スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

打ち上げ

職場の年度末打ち上げとゆー名目で、新宿で飲み会。
とはいえ、家族の病気とか本人の病気とかいろいろキャンセルも重なってこじんまりになったけど。
まあその分じっくり話すこともできたかな。

職場の飲み会は自動的に女子会。
女子会トークも炸裂?
でもま、職場の飲み会で遠慮なくしゃべれるのはいいもんだ。
こんな感じで次の一年もやっていきたいね。
スポンサーサイト

ドレス決めた

前回で概ね決めたドレスを本決めし、合わせる小物を決めて、ドレス関連はこれで終了になりました。
賞味3回かー。結局それくらいにはなっちゃうのね。
今日は婚約者は同行せず、代わりに洋裁をする母が興味あるだろうしと孝行の意味も込めて同行。

てゆーかドレスデザインに物言いを付けた母が、実物を見てちゃんと納得するよう(式当日にあれこれ言わないよう)先に連れて行ったって意味が大きいんだ、ホントは。
とりあえず着て見せたところ、まだ露出について一家言ありそうな感じではあったけど、周囲のドレスの肩出しっぷりを見て、まあ納得はした模様。やれやれ。「やっぱりデザインは変わりますね」と母が言えば、担当の人が「20年くらい前だと袖ありで大きなパフスリーブとかが主流でしたけどね」みたいなフォローを入れてくださったりしました。大きなパフスリーブってやっぱダイアナ妃あたりの影響かね。

まあとにかくドレスは決定。
靴をドレス丈に合わせて調整。甲の方まで3cmくらい底上げされてる靴になっちゃったよ。確実に父の身長は抜くな。それから首と耳と頭のアクセを決めて、最後にベール。…長いベールにしてしまった。初めて付けたタイプだったけど、ドレスの裾とちょうど形が沿う感じで広がるのが気に入って。

しめてウン十万と。いやあ大変だね。お願いします、お父様お母様。
まだメイクリハがある~。

エステ 1st

ブライダルエステ初回。人生初のエステでもある。
カウンセリングを担当してくれた人がそのまま担当になるようで、同じ人にやってもらいました。

化粧を落として、リラックスを促すマッサージ。頭、首、肩といっぺんにやってくれる感じ。いつも自覚ないんだけどやっぱり「凝ってますね」と言われた。簡単に保湿。
そして初回ということで、特殊な機械で顔を撮影して肌のトラブルを解説、方針の説明。事前に「ショッキングな映像かもしれません」と言われたけれども、なかなか気持ち悪い写真でした。自分の顔だけど。
顔の汚れを吸引、マッサージして、最後にパック。パックは基本メニューでも4種類から選べるけど、さらに追加料金で10種類以上選べたりする。ありすぎてよくわからないので、オススメされたものを。

そんな感じで120分。心なしか肌のトーンが一段階明るくなったような。
さて、美しい花嫁になれるでしょうかね。

ブライダルエステ

せっかくだからやってみようかと。
まあ背中とか、自分でケアするのは難しいしねえ。いくら式しかしない、家族だけとはいえ、晴れ舞台をみっともない身体で迎えたくはないわけで。プランを見てみたら、わりと手を出しやすい価格であるし。

最初は地元の方で休日にとか思ったけど、カウンセリング予約だけでもなかなかとれない感じだったんで、これは平日夜に行くしかないなと、会社から行きやすい新宿で決めてきた。

全5回。ありがちなサービスとして、関係者のエステを割り引きしてくれるってあったのだけど、新郎向けのもあるらしい。
話してみたら「二度とない機会だろうし行ってみようかなあ」と。もしかしたら最後の1回は一緒に行ってくるかも

白いドレス2

ドレス試着2回目。本日は4着試着。

1.こないだの一着目。一番気に入ってたので露出を小物で抑えるバージョンでもう一度。
2.装飾は一着目に近いスワロフスキー、アメリカンスリーブ、マーメイドライン。
3.Aライン、デコルテV字のオフショルダー、シャンパンピンク。
4.エンパイアライン、総レース、首周りにレース飾り付き。

1はまあこないだと同じ。やっぱり装飾的な意味ではこれが一番好き。ほぼストレートなラインですっきりしてるけど、全体にキラキラしていて、後ろのトレーンも綺麗で。
2は初のアメリカンスリーブ。装飾は1に近いのでよし。意外にアメリカンスリーブでも合わなくはない。マーメイドラインはやはりオトナな感じ。しかしとりあえず胸が閉まらなかったのでアウト
3。どっちかというと担当者さんのオススメ。今までで一番スタイルがよく見えた。自分はV字デコルテが一番しっくりくるみたい。この前は似合わないと思ったオフショルダーだけど、前のは横一文字だったからね。今回のはV字な分、胸も二の腕もすっきり見える感じでとてもよい。わりと肩のある自分でもちょっとパカパカ空く感じなんで、デコルテラインはちょっと詰めてもらわないとだけど。
4は花のレース飾りでとても可憐な感じ。しかし実は一歩間違うと乳首見えちゃいそうだよってくらい露出が危うかった。下着がレース越しに見えてるし。さすがに却下。可愛かったけど。

とゆーわけで、1か3。今のところどちらとも選びがたい。
見た目が好きな1か、似合っていると思われる3か。
婚約者は「どれもいいと思う」とゆー個性のない意見しか言わないので、母に聞くかやはり。

雑草?

ふと見たら、グリムスの名前の看板の下に草が生えている→
あれ?もっと殺風景だったよな?
これも季節の背景とか?
と思って他の人の見てみると、同じようになっている人もいれば、砂山にしか見えない人も。
なんだこれ?
だいぶ放置しがちだったからカビはえてきた?
それともそれなりに育て上げているからご褒美が出てくる?
でも昨日まではこんなふうになっていなかったような…

しばらく推移を見守ろうと思う。

懐かしい顔

午前中は仕事をこなし、午後は都内をふらふらして、本番は夜の飲み会でした。
実に久しぶりな学生時代のサークルの学年コンパ。
同学年限定でやる飲み会をそう呼んでました。人数の多いサークルだったんで、全員で飲み会するのは大変で。だからパートごととか通学沿線ごととか学年ごととか、何かしらで区切ってやることが多かった。

で、学年コンパ。
幹事を男女一人ずつが勤め、それ以外誰が来るのかさっぱりわからなかったんだけど、フタを開けてみれば16人プラス子ども5人と思った以上の集まりでした。中には卒業以来に会った人も。
「みんな変わらないねー」と口では言うものの、まあ、時間というのは平等には流れないものだよね。激しく変わっている人はいなかったものの、やっぱ男性陣は「濃く」なったなあって思う人が多かったし、女性は…そこはかとなく老けを感じる人と、まったく変わらない人がいたな。思わず我が身を省みるけれど、昔から遠慮なく言ってくる男性に「全然変わらないね」と言われたのでちょっと自信もっておこう。これからも精進精進。

場所は大学近所の馴染みの居酒屋。まあ名物居酒屋で、相変わらず母校学生・卒業生たちで大盛況のお店でした。ほぼ家族経営らしく、お店の人も全然変わってなくてびっくり。子どもたちを我が子のように歓迎してくれて、いいおっちゃん、おばちゃん達です。学生時代、無茶な飲み方をして叱られた経験のある男性陣は多いらしい。変わってないといえば料理も。夫も同じ大学出身だという友達は、わざわざ料理を写メってました。懐かしい味というのは本当に時を飛び越えさせてくれる気がするね。

順番に近況報告して、自分も結婚報告した。イッキさせられた。何年ぶりだよ。てか、コールかけた奴らも私の酒量わかっててやってるからなー。まあコップでかなり水でうすまった焼酎だったから別に何も。

昔、最寄り駅が同じで時々一緒に帰ってた子と卒業以来で再会したら、すっかり酒好きになってた。いわゆるお嬢様学校出身の才女って感じで、おとなしいわけじゃないが、けっして自ら水割り作ったり手酌するような子じゃなかったのに。米国留学してMBAとったそうで才女な部分は相変わらずなようですが。てか、あなた理系じゃかった?とかも思ったけど。
とりあえず、今度一緒に飲みに行こうと約束した。

考え中

決まっていること。

挙式日
新婚旅行日程

決まっていないこと。

入籍日
本籍地
証人

大事なことが決まってないじゃーん!
まあそれほど意味のあるものではないし、まったく自分たち都合で決められそうな内容だからって放置してたのもあるんだけど。
旅行行くまでにパスポートの名義変更を済ませねばならず、そこから逆算していったら「おや、あんまり悠長にしてられない?」と最近気づいた。
挙式が5月のGWだからねえ。役所閉まるし。
あと、現住所と新住所とでパスポートセンターの手続きを調べたら、必要書類は同じだけれど、猶予というか融通の利かせかたが違う。てか新住所の方で「ええ~」と思ったので、試しに現住所の方を調べたら、こっちの方が対応が柔軟で。だからまずは入籍済ませて新しい戸籍を作り、そんで現住所でパスポートの名義変更を申請して取得してから住民票移すのがいいのかなあ~とかいろいろ考えてるとこ。

そろそろ真剣に相談しましょう。
しかし入籍日なんて別にいつでもいいんだけど、まあ吉日は選びたいよね。どうしたもんかねー。

ちょっとね

すっかりご無沙汰。
「ブログを書く」という行為から離れるだけじゃなく、「ブログを見る」すらなくなって、すっかりさっぱり更新せずになっておりました。
何も書けないほど忙しいなんてことはない。
単に見なくなって気にならなくなっていただけ。
無関心こそもっとも気持ちの離れた状態だよな。

しかしたまに「やっぱり記録がほしいな」と思うことはあるわけで、なにげに5年以上もわりとマメに書いていたわけだし、ちょっとずつ取り戻したいなと思う。

現在と過去を一つずつ更新。

とかやってみようか。
どこまで遡れるかな?

ケア

土曜日はたいがい埋まってしまう昨今。
自分自身のことは日曜日にやります。
というわけで、コンタクトレンズの検診と髪のカットを。

レンズは変わらず半年更新。
「利き目」というのを教えてもらいましたよ。
人間の目は対照に向かってまっすぐ見る目と距離を測るために斜めから見る目があって、まっすぐ見るほうが「利き目」なのだとか。焦点を合わせるときの都合上、視力矯正をするときは、利き目の視力が良い方が目が疲れないらしい。
私の効き目は左。
しかし今回、レンズをつけての視力検査で左0.9、右1.2。
「そんなに良くなるようにしてないんだけどなあ」とお医者様がぼやいておりました。
まあいろいろと換算した結果、結局このままでいくことになりましたが。私が「別に左目が疲れるってことはない」と言いましたしね。
相変わらず目のカーブに大してレンズのカーブがキツめらしいのだが、緩めるとズレやすくなるのでこのままで。目に負担がかかるのでやはり半年で交換すべし、と言われました。
ちなみに裸眼は現在0.05くらいらしい。
いつも測りはするけど意味ないのとちょっと怖さもあって聞かなかったのだけど、何年ぶりかに自分の本当の視力を知ったよ。

髪はいつものところでいつもの人に。
結婚報告は前にしたので「髪のばしたほうがいいんじゃないですか」と。
私は今の髪型が気に入っているので、結婚式だからと変えるような真似をするのはあまり好きじゃないのだけど。
「やっぱり長ければそれだけやりやすいですよ」と言われ、今さらだけど少しのばしておこうかと思った。
髪の全体の長さは変えず、ただもっさりしてきた部分をすいて軽く。
床に落ちた髪の量はすごかったけど、見事に髪型は切る前とほとんど変化せず。他人にも気付かれず(笑)
やっぱこの美容師さんの腕は信頼できるなあ。
場所は遠くなるけど、できるだけ今後もお世話になりたいね。

白いドレス

たぶん一般的には遅すぎなんだろうけれど。
ウェディングドレスの試着に行ってみた。

家族だけの教会での結婚式しかしないつもりなので、私自身は当初「いらないでしょ」と思っていたのだが、母と婚約者に反対された。
「当たり前だ」というツッコミが聞こえてきそうだが、残念ながら私は「一生に一度のウェディングドレス」とかゆーフレーズに憧れを感じない。むしろ面倒。
だいたいなんで白なのか。正直似合うと思えない。国際的にはいろんな色があるのに、なんで日本はドレスも着物も白なのさ。
とかまーいろいろ思うところはありますが、「着ろ」と言われれば、大事の時に余計な波風たててまで反対するようなことはしませんよ。ただし着る以上、せめて似合うものを着たいけどね。それを探すのが面倒なんだ、何より。
とりあえずは横浜でドレスショップを見て、希望のテイストが多いものを選んで試着予約して行ってきました。

希望のテイスト=大げさすぎない(主にボリューム)、シンプルしかし(見た目は)リッチ
一度で3着くらいの試着が時間的にも限界とのことなので、異なるラインで装飾も違うものを着てみたよ。

1.エンパイアライン(胸下切り替えでスカートはそのまま流れるタイプ)、全体にレースとスワロフスキー
2.マーメイドライン(腰、膝が締まったスタイル)、ツヤある生地でタック等のシンプル装飾
3.Aライン(ウエスト締めて、裾にいくにつれ広がるタイプ)、ビーズ装飾とスカートはオーガンジーふわふわ

プリンセスライン(腰から下がふんわり)だけは「ない」と思ったので最初から除外で。自分のカラーに合わないって意味でね。
とりあえず、オフショルダーっぽい袖付きは無理だなと思った。肩がすごいことになる。首周りの形って本当にスタイル変わって見えるほど影響でかいよな。
他はベアトップだったのだけど、この辺は家に帰って母に見せたら物言いがついた。いわく「教会での式なのに肌露出しすぎ。はしたない」だと。肩出てないドレスなんて探す方が難しいっての。
という事例を様々なウェディングドレス写真見せて納得させた上で、アメリカンスリーブとかレースが首やら胸やらにあしらわれているあたりで妥協させた。ちっ、探し直しだよ。
個人的には1.が一番気に入ったんだけどね。あれもベアトップなので似た感じのものがないか次回相談しよう。
あとよく考えたら自分の肌はオークル系なので、もうちょっとオフホワイトとかクリーム色に近いものも次は試してみよう。

あーまったく面倒だ。

アンヴェール X回目

C姉と二人でアンヴェール。
この店の訪問回数はもう数知れないのでわかんない。

金曜日だったけど、早めに行ける予定だったので特に予約せず。目論見通り入れました。けどしばらくすると、テーブルが空いていてもお断りされる客多数。やっぱり金曜夜の新宿は予約多いみたい。3時間ほどいた最後にはすべてのテーブルが埋まってました。

最近は特別肉料理を数品用意してあるらしい。二人して惹かれた羊肉のナヴァランをチョイス。トマト煮って感じ?これが個人的には妙にヒットして、一気に食べてしまった。羊とトマトってよいね。
いつもの如く食後酒を楽しんでいたら、いつの間にかカラになっていたところに店長さんから「もう一杯」と勧められてつい飲んでしまい…結果的に飲み過ぎたね。帰宅までは無事だったけど、帰ってから死んだ。

あ、そういえば今回初めて店長さんの名刺をいただきました。なかなか変わったお名前だった。てか、これだけ通ってるのに遅すぎ。自分も今さら自己紹介しといたよ。もうすぐ旧姓になる予定の名前だけど。

二人の会話は近況諸々。いろいろあるよね、うん。
Calendar
02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。