スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宗教聖典を乱読する

図書館読書感想文。

宗教聖典を乱読する宗教聖典を乱読する
(2009/07/21)
釈 徹宗

商品詳細を見る


一般的な日本人がどの程度自分の宗教観を認識してるかってのは、なかなかそーいう話をする機会もないしイマイチ分からないけど、やっぱ自分は無神論者だーとか思ってる人が多かったりするのかしら。でもなー、みんな初詣には行くし受験祈願もするしおみくじも引くし墓参りもするしお盆には帰省するし忌み言葉もわきまえてるし、それを宗教だと自覚しているかどうかはともかく、大多数の人は当たり前に宗教行為をしてるよなーとゆーのが実感。初詣も帰省も大混雑するのに、それでもやるのは大した熱意だと思うのですよ。これも信仰心と言えるのではないかと。
それでも宗教の話って一般的にはタブーな感じよね。カルトとかもあるから仕方ないのかもしれないけど。けれど世界の文化、社会、政治や経済に至るまで宗教の及ぼしている影響ってのは計り知れないものがあるので、「豚を食べない」とかそーゆー表面的な事じゃなくて、きちんと知りたいって気持ちは自分にはずっとあったわけだ。知るにはその聖典が一番早い。だからコーラン読んでみようかなーとか思ったこともあるんだけど、いかんせん聖典とゆーのは基本的に内容が易しくない。自分はいちおー洗礼も受けてるキリスト教徒だけど、それでも聖書を最初から最後まで通読したことなんてないもの。あまりにも気合いが必要だ。とゆーときにこんな素敵なタイトルの本を見かけて飛びついたわけだ。長い前置きでした

書いているのは浄土真宗のお坊さん。宗教者というのは、ここ最近の「世界宗教者会議」なんかに代表される宗教間の対話活動の関係で、かえって他の宗教者に触れる機会が多いのでしょうね。順番に、ヒンドゥー、神道、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、仏教の各聖典を少しずつ紹介してくれています。
いやーやっぱり宗教観の違いって本当に面白い結局のところ宗教ってのは、誰もが向き合っていかなければならないこの「世界」をどう捉え理由づけして、生き、そして死んでいくのかとゆーことを説明する為にあるようなもんで、だからどの聖典にも「世界とはこうして生じ、このようにできている」といった説明が必ずある。その違いが、その宗教を信仰する人々の精神の根本を形成しているわけで、「だからこーゆー考え方になるのかー」とか「そーゆー世界の捉え方もあるんだー」というのが色々あってすごく面白い神道の「訪れて去っていく神」とかヒンドゥーの包括主義、仏教の「神なき宗教」とか面白いし考えさせられたなあ。

今の世の中、かえって宗教って必要なんじゃないかなあって思ったりもします。信じろってんじゃないよ。ただこれだけ長きに渡り世界中の人々の精神的基盤になってきた考え方を知ってみるのは、生き辛いって思ってる人には何かのきっかけをくれるんじゃないかなって。あと漠然とだけど、「敬虔の念」…侵しがたい何かの前にあって膝を折り心から敬う気持ちって言うのかな、そういう気持ちを抱くことがない人生ってすごく寂しいと思うんだ。まあ自分だって思わず膝を折るほどの尊敬の念なんてまだ抱いたことないけれど、でも「敬う」気持ちってのは実はとても精神に安定を生む気がする。

各宗教の項の最後でその宗教に関連するオススメ映画を紹介してくれているので、普段映画あんまり見ないけど、ちょっと見てみようかなあとか思いました。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。