FC2ブログ

灰の水曜日

帰宅したら母が不在。
どっか出かけたの?と聞いたら「なんだか教会の行事に行った」と父。
それで思い出した。
あ~、"灰の水曜日"か。
ということはそろそろ復活祭(イースター)なのね、と。

私的認識としては、去年の"枝の主日"で使った棕櫚(シュロ)の枝を燃やして灰にしたものを額に塗りつけられる日。
"枝の主日"は、キリストのエルサレム入城時に、歓喜した民衆が自分の上着や棕櫚の枝をその歩む先々に絨毯のように敷いたということからきてるってのはなんとなく知ってた。
その日にだけ歌う賛美歌に「棕櫚の葉を手に持って 救いの主(しゅ)を迎えよ」って歌うのがあって、この歌、私が賛美歌の中で一等好きなのでよく覚えてるのだ。
一方で"灰の水曜日"はよく知らんなあ~と思って帰宅した母に聞いてみた。

「なんで灰なの?」
「なんか痛みを思いやるのよ」

……ストレートすぎる質問にあっさりすぎる回答。
あっさりすぎるのでネットで検索してみた。(インターネットは便利だ)

復活祭の46日前で四旬節の初日。
四旬節とは復活祭までの主日(=日曜日)を除いた40日間をいい、キリストの荒野での40日間の断食に由来する。
この間、信者はキリストの受難と死を思いやり、復活祭へ向けての準備をする。
灰の水曜日はその印として、いわば祝い事に使われた去年の棕櫚の枝を燃やして灰にし、それを頭にかけたり額につけたりする日。
(なんとなく抜粋)

灰の水曜日が来ると復活祭だな~と思う認識は間違ってなかったね、うん。
そういえば母はちゃんと肉を食べないとかやってたっけ。私はしたことないけど。
でも今日の母、「神父様が灰をつけすぎたから地下鉄のトイレで落とした」って言ってました。いいのかそれ。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ