スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

実況プレイ動画

長い夏休み、最初の九州旅行以外特に予定はなく。まあ間にちょこっとは入ったけど、おおむねヒマ。
ずーっと前に取得しておきながら忘れていたニコニコ動画のIDを復活できたので、ゲームの実況プレイ動画なんか見始めてしまったら止まらなくYouTubeで海外の人がやってるゼルダとかは見たことあったけどね。でも実況入ってるのは見たことなかったかな。入ってたとしても英語とかだろうし。

「男がプレイするときメモGS」などに始まり、「零」シリーズ、「SIREN」等、"自分じゃ絶対できない"ホラー系ゲームをたっぷり見てしまいました。実況入ってると怖くない。これイイ上手い人のプレイは見ていて感心するし、中には「次くるよ」とか言ってくれるのもあるのでチキンな自分には本当に有り難い。実況が入ってる分、BGMがほとんど聞こえないってのも大きいだろうね。恐怖系ってやっぱり音の重要性がすごく大きいし。
初回プレイの動画はそれはそれで面白く。実況してる人のビビリぶりに先にウケてしまうから音量は気をつけないといけないけど(実況者の叫び声で突然大音量になったりする)

その手の動画で、外国人が「零」をプレイしているのをまとめた動画が面白かった。元々はYouTubeので「零~刺青の聲」(リンク先は公式サイトだけど、TOP画面からそれなりに怖いのでご注意)の海外版=「Fatal Flame 3」の実況プレイ動画を紹介風に編集したもの。アメリカ人の4人の男性がプレイしているもので、元々色んなゲームの実況プレイ動画をUPしているみたいなのだけど、零シリーズもやっている様子。言葉はかなり汚かったりするのだけど、半泣きでプレイしている様子や、怖さから逃げる為にしょっちゅうメニュー画面を呼び出している(どんな場面でも中断できる上に、画面がメニュー画面に切り替わってプレイ中の怖い映像をとりあえず目の前から消せるから)のがおかしくてしょうがない。

ニコ動試し貼り。
私的には実況の大騒ぎとコメントのせいで怖くないけど、映像はもちろん零のまんまなので怖いのダメな人はお気をつけて。あと多少解説すると、零シリーズはいわば和風お化け屋敷探索ホラーだけど、3作目である「刺青の聲」は「夢の中で探索をしている」という設定になっており、目覚めれば現実の自分の部屋に戻ります。が、ゲームが進むにつれて現実(自宅)にもおかしなことが色々と起こり始めたりします。最初の方の普通の家の中っぽいシーンは、現実が侵されていく場面ですね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。