暗黙の了解があったっぽい。
そのプロジェクトは来年度も続くのだが、おかげさまで順調に進行して事業的にはほぼ終了しているということで、規模を大幅に縮小することになっている。プロジェクトの終わり=来年度末あたり、狙われてんのかもしれないなあ~

職場が変わる、職務内容が変わるってのは、私は別に構わないんだ。かえって楽しみなくらい。日々発生する問題に対応するといった変動はあったとしても、入社してから7年間ずっと同じ部署の同じ仕事なんだもの、根本的なところは変わらないわな。まあその根本が大切なんだけど。
ただ、自分ってこれで充分?自分の能力ってこんなもん?これで満足?て聞かれると、まだ色々やってみたいよなあという漠然とした思いはある。その機会を自ら動く必要もなくもらえるってんなら、喜んで飛びつくよ。
気になるのは後任かな。「人によっては躓くかもしれない」問題が少々あるポジションなので、大丈夫な人が来てくれればいいんだけど。

むむ、気の早すぎる話を長々と書いてしまった。その前に来年度の仕事をしっかりこなせよな、自分。さらにその前に今年度の仕事をすっきり終わらせねば。その如何によっては「異動しなくていいよ」と言われちゃうかもしれないし

83日目~花模様

交配種のオレンジのコスモスが増殖しまくってる話は以前しましたが、青いパンジーと黒いチューリップもやたら増殖中。自分、なんとなく花は2×2の4輪を1カブにして植えることにしているのだが、前述の花達はそれぞれ3カブ目を作るに至っている。つまり8輪以上。
そんな一方で未だに咲かない紫のバラとピンクのバラ。紫のチューリップも咲いてなかったんだけど、これはこないだお友達から黒いバラと交換で1輪いただきましたので。ちなみに自力ではやはりまだ咲いておりませぬ。さらにオレンジのバラも1輪だけ。なんでこうバラが不作なんだ。青いバラこそを作りたいのにー!
まあ交配は気長な作業なので仕方ありませんが。花の整理をしようしようと思いつつ、なんだかんだで短時間プレイしかしてないのがよくないのですね。お花の世話は、毎日の手入れと適切な時期に大いに手をかけること。現実も同じような気がします。

名画増えましたー。好みのものではなかったので特に写真は撮らず(え)。えーとあれはゴーギャンだったかな?南国な絵。

なんでか、住人2名から特定の化石探しを頼まれ、また別の住人2名からフンコロガシ捕獲を頼まれ、さらに1名からムカデ捕獲を頼まれています。なんだこの頼み事だらけ。もはや誰がどれだったかあやしくなってきてるよ。まあそれでも短時間のプレイの間に捕まえられなければ時間切れで諦めていただいちゃうんですが。
そうそう、イザベラが引っ越してサラが来た。またネズミが越してネズミ来村。しかも家まで同じ場所。…あそこはネズミの呪いでもかかっているのか?

眠々…

この土日、私にしては珍しくやたらと寝てすごしてしまった。昼寝したら夕方になっちゃったとかはあるけれど、朝起きて、眠いからと午前中にも寝て、午後も寝たり起きたりを繰り返し、さらに夜まで23時代に寝てしまうという、ここまで寝られるのって私にとってすごく珍しい現象だ。ここまで一日中眠いのが珍しいというべきか。
で、土曜日にそれだけ寝たのに、日曜日も昼寝したし。
ええつまり"ド暇な"週末だったわけですが。
暇なら暇で、本読んだりゲームしたりマンガ読んだりのいずれかのうち比較的やってしまいたいことを進めるんだけどね~。全然やんなかったわ、眠くて。ああ、帰ってきた夏目友人帳の再読はしてたけど。でも知ってるから読みながら寝る、を繰り返してたんですが。

夏目はいいなあ~とうつらうつらしつつ改めて思った。番外編の夏目子供時代の妖視点の話で泣いた。なんか、アニメと原作で泣くポイントが変わるってこともあるけれど、原作の中でもその時々で泣く場面が変わることがある気がする。この週末は哀しい場面が特に響く精神状態だったようです。

そういえばYahoo!動画でアニメ版「十二国記」全話が無料配信されているのを少しずつ見てたんですが、やっと「風の万里 黎明の空」のとこまで来た。鈴と祥瓊と陽子の話。小野不由美の原作全巻持ってるけれど、結構人間関係とか内面描写とかエグイし鬱だよな。でも立ち向かう姿も描かれていて、そこが好きだけれど。「風の万里 黎明の空」のアニメでのラストシーンは確か昔C姉に「カッコイイから!」と見せられた気がするが、確かにカッコよかった。原作でもすっごくいいシーンだけど。今からそのシーンが楽しみだ。
てゆーか見ているうちに原作読みたくなったよ。貸出中なんだけど。妙に最初の「月の影 影の海」の超鬱な序盤(主人公が異世界に一人で放り出され、騙され裏切られ幻影に悩まされ、どんどん人間不信になって荒んでいく過程)が読みたくなってます

AEN

本日もまた初見のお店で飲んできました。AEN(あえん)伊勢丹会館店
お野菜が売りかしら。あと豚もかな。内装が非常に綺麗で明るく清潔感があり、また野菜中心ということからも、とても女性向けな感じのお店でした。実際女の人が多かった。
でも確かに野菜が美味しいね。まあそこに力入れてるんでしょうし。ゴボウの胡麻和えなどのシンプルなものも美味しいし、わしゃわしゃした葉っぱのほうれん草のサラダなんかは、少し肉厚な葉っぱの味自体が美味しかった。ドレッシングとも合ってるのでしょうが。
季節ものの、鳴門金時と寒鰤のカマ焼きが絶品でした。
シメのおにぎりが白米と玄米と選べるのも女性向けな配慮かなあ~。

本日の連れのPさんはお酒を飲まないけれど、ソフトドリンクにも色んなのがあって面白そうでしたね。すごく健康ドリンクチックな。メタボを気にする男性を連れて行きやすいお店かもな(笑)

貸してた夏目全巻を返してもらいました。ついでにまたもお祝いをいただいてしまいました。なんかもう申し訳ない感じ。でもありがとう、本当に。ちなみにこれもネコでした

再利用

今読んでいる本はハードカバーのA5?サイズ。以前買ったブックカバーでも入りません。ブックカバーは高さ21cm本までは入るんだけど、今回のは22cm本なのだ。ちょっと刺激的なタイトルなので、むき出しで通勤の衆人環視の中で読むのは嫌だ。
どーしよーーと思っていたところ目に留まったのは、先日プレゼントをいただいた時の包装紙。「おお?」と思って本にあててみたら、まさしくピッタリサイズ。折り折りしてブックカバーとして再利用させていただきました。これもプレゼントだと思ってます、ありがとう>C姉様

職場で送別、慶弔が立て続けにありました。集金担当したので、現在手元には大量の小銭が。贈り物の代金は実際には自分の財布のお金から出しちゃうからね。財布がふくれるのも嫌だし、そもそも財布に入りきるような量ではありません。だからといっていつまでも集金したときの封筒とかに入れていたら忘れそう。上司がそういった小銭を小さな缶に入れてデスクにしまっていたので、自分もそうしようかな~でもちょうどいい入れ物がないな~と思っていたところ。
Aちゃんからいただいたお菓子の缶が、大きさジャストな上にとっても可愛い缶だった。中身なくなったら早速使わせていただきます>Aちゃん

そんな再利用模様。

まとめて更新

外食続きでその日のネタがその日のうちに投稿できず、やっと今日一気に更新したよ。おかげで全体にあっさりめですが。書いたこと以外にも色々あったのにね。あったことと、一部私信。

・Y子から「まちもり買っちゃった!」のメールがきた
・高校の友達と再び森おでかけ。名画ももらったけど他にも色々もらった。愛してる。
・Aちゃんからもお祝いいただきました。本当にありがとう!!
・Aちゃんから佐々木倫子の新作「チャンネルはそのまま!」はやはりHTBが取材元だとの情報が。…買おうかな。
・週末はフラジールも進めた。近いうちにプレイ日記を。
・読書感想が1冊また溜まった
・wさんから寒中見舞いいただきました。ご覧になってるらしいのでこちらでご報告。ありがとうございました~。そして夏目にハマってるそうで…うふふふふ
・お絵かき掲示板の版権お題がFF。超絶美しいFF9絵、しかもタンタラスが豊作でニヤける。
・意外にディシディア良作みたいでちょっと気になる。しかしPSP。
・Y子のWiiがWi-Fi通信うまくいかないらしい(←超リアルタイム)

そんなところか。明日からは普通に一日一記事投稿できますかね。

水蓮月

なんなんだろう、珍しいほどの外食続き。いやいや、おつき合いしてくださる人がいるというのはとても有り難いことですよ。ちなみに先週から続く外食、すべて別人と食べてますね。今夜はAちゃんと。おひさ~~
以前にも利用したことのある、新丸ビルの穴場(だと勝手に思ってる)水蓮月(ロータス・ムーン)でご飯してきました空いてるし綺麗だし味もなかなかですよ、たぶん。オススメ。

今Aちゃんと会えば、当然話題は夏目にちょうど月曜日で放送日でもあるので、タイムリーだったね。お互い、1期のDVDも当然のように初回限定版で購入しておるわけで。2期が4月から発売開始なのだが、「4月からだね~」と言ったら「うん、もう予約した」と返された。さすが。
1期のDVDは先月4巻目が出たところなのだが、「4巻って何の話が入ってたんだっけ…名取の話と~…」と言ったら間髪入れずに「うん、柊の話ね」と返されて、Aちゃんにとって柊>>>名取なのだとゆーことがよくわかった瞬間でした(笑)
もう一つ料理に関連して。私がデザートに注文したカスタード入りまん。白くて丸くてツヤツヤでぷにふわで、中のあんは鮮やかなオレンジ色で。「ニャ…ニャンコ先生…!」と呟いたニャンコバカな女が2人。

Aちゃんの双子の姉上。一緒に夏目にハマってくださっているのは大変嬉しいのだけれども。
ある日紙粘土を買ってきて、ハリポタの映画を参考に、色落ちするといけないからと釉薬までかけて「マンドラゴラ」を作ったというのは「キワモノ…」としか言えませぬ。しかも最近それが「もげた」としょげていらっしゃるそうで…キワマレリ。

ご飯も美味しく会話も楽しく、月曜から楽しい夜でした

75日目~ラス・メニーナス

せっかくの森での誕生日を逃しました。
夜の外食続きだったからなあ…家帰ってお風呂入って「どうせもう店やってないけど水やりだけやるか~」と起動してみたら、既に村でも誕生日を過ぎていた…バースデーケーキ逃した
でもいいの。もっと素敵な事があったから。

ラス・メニーナスお友達から森経由で、お誕生祝いのお手紙とともに名画届いた~~しかも!ベラスケスの「ラス・メニーナス(女官たち)」一番欲しかったやつ~感謝感激メールを当然お返しいたしました。
この絵大好き。好きというか、絵画を好きになるきっかけをくれた絵なので自分にとって特に思い入れのある絵なのだ。スペインのプラド美術館で本物も見た。感激した。
おかげさまで、もえぎ村博物館名画の間の奥の部屋は一枚を除いて全部揃ってますよ。なんか眺めてるだけで豪華だ~たくさんのご協力ありがとうございます。感謝感謝

2月に入って街のグレーシーグレースの品揃えが変わりましたね。ゴージャスシリーズはちょっと趣味に合わなくて惹かれなかったけど、プリンセスシリーズは可愛いな…ぬおお、毎日やってるとはいえ、地味ぃ~に花に水やったり赤カブ育てたりしている程度のプレイヤーにはグレースのお店は敷居が高すぎる…!!…とりあえずカードをゴールドに変えるところから頑張りましょうかね…
Calendar
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。