スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

菌類のふしぎ

『もやしもん』も読んだことだし~ってことで、菌類のふしぎ―きのことカビと仲間たちを上野の国立科学博物館にて見てきましたよん。
同行したC姉も言ってましたが、「かつてこれほど菌が人気者になったことがあるだろうか」って感じでした。みんな本当に熱心に見てるなあと。だってなかなか展示の前から動かないんだもん展示はあくまで真面目に菌を解説してるんですけどね。あ、でもすべて段ボール材で作られた展示ブースはなんかあたたかみがあってよかったです。キノコの模型もいっぱい変わった形があって面白かったし、様々な製品に生かされている菌をその製品とともに紹介してるのも良かった。そしてもやしもんの菌キャラ達もあちこちにいるし。
てゆーか人気の一端はコレだろーな。ぬいぐるみがあちこちに飾られてるし、あと展示の折り返し地点に設置された菌コーナー?では、作中の日吉酒店やマリーのカーヴを彷彿させるように「わー」っと菌どもがめいっぱいいたし。そして何より、作者・石川雅之氏による「らくがき」があっちこっちに描かれてて…これがまた絶妙だし面白いし可愛いしで、それを探すのが楽しくなっちゃう感じでしたよ。
らくがき~ボツリヌス菌で、個人的にもっともツボ突かれた「らくがき」
すみません、C.ボツリナム芽胞割れバージョンが大好きです。猛毒だけど。それで「この先へいってはいけません」…サイコーです。
なんだかとっても「観覧者」の視点で描かれたらくがきで(ちょうど疲れを感じる頃に通りかかる段差に「座るのに絶妙な高さ」とか書いてあったり)、作者はずいぶんと熱心にしかも何度もここに足を運んでいるんじゃ…と思わされました。だって「このコーナー人気ないらしいぜー。見ろー」とか書いてあったりするんだもん…
写真撮影OKなので、みなさんらくがきを見つけてはバシバシ写真撮ってました。私らも気付けばかなりの量を…C姉なんて『もやしもん』読んでもいなかったのに、展示見終わって出てきたときには、携帯の待ち受け画面も携帯クリーナーも菌に変わっていた…

結局2時間以上いたでしょうか。かなり思いっきり楽しんでしまいました。おみやげも可愛いし~。無駄に色々と散財を。可愛いのが悪い。ほだされるのが悪い
外に出ようとしたら「→ロケットランチャー」という看板があって、どうしても気になったので人気のない小道を通って先へ行ってみた。本当にありました、ロケットランチャー。私やC姉が思わず思い浮かべてしまったロボットアニメの武器のようなものではありませんでしたが。一見の価値有りかと。やるな、科博。

ちなみに散財はここまでが前哨戦。この後、銀座に本番が待っていた。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。