スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

沈丁花

ここ数日、外を歩いているとふと沈丁花の香りを捉えることがあります。
先週末に上野の展覧会に行ったときも、国立西洋美術館の前を通りかかったときに「沈丁花の香りがする」と気づき、敷地内に入ってみれば白い沈丁花が満開の花をつけていました。

花は小さくてどちらかというと地味な方かなと思いますが、やはりこの香りはすごいなあと思う。姿が見えなくても感じられるからね。香る花といえば金木犀の方がより主張が強い気がしますが、個人的には木犀の甘い香りより、スッと突き抜けていくような沈丁花の香りの方が好きですね。夏は嫌いで冬は好きというのと似た感覚です。

物心つく前から自宅の庭には沈丁花の花がありました。その花の形のように、まあるい大きなのが。1メートルくらいあったかな。自分自身より大きかった頃もあった。
それが何年か前、突然枯れてしまいました。急に無くなっていたのでビックリしたもんだ。その後は、何度か別の庭木を植えてみたりしているけれど、どうしてもあの沈丁花が懐かしくなります。こうして花の季節になって、外でふとその香りを感じたりすると特に。枯れてしまったのだから、あの花を取り戻すのはもちろん無理なのだけれど、この時期になる度にやっぱり思い出します。
いつかまた、あの花じゃなくても沈丁花を庭に迎えて、その香りを自宅で愛でたいですね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。