スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明解物語

自分のPCの横には辞書が3冊並んでいる。
国語辞典と英和辞典と和英辞典。
辞書なんかネットでひけるじゃんと言われるかもしれないが、ネット辞書は検索してヒットしたものしか出てこないのが原則なので、その前後のものとか読みたいときはやっぱり冊子の辞書が見たい。じゃなくても、これらの辞書、特に国語辞典と英和辞典は長く愛用しているものだから、時々は手に取りたくなるものなのだ。
さて、一口に辞書といっても、国語辞典1つにしたって世間には色んな出版社から出た色んな名前の辞書がある。例えばここにある国語辞典は三省堂『新明解国語辞典』。とゆーことで、今回読んだ本。

明解物語明解物語
(2001/03)
柴田 武

商品詳細を見る

図書館で国語辞書の分野の棚を見て驚いた。「明解国語辞典」について書いている本が何冊もある。そんな言及されるような辞書だとはちっとも知らなかった。てゆーか私の持っている『新明解国語辞典』はやたらと年季が入っているのだが、改めて奥付を確認してみたらなんと初版だった。昭和47年1月刊。13刷だけどそれだって同年6月刊。ちなみに現在は2004年11月に出た第6版が最新。…たぶんこれ、長兄の為に買われてそのまま兄弟に受け継がれてきたものだと思われる。だって自分が生まれる前だもん

三省堂からは「新明解」のような小型国語辞書が2種類出ている。「明解」の名を冠する『明解国語辞典』及び『新明解国語辞典』と、『三省堂国語辞典』。実はこれらの編者は、共通の人だったり途中から分裂したりと、意外に複雑な変遷がある。この本ではこれら三省堂から出た小型国語辞書を「明解系」と呼んでまとめて扱い、主に『明解国語辞典』と『三省堂国語辞典』の編纂に関わった見坊豪紀氏と、『新明解国語辞典』の編纂者山田忠雄氏について、本人や周囲の人々のインタビューを元に、日本の代表的な国語辞典(「新明解」は売り上げ第1位)の歴史について語っている。

辞書の編纂なんて、考えるだけで目眩がしそうな作業だよな。しかも見坊氏は、それまでの先に刊行されている辞書の項目をそのまま写したような辞書を否定し、新聞・雑誌・テレビ等々、日々の「生きた」言葉の中から用例を収集・整理し、それを辞書に生かしたというのだからすごい。亡くなる年の1992年まで続けられた用例収集の成果は、145万枚もの採集カード(実物の切り抜きなどが貼られて典拠の記された短冊)として、現在は三省堂に保管されているそうです。塵が積もって山どころか宝になった感じですね。
山田氏は『新明解国語辞典』の主幹となるにあたってちょっと事情があったようですが、その独特の語釈が一部にウケて、「新解さん」という愛称とともに知られるようになりました。ちなみに軽く検索してみたら『新明解国語辞典』の面白さを紹介するこんなサイトもありました。

おかげで自分の辞書にますます愛着が湧きましたまあ初版は誤植がすごいらしいんですが(本の中で三省堂の編集者の人が言っている)。でも初版なんてちょっと貴重な感じがするし、例えケースボロボロでもこれからも使っていこうと思います。

ちなみに帰りの電車で読み終わっちゃったんで明日の朝から読む適当な文庫本でも…と本屋に立ち寄ったら、「笑える本(←うろおぼえ)」と銘打って本を紹介しているコーナーができていて、そこに『新解さんの読み方』という本があったので「なんというタイムリー」と思って買っちゃいました。しばらくはそれ読んで笑おうと思います。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。