スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ÉCHIRÉ

前に「マネ展」を見に三菱一号館美術館に行ったときに寄ったお店。感動したので書いとこーと思いながら書いていなかったので、今さらながら記録。

ÉCHIRÉ MAISON DU BEURRE(エシレ・メゾン・デュ・ブール)
フランスのエシレ(ÉCHIRÉ)村とゆーところで作られている発酵バターを使ったお菓子を売っている。バターそのものも売っている。
普段それほどお菓子に興味持ってないから、当然こんな店があることも知らなかった。なぜこの店に入ったかと言えば、前を歩いていた人が店のドアを開けた拍子に溢れ出てきたえもいわれぬ香ばしい匂いに釣られたからだ。パン屋さんでしているのと同じような香りだけど、その引力たるや段違いでした。
入店したのは夕方で、商品はあらかた売り切れてました。が、フィナンシェとマドレーヌはまだまだ焼いていたので、とりあえずおみやげにでもとそれぞれを家族の人数分購入。6コで2000円近くした。1コ300円まあ記念と思って。

しかし味は値段と香りに違わぬ素晴らしさでした。たかがマドレーヌ。されどフィナンシェ。非常にシンプルなお菓子だからこそ、味の違いもありありと分かるというか。こんな美味しいの初めて食べた。
自分用に買って帰るにはちょっとお値段が…だけど、手土産にはインパクトもあり味も保障付きで良いかもしれません。
スポンサーサイト

ぼくたま

なんかニコ動でたまたま見つけてしまって、むかーしBSかなんかでやってたのを見た記憶はあったけど、本当に歌と映像で泣けてしまって、それからしばらく「ぼく地球」のタグを巡ってしまったよ。

連載時、それなりにハマりながら読んでたが、あまりに長いので途中は放置してたかなあ。最初は友達に借りていて、終わりそうになる頃から自分で買いだしたんだっけな?良く覚えてないが、単行本を普通に買っていたと思う。現世と前世と登場人物多い上に、紫苑と木蓮についてはそれぞれの生い立ちまで描いて、それから月基地の顛末を最初から最後まで描いて、えんらく長いのによくきっちり終わったよなあと、それだけでもすごいと思う。いろいろちゃんと伏線になってたし。何度もボロ泣きしたマンガだ。
アニメはたぶん通しで見たことない。どくせろくな事にならないとあえて見ることもしなかった。でもこのEDだけは、一度見て忘れられなかったな。イメージそのまま。数々の台詞がかぶって聞こえるようでした。



「わたしたちはみんな未来へ…未来へ還るの」

打ち上げビール

C姉のフルートを聞きに行ってきた。
今まではサントリーホールでの結構な規模での発表会しか見たことなかったが、今回は通っているスクールの内輪での半分お茶会のような発表会でした。部外者も入れるとゆーので会社帰りに寄らせてもらった。

聞くたんびに楽器やりたくなって困る自分も一応10年以上?エレクトーンを習っていたけれど、それもずいぶんご無沙汰になってしまったからなあ。聞いていると電子楽器じゃなくて生楽器がやりたくなる。それも困る。本物の楽器は高いし電子楽器のように消音できるわけじゃないから練習場所にも困るし。でもいいなと思わずにはいられません。ジブリの「耳をすませば」でカントリー・ロードのセッションに加わってくるおじーちゃんの音楽仲間達はアコガレ。
だから続けているC姉は本当にエライなあスゴイなあと思うのです、いつも。合奏できたら楽しいよね、きっと。

でもま、人前で演奏するってのはやはり緊張するでしょう。なので解放された後には打ち上げしたくなるよね、当然。ということで、そもそもは打ち上げ要員として誘われたので、その後は昼間っからビール飲めるところを求めてとりあえず駅前のホテルのラウンジへ。24階からのパノラマを楽しみながら、ビールとサンドイッチを。お昼食べてなかったので。
よくしゃべりましたな、ひたすらに。その後、場所を最近できたらしいチョコレートをメインにしたお店に変えて、さらに飲んだ。デザートだけじゃなく、普通の食事にもチョコレートを入れていて、注文したのはフライドポテトとチキンのグリルだったけど、なかなかに美味しかったですよ。フライドポテトにはチェダーチーズとチョコ、チキングリルは普通にチョコレートソースだったかな。どちらも美味カレーにチョコレートとかあるしね。いろいろなメニューを試してみたくなるお店でした。

演奏も聴けてよくしゃべって楽しかったです、ありがとう>C姉様

失言

こーいうことを書いて残しておくのは好きではないのだけれど、ちょっと最近ダメっぽいから戒めとして少し。

期間限定で本社から今の職場にお手伝いに来てもらっていた子が、とりあえず今日で一旦最後ということで、何人かで会社帰りにお茶をしてきた。古民家をそのまま喫茶店にしたようなお店で、何やら和小物を取り扱ったり浴衣の仕立てを引き受けていたり、書などの講座を開いていたりもする、ステキなお店でした。普通のお宅の居間にいるような感じなので、落ち着いた感じでお抹茶やコーヒーや和菓子をいただいたり。よいひとときでした。

帰り。何人かは同じ方向になり、電車が一緒に。数駅の間、おしゃべりをしていたんだが。無意識に、失言した。別に場が冷えるようなことになったわけじゃなく普通に会話は続いたが、だからこそそのことに気付くのが遅れたかも。後悔したのは乗り換えの為に別れてからだな。
見ず知らずの、その人の家族の悪口になるようなことを言ってしまった。単に「珍しい」という程度の感覚で言ってしまっていた。あーもー最低。他人の家族のことなんて、発言には重々気をつけて然るべき事なのに。

後悔して反省して、実践しろな、自分。

歓迎会

会社の飲み会だった。またもや歓迎会。相変わらず新しい人をどんどん入れないとどーにもならない状況らしい。異動してくる人も大変だよな。同じように見えてかなり畑違いな仕事だからな。
5月に異動してきた計5人ほどの歓迎会だったのだが、うち1人には先週あたりから週に2度、研修という名目のお手伝いに来てもらっていたので、歓迎会があること自体直前に知ったんだが(本社にいないからそーいう情報が伝わりにくい)参加してきた。

入社面接のときから知っている当時部長・現在取締役本部長から「あれ、やちよさん(もちろん本当は本名で呼ばれました)、今○○(←前の職場)じゃなかったんだっけ?」と言われてカチンと来たので、「うわー今のむかつきましたー」と笑顔で言い、後に主賓一人一人に順番に挨拶とカンパイを求めに来たとき、近くだったので「本部長、カンパーイ!」と自分から乾杯を求めてみたりしてみた。一瞬ひるんだように固まってた。隣にいた同僚からは「目が笑ってない」と言われた。修行が足りないわね、ワタシ。
まあいいさ。離れ小島な分、自分でどーにかするしかないんだから、このくらいの意趣返しは上司として受けてもらわないと。もちろんいろいろと助けてくれる方々もいますけどね。そちらには本当に感謝感謝です。

W杯のデンマーク戦の日だったこともあってか、最後は一本締めではなく「ニッポン!チャチャチャ!!」で〆でしたそれやったのも本部長だけどね。いやまあ、仕事はすごく出来る人で誰よりも働いているので尊敬はしているのよ、普段は。

夏至

夏至だからノー残業デーなんだそうだ。
と、またもや終業10分前くらいにそんな話を職場の取引先の方から聞き、仕事バリバリやりかけのまま致し方なく退社した。職場の終業時間は私の終業時間ではないのですよ。うちの会社の就労規定だと、もう40分ほどいないといけないのですよ。別の日の残業時間を充てて早退にはならないようにしてもらうしかないな…そんな本日。

家路を急いでいたら辺りがピンク色に染まりました。ちょうど19時頃だったか。夏至なので、この時間にやっと夕焼けなのですねー。
坂の上の我が家の路上から撮影→
本当はもっと赤かったけれどね。なんだか黄色くなってしまいました。写真って見たまま写るようで写らないから難しい。

ちょっとしたことなんだけど重大事が、こちらから聞かないと伝わってこないところとか、今の職場に対する相変わらずの不満はありますが、まああちらも慣れないからなんだろうなと思う。
ステキな夕焼けが見れたので、今日は結果オーライと思っておこう。

行きたくない島

眠い。だるい。微妙に頭重い。

とゆー今朝でした。
そりゃ昨日夜遅くまで遊んでたしね。しかし微妙に頭重いのは、疲れもあるだろうけど二日酔いとかでもあるのかなあとちょっとショック。昨日はビール1杯、ラム酒1杯、カクテル1杯だから大した量じゃないのに!と思うのは間違いですか。量よりはこの混在ぶりがよくなかったかね。

なのに今日も帰りは駅前の前にも行ったイタリアンでパスタとワインを1杯。週に2回程度来る同じ部署の同僚が今日は直帰コースだったからさ。直帰になるといつも「ご飯食べよう」になるのに言い出さないから「食べないの?」とふったら、私が昨日食べに行った話をしていたので連続は悪いかと遠慮していたらしい。そんなのいいのにねー。
でもまあ、なので軽めに。しかし1杯は飲む。

この同僚は同じ面接を受けて同時入社した今や唯一の本当の同期なんだが、つくづく私とは一部正反対の属性を持つ子だよなーと思う。でも仲はいいけどね。簡単に言えば、非常に女性的な性格。たぶん私は男性的な性格だと思うので。
職場が変わって直接の上司が変わったので、それこそ入社当初からその上司の下にいる彼女から、その上司とのつきあい方あれこれ(という体裁の愚痴とも言う)が最近の主な話題なんだが、彼女の対策あれこれは私にはまったく参考にならん。てか私はできん。
今夜聞いたのは、理不尽な怒られ方をしたので、仕事以外の会話は一切無視というのを一ヶ月やり続けて向こうから折れさせたという話。…単なるケンカじゃん。私、ケンカって疲れるからヤなんだよね。なのでなるべく聞き流して平常心を保ちます。彼女はやられたらやり返さずにはいられないらしいよ。あー怖。タフだよなーってそーいうとこは尊敬します。
私は入社当初から現場常駐の職場にいたから本社にデスクはなかったんだけど、異動に伴い本社にもデスクが用意されたらしいです。一度も行ってないけど。それがその上司と同僚の彼女ともう一人先輩社員との4人島のデスク。しかも上司の隣。……絶対行かない、と彼女には公言している

KATHMANDU GANGRI

私の仕事もまあ営業の一種だが、同じ会社の所属だが部署が別で、私とは異なる立場で今の職場を担当している営業さんというのもいる。週に1、2度はやってきて、いろいろやりとりしたりする。前の職場にももちろんいた。で、前の職場の営業さんと今の職場の人は、本社では席が隣同士なんだそうだ。とゆー繋がりだかなんだかで、3人で一緒に飲みに行くことになった
「飲みに行こう」となったときに「行きたい店がある」と言われてメールで店舗情報が送られてきたのが、今回のKATHMANDU GANGRI(カトマンズ・ガングリ)。ネパール料理。あるいはチベット料理。どちらにしろ未知の世界だわ

目黒駅から徒歩5分ほど。食べログで見たときに気がついたけど、この界隈ってエスニック系が集中しているらしい。競争は大変だろうけど、そうして残っていくのは手頃な価格で美味しいお店なのだろうから、客としては嬉しいことよね。
耳慣れない料理名ばかりで名前は全然覚えてない、ていうか覚えられない。スウィーマイというエスニックな小龍包みたいなのが名物みたいで注文したけれど、いくら1コが4つの袋がくっついたみたいになってるからって3種のソース全部をそれぞれに入れるのはよろしくなかったように思う。「渾然一体とした味」と評したお前がこの食べ方を薦めたんじゃあ!と現職場の営業担当にツッコんだ。ちなみに全員初来店でした。
野菜炒めやらチキンやらカレーやらいろいろ食べましたが、全体としてはいかにもエスニックな香辛料たっぷりでありながら、どこか中華な雰囲気も感じられるといった感じ。でも美味しかったよ。香辛料の類って食欲も増進されるよね。結構バクバク食べてた。
あとネパールビールが2種類あって、私が頼んだ白ビールっぽいのはかなりフルーティな味でビール嫌いな人も飲みやすそうだった。もう一つの濃い色の方も軽めだったな。あとラム酒があったので私はロック、もう一人がソーダ割りで頼んだけど、グラスが同じで分量もほぼ同じで「割れてないんじゃね?」という感じだったまあ私は元々割らないのを頼んだからいいんだけど。

飲み食いしつつ、よく喋りました。いやホントに。週の真ん中だってのにあやうく午前様になるところだった。楽しかったけどね。
楽しかったので、またやることになりそう。「じゃあ次は暑気払いで!」て言ってたけど、それって来月じゃん?まあ楽しみにしてます。

白シャツにジーンズ

週に一度の貴重なオフ。
ここんとこは土曜に出勤があると日曜はほとんど籠もりきりだったのだが、買わなきゃならない日用品などもあったので最寄り駅まで買い物へ。
実はうちの最寄り駅はずいぶん長いこと工事をしていて、それは商店街をつぶして大きなビルに建て替える工事だったんだけど、この4月にやっとオープンしてたんだよね。けど駅には元々駅ビルがあって、私が乗り換える地下鉄にはそっちの方が近いこともあって、4月にオープンした新しい方にはまだ一回も入ったことがなかったんだわ。が、メインバンクの支店がその新しいビルに引っ越していたので、まずお金をおろす必要があった自分は初めてそのビルに足を踏み入れることになったのでした。

とりあえずは、アフターヌーンティーがある~ボディショップがある~ミニプラがある~ってとこくらいか、目新しいのは。無印もスタバも別のとこに元々あるし。ボディショップは助かるな。ここのボディバターは常備品だし。今までだって通勤途中で買えたけど、やはり規模の小さい駅にあると距離が近くて助かる。KALDIとは違う輸入食品のお店もあった。どっちかというとお菓子が中心ぽい感じの。あそこはちらちら寄ってみたくなりそうだ。商店街がつぶれたときになくなってしまっていたパン屋のリトルマーメイドもちゃんと戻ってきていて嬉しいここのパンには幾つか好物があるのだ。これで最寄り駅から直結で行けるパン屋が3つに増えたぞ。アフターヌーンティーの羊のぬいぐるみが見かけるたびに惹かれてずーーーーっと悩んでいるんだけど、近くに寄れるとこができてますます血迷いそうだ。今さらぬいぐるみなんてどうすんのよーってずっと自分を止めている。しかし今日はその気になるぬいぐるみのストラップバージョンを見つけてしまった。とりあえずは買わなかったけど、きっとあっちは時間の問題。

4月からはスーツで仕事行くようになったので、白シャツとジーンズとサンダルというラフな格好で歩き回るのもなんだか新鮮でちょっと嬉しかった。前はいつもそんな格好だったのにね。ちょっと前にジーンズを履いたときは妙にきつく感じてショックだったが、今日はそうでもなかった。ほっ

ルーシー・リー展

お誘いを受けて展覧会へ行ってきた。前の職場の人と。場所は六本木の国立新美術館。2度目。
土曜の半ドン出勤の帰りに美術館で待ち合わせて、先に一緒にランチしてからGO。

すっっっっごく良かった
実はお誘いを受けるまで全然知らなかった作家なのだけど、本当にステキで眼福で幸せだった
主にイギリスで活躍した女性陶芸家。ユダヤ人で元はオーストリアの生まれ。戦争の時にイギリスへ亡命し、亡くなったのは1995年だそうな。
シンプルな形とデザイン、鮮やかな色。釉薬の調合などが巧みであったそうで、写真の青も素晴らしい色だけど、他に鮮やかな黄色や木製かと見間違えそうな風合いの濃茶、可愛らしいピンク色やなめらかな白、金属そのもののような金や銀など本当に綺麗。その色と描線などの組み合わせがほんっとうにセンス良くてステキで。うっとりと眺めてしまいました。いやー幸せなひとときだった

不満はそのステキな作品が欲しくなっても買えないことね。なまじ器って「使う」ものだからさー、見てて本当に欲しくなるのよね。会場内で上映していた何年か前のルーシーへのインタビュー映像の中で、ナレーションの人が彼女の作品を「手頃な価格」と言って、「え、いくら?」と思った次の瞬間には「全財産を投げ打たなくても済む」とか言ったのでガックリきましたいいなあ、欲しいわ~

全然関係ないけど、見て回りながら随分とオシャレしている人が多いなーと思った。そんなこと他の展覧会では思ったことないので、場所柄だねと2人で結論づけたのでした。

かぐわしい風

スガシカオのコンサートに行ってきた。友達に誘われて。私自身は音楽イベントに行くことなんて滅多にないし。音楽を聴く習慣がないからかな。

異動してから初めて自己都合による定時退社をしたよ。場所、神奈川県民ホールだったんで都内の会社から直行するには時間ギリギリだったからね。
もしかしたら歌手のコンサートって初めてだったかも。そーゆーもんらしいねと思っていたけれど、本当にみんな本人が登場したときから総立ちなんですねー友達が前もって「予習が必要です」との手紙とともにCDを送ってくれたおかげで曲も楽しめました。元々知っている有名曲もちらほらあったし。
しかし、おそらくファンの間では当然のこととなっている一部振り付けのようなものや独特のポーズなどが周りで始まると、どうにも気になってしまって曲に集中できませんでした。合わせなきゃいかんだろうかと気にしてしまうのは、日本人の悲しい性だね自分なりにノッてればいいんだと思うんだけど。
観賞しながらもう一つ、ステージ背後のスクリーン映像や照明に大いに興味をそそられました。こーゆーのも一種の芸術だよねー。舞台芸術?音楽と照明と映像の総合芸術か。いったいどうやって映像を作るのかあるいは見つけてくるのか、それをどの曲と合わせどう照明を当てるのか動かすのか、何人がどうやって決めるんだろーって考えちゃいました。面白いなあ。

友達は…そんなにノリノリには見えなかったけど(てか何があっても泰然としているのでノリノリなとこなんて想像できない)なにげに彼のコンサートはもう4回目くらいらしく、そうは見えないけど結構楽しんでいたのじゃないかな。
コンサート終わったのは21時半くらいで時間は遅かったけど、おなかはすいてたので、駅の近くの適当なレストランで軽く食事して帰りました。

痺れ

昨日は本当に疲れてグッタリしていたので11時には寝入ったのだが…
今朝はすごく眠かったな~。だいたい寝起きはいい自分には珍しいほど。
なんか朝になっても足がなんとなく痺れていてね。例の高いピンヒールサンダルの後遺症。それで安眠できなかったのかな~と思う。ヒールの低い方の通勤用パンプスで出社したけれど、先が細くなっているそれですらいつもより足に圧迫感感じて行きの電車の中で立ってるのが辛かったわ。乗り換えた後、20分ほどは座れたので、足を休めるついでに目も閉じて、それでだいぶ復活した感じ。
いやあ、足の健康って大事だね。やはり靴はある程度足に合うものを使わないと。

朝9時から会議だったのに、疲れが残った頭のせいでだいぶ精彩欠いた議事進行だったと思う情けなや。

列席

高校時代のお友だちの結婚式でした。お式から二次会まで。二次会では受付のお手伝いも。
あ~~~~疲れた。
お式やら何やら自体はとても良かったし楽しかったですよ。お料理は披露宴も二次会もとても美味しかったしね。
疲れた原因は自分のせいです。具体的にはヒールが7~8センチあるピンヒールのサンダルのせいです。あれで一日中動き回っていると足が悲鳴を上げるしかし今回はロングドレスだったしね~。自分、身長163くらいなので、そんだけ高いヒール履くとかなりの長身になっちゃうんだけど、それくらいでちょうどいいくらいだったよ。
で、着ている写真は撮り忘れたので、返す前に自室で記録撮影→
ウンガロのドレスでした。ってのは自分じゃ全然わかってなくて、今日一緒だった友達に指摘された。よーく見ると柄の中に「Ungaro」て書いてあったりしたまた式場併設の美容室でメイクもセットもお願いしちゃったのだけど、髪のセットにえらく時間かかってたな~。でも丁寧で綺麗に仕上げてくれて助かりました。二次会にスーツになるっつったら、その場合にも合うようにとセットしてくれたしね。いいとこだった。

結婚式の内容自体はまあそれほど変わりはしないんだけど、新郎の父がギターを披露してくれて、それがまた非常に美しかったので感動してしまった。新郎新婦は研究者同士なんで列席者にもそういった関係の人が多かったのだけど、余興の歌やら演奏がプロかと思うほどに本格的で、皆さん多才だなあと感心いたしました。新郎新婦ももちろん歌ったり演奏したりしてました新婦の透き通るように綺麗なソプラノ声は、高校時代から知ってるしね
新婦は昔から髪型もベリーショートでとてもボーイッシュな印象なので、思い切りドレスアップした姿は新鮮だったなー。でもやっぱり綺麗だった

お天気も素晴らしく、まさに佳き日でした。お幸せに

とつげきごはん。

本日も職場都合による急な定時退社。この季節、まだ外は明るい。夕焼けにもなってないような時間。
ううむ…としばらく悩んで、前の職場に電話してみた。路線が同じで時々一緒に帰ってた人がいて「たまには一緒に帰りましょうね~」と異動前に言っていたので。たいへん私的な用事なので最初は本人の携帯電話にかけましたがね。留守電になっていたので職場の方にかけちゃった。
そんな感じでしばらくぶりに前の職場へ行きました。所要時間2~30分ほどの距離だしね。取引先の人とも数人顔を合わせて激励の言葉なんかもいただけて、なんかすごく元気でた。上司や同僚は相変わらず。2ヶ月程度じゃ変わりゃしないか。

そーしてお久しぶりに一緒に帰りました。そしてついでにご飯もしちゃった一緒に帰ったことは何度もあったけど、帰りにご飯食べに寄るってことは一回もしたことなかったので、なんか距離が離れた分かえってそうしたことができるようになった感じだね。
なーんも考えてなかったので、何度も行ってる睡蓮月にしてみた。
入店してみたらビックリするくらいうるさくて失敗したな~と思ったのだけど、どうやら店の半分以上を占めるような団体がいたせいみたい。食事も半分くらい過ぎる頃にその団体が去ったらいつもの静かでまったりな雰囲気になりました
何度も行ってるけどそうしょっちゅう行ってるわけじゃないので、毎回何かしら変化を感じたりするんだけど、今回はメニューが大幅に変化していたような。デザートに蒸し物系がなくなっていたのが残念だなー。でもま、この店がお気に入りな理由は、比較的入りやすくて落ち着いていて値段も手頃、それでいて料理がハズレないってとこなので、「落ち着いていて」だけ今回は満たしてなかったけど、他は相変わらずだったのでよかったわ。

話題はいつの間にか現状に対する愚痴愚痴になってしまったけれど、この人はとても聞き上手な人でそんな事でもきちんと耳を傾けてくれる人なので有り難かったような申し訳なかったような。でもこれまた元気でました。とっても感謝
行きたい展覧会があるとのことで、もしかしたら一緒に行くことになるかもしれない。そのときはお礼も兼ねて、美味しいお店のランチでも案内してさしあげよう、うん

ついたち。

月初というのは月末〆の報告書を作成するのに一番忙しい時。特に今はまだ新しいことを始めたばかりで報告事項も確認事項もいろいろあるし、前例がないから試行錯誤しつつ作らなきゃいけないし。一度テンプレートが決まればあとはそれに倣えばいいのだからずいぶん楽になるのだけど。

なのに。
今日午後からネットワーク接続ができなくなった。PCが立ち上がらない状態。そうなると私だけじゃなくスタッフのほとんどが仕事できなくなってしまう。まあシステムストップという事態が初めてなわけじゃないけど、今日みたいに数時間にわたったのは初めてだったかも。
PC使わずにできる業務なんて限られてくるんだけど、仕方ないから急遽教えてやってもらったよ。まあこうして別業務を学んでおくのはいいことなんだけどね。

数時間後に復旧したけど完全ではなく、システムは使えるんだけど正常なログインができず、PC上に各自が保存していたファイルなんかは表示されない状態。つまり報告書の作成なんてまったくできない。そもそも作成途中だったファイルにアクセスできない。
定時までその状態で、もう帰ることにした。てか一番やりたいことができないし。
何もこのタイミングで……
これでファイルが戻ってこなかったら泣くどころの騒ぎじゃないぞ。
Calendar
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。