スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会は存在しない

図書館読書感想文。
社会は存在しない――セカイ系文化論社会は存在しない――セカイ系文化論
(2009/07/03)
限界小説研究会 編笠井 潔

商品詳細を見る

こないだCちゃんと映画見に行ったときに「今はコレ読んでる」と見せたら、「なんかやちよの嫌いそうな…」と言われた。その通りだよ、よくわかってるじゃん。
図書館で本を選ぶ時は、本棚で適当に選ぶとき(その場合はだいたい文庫や新書になる。一箇所に集まってるから)と、「目を付けた本リスト」の中から気分で適当に選ぶときとがある。このリストは本当に単純に「目に付いた」だけで選んでるので(目に付いた瞬間に職場のデスクトップ上のメモ帳にタイトルとISBNをコピー&ペーストしている)ジャンルも色々節操なし。この本は、たぶんきっとそのタイトルのインパクトからリストに挙げられていたんだろうと思う。
なかなか挑発的なタイトルですが、サブタイトルにあるように内容は2000年代の主としてサブカルチャー(オタク系文化)評論において盛んに取り上げられた「セカイ系」とゆーキーワードを2000年代が終わろうとする今、あらためて捉え返そうとするもの。その「セカイ系」作品の特徴の一つに「社会の欠落」とゆー指摘があって、それをタイトルに持ってきているわけだな。

マンガもゲームもやるしアニメもある程度見るけど、「セカイ系」って言葉はどこかで聞いたようなくらいの認識しかなかったな。この本には複数の著者による異なるジャンルにおける「セカイ系」についての論が載ってるわけだけど、共通して度々登場してきたセカイ系作品ってのは秋山瑞人『イリヤの空、UFOの夏』、高橋しん『最終兵器彼女』、新海誠『ほしのこえ』の3作品でした。…自分はどれも読んだことない、と『最終兵器彼女』は一時期読んでみようかなと思ったことあるしなんとなくは知ってるけれど。
でも結構面白かったよ。私がこの手の本を嫌いな理由である「論が論に溺れていく」的文章は一部でやっぱり鼻につくけど、2000年代を捉え直し来るべき2010年代を夢想する(「想像する」とはあえて言わない)視点を持つものもあって、それは面白かった。「セカイ系」は先に挙げたまさしくオタク文化から生まれた言葉だけれど、本ではサブカルチャーにおける話だけでなく、社会やメディア、ミステリ小説や純文学、そして映画と演劇における「セカイ系」についてもそれぞれ色んな人が論じていて、その点も面白い。単純に、知らない作品をたくさん紹介してもらえる面もあるし。とりあえず著者の1人である笠井潔の『例外社会』と純文学のところで紹介されてた青木淳悟の作品を読んでみようかなあとか思った。…あーでも今見たら笠井潔のって700ページもあるんだ…この本で450ページ…それはちょっと根性がいるなあもちっと軽いのをまずは探してみるかな。

内容とは全然関係ないんだが、この本誤植が目立った気がする。ただでさえ読み解きにくい文章が多いんだから助詞の間違いとか避けてほしいなー。それともそれが正しいのか?でも明らかに意味が通らなくて、意味が通る別の助詞がパッと浮かぶような箇所はやっぱ誤植だよねえ。図書館の本ってだいたい初刷だから誤植も一番多いんだろうけど、話の腰を折るのが誤植ってのはちと寂しい。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。