スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幽霊屋敷」の文化史

図書館で借りた本。

「幽霊屋敷」の文化史 (講談社現代新書)「幽霊屋敷」の文化史 (講談社現代新書)
(2009/04/17)
加藤 耕一

商品詳細を見る
ホラ、夏だから?ホラーは苦手だし、ゲームだって映画だってその手のは絶対見たくないけど、文化論なら興味深く読めるわけで。

「幽霊屋敷」のイメージ、具体的には「ゴシック風の建築」は、如何にして「ホラー」のイメージを抱かれるに至ったのか、という話ですかね。「ゴシック」という言葉はそもそもルネサンス期の人間から見た中世の美術に対する蔑称だったそうで。しかしその後、それらうち捨てられ廃墟と化した中世の建築(教会や修道院)を舞台にした幻想小説(幽霊が出るような話)が出版され人気となり、「廃墟風の」建物を新築したりといったことが話題になり、やがてゴシック・リヴァイヴァルとゆー大きな流れになっていった、と。

冒頭とラストで、ディズニーランドのホーンテッドマンションの演出や仕掛けについてかなり詳しく解説してあって、おかげですごくホーンテッドマンションに行きたくなりましたそんな演出があったなんて知らなかった~確認したい~って感じ。とりあえず、最初の方の絵が伸びていく部屋は、床が降りているのではなく天井が持ち上がっているそうですよ。しかもあの部屋、同じのが2つあって、客はそれぞれの部屋に交互に案内されてるんだって。
あと幽霊達が歌い踊る大広間があったけど、それが18世紀頃に発明された非常に単純なローテクによってできているのだと知ってビックリでした。てっきり立体映像の類を投影しているもんかと…。人の目を騙すなんて昔から簡単なもんなのね~、などと感慨深く思ったり。

今度ディズニーランドに行くときは、もう一度この本を借りて読もう。
スポンサーサイト

せんきょ。

午前中は昨日のお酒のせいかちょっと気分が悪かったので、夕方に行ったよ、選挙。横浜市は市長選もあったしね。

いやーすごい議席数だね、民主党。ここまでとは思わなかった。
民主党への支持がすごかったというよりは、現状に対する不満の現れなのだろうなと思うけど。
あんま政治的なことをここに書くのは嫌なんだけど、一つだけ。
高速無料化はヤダな。道路行政ってさんざん問題になってませんでしたか?ほとんどの高速道路は赤字じゃありませんでしたか?それを無料化ってことは赤字分も含めて税金で肩代わりして赤字をチャラにするってことじゃないのですか?なんて下調べもせずに感覚的に思ってることを言って申し訳ないけれど。経済効果があるとも思えません。電車や飛行機の利用者は減ったわけだし。だいたい電車や飛行機は運賃払ってるよ?なんで高速だけ?なんかそこに見えない意図が働いているようで嫌な感じです。まあもっと簡単に言ってしまえば、大渋滞の高速道路の風景が非常に不愉快です。環境汚染と人口過密の象徴のようで。

林文子横浜新市長、頑張ってくださいませ。

無礼講な

本日は半日出勤。本社にて研修会。研修会の講師役が自分の勤め先の人なので、研修会でお勉強というよりはスタッフ的な立場でのお手伝い参加。
講師の人は「この人頭の回転早いなー効率化と事業の意義を理解してるなーでもフランクで話しやすくていいなー」と常々思っている人なので、講義も面白く聞きやすく、それでいて意義深くて良かったです。さすがでした。土曜日だとゆーのに二つ返事でOKしてくれたしねえ。まあその辺は研修会に参加した皆さんについてもだけどね。お休みの日だってゆーのに予測を遥かに上回る参加人数だったからねー。でも、あの講義ならたとえ「つきあい」で参加した人でも楽しかったことでしょう。

その後。お礼も兼ねて会食を。本部長御用達?の本社近所のお寿司屋さんにて。
接待相手が慣れている人だと気楽でいいわー。実際楽しかったし。一緒にお酒飲んだことなかったしねえ。取引先の一つとはいえ、もう20年来のおつき合い。しかも現本部長はその取引先との事業が始まった時の現場責任者で、実際に20年来のおつき合い。だからだろーか、おいおいそんな話していいのかよと思うくらい、お互いの内幕暴露状態になっていたような。ま、本部長が言ったんだから私が心配することじゃないけどねー。だいたい他の人があまり飲まなかったせいか、私はやたらと日本酒を勧められまくって途中からかなり酔っぱらった頭で会話してたしね。結局お銚子6本はいってたよなあ…実質3人で。帰宅までに抜け切らなかったもんなー。本部長も飲み過ぎてたんだろーな、せっかくお寿司やさんに行ったのに、にぎり頼むの忘れてたし。まあお刺身だけでもかなり美味しかったからいいけど。サンマの刺しが絶品でした

仕事だったけど楽しく食べて飲んで帰宅しました。お風呂上がったら電気つけっぱのクーラーつけっぱで爆睡してたけどね
「誘ってくれよ」と言われたので、今度はちゃんとお誘いしてみようかしらね。

Le Petit Troquet

8月はHちゃんのお誕生日月。とゆーわけでお誕生日ディナーをしてきました。渋谷のLe Petit Troquet(ル・プティ・トロケ)で。
道玄坂交差点からちょい奥に入ったところ。通りすがりに見かけた「獣肉」という看板(どうやら焼き肉屋。しかもワニとかダチョウとか)に気をとられつつ、ひっそりと落ち着いたしかし可愛らしいこのお店を見つけて入店。中も落ち着いた内装。椅子がレトロな感じでよかったなあ。クッションもね。

テリーヌお誕生日コースとゆーのがあったので、最初からそれでオーダーしてました。オードブル2皿にフォアグラ、魚、肉とゆーフルコースで大丈夫かな~と思ったりもしたのだけど、結果的に満腹ではあったけどちゃんと完食できましたね。いい量でした。
またお料理が華やかで可愛かったな~。→は最初のテリーヌ。てっぺんに添えたミニトマトでショートケーキ風に見せているものと思われ。中は野菜たちがまるでお花のようで。最初から盛り上げてくれました。私的には次のサンマのスモークが今回一番のヒットだったかもしんないけど、どちらも美味しかった。
次のフォアグラは言うまでもなく。しかも無花果と一緒だよ、最強コンビ。至福のひとときでした…
スズキお魚はスズキで。しかしどうも「どうぶつの森」をやっていると、スズキを見るたび「またおまえか」とか言いたくなっちゃってよくないね。フレンチでは結構定番だし美味しいのに。これもまたソースが美味で。スズキはソースの美味しさをよく引き立ててくれる食材なんだろーな。ホント、美味でした。
お肉は…鴨…だったよな?満腹になってきていたのもあるかもしれないけど、ここまでの料理の方がインパクト強かったのも確かだと思う。あまり印象に残っていない。美味しいけど普通でした。
ここでチーズを勧められたので、グラスの赤ワインとともに。C姉→ミモレット、私→ロックフォール等の青カビ系、Hちゃん→フレッシュタイプと頼むのがなんか定番化している。Hちゃんは変わり種好きなので他に動くこともあるけれど、フレッシュタイプの見た目に弱いよな。
最後のデザートはもちろん、Hちゃんには名前入りのロウソク付きプレートで細いロウソクだったんだけど、ほんの少しチラチラと花火が散るロウソクで、あれいいなーと思った。大人向けお誕生日ケーキに最適かと。

美味しくゆっくり食べられて満足でした今回はちょい奮発したコースだったけど、時間制限付ながらかなりお安いメニューもあるので、もう少し気楽な感じで行ってみるのもいいかなと。行きがけにもう1店舗Hちゃんからお店を教えてもらったので、そこも忘れないうちに足を運んでみたいなー。

わかっちゃいるけど

ニャンコ先生ブログパーツが「8月末で終わりだよ~」と告知されてますね。
さびしいなあ。
作品が、キャラクターが好きだってのもあるけど、この夏目友人帳に関連するキーワードをニャンコ先生が食べまくるって趣向は可愛くて面白くてブログパーツとしても好きだったのになあ。「酒」を食べると酔っぱらうし。自分のブログではカテゴリ名に「酒」があるので、先生が必ず酔っぱらう姿を見せてくれてラッキーでした。

告知には気がついていたけれど、寂しいので貼りっぱなし。リンク切れするまで貼っておこうかと。未練がましく
最後まで「酒」を飲ませてやろうと思います

TGS前に

東京ゲームショー前だからですかね。新作ゲームの発表がポロポロ出てきた。LEVEL5がまた大盤振る舞いに色々発表してきたところで、気になるものを幾つか。

PERSONA3 PORTABLE PSP 11月1日発売予定
P3がまた出る。最初の『PERSONA3』、追加拡張要素の入った『PERSONA3 FES』ときて、さらに出すとは。そんなに人気なのだろーか。
なんと今回は主人公が男女から選べるようになった。最初のペルソナの名前が「オルフェウス」なとことか設定は同じ。しかし男主人公だけだったこれまでは、パーティーメンバーをも含めたゲーム内女性キャラクターとの恋愛イベントがあったわけで。それはつまり、女主人公は男性キャラクターとの恋愛イベントがあるということ…?そこまでやんなきゃ女主人公を設定した意味ないよなあ。どんな風になるのか興味深い。

レイトン教授と魔神の笛 DS 11月29日発売予定
レイトン教授の新作が出るよってのは言ったかもしれんが、「3部作のはずじゃなかったの?」とは私も思っていた。いわく、「多くのユーザーの期待に応える形で」の新3部作展開だそーだ。ので、この後さらに2作出る予定。新作『魔神の笛』は1作目である『不思議な町』の過去のお話で、レイトン教授とルーク少年の出会いが描かれたりするそうな。
ちなみに待望の?映画化『レイトン教授と永遠の歌姫』は12月19日公開。

二ノ国 DS 2010年春発売予定
公式サイトも随分長いこと動いてなかったけど、やっと色々出てきた。スタジオジブリだ久石譲だと色々と豪華だったけど、今回発表された声優陣がまた豪華だこと。あんまり目白押しでこられると、私のような天の邪鬼はかえってひいてしまうよ。前情報に負けないゲーム内容を期待します。

ミステリールーム DS 2010年発売予定
推理もの。頭の体操もの。
持ち込まれた事件の資料から、対照的な思考を持つ2人のキャラクターが推理を展開していき、プレイヤーが結論を導く。実際にどんな感じになるのかはよくわからないけれど、新機軸の推理系ゲームなのだろうなーとは思う。

ファンタジーライフ DS 2010年発売予定
レイトン教授、二ノ国、ミステリールームとLEVEL5だけど、コレも。「暮らす」系なRPG?明確な終わりのないこの手のものには、『どうぶつの森』シリーズとか『牧場物語』シリーズとかあるけれど、これは『ワールドネバーランド』系かなあ。職を得て働くところとか。あーでも家族が作れるわけではないっぽいので、牧場とワーネバの間くらいなのかな。絵柄がいいね。ドット絵といい、古き良きRPGの匂いがする。

王様物語 Wii 9月3日発売予定
今までも話題にしているし、様々なプロモーション展開で頑張ってもいるので応援したいところ。しかしゴメンよ。9月はヴェスペリアが待っているんだ。だからすぐには買わないと思うんだ。てか9月3日はとりあえず新型PS3を買うので。当日にPS3ソフトを買うつもりはないが、ネット繋げば出来ることが色々あるらしいので、17日のヴェスペリア発売までにきちんと設定しとこー的な考えているんだ。
でも応援してるからね、王様。

夏への扉

読書感想。今回は図書館の本じゃなくて衝動買いした本。
夏への扉[新訳版]夏への扉[新訳版]
(2009/08/07)
ロバート・A・ハインライン

商品詳細を見る
ネットでどっかのランキングを偶然見て知った。ハインラインの『夏への扉』の新訳版なんてのが出てることを。なーつーかーしーーいそして無性に読みたくなった。
確かコレ、高校時代に友達から借りて読んだんだよね。当時、『銀英伝』や『アル戦』の田中芳樹作品から、このハインラインやレイ・ブラッドベリ等のSF作品などを次々と貸してくれる友人がいまして。中でもこの『夏への扉』の面白さ、爽やかな読後感は1度しか読んでないけど忘れられなかったのですよ。いつかまた読もうと思ってたけど、新訳版なんて購入&再読の絶好のチャンスじゃんと即、本屋へと走りました。

あらすじはなんとなく覚えてたけど、登場人物たちの名前などはすっかり忘却の彼方でしたが、そのおかげで主人公ダンの飼い猫「審判者ペトロニウス」ことピートの名前が出てきただけで、「ああ、ピートそうピートだよ、久しぶりーー」と旧友に出会えたような喜びを味わうこともできましたダンが苦境を乗り越えていく過程が主ではあるけれども、彼がピートの運命をも変えていくところが、イチ猫好きとしては見逃せない部分でもあります。文章はダンの一人称なわけだけど、そのダンの視点からのピートの描写が、如何に彼がピートの人格ならぬ「猫格」を尊重しているかということがよく伝わってきてとてもいいのですよ。猫好きだったんだろうなあ、きっとハインラインも

新訳版読んだら旧訳を読みたくなった図書館にあったかなあ、ハヤカワ文庫。てゆーかハインライン作品を読み返したくなったよ。『月は無慈悲な夜の女王』とかさ。そーいや本に限らず映画なんかでも思うけど、昔の訳題ってステキよねー。なんで最近は英語をまんまカタカナにしたのばっかりなのかしら。芸がないよ、配給会社。

新訳版は『アルジャーノンに花束を』の翻訳を手がけた人によるものだそう。アルジャーノンも随分懐かしいなあ。ラストの一文に感動が待っている作品だったね。『夏への扉』の旧訳がどうだったかは覚えてないけど、今回の本の最後もとてもステキでした。それだけ読んだら「どこが?」って一文だけどね。あえてそのダンの言葉を最後に掲げて終わることにしてみる。

「そう、ピートが正しいのだとぼくは思う。」

オートダブルクリック

マウスの調子がおかしい。
ワンクリックしかしてないのに、ダブルクリックされる。

ハイパーリンクをクリックすると、ウィンドウが2つ開く。
コピー&ペーストしようしてもいつまでも範囲指定できない。
プルダウンメニューが開けない。(開いてすぐ閉じる)

2、3回やってやっとワンクリック判定してもらえる感じ。
地味にすごく不便。
前にも同じようにおかしくなって、でもいつの間にか治ったのにな。
ううーん、買い直さないとダメかなあ…


目の腫れはだいぶひきました。少なくとも表面上は分からないかと。内側は相変わらず赤いけどね。でも白いかたまりは見えなくなって、ただ赤いだけになった。代わりにちょっとかゆみを感じる時があるけど、治ってきてる兆候かなと思う。

コログめぐりのタクト

プレイ続行中なゼルダの伝説-風のタクト。
この週末、買い物行くつもりだったけど腫れた右目のせいで外出意欲が極端に減退した為、結局こもってDVD整理したり読書したりゲームしたり。「終盤まできてる」と前回書いた風のタクトだけど、未だラスダン1つ前のダンジョンを攻略中です。ダンジョン入るまでえんえんと寄り道してたからね。

確か1周目は放置していた(1周目は未クリアだから今のが2周目とは言い難いが)コログのイベントを始めてクリアしてみた。コログとゆーは森の精霊みたいな種族。小さな丸太に短い手足と顔を描いた葉っぱをくっつけたみたいな姿をしている。森の守り神「デクの樹」様からタネをもらい、各地でそれを育て、森を育てるのが役目。先にこの「タネを生む儀式」の手伝いをするのだけど、その後各地へと散ったコログ達を見つけると、芽が一斉に枯れかけているのに出くわす。いわく、「闇の力のせいで芽の1つが弱った。芽は繋がっているので1つが枯れると皆枯れる。復活させるにはデクの樹様が根を下ろす島に湧き出る"森の水"を、すべての芽にかけてやらなければならない」とのこと。ところが森の水は一度森を離れると20分しか保たず、それを過ぎるとただの水になってしまう。つまり、20分以内に各地に散ったすべての芽に水をかけてまわらなければならない。
初回は「うえ~めんどくさい」と、枯れた芽と愛らしいコログ達の懇願に胸を痛めつつも手出ししませんでした。今回、風の神殿に入る前にマコレ君(可愛いコログ達の中でも一等カワイイコログ。"風の賢者"でもある)を迎えに行き、神殿に到着するまでずっと船に同乗してくれるのをいいことに、乗せたまんまやったら寄り道しまくったついでに「そうだ、コログクリアしよう」と思い立ちました。同じコログの危機を救うのだから、マコレと一緒にまわるのはピッタリだと思うし。一緒にまわったからって何か言ってくれるわけじゃないけど。乗ってる間はずっと「早く神殿にいきましょう」としか言ってくれないし
結果は楽勝クリアでした。5分くらい余裕あったんじゃないかな。最後の芽に水をかけた途端、すべての芽が一気に大木に成長して、なかなか見物でした。かけずり回った甲斐があったってもんだ。ハートのかけらももらえたし。ゲーム内だけど、「森を育てた」気分になれて良かったなと。

その他、海上で光る光の輪でのサルベージ、宝の地図によるサルベージ、もちろんトライフォースの欠片のサルベージと、もうひたすら海でサルベージしまくり。おかげさまでハート(生命力)もだいぶ増えました。トライフォースのマップ解読でチンクルにやたらと高額請求されるせいでルピー(お金)はなかなか増えないけどな。「妖精さん」に憧れているくせに金の亡者なやつめ…
そんなこんなでやっと風の神殿に入り、ボス部屋のカギを手に入れたところまでで週末は終了。ああ…短い足でちょこまか追っかけてくるマコレ可愛かった…ついて来れなくなると「きゅるる…」と寂しそうに鳴くマコレ可愛かった…フロアマスター(床から生える黒い手の形の敵キャラ)に攫われて悲鳴あげるマコレ可愛かった…(わざとじゃないよ、イベントだよ)。マコレ萌えができるのはこの神殿までだから、たっぷり堪能しよう。ここが終わったらもうラストダンジョンのはずなんだよね~。今回はクリアできるようがんばろう。

目がぁ…!

腫れました。
一昨日から。飲んで帰ってきた日ですね。帰ってお風呂入って鏡を見たら、右目の下まぶたが腫れぼったくなっててビックリ。
翌日はコンタクトをせずメガネで出社。ちょっと目元あたりが赤く。
さらに今日。下まぶた全体が腫れた感じ。内側は真っ赤に充血。目元の裏側に白いかたまり発見。違和感だけで特に痛くはなかったんだけど、たぶん腫れが大きくなったせいで、ちょっと痛い感じに。

土曜まで待つつもりだったんだけど、怖いので眼科行ってきました、半休して。
結果的に細菌感染などではなく、目に脂分を分泌する部分が詰まって脂の塊ができ、それのせいで炎症を起こしているというものでした。処方は目薬2種類。2週間は点眼を続けて、通常はそれで治るものだそう。

とりあえず一安心目はねー、もし何事かあったらシャレになんないしね。
症状としてはコンタクトレンズをしてても問題ないらしいんだけど、目薬がコンタクトレンズつけたままではできない奴だから、いちいち外すのも現実的ではないし、当面はメガネでの生活になりそうです。今日なんか腫れのせいで左右の目の大きさが違ってたしねこの週末の間に、少しは腫れがひいてほしいものです。

Familia

昨日行ったお店、Familia(ファミリア)
Hちゃんの妹さんはフラメンコをやってるらしい。で、この日は高田馬場のこの店で踊るので行かない?とのお誘いを受けまして、行ってきました。実はうちの義姉もフラメンコやってたりするのだが、私自身は見るのは初めてでした。

舞台が近っ一番前のテーブルは踊り手さんのドレスがかかりそうに見えましたよ。しかし情熱的なギターと歌と踊りはなかなかステキでしたリズムが気持ちよくてねえ。踊りメインな人と歌がメインな人とがいた。踊り手の方もあんなに歌ったりするんだ~って思いました。まあスペイン語なんで(おそらく)意味はわかんないんだけど、たぶんきっと恋の情熱とかを歌ってるんでしょう。
妹さんは2人ペアで踊ってました。うわ~似て…ないわなんか系統が違う。Hちゃんはカワイイ系だけど、妹さんはキレイ系な感じ。てか、妹のが姉に見えるしかしスラッとしてて華やかなドレスがとてもお似合いでした後でちゃんとご挨拶もしましたよ。お姉さんにはいつもお世話になっております、主にグルメで。

料理はしっかりとした味付けのもちろんスペイン料理で、お酒がすすみやすいお味でした。定番だけどハモンセラーノはやっぱうまいわ~あとは鱈が美味しかったな、ソースも含めて。ソースもフランスパンでしっかり吸って食しました、美味だった
お酒はスペインビールの後、サングリアをデキャンタで飲んでたんだけど…うーん、ワインにしといた方がよかったかな。スペインビールはともかく、サングリアはイマイチだったかも。まあ元々サングリアなんて料理に合わせるようなお酒じゃないのかもしれないけど、甘いし。しっかりした料理だったので、その味を殺さないお酒を選ぶべきだったかな。勉強しましょう。

出演していた方々はフラメンコ教室の先生と生徒というだけじゃなく、どうも一部は家族らしかったのですが、おそらく息子さんだろう、中学生くらいの少年も踊っていました。フラメンコ踊れる男子中学生ってかなりレアじゃないか?手の動きの方はまだちょっと神経行き届いていない感じだったけど、複雑で高速なステップは完璧でしたよ。カッコイイねー。ちなみに小学生の弟くんもいて、最後の方にちょっとだけ飛び入りで踊ってました。手の振りはなくステップだけだったかな。フラメンコ踊れる小学男子もきっと貴重。

楽しい一夜をありがとうでした→Hちゃん&妹さん

うすちーさい

飲んできたんですっかり遅くなったけど、これだけは今日中に言っておかねば。

薄型・軽量の新型PS3、9月3日に発売
http://gamez.itmedia.co.jp/games/articles/0908/19/news024.html(ITmedia)
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20090819_ps3.html(SCE official)
http://www.jp.playstation.com/info/release/nr_20090819_ps3.html(写真)

しかも39980円→29980円への大幅値下げで、HDD120GB。
PS2互換はないままだけど、こんだけあれば充分よ。てか自分の場合、PS3の何が一番嫌って、その大きさだったからね。

あー「夏に新型PS3出る」って噂はずっとあったけど8月になっても何も情報流れて来ないし諦めかけてたので、うれしーーーヴェスペリアに間に合った。それで万事OKよくやったSCE。

Wii『大神』

とっくに書いたつもりになっていたが書いていなかった。
昔ちょこっとここで書いたことあるけど、出るといいなあ~と思っていた「大神」のWii移植が実現したよ

Wii「大神」 2009年10月15日発売 3990円

なんてニュースはとうの昔に知っていて、ただ今日初めてWii版の公式サイトを見てみたら、「先着特典 大神名曲集」なんてものが。全42曲68分だなんて…気前よすぎ。買おうとは思っていたが、こりゃ特典こそ欲しいわ。DSクロノトリガーの二の舞だなあ。でもクロノトリガーの特典サントラは2曲だけだったけど、それだけでも感動をくれたので充分満足しているし。
「大神」自体、いつか2周目やりたいなーと思いながらやってなかったし、ちょうどいいや。Amazonでポチってくるか。
大神 特典 サウンドトラックCD「大神 名曲集」付き大神 特典 サウンドトラックCD「大神 名曲集」付き
(2009/10/15)
Nintendo Wii

商品詳細を見る

風のタクト

連日プレイ動画を見ていたら、我慢できなくなっていきなり始めた「ゼルダの伝説~風のタクト」。まー実はこれも未クリアソフトだったし。GCソフトだけどWiiでできるし。ひっさしぶりにセーブデータ見てみたら、前のセーブが2003年とかなってて「うわ~」と思ってしまったラストダンジョンのとこで止まってたんだけど、いきなりそこから始めたって覚えてないし面白くないので、もちろん最初からプレイ。

あーこのトゥーンレンダリングが気持ちいい~~ホント、自分で動かせるアニメーションって感じで好きだわ。当時はリアル路線じゃないリンクということで批判を浴びたりもしたけどね。もちろんトワプリみたいなリアル路線だってステキだけど、こーいうリンクだって私はいいと思う。その後、DS版ゼルダに受け継がれることにもなったし。
この3日ほど集中的にプレイして、実はもう終盤まできていたりするダンジョンの数的にはラスダン1コ前だもん。あれ、こんなに簡単だったっけ?短かったっけ?と思いつつやってるまあこれも先に実況プレイ動画をちょっと見たので、「あーこーいう倒し方もあるのね、なるほどー」と思ってから始めたのもあるかもしんない。動画を見たくせに、自分でやって詰まることが何度かあったりして、「アホか自分」と思いながらもやってたけど。

このゲームを自分が途中で詰んでしまった最大の理由は、このあたりから始まるラスダンに入る為のアイテム集めのめんどくささだったんだよね。そう思って、ラスダン1つ前の今からザクザクと始めてはいる。1つなんか魔物の巣窟の地下30階とかにあって、「それがなんで本編ダンジョンとは別なの!?」と言いたくなるくらいだったけど、まあやってみれば30分程度でクリアできました。こんなんが連続だと辛いけどね。もうちょい集めたら、次のダンジョンいくかねー。ダンジョンは楽しいからいい。次は風の神殿で、シリーズ中最強カワイイキャラと思われるマコレ君と一緒に攻略するダンジョンだからねあーカワイイ
ゼルダの伝説 風のタクトゼルダの伝説 風のタクト
(2002/12/13)
Array

商品詳細を見る

続・実況プレイ動画

引き続き、実況プレイ動画で。
やったことないゲーム、あるいはやれないゲーム(自分にとってのホラーゲームとか)を見ることができるってのもいいけど、遊んだゲームを自分でプレイせずに振り返ることができるのもいいなと。
零やらときメモやらは長いし面倒だしさすがに全部は見なかったけど、思わず全部見てしまったのが「ワンダと巨像」。見たのはかなり上手い人がハードモードでやってるのだったけど、おそらくイージーでやっただろう自分でも、「よく私コレ自力でクリアしたなー」と思ってしまうくらい、巨像が大迫力で見応えあって。他人のプレイをあらためて見て、本当にすごい映像と音楽だなーと惚れ惚れ見てしまいました。巨像との戦闘中の音楽が本当に良い。まあだからサントラ即買ったんだけどね。ちなみにゲーム歴それなりに長いしそれなりの数プレイしてると思うけど、サントラを自分で買ったのは本当にちょっとしかないのよ、自分。FF9とICOとワンダだけ。それだけこれらの音楽は心に残るものだったとゆーことだね。

これもちょっと貼ってみる。プレイ動画ではなくてオマケのだけど。普通はEDシーンでしか見られない通称「空中庭園」に超強化したデータで行ってみようというのが前半で、後半はプレイ動画のダイジェスト。ゲーム中のBGMや映像をそのまま使ってて、映像のつなぎ方とか音楽とかすごく良かったので。一部ムービーシーンも入ってるけど、このゲーム元々ムービーと通常の映像に違いないし、戦闘シーンはすべて通常のプレイ画面です。そうは見えないかもしれないくらい迫力あるけど。12分あたりからダイジェストです。

この同じ方の零シリーズ実況プレイ動画が非常に安心して見れて良かった声もステキだしあーちなみにこの動画で初めて「ワンダと巨像」がハリウッドで映画化されるという話を聞きました。ええー。

実況プレイ動画

長い夏休み、最初の九州旅行以外特に予定はなく。まあ間にちょこっとは入ったけど、おおむねヒマ。
ずーっと前に取得しておきながら忘れていたニコニコ動画のIDを復活できたので、ゲームの実況プレイ動画なんか見始めてしまったら止まらなくYouTubeで海外の人がやってるゼルダとかは見たことあったけどね。でも実況入ってるのは見たことなかったかな。入ってたとしても英語とかだろうし。

「男がプレイするときメモGS」などに始まり、「零」シリーズ、「SIREN」等、"自分じゃ絶対できない"ホラー系ゲームをたっぷり見てしまいました。実況入ってると怖くない。これイイ上手い人のプレイは見ていて感心するし、中には「次くるよ」とか言ってくれるのもあるのでチキンな自分には本当に有り難い。実況が入ってる分、BGMがほとんど聞こえないってのも大きいだろうね。恐怖系ってやっぱり音の重要性がすごく大きいし。
初回プレイの動画はそれはそれで面白く。実況してる人のビビリぶりに先にウケてしまうから音量は気をつけないといけないけど(実況者の叫び声で突然大音量になったりする)

その手の動画で、外国人が「零」をプレイしているのをまとめた動画が面白かった。元々はYouTubeので「零~刺青の聲」(リンク先は公式サイトだけど、TOP画面からそれなりに怖いのでご注意)の海外版=「Fatal Flame 3」の実況プレイ動画を紹介風に編集したもの。アメリカ人の4人の男性がプレイしているもので、元々色んなゲームの実況プレイ動画をUPしているみたいなのだけど、零シリーズもやっている様子。言葉はかなり汚かったりするのだけど、半泣きでプレイしている様子や、怖さから逃げる為にしょっちゅうメニュー画面を呼び出している(どんな場面でも中断できる上に、画面がメニュー画面に切り替わってプレイ中の怖い映像をとりあえず目の前から消せるから)のがおかしくてしょうがない。

ニコ動試し貼り。
私的には実況の大騒ぎとコメントのせいで怖くないけど、映像はもちろん零のまんまなので怖いのダメな人はお気をつけて。あと多少解説すると、零シリーズはいわば和風お化け屋敷探索ホラーだけど、3作目である「刺青の聲」は「夢の中で探索をしている」という設定になっており、目覚めれば現実の自分の部屋に戻ります。が、ゲームが進むにつれて現実(自宅)にもおかしなことが色々と起こり始めたりします。最初の方の普通の家の中っぽいシーンは、現実が侵されていく場面ですね。

正座と日本人

夏期休暇前に読了してた図書館読書感想その2。
正座と日本人 (The New Fifties)正座と日本人 (The New Fifties)
(2009/04/22)
丁 宗鐵

商品詳細を見る
正座って「正座」という名前からしてとても「正しい座り方」みたいな名前だけど、江戸時代だってそれ以前だって日本人はほとんど正座なんてしてなかったんだよー、それこそが「礼儀作法の基本」みたいになったのは結構最近なんだよー、という話をなんとなく知っていて、それをこのタイトル見て思いだし、「その辺もうちょっと詳しく」と思ったので読んでみました。

著者は名前からして中国方面にルーツのある方だと思われますが、日本生まれの日本人です。東洋医学のお医者様ですね。なので医学的見地からの正座についても説明されていて、そこも面白い。
話に聞いていたとおり、正座は明治以降、国民に対する教育制度が整備され、修身科(今で言う道徳科)の中で特に「正座こそ正しい座り方」という教え方がされるようになって一気に広まったそう。もちろんそれまで「正座」という呼び方もされておらず、正座の呼び方ほど地方によって違った呼ばれ方をしていたものもないらしい。まあだからこそあえて新しく「正座」と名付けたのだろうと言われてましたが。
医学的見地からすると、正座はやりすぎると膝を痛めるし、せっかく治療してもまた同じように正座し続けるなら悪くなるばかりだから気をつけてほしいと言われてました。けれど世界的にも珍しいこの座り方を適度にすることは、良い効果をもたらすこともあるそう。
朝が弱い人は数分でいいから正座をすると、頭に血の巡りが集中してよいそうですよ。そういえば自分、この本を読んですぐ、朝に鏡の前で無意識に正座しながら髪をとかしていたことに気がつきました立ってるときもあるけどね。頭の血の巡りが良くなるので、集中したいときにも良いらしい。あとは小さな子どもにとっても、最大限に関節を曲げるこの座り方を短時間でいいからやっておくと、関節の可動域が広がって良いとか。最も背筋が伸びる姿勢でもあるしね。まあ何事も長短があるものですよね。そして常にやりすぎは良くない、と。

私的には、「正座の正しいやり方」というのを教えてもらえたのが一番収穫だったかと。楽に長く正座をする方法。機会はそうそうないけれど、いつか絶対使えるテクニックだと思う

お宅訪問

ネット友達のCPちゃんのお宅にお邪魔してきました。(C姉、Cちゃんに続き彼女も「C」だ…と悩んだ末に2文字目以降も取り入れて表記してみました)
2年近くぶり。だって前に会ったのって子どもが生まれる前だからね。とはいえだいぶお腹は大きかったけど。で、その子が既に1歳7ヶ月だそうだから。Eちゃんと二人で、千葉方面までえっちら出かけてきました。

CPちゃんは…まあお変わりなく。成人してしまうとそんなに変わんないよね、と思う。お子さんは初対面だが…ちょっと前にY子のとこの歳の近い子を見ていたのもあって、とりあえず「髪がサラサラストレートだ~」と思いました(笑)あちらはくるくる天パなので。それはそれで可愛いのだけど。あとは、よく食べてたね、うん、いいことだ。まだ道具はうまく使えないとはいえ、1人でおとなしく食べて(集中してた)、しかも食後に自分で食器を流しに置きに行ってたのに驚嘆しました。いやーよく仕込んでいるなーと(躾けと言え)。お母さんに甘える姿が微笑ましかったですね。その後は乳幼児向けDVDの内容にウケてみたりも。

なんか、ご飯食べておやつ食べる以外はひたすら子どもを眺めていたよーな気もするまあ多少は近況的な話もして、夕方にはお暇いたしました。Eちゃんはそのままスポーツクラブに行ってましたよ、さすがです。
おもてなしありがとうございました→CPちゃん
そしてお誘い&おつき合いありがとうございました→Eちゃん

ちまねこ新顔

九州で手に入れたのと、その前に手に入れたちまねこ。
(ちまねこ=ちまいねこ。私的造語。なんとなく集めている、出会ってビビッときたネコの置物たち。小さくて価格も安いことがなんとなく条件)

20090812142829左が太宰府の参道にあった「硝子道楽」というお店で出会った子。てかこの店のネコたちがほんっっっっっとうに可愛いのがいっぱいで、どれにしようかむっちゃ迷った。最後の最後で、手に金魚の袋を提げている"夏"の風情に惹かれてこれに決めた感じ。枡に入った黒ネコとか白黒2匹ペアのネコとかもすっごく可愛かったんだけどね。なんかこう、ちまねこの収集に関しては、1箇所で1匹!としたい気持ちがあったので。あんまお金もかけたくないし。まあでも次に行く機会があったらまた1つ連れ帰ってきそうだけど

右はニャンコ先生詣りならぬ今戸神社へ行った時に同社で買ったもの。まあ…これは「大量生産品っぽいなー」とは思ったのですが、もう今戸神社へお参りする機会もそうそうないと思われたので、記念にね。可愛いと思ったのも事実だし。おなかには「しあわせこいこい やってこい」と書かれています。やってくるといいねえ。ああ、別に今幸せじゃないってわけじゃないんだけど。あって困るもんじゃないし

とゆーことで、新顔たちもPCディスプレイの下から見守ってくれております

魔法昔話の研究

休暇前に読了してた図書館読書感想。

魔法昔話の研究  口承文芸学とは何か (講談社学術文庫)魔法昔話の研究 口承文芸学とは何か (講談社学術文庫)
(2009/06/10)
V. プロップ

商品詳細を見る
ちょっと前までハリー・ポッターの最新作公開に合わせてやたらとハリポタの映画をテレビでやってたよね。たぶんその影響だ、この本を手に取ったのは。元々おとぎ話の類って好きだしね。そんなかるーい理由だったのだけど…
ちと難解だったねなんか哲学入っちゃってませんか?て感じ。まあ、読み始めてから気がついたけどこれ元々ロシアの研究者の論文数編をまとめたものだからね。ちなみに原著は『Фольклор и действительность』だそうで。読めないねーキリル文字(ロシア語の表記に使われる文字)は。

なので興味ある論文だけ読むことにしてみた。最初の「学問とは何か」的な部分は読むには読んだけど、非常に難解とゆーか出てくる単語の意味が分からないので、以後それっぽいところは飛ばして読むことにしてみた。

でも「異常誕生のモチーフについて」とか「笑わない王女のモチーフについて」とか、ああそういう昔話って色んなパターンあるよねーと実感していた部分でもあるので面白かった。何より世界中の「昔話」の中からそれぞれのモチーフを取り出しているので、色んなお話を一部とはいえ知ることができてよかったなと。
「オイディプスについて」も興味深かった。オイディプスってのはギリシア神話の登場人物で、父を殺し母と交わるという予言を受けて生まれ、そしてその通りになるって話ね。この手の話って最近でも見かけるくらい「おはなし」としてはポピュラーなネタなんだけど。本当に世界中にその手の話って存在するみたいで(ギリシア神話が一番古いわけじゃないそう)、じゃあそれは人類にとって普遍的な何かを表現しているんじゃないかと分析するわけですよ、この本では。分析に関しては…それは乱暴じゃ?と思わなくもない理論の展開もありましたが、分析そのものは面白かったな。

昔話を比較分析してみたら面白いだろうなあと思ったことは今まであったので、一度そういったものが読めてよかったなーと思ったのでした。

コミック蔵書

以前言ってたウェブ本棚によるマンガ類の蔵書管理。
記憶で登録できる範囲はだいたい登録したし、友達から「作ったなら公開して」とも言われたので公開してみる。サイドバーの「profile」の中の「コミック蔵書」から飛べます。

現登録数243冊。でもまだ登録してないのいっぱいあるなー。問題は、全巻じゃなく中途半端に持ってるやつよね。それは非公開にしとくかなー。目的は自分の蔵書管理なんだし。

昨日までの旅行記、書きました。去年の旅行記ほとんど書いてないのがもったいなくてずっと気になってるんだけど、この休暇中に少しでも書こうかしら。その為に、チケットの半券とかみんなとってあるはずだし。あ、読書感想も溜まってるなー。

福岡・佐賀~3日目

3日目、最終日は唐津市内を観光。寶當神社→唐津城→曳山展示場→アルピノ→唐津駅→福岡空港、そして羽田へ。

寶當(ほうとう)神社はPさんの希望。新漢字で書き直せば「宝当神社」。つまり、宝くじの聖地(?)として有名なんだそうだ。唐津城の駐車場から定期船が出ていて、10分ほどの高島という島にある。宝くじを買ったことがない自分には「何それ」な場所だったけど、宿の人に「あの島は猫でも有名ですよ」と聞いて俄然興味が湧いた。定期船は1~2時間に1本しかないので、時間が合わないと海上タクシーになる。普通の漁船みたいなので電話すればすぐに来てくれるというもの。行きはそれで高島へ。
小さな島の狭い路地にたくさん宝くじののぼりがせっかくなので、生まれて初めて宝くじなるものを買ってみた。ロト6。やり方はPさんに教えてもらいました。てか、当選番号の発表を見るのさえ忘れそうだよ。Pさんは「御利益がある」と有名な「宝当袋」も買ってました。その後にお参り。中に入ってお参りするのだけど、壁には当選に対するお礼の報告などがたくさんありました。そうそう、有名人のサインも売店とかにいっぱいあったよ。
20090810131353猫は売店にいました。こんな感じのが3匹も。どうも兄弟らしい。えらくなつっこくてすっごくじゃれてくれて嬉しくてかいぐりしまくったら久しぶりに引っかかれた。やりすぎましたでも可愛い(←猫バカ)

定期船で戻って唐津城へ。新しく建てた城なので、中は郷土資料館や展示スペースとなっています。が、天守からの展望はさすがに絶景。点在する島々や青い海、遥かに続く虹ノ松原などは本当に素晴らしかった風も気持ちいいし

20090810132020唐津城は宿のすぐ近くなので、荷物を預けて行ってました。一度荷物を引き取りに宿へと戻る。お手洗いを借りたら、冷えたお茶を出していただいてしまった。暑そうに見えたらしい。最後まで気持ちよく利用させていただきました。趣ある門にも別れを告げて辞去。
そのまま駅方面へとてくてく歩きつつ、途中にある場所に立ち寄る。しかし街全体が石垣といい白壁といい如何にも城下町の風情でいいですね。

曳山展示場は唐津神社の秋の例大祭で国の重要無形民俗文化財、唐津くんちで巡行される曳山(ヤマ)が通年展示されているところ。華麗で一台でも充分に迫力ある曳山がズラッと並んでいるところはかなり壮観。中では祭りの時のビデオも上映されていて、すんごく見に行きたくなりました。やっぱり祭り囃子と熱気の中で見たいよなあ。隣にある唐津神社にも寄って、3日間の旅の無事のお礼と、あと少し帰路の無事をお願いして唐津駅へ。

駅の隣には唐津市ふるさと会館アルピノとゆーのがありまして、土産物の他、多数の窯元が参加した唐津焼総合展示場があります。唐津焼の窯元巡りもしたかったけど、時間がなかったのでこちらで。悩んだ末に一輪挿しを購入。実は猫の焼き物(2匹セット)がすんごく可愛くて惹かれたんだけど、既に太宰府でもちまネコを買ってしまっていたのでやめた。唐津焼だけあってそれなりのお値段もしましたし。…太宰府で買ってなかったら危なかったな…土産物には個人的に気になったので松露饅頭を自宅用に購入。

そしてついに唐津にも別れを告げました。次にはいつ来れるだろうねえ…しかしいつか唐津くんちは見に来たいなあ。すごくステキそうです
唐津から福岡空港まで電車直通。楽。素晴らしい。車窓からは虹ノ松原ほか、佐賀の海の絶景も眺められました。…虹ノ松原も当初は行く予定で時間のなさに断念したんだよねー。次回は必ず。

飛行機は搭乗開始した途端に整備不良が見つかってしばらく待たされたけど、後は問題なく無事に。羽田からの京急もすぐに横浜方面直通のが来て順調に家に帰り着くことができました。唐津神社の神様に感謝。あ、最初にお参りした太宰府天満宮の天神様にもね。何よりPさん、同行いただいてありがとうー
初九州は暑かったけど、充実しまくった旅でした

福岡・佐賀~2日目

2日目。博多→呼子→名護屋城趾→浜野浦→唐津で、唐津泊。
当初、2日目は唐津中心にまわる予定だったのだけど、呼子と浜野浦の棚田がどうしても見たい、それには3日目の半日だけじゃ無理だろうということで、当初の予定を変更して2日目に呼子方面を観光することに。

ということで、ホテルで朝食をとった後、博多駅隣のバスセンター(平面じゃなくビル。バスが立体駐車場みたいなこの建物にガンガン出入りしているのはなかなか壮観でした)から呼子へ。なんとしても午前中に到着したかった。朝市見たかったから。
呼子の漁船とイカ干し呼子は漁師の町らしく、潮の香りが漂ってました。小さな通りの路面に広げられた朝市。名物のイカや、他にもアジやカマス、サバ、雲丹などいっぱい。買い食いする程度にしか買うつもりなかったのに、Pさんの大量購入につられてつい買っちゃったよ。
七つ釜接写朝市を堪能した後、遊覧船が出ているので乗ってみた。天然記念物七つ釜を海から見る遊覧船・イカ丸。実は当日中国へ上陸中の台風8号のあおりを受けて海上はうねっておりました。一旦外海へ出たら揺れるわ波は高いわとはいえ遊覧船が運行するくらいなので大したことはないのでしょうが。七つ釜の穴の入り口まで入ってくれるのですが、船が止まると揺れが最高潮で、船外で写真撮って席へ戻った途端に頭がクラァ~となんとかリバースはこらえましたが、下船後はぐったりでした前半は波も楽しかったしすごい風景で行って良かったと思ってるけど。
2人ともにぐったりだったけど、時間はやっとお昼。食べないのもよくないと、その辺のレストランへ。朝は気持ちよかった潮の香りがこの時は辛かった
イカの活造りしかし呼子の透明なイカの美しさと壮絶なる生命力っぷりにだいぶ元気もらいました。水晶みたいに透明であんなに美しいの初めて見た。醤油かけると暴れるわ、醤油皿に吸盤張り付いて離れないわ。吸盤がコリコリしてた。生食を楽しんだ後は天ぷらにしてくれるんだけど、これが美味で結局完食してしまった。1つの定食を2人で食べたのだけど、グロッキーだった私らにはそれがちょうどよかったかと。

ここから先には公共交通機関がない。とゆーことでバス停で止まってたタクシーを捕まえて次へ。
名護屋城趾は秀吉の朝鮮出兵の為に造られた城の跡。周囲には当時の武将達の陣跡もたくさんあるそうで。歴史マニアにはそうした陣跡巡りがたまらないんだそう。私的には名護屋城博物館で唐津焼の人間国宝13代中里太郎右衛門の作品展示を見られたことが良かったなと。この博物館、基本的に無料なのに驚いた。かなり立派な建物なのに。

浜野浦の棚田そーして更にタクシーで一番見たかった玄海町浜野浦の棚田へ。噂に違わぬ美観すんごく綺麗で写真バシバシ撮りまくりでした。「恋人たちの聖地」とかゆーのはこのさいおいとく美しいものは美しいのよここは夕景が特に有名なのだけど(例えばコレhttp://smcb.jp/_tas02?taid=583656191)、昼間の青空の下も充分美しかったですよ。満足

そのままタクシーで唐津へと。宿に到着する前に運転手さんのオススメで旧高取邸へ。炭鉱王の邸宅で国の重要文化財。ガイドが付いて丁寧な解説をしてくれるので、贅を尽くした内装を余すことなく楽しむことができて大満足。一つとして同じものがない欄間や杉戸絵の意匠、その鮮やかな保存状態、敷居ごとはずして部屋を拡大して能舞台となる仕掛けのある部屋など、見所満載でした。また海の目の前なので、窓から涼しい海風と波音が聞こえてこれまた良い風情。元々行くつもりの場所だったけど、「時間かかるし今日中にゆっくり見た方がいいよ」との運転手さんの判断は大正解でした。

まだ終わらない…宿については追記で

» Continue Reading

福岡・佐賀~1日目

ただでさえ長い夏休みのくせに、1日多くいただいて九州の福岡と佐賀へと旅してきました。初九州。同行者Pさん。
1日目の行程は、羽田空港→福岡空港→博多→太宰府天満宮→九州国立博物館で、博多泊。

飛行機は出発が多少遅れたものの、順調に時刻通りに福岡空港へ到着。さすが博多駅から電車で5分。空港はマジ街中。空から見て怖いくらいに近くに家々があった
空港から博多駅へ到着後、徒歩5分の今夜のホテルへ荷物を預けに。初めて九州の太陽を浴びる。熱射。暑い。イヤになるほどよく晴れておりました。いや、ありがたいけどね。ついでにホテルのコンシェルジュにルートを確認してから太宰府へ。

太宰府別荘自然庵太宰府天満宮…にはすぐに行かず、まずはお昼ご飯を太宰府別荘自然庵にて。太宰府にある梅の花のお店なんだけど、何故か別名で呼ばれている。ネットで発見して興味を持ち、予約してみた。
とっても趣のある門構えとお庭と建物。お店の人に聞いたら、やっぱり元々個人の別荘だったものを改築したものだそう。お料理は、そこは梅の花だから豆腐料理メインで味はもちろん保証付き。太宰府天満宮のすぐ近くで、しかし知らなきゃ分からないような場所にあっていい感じでした。行ってみてよかったー

太宰府天満宮で、太宰府天満宮。天神様、菅原道真公。
心字池が思いっきり工事中でちと残念でしたが、青空の下のお社は美しかったし有名な飛梅も元気そうでしたよ。暑いけど私は御守りとか滅多に買わないし当然詳しくないんだけど、Pさんは詳しくて色々教えてもらった。ちょっと買ってみた。おみやげ用にも。そのうち誰かの手には渡るでしょう。
お参りした後、境内から少し歩いて山の斜面を登るように設置された長大なエスカレーターへ。それが次の場所への道でした。

阿修羅展九州国立博物館にて、ついに阿修羅に会えましたー夕方に行ったのもあったのだろうけど、待ち時間はゼロ。阿修羅像の周りも、最前列に行くのは簡単にできるし、一通り見てからもう一回とかも余裕でできた。おそらくたぶん、上野より遥かに見やすかったのではないかな。来た甲斐がありました。Pさんは上野じゃすぐに売り切れて再発売もされなかったらしい阿修羅のフィギュアを手に入れてご満悦。売ってるの見つけてまだ展示見る前だったのにすぐに買ってたのだけど、帰りに見たら売り切れてたんでいいタイミングだったのでしょうね。よかったよかった。展示見て出てきたらもう閉館時間でミュージアムショップを見られなかったでもま、阿修羅がたっぷり見れたからいいでしょう。
九州国立博物館一番新しい国立博物館は、森の中でそのガラス張りの壁面に周囲の緑と空を映してとけ込んでいて、なかなか美しかったです。
天満宮に戻ったら、参道のお店も次々と閉店時間。滑り込みでここの名物・梅が枝餅を買って食べ歩きながら駅へ、そして博多へ戻りました。

ホテルで休憩後、夜ご飯へ…と行きたいところだったけど、お昼がたっぷりだったのでまったくもって動く気がせず食欲湧かず。水炊きもラーメンもすっごく気になったけどね。ただ早い時間ではあったので、近所で軽く食べられるところで~とPさんのケータイで探し、ほとんどホテルのお向かいの居酒屋へ。鳥メイン。かなり旨かった。お腹空いてたらもっと色々食べたかった。暑いしビール飲みたい、しかしビールじゃ今の胃にはちょっと重い、と思っていたらメニューにシャンディガフがあった。なんか異様に美味しくておかわりまでしてしまった結局再び満腹になって、でもまあ満足してホテルへ戻りました。

準備万端

明日からの旅の荷作り終えた。
数日前から服とかちゃんとシミュレーションしてるのに、土壇場になって急に気が変わって悩んで余計な時間がかかったりする。
そしていつも何かしら買い足しているような。無駄な買い物をしているような気がしてならない。
それでも旅は楽しいからやめられないのですが。

きちんと旅程を決めてないので今ごろになって観光地を見てみたり。まあ初日はやることはほとんど決まってるんで、初日に翌日以降のスケジュール組めば充分だと思ってるけど。お食事処は、食べログで気になったとこの店舗情報をケータイに転送しておいた。博多ラーメンはやはりどこかで食べるべきだろうか。でも水炊きも美味しそう。ふふ。

一足先に夏休み&旅行いってきます。

1UPキノコ

マリオブラザーズで有名な「1UPキノコ」が自分で育てられます。

自分で育てて1UP!?「1UPキノコ育成キット」・・・週刊マリオグッズコレクション
http://www.inside-games.jp/article/2009/08/05/36763.html

育て方もカンタン。付属の土管に土を入れて「1UPキノコ」を植えるだけ!
とゆーのは冗談で、単なるインテリアです。あいにく育ちません。さらに今のところアメリカで発売されてるだけ。本来の名前は「GROW YOUR OWN 1UP MUSHROOM」。注意書きには「ペットにもヨッシーにも与えないでください。病気になります」と書いてあるそう。
育てるだけでライフが1つ増えるなら、職場などにぜひ置いておきたくなるアイテムだけどねー

飲み+徹夜

結果的に3日連続で飲んで、しかも最後は久々に完徹するとゆー無謀な週末を過ごしておりました。
おかげでブログを書くのはもちろん、カラダ引き締めの為の運動もすっかりサボリ状態でしたよ。飲んで帰ってきて運動する気力なんてないもん。だいたい帰ってくるの遅くなるし。あらためて気を引き締めて取り組まねば。
ブログは例によって遡って書く。行ったお店は記録しておきたい。後学のためにも。

今週末は旅行に行ってそのまま夏期休暇に突入だ。こーいう週初めはいいねえー休暇は例の如く一週間まるまる。なんか新しいゲーム1本買ってクリアするかなー

顛末

久しぶりにY子の家に遊びに行った。4月に生まれた第2子を見に。ついでにY子のお誕生日祝いも。一時期は同じ職場にいたこともあったのに、もう2児の母かー。早いなー。

昼過ぎに最寄り駅まで行ったら、Y子が車で迎えに来てくれた。Y子の運転初見。そんなところからも月日の経過を感じたり。そしてお宅に到着したら、ベランダで洗濯物を干しつつ「おかえりー」と迎えてくれたのはCちゃんだったお前はこの家の住人か。
2人目。ぷっくぷく。ピッチリとイスにハマってる姿に大ウケしました。到着したときには寝ていた1人目とも起きてきたところで対面。一応生後数ヶ月の頃に会ったことはあるんだけど、当然ながら覚えられておらず最初は人見知りされた。が、翌日帰るまでには寄ってくるまでになったよ
Y子にちょっとしたプレゼントを。だいぶ前に見つけたときから「Y子にあげたい」と思っていた、bread board。パン用のカッティングボード。気に入っていただけたようで良かったです。オンライン注文だったんで、実物は自分もそのとき初めて見たんだけど
Y子お手製パスタとCちゃんお手製ビシソワーズでランチした(美味でした)後は、ゲームしたりダベったり。いつの間にかマリオカートに燃えてました。マリカーやったのってたぶん64以来?なんだけど、オンライン対戦て熱いね。1人のキャラクターをCちゃん→Y子→私と入れ替わりながらやっていたので、対戦相手には随分とムラのある腕前に見えていたことでしょう。

ご主人が帰宅した後は、盆踊りがあるのでそれを覗きつつ、駅近くに日本酒の美味しい店があるということで、全員でそこへ。盆踊りってすっごい久しぶりだったなー。地元の規模の小さなものだったけど、出店とかが町内会の方たちでやってる感じでちょっと面白かった。業者じゃないんだねー。でももらった焼き鳥かなり美味しかったよ。
で、居酒屋へ。魚貝類がメインのお店。日本酒は「辛口しかおいてない」ってとこがいいですね、わかってますねー。メニューがなんでもホントに旨かった。ぶりカマサイコーそして安かった。いいなあ、こんな店が近くにあって。

本当はそのまま帰る予定だったのに、Cちゃんが忘れ物をした。ちなみに私があげたパワーストーンのブレスレット。Cちゃんの決意は、Y子らの「あれがなかったら帰りに何があるかわからないよー」的な脅しに屈した。そして「やちが帰る時に便乗しないと帰れない」的な懇願を受け、なんかこれで帰るのはナシでしょ的な雰囲気になり、結局一泊することになった
結果的に完徹。まあ泊まるなら最初から寝る気はなかったけど。長居するならマンガ読ませてもらおうと思ってたんで。『もやしもん』の新刊と『ONE PIECE』を何冊か。Cちゃんは横で私が持ってきた『428』をプレイ。そちらも徹夜。てか、そちらの進み具合が気になって、マンガに集中できなかったよ知らないBAD ENDも出てくるしー。

そんな感じで日曜日の夜明けを迎え、午前中には家に帰り着き、あとはとにかく泥のように寝たのでした。
お邪魔さまでした、お世話になりました→Y子
Calendar
07 | 2009/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。