スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Sea Guardian Ⅲ

昨日映画を観た後、近所のそごうレストランフロアでお昼を済ませ、帰るY子を見送って、それからCちゃんと二人でこの店入って結構長時間くっちゃべってました。

Bar Sea Guardian Ⅲ。横浜を代表する著名バー、ホテルニューグランドのSea Guardian Ⅱの出張店。横浜そごうのレストランフロアってちょっとした街並み風になってるんだけど、この店はなんだか周りに他の店がなくて迷い込んだみたいなとこにぽつんとある。しかも石壁に看板があるだけで中を覗けないのでおそらく入るのに躊躇するような佇まいだと思われる。レストランフロアなのに。でも一歩入ると店の一面を占めるガラス窓から横浜ベイブリッジの全景が望める絶景の店でもある。
お昼はケーキやお茶を提供してくれます。入ったときは結構空いていて、窓に向かって二人分のソファが用意されている絶景なお席に案内してもらえましたあーもー超まったり居心地良かったなあ…
そのままバータイムに突入してしまいたいくらい居心地よかったけど、気付けば背後は満席だったよ。今度はお酒を楽しみに行ってみよう。
スポンサーサイト

マクロスF 恋離飛翼

見に行った。1作目を一緒に見たCちゃんと、こないだBD版を一緒に見たY子と。初日の初回に映画を見に行くなんて初めてだ。Y子の都合でそうなっただけなんだけど。

相変わらずライブ映像が凄い。力入ってんなーと思う。顔の見えない花嫁は三角関係の決着か!?と誰もが思っていたけれど、思いっきり初っ端のシェリルのライブ衣装の一つなだけだったというまーでもマントを靡かせ花嫁の待つ教会の扉を開け放ったシルエットを見たときは、これがアルトだったら吹く!と含み笑いしながら見ちゃいましたけど。
1作目と違って今度はランカのライブもあるので、本当にライブシーン満載な印象だったな。ランカのはひたすらパステルでファンタジーで可愛かったですよ。対比のようにシェリルのはセクシーというか、もはや卑猥の域というか私は気付いてなかったけど、シェリルの歌詞がなんか凄かったようで。
個人的にはアルトの舞台映像が初めて見れたのが満足でした。幼少の頃とはいえ、美しかったな~。いや本当に綺麗。真面目に作中で一番美人だもんね。ランカはカワイイ、シェリルはカッコイイ、アルトは美人という、主人公として男としてそーいう評価はどうなのと思うけど、事実そうなのだから仕方ない。

三角関係の決着。キャラクターとしてはシェリルが好きだけど、別にこの二人じゃなきゃ!みたいな気持ちは特になかった自分にとっては、うん、適当な落とし処なんだじゃない?という感想。「お前のこと愛して…」ちゅどーん!っつーのは、結ばれた二人には明確な未来が見えず、残った一人は未来へ進むという、公平感残そうとした結果かなーと思う。ま、おかげで誰も明らかな「幸せ」には辿り着けないという結末でもあるんだけど。TV放映の方が強引とも言える大団円だったから(あれはあれでいいけど)劇場版はパラレルエピソードということで、こーいう結末も面白いと楽しめればいいんじゃない?公式で異なるエンディングを用意してもらえてお得というか。
マクロスシリーズは他作品もちょろっと見てるけどちゃんと見たことはない。けどなんとなく主役級が銀河の彼方へ去っていくような(死ぬのではなく旅立つ)イメージがあって、ある意味アルトは劇場版の最後でまさしく主役になったのかなあと思ったりもして。しかしアルトはミンメイやバサラのような「歌い手」ではないし、戦闘機乗りだけどバルキリーも最後乗り捨ててたし、「どうやって帰るの?」と…主人公補正、入るといいね。

艦長のサーフィンやらアルトのゴスロリやらミシェル達のFIRE BOMBERコスやら幼少シェリルやら他にもいろいろ楽しめました。幼少アルトとシェリルの邂逅シーンには「ドラクエ5パターンかよ」と内心で突っ込んだけどね。面白かった

3期

Aちゃんがtwitterでつぶやいてるの見て知った。
アニメ『夏目友人帳』が3期をやると→公式サイト

やりそうだなーと思ってたけど本当にやるのか。どうなんだろ。この後の原作はいろいろ変わっていく気がするのだが。でも好きだけどさ。
まあでもアニメは音楽も絵もとてもステキだったから、映像作品として期待はしてる。なんといっても動いてしゃべるニャンコ先生にまた会えるわけだし

実はもっとびっくりしたのは、『蛍火の杜へ』アニメ映画化
うええええ!?映画!?そりゃすごい。夏目にハマったあと、緑川作品は数もそれほどないこともあって全部読んだ。もちろん『蛍火の杜へ』も。何度か読み返したが、読み返すたびに号泣する。キケン。でもアレ短編なんだけど。…まあ尺が短すぎるってことはないだろうからむしろいいのかな。映画というと大概端折られる運命だし。
元々とても綺麗な情景のマンガだと思う。綺麗な映画になるといいな。

蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)蛍火の杜へ (花とゆめCOMICS)
(2003/07/05)
緑川 ゆき

商品詳細を見る

動く星

いや星はそもそも動くけれどもさ。

帰り道にふと空を見たら真正面に冬の星座の代名詞、オリオン座があった。真ん中に3つ星が…あれ?4つ?ヤダなあ、乱視かあ…
違う。ズレてく。動いてるよアレ。あの星。

おおお?と見ているうちにもどんどん動く。でも流れ星じゃない。いつまでも見えてるし動きも飛行機より若干速いくらいだし。オリオンのベルトに見えたのは最初の数瞬で、あとはどんどん昇っていく。ベテルギウスの横を過ぎ、どんどん天頂方向へ。歩いているせいの錯覚かとしばらく立ち止まってみたが、やはり星(?)は動いていく。
どんどん真上へ行くものを目で追うのはなかなか大変で。それに人目もないわけじゃない。で途中で諦めた。さらに家に近づきほとんど人通りがなくなったあたりまで行ってもう一度探してみたけれど、もう見つけられず。

なんだったんだろうなあ、アレ。飛行機ではない。飛行機の灯りは複数だし、点滅する。だいたい見上げている間に飛行機も2回見たけど、全然違う。光は1つ。点滅もしない。まあ一番ありそうなのは人工衛星か。と思って人工衛星の視認軌道ってどんなもん?と調べようとしたけど…軌道の種類ってすごいのね、いろいろ一覧見ただけで読む気なくした。
ま、面白いもん見れたし、ラッキーってことで

バッテリー

新ケータイで初出勤。
イコール日常の使用範囲でバッテリーがどの程度保つか実験。

常時3G通信状態で、ときどきWi-Fi繋いでみた。Wi-Fiは立ち止まっていればほぼどこでも大丈夫だったな。職場でも。職場のPCは無線LANじゃないけど、仮にも学術機関の敷地内だし、どっかにあるんでしょ。
でもって帰ってきたところで表示上はまだ電池満タン。メールは5回くらいかな。
とりあえず今回は充電せずにどこまで保つかやってみよう。充電タイミングはそれから決める。

SH-03C

土曜日勤務の帰りに横浜ヨドバシの近くまで行ったついでにケータイ買い替えてみた。
スマートフォン。かねてから狙っていたLYNX 3D SH-03C

持ち帰ってからこちら、今日もほぼ一日中いじってました。いろーんな設定諸々で。
アプリやウィジェットで色々できるけど、色々できてしまうからこそ設定が大変だね。そしてそんなことをずっとやっているとバッテリーとパケットが大変だ。もちろんスマホへの乗り換えとともにパケット定額制のものに切り替えてるけど。確か春にスマホ向けの新しい料金プランが出るらしいから、そしたらまた乗り換えよ。

とりあえず、spモードは起動を確かめ電話帳データを移行しEdyも設定し(チャージはクレジットの承認待ち)、あとは主要なアプリ、カレンダー、Twitter、タスク管理、、ネットワーク接続管理と入れたくらいか。カレンダーはもうちょい使い勝手を比較したいところ。バッテリー管理のアプリも入れておきたいね。
てか、そーいう地味なところじゃなくて、音楽とか画像とかを取り入れたいもんだ。まだそこまでいかねー。
とりあえず、当座の問題はアラームの音を消してバイブのみにする方法がわからないってことだ。アラームOFFってのがそもそもない気がする。…無音って配信されてるもんだろうか。音だとビクッとするので嫌なのよねー。せめて自然音みたいなのを探すか。

2 face

思い立ってC姉とCちゃんと飲んできた。それぞれには会ってるけど3人揃っては久しぶり。当日までCちゃんとは連絡つかなかったけどな。ケータイがダンボールの海の中にダイブしていたらしい、引っ越しで。

今年初のUn Verreに行こうとしたら、フランスに行っていた(「○日までフランス行ってきます」という書き置きが)ので近所のスペインバルへ。BOCAといったか。ハモンセラーノがまさしく切り落としで時々やたら厚みがあったりでステキでもまあ普通…かな。いやいや、スパニッシュでサングリアとアヒージョとパエリア頼まずに決めちゃいかんな。次の機会があったら。

で、やっとCちゃんが到着ってあたりで次の店へ。久しぶりに行ってみた、2face。燻製バー。初めて行ったのは、遅くに合流したHちゃんの為にご飯も食べられる、しかしお腹はいっぱいだから基本的には酒で行きたいねえ…おや、こんな駅の近くにバーが、てな感じだったんだよな。そしてHちゃんが食べたカルボナーラの味に感動し、お酒も我が儘にいろいろ頼んでも応じてくれてすこぶる印象が良かったので記憶に残った。その後も何度か行きたいと思ったが、なんとなくやはり「二次会以降」な気分で行きたくなる店なので、なかなか機会もなく。あれ、実は2度目か?あれ以来一度も行ってなかったかしら。うわあ。
鯖の燻製がめちゃウマでした鯖ってこんなに美味しかったっけ。チーズもナッツもシンプルなものが素直にウマイ。お酒は私はウォッカベースで適当に、しかしウィスキーでもよかったな。前の店でそれなりにワイン飲んでしまったのであんま飲めなかった。
話題はネットワーク回線手続きと地デジとゲームとPS3と将来設計か?うむ、俗に言う「女子会」の話題とは到底思えんな。

Soul Edge

たまたま見つけた昔のゲームのオープニング映像に感動したので。

『Soul Edge(ソウルエッジ)』
てゆーかこのソフト未だに我が家に転がってる。初代プレイステーション用ソフト。確認してみたところ、1996年発売。
いわゆる格闘ゲーム。格闘というか剣戟?キャラクターは大小の差はあれ、全員剣を持って戦う。だいたい「ソウルエッジ」とゆーのが剣の名前だ。ゲーム内のキャラクターは皆、何らかの目的を持ってこのソウルエッジを探し求めている。

まあそんなのはオマケで、言いたいのはそのオープニング映像が、今見ても超カッコイイってこと。もちろんプレステのソフトだからポリゴンの質はあまりよくない。けどそんなの関係ないね。音楽と映像のマッチングがどれほど視聴者を感動させるのか、一つの好例だと思う。思えばこのオープニングがあるからソフトを売らずに持ち続けてたんだよな。

しかしまあ前にも言ったことあるけど、最高だと思うゲームオープニングは『クロノクロス』で、これもまたプレイステーション用ソフト。ゲームに対して懐古的ではありたくないと思ってはいるけれど、新しくてもっといいものってないのかなあ。

思わぬ活躍

お久しぶりの雪でしたね。テレビのニュースもみんなコレ。
自分的には3連休で東北の雪景色を楽しんで帰ってきたら、その翌日には雪が降ったとゆー感じでなんだかな。
先日買ったスノーブーツが旅から帰ってしまいこんだ途端に出されることになりました。大した積雪じゃなかったけど、溶けかけた雪も危険だし。てか転ぶと悲惨。
高い買い物だったが、「すべらない」とゆーのはやはり大いに安心です。味も素っ気もない実用本位のデザインだけど、これは大事に使っていこう。

旅の話はまた時を遡って。
そーいうの溜めると書きにくくなるんだよな。気をつけよ。

スノーブーツ

明日は雪らしい。
じゃなくても、明日からちょっくら東北方面へ行ってくるので、雪仕様の靴を買ってみた。

たまの雪降りの日にも使えるといいなーと思ったら、なんだかとても無難になりました。そもそも選べるほどたくさん雪用の靴ってなかったし。
本当はもうちょっと先がスッキリしてる形が良いのだけど、まあ仕方がない。
しかし本当の雪国じゃ役に立たなそうな高さのブーツだよな。大丈夫、旅先はきっとほとんど外歩かないから。慣れてないから歩かないともいう。たまの雪道ですべらなければいいのだ。
…すべるなよ?

amazonの :)

月曜火曜とちょっと仕事で帰宅が遅くなってたらブログがおろそかになってしまったわ。また遡って書こう。

心が動いた今日の発見。

amazonのダンボール箱でつくるコミック&文庫ボックス
http://mago.pepper.jp/ccil49.htm

すごい。芸術的だわ。
型紙に沿って切って組み立てる。糊も使わない。
これはむしろ作ってみたい。
だが残念ながら我が家にはそれほどamazonダンボールはない。特にこのサイズは。
同じサイトにあるA4ファイルケースのならちょっとあるけど。そっちは会社で使えそうだね。
職場に大量にある我が社のダンボールの再利用法も考えてほしいな。

つもる。

予測していたことだけど、予測通り仕事が切羽詰まってきているよ。
自分の範囲ではまだそれほどでもないが、最終的に切羽詰まるのも自分の仕事だからな。

とりあえず敵(仕事)の姿がはっきりするのは週末だ。
この先、下からも上からもひっきりなしにつっつきが来るだろうが、まあのらりくらりとかわしつつ最終的におさめてあればいいのだ。そう最終的に。経過なぞ、結果さえ見せておけば後からどうにでもなる。

正確な性格

twitter経由で流れてきた性格テスト。

5秒でわかる世界で最も正確な性格テスト
http://topics.jp.msn.com/onna_blog/fortune/article.aspx?articleid=500373

占いの類には無関心だが、性格診断とかは結構面白いね。
「世界で最も正確」という話だけど…うーんそうなのかなあ?外れているとも思わないが、当たっているかも微妙な感じと自分は思った次第。てかこの手のものっていつもそうだけど、「そうそう」と思う部分と「ええ?」と思う部分の両方が入ってるのよね。そういう結果を「当たっている」と思うか「外れている」と思うかも人によるだろう。この絶妙な当たり外れの配合ぶりを見るにつけ、矛盾する内容をわざと両方盛り込んだ書き方してるんじゃ?とか思ったりもする。まあ性格なんてもの自体、矛盾をはらんだものかもしれないけれど。


ちなみに自分の結果は3でした。
Calendar
01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。