スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

やってみなきゃわからねえ百万世界

幻想水滸伝ティアクライスクリアー!ってことで、締めくくりのタイトルは主人公の十八番でいかせてもらいました→「やってみなきゃわからねえ」
勝つか負けるかなんて、やってみなきゃわからねえ。やるなら勝つ気でやんなきゃなんねえよな!ってのが主人公の論法でしたね。気持ちのいい子でした。公式情報で「15歳」って設定見て驚愕しましたけど。まあ…日本みたいに学校通ってる間は勉強さえしてりゃいいみたいな世界と、幼いうちから家業を手伝うのは当然で、力があれば武装して共同体を守らなきゃならないような世界じゃ、成長に圧倒的な差があって当然ですが。しかも後者は別にファンタジー世界にしか存在しないわけじゃなく、現実にそんな15歳もいっぱいいると思うんだ。
と、話が飛んだ。まあとにかく最後の感想。サイナス→第12の書→決戦。

・「星の命を集めて~」の選択肢は、それが過ぎてだいぶ経ってから実はもう一方を選んだら「BAD END」だったと知った。知ってたら一度BAD ENDの方見たのにー。2つだけのセーブ枠苦しいよな…
決戦前会話:
・うろうろしてるイクスとモーリンが面白かった…決戦会話の新しいパターン?
・アスアド、今ごろ気付いたのか…クロデキルド姫への本当の障害は副官メルヴィスではなく、妹のフレデグンド姫だとゆーことに(姉命な妹姫)。てか、アスアドがメルヴィスを呼び捨てなのに驚いた。まあ年齢近いみたいだけど。性格のせいか、アスアドのが全然幼く見える。ロベルトと同じくらいかと…(アスアド25歳、メルヴィス27歳、ロベルト17歳)
・そのロベルト。なに先輩風吹かせて戦歴語り聞かせてやがるー!しかも主人公の話がやたら出てくるらしい(聞いてる側の証言)。やっぱり主人公大好きツンデレ…
・シャバック(海賊3兄弟の末の弟。実はエリート校出身)とヒナ(シャバックの同窓生でロノマクア首長国の首長の姪)のカップルってなにげにいいと思う。ヒナは名前も見た目も可愛くてよろしい。
・相変わらず主人公にストーカーするメイベル。そして主人公の貞操を守るがごとくメイベルを引きはがすジェイル。ジェイルも相当主人公のこと好きだよな…
・ストーカーといえば武闘派少女だとばかり思っていたチェインがオータにストーカー行為をオータ可愛いけどさあ…(獣人族フューリーロアの子供なので、顔がまんま子犬)
・ツァウベルンがお茶目すぎる。ビュクセの奇声をぜひ聞きたかった。
・シスカ姉がなぜあれほど棒読みなのか理解した。主題歌歌ってる人だったのかー

決戦:
・なんでしるべの塔は一なる王の像になったんだろう。単なる盛り上げ?
・天魁星の名前以外が焼けこげた「約束の石版」。切な~
・ラスボス。強いと聞いて覚悟していたせいか、あんまり強く感じなかった。ボス戦で天蓋・魔蓋かけるのは当たり前だったし、主人公は常に1000以上のダメージ与えられてたし。あ、最終メンバーは自警団=主人公、マリカ、ジェイル、リウで行きました。

後日談:
・シリウス団は残るのねー。紋章がないおかげで本当に大団円な感じで安心。
・やっぱりアスアドとロベルトが面白かった。アスアド…恋の為に故国を捨てたか。相手が女王じゃ成就は絶対無理って気がするけど。「おそばにお仕えできれば…」て感じでしょうか。しょっちゅうセレスティア城に来てたって何しに来てんだよ、ロベルトー(主人公に会いにに決まってるが)。
・ナムナが海賊と一緒に旅立ったってのに吹いた。ナムナこそ本当のツンデレだったかー。
・ジェイルとセレンさんの、母と息子の拳での切磋琢磨は良いですな。
・マナリルがシャムスお兄様についていかなかったのにはびっくり。そして好感度↑。強い子だー。ソフィアと親友になったとか、ホントいい子だー。

あれ、決戦前会話より後日談のが感想少ないな。なんかあんまり覚えてないんだよねまあとにかく、そろそろ総括。

アトリが死ななくて良かったーー!途中から死にそう死にそう思ってたからなー。新しい書を手に入れる度に、アトリの最期が見えたらどうしようって戦々恐々としてました(アトリ=別世界の天魁星=別世界の主人公)。ラスボス戦中に声が聞こえてきたときでも安心できなかったよ。まあそれくらい、クーガの最期がショックだったということでもあるな。アトリの穏やか~で癒し系な語り口、じわじわとお気に入りになってました。
でもって結局主人公ってナニモンだったんだ?異世界への扉を抜けることができない。昔、異世界から来た人間かもしれないってくらいだったよね。あとは、断片的な情報から、輝ける意志の書の世界の天魁星の息子?それってOPで流れるムービーの人達?という程度。あー今気付いたけど、融合で現れる世界って、「書」のある場所と「遺跡」がセットだったよねえ。ってことは、あの遺跡が主人公の世界における一なる王の像ってことなのかな?ううむ…なんか、公式の関連本とか出たら買ってしまいそうだわ。回答教えてほしいもん。
あとは、北辰皇国もそうだけど、ライテルシルト連合王国もなかなか気になる存在だったんで、この世界観で続編あってもいいかなーって思う。しかし、108星が戦闘員or非戦闘員でしかなくて、やったら戦闘メンバーが多いのはちょっと辛い。なんか別の役割与えてやってくれ。じゃないと使えないし覚えきれない。幻水5の時はなんだかんだ言って108星全員覚えてたけど、今回は最後まで無理だった。全然使わないし関わりないってキャラが多かったからだと思う。せっかく設定は魅力的なのに残念。
戦闘メンバーが多いのに関連して。全員の魔法をいっぺんに付け替えできる場所はあるのに、全員の装備をいっぺんに付け替えできる機能がないのはとても困る。本拠地武器屋でできるのは「買い替え」であって付け替えじゃない。できるできないでプレイにかかる時間がだいぶ変わると思う。
金稼ぎが交易オンリーってのはかえって良かったと思う。交易楽しかったよ。噂とかでボロ儲けもできるし、移動も楽だし。あとはクエストが結構楽しかったなー。各キャラの別の一面を見ることができたし。もっといっぱいあっても良かったくらい。wi-fiクエもなかなか面白い趣向だった。これももっとたくさん種類があってもいいな。

値段分は十分に楽しめたと思います。面白かった
今回、ティアクライスでシリーズの新しい展開を見せてくれたわけだけど、作品としては結構成功しているんじゃないかなあと思う。だからこそ、今後「幻想水滸伝」というシリーズがどう展開していくのかは非常に気になるところですね。従来のシリーズを続けるのって結構大変そうだからなあ…色々制約が多くて。でも期待している人は多いだろうし。ホント、大変だなあ。
5から入った新参者としては、とりあえず過去作でもやりながらのんびりと見守りましょうかね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。