スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書いてみようか

放置していた読書感想を。
買って読んだ本に限る。現物が残ってないと何を読んだんだかわからんからね。何しろ去年からの分もあると思うし。

『星を継ぐもの』 J.P.ホーガン
タイトルだけならずっと昔から知ってたが読んだことはなかった。昔のなのになぜか平置きされていたので手に取った次第。
語り継がれるだけはある名作だね。最初から最後までぐいぐいもってってくれたよ。読み返したくなる、この伏線の張り方がお見事。

『神の子どもたちはみな踊る』 村上春樹
今度こそは面白いだろうかと挑戦してみた。そしてやっぱり合わなかった。なんでかなー。覚えているのはカエルくん。応援だけでよいと言ったカエルくん。

『心に龍をちりばめて』 白石一文
表紙買い。そしてとてもよかった。誰もが振り返るような美貌と高い知性、高収入ついでに料理上手と、およそ女性的な理想のほとんどを兼ね備えた女性が主人公。現実離れして見えるけれど、その心の動きはとてもリアルで時々とても気持ちがシンクロしたりする。設定が設定だけにおこがましい気がするけれど。結末を見て、あらためて読み返したくなる作品。

『風の武士』 司馬遼太郎
半分ファンタジーのような時代物。司馬遼太郎にこんな作品もあったんだなあと。結末にはちょっとびっくりしちゃったよ。いろんな要素が時代劇に入り込んできてた感じだったのだけど、最後にそれを持ち込んだかと。

『塩の街』 『海の底』 有川浩
『空の中』を読んでから「自衛隊三部作」だなんて言われてることに気付いて読んだ他二作。共通しているのは「危機」「未知の生物」「自衛隊」「非常事態の中で出会う男女」てとこか。『海の底』は機動隊も熱い。危機度は海>塩>空。ラブ度は塩>海>空。自衛隊度(何ソレ)は空>塩>海て感じかな。個人的には『空の中』が一番でした。「未知の生物」が一番よかったからね。

『ファントム・ピークス』 北林一光
タイトル買い、かな。あとは宮部みゆき推薦の帯。いーい感じに恐怖感とパニックを煽ってくれました。これはよいエンターテイメント。恐怖の根源が判明してからの流れもうまかったね。最終的にはすごくいろんな感情を呼び覚ましてくれた良作でした。
そしてこれを書きながら気付いたよ、作者が亡くなっていることに。これが処女作にして遺作。ぜひ次回作を見たかった。

『寡黙なる巨人』 多田富雄
国際的に活躍する免疫学者が突如脳梗塞に倒れ、気付けば半身不随の、声を出すこともものを食べることもできない身体になっていた。そのときまで普通に歩き話し食事を楽しんでいた、そんな当たり前が何の予兆もなく失われ、もう二度とできないかもしれないという絶望にたたき落とされた時からの、生々しい日々の記録。絶望と希望とを行き来する思いが、のしかかるように語ってくる。ただ、力強い。単に明るく希望を抱いていくわけじゃなく、苦悩も諦観もすべて含めて、しかし「自分は生きている」という力強さが重々しく響いてくるような。
病を得た後も、リハビリの一方で精力的に執筆活動をなさっていたそうだが、昨年亡くなられたとのこと。機会があれば、生前の映像なども見てみたい。

今回はここまでにしとこう。

星を継ぐもの (創元SF文庫)星を継ぐもの (創元SF文庫)
(1980/05/23)
ジェイムズ・P・ホーガン

商品詳細を見る
スポンサーサイト

カレンダー

スマートフォンに変えてから、プライベートのスケジュールはAndoroidアプリのカレンダー機能を使うようになった。使い始めたら楽だったので、2011年用に買ったスケジュール帳も自然と使わなくなり。それで困らなかったのだけど。

会社帰りにアプリを開いたら、カレンダーが真っ白になっていた。
…まあ、先の予定はせいぜい2、3くらいだったから覚えてるし大丈夫だったけど、完全に消えられると少々困る過去の履歴もある。
というよりは、消えられたことに何よりショックだ。原因はわからないが、予兆もなくいきなり消えてしまうスケジュール帳なぞ使えないじゃないか。やっぱり紙とペンを使えということか。それはやぶさかではないが、じゃあ何のためのアプリさということになり。

なんとなくこう怒りのような思いを抱いたところで、思い出した。このアプリがGoogleカレンダーと連動していることに。

そうして帰ってスマホのIDでGoogleにログインし、無事に消えた記録と再会することができました。ああよかった。
しかしこれをまた登録し直すかどうかは…まあ必要なもの以外はしないだろうな。てか、Googleカレンダーの側からDLとかできたっけ?うーむ、調べないとわからんな。
スマホも使い始めてそれなりの時間が経ったけど、いまだにこう、自分なりの使いこなし方が見えてこない感じ。

Baru恵比寿

アヒージョが食べたい~とここんとこずっと思っていたのでスペインバルに行ってみた。
最初は前にも行ったボデガスガバに行こうと思ったんだが、電話してもなかなか繋がらなかったので別に探して一発で繋がったこちらに行ってみた。Baru恵比寿。最近、恵比寿ばっかりだな。

豚に力を入れていると聞いたのだが、実はシェリー酒にもこだわりがあるらしい。専用メニューの裏に、シェリー酒あらためヘレスに対する熱い思い(原産国スペインでの本来の名称はこちら。というか原産地の街の名前。「シェリー」という名はイギリスが勝手につけて世界に広めたのでそっちのが有名になった、というお話も含め)が切々と書かれていました。
お店の熱意とヘレスの歴史に敬意を表し、最初にカヴァ(スペインの発泡ワイン)で乾杯した後は、ひたすらヘレスをいただきました。

念願のアヒージョは定番のマッシュルームを堪能。もちろんパンも注文してオリーブオイルまでしっかり堪能。パンはフォカッチャみたいな感じだったな。シェリー…じゃない、ヘレスとアヒージョもよく合いますねえ
ホワイトアスパラのグラタンを頼んだら、巨大なアスパラとが濃厚チーズに埋もれて出てきたよ。嬉しい悲鳴。シメのパエリアは…うん、もうちょい固めの方が私は好みかな。いつも思うがパエリアは本当にお店によってかなり違うね。
あーもっと色々食べたかったけど、大人数で来るような店でもないし、なかなか難しいなあ。通うしか。

最後に「食後酒ありますか?」と聞いたら店員さんが嬉しそうにヘレスのメニュー(元々置いてあるのとは別)をくれました。ショットグラスに濃い琥珀色がなみなみ注がれ。クッっとくる濃厚な甘みと香り、喉を焼くアルコール。ああたまんないね。
このヘレスはちょっと癖になりそう

卒業制作

最近の癒し。
元はニコ動だけど、ご本人が高画質版をUPしてるのでYouTubeで。



なんかこーいう同じフレーズの反復の中に変化が生まれているような曲って好き。なんと呼ぶのかは知らないが。似た構成の有名なのだと『Boléro』とかかな。

会社に着いたらまず洗面所で身だしなみチェック。
そーしてるところで、カーディガンのボタンが掛け違っていることに気付いた。

……恥ずかしすぎる

アンサンブルの黒キャミと黒カーデだから目立たなかったことを祈る。
しかしジャケットは2本目の電車に乗ったところで暑くて脱いでいたしな…ボタン掛け違えのカーディガンのまま人ごみを歩いていたのかと思うと…あああ
なーんか片側だけ妙にだぶつくなと思ったんだ。長いこと着ているアンサンブルだし今年初めて着たもんだから、ついに形が崩れてきたのかと思ってしまった。気付けよ、自分。

5分しか乗らない電車で前の男性がやたらと私をチラ見していたのはこれのせいだったのか。こちらに背中を向けているのに何度も振り向いてきたからな。かなり不愉快だった。ただそのときはジャケット着てたから、本当にそのせいだったのかどうかはなんともいえない。
まあ不愉快だったのは変わらんし、恥なのも確かなので、これはもう忘れよう。

服はきちんと着ましょう。

山梔子

撮影したまま忘れていた写真を利用。

山梔子=くちなしです。
一般的にはもっと白いかなあ。花も改良種には八重みたいになってる豪華な姿なのもあるらしいね。

これは我が家の生け垣。てか、以前は杉科のやつだったんだが、あるとき枯れて、くちなしに植え替えられた。それは数年前のことなんだが、枯れたのは覚えていたのにくちなしに変わっていたことには気付いていなかった。聞いたけど、忘れてたのか。

帰り道、家の前で甘く爽やかな香りがしたので「んん?」と思ってよく見たら生け垣に花が咲いていた。花が咲くような木だったっけ?と思い、つややかな葉っぱに半ば同化して傍目には気付きにくかった花をよーく見たら、「これ、くちなしじゃね?」と思った。
母に聞いてみると、花は植え替えた初年から咲いていたらしい。なんで気付かなかったんだ自分。鈍すぎる。

地面には花びらが散り始めているけれど、花枝の奥には次々とつぼみが。しばらく香りを楽しめそう。

突然だが

これ聞くと泣く。



Twitter経由で流れてきたが、楽器を演奏していると老化が遅れるらしいよ。
→http://gigazine.net/news/0110514_musical_instrument_keep_people_young/

ああ、やはりナマ楽器やってみたいなあ。

鈴蘭

今年の鈴蘭ちゃん。5/4に撮影。

今年も香りで気がついたなー。緑の葉っぱが地面から出てるのは一年中だから、花に気付きにくいんだよ、たぶん。
すぐ隣にあるツツジも白いし、庭の奥のユキヤナギもあるし、この時期の庭は白い花が多いな。ピンクのツツジもあるけれど。

香水に鈴蘭の香りってのもあるみたいだけど、どーいうものなのかは知らない。けど、甘いけれど清々しい感じがする生花の鈴蘭の香りは好きだな。

おっと

相変わらずの放置状態だ。そんなこんなでGW終了。
ただし今年のGWは飛び石なのであんまり連休って感じせず。3連休が2回か。4/30もちょっとだけど結局会社行ったので、ますます連休じゃなかったね。

GWは特に出かけることもなく、ひたすらゲームをクリアしようと頑張ってた。それとは別にゲームプレイ動画も見てたけど。PS3の『HEAVY RAIN』をちょろっと見始めたら、まるっきりハリウッド映画のようなストーリーと映像と演出に止められなくなって。まだエンディングまでは見てないけど。ホラーじゃないのにあまりにリアルな映像と心理描写が怖い。痛い。辛い。サブタイトル通り、心が軋みそう。ゲームオーバーがなく、複数主人公のうち誰が途中で死んだとしてもストーリーは進み続けるというのも怖い。つまりやり直しがきかない。その分マルチエンディング。独特な操作といいとても興味はあるが、あの緊張感に耐えられるだろうか。

やり続けていた『空の軌跡FC』は結局終わらず。ラストダンジョン攻略中。なんでラスダンになった途端に敵が固いのさ~。これまで戦闘に苦を感じなかったのに、敵HP削るのに時間がかかる状況にてこずり中。

HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-HEAVY RAIN(ヘビーレイン) -心の軋むとき-
(2010/02/18)
PlayStation 3

商品詳細を見る
Calendar
04 | 2011/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。