スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

en. terrible

ちょっと旅の相談しようぜと集まることになり、日程調整したら一週間以上猶予があったので、去年リストアップして行かなかった店に行ってみることにした。

で行ってみたのがen. terrible(アンテリブル)。元は「enfant terrible」という店名だったそうで。ちょっと縮めたらしい。場所は東銀座。
リンク先のホームページもそうだけど、とってもおしゃれモダンな感じ。入るとまず大きくて明るいオープンキッチンが目に入り、席はキッチンを囲むカウンターとテーブル席が3、4つ。奥に半個室があったね。シンプルだけど味のある木製のテーブルや椅子は如何にも北欧っぽい。実際、照明も含めて北欧デザイナーの作品だそうで。
メニューは飲み物以外は黒板で。コースはないのですべてアラカルト。もちろん分量とかコース構成なんかは相談にのってくれる。なんかどれも「お?」と思うような素材を使っていて面白かったよ。記憶頼りだけど、トマトとアボガドのサラダ、白子のリゾット、栗とレバーの焼き餃子、大人ハンバーグ(中にフォアグラ入り)、あと料理の仕方は忘れたがオススメの豚肉料理…だったかと。肉々しい構成だなあなんかどれも美味しそうではずせなかったのよね。実際まだ気になるメニューがあったので機会があったらまた行ってみたい。ちと場所が「ついで」で行ける場所じゃないんでアレなんだけど。
味、雰囲気ともに大いに満足お酒は4人だったんで最初からボトルでワイン注文し2本空けましたが、トータルで1人7500円程度だったかな。メニューの選び方次第ではもっとお手頃価格にもできそう。お店の雰囲気的には1人で来ても全然OKな感じだしね。
あ、もちろん最後にデザートとお茶も注文してます。食後酒もある。自分も今回はデザートとコーヒーで。しかしお腹が苦しかったのでアイスクリームにとどめましたが。「飯久保さん家のパフェNo4」とゆーのがあり、RさんとEちゃんは即座にそれに決めてました。No1~3はどんなだったのか気になる…と話題にしてました。そういや名前の由来聞けばよかったな。今度行くことがあったら聞いてみよう。

帰りはEちゃんのみ東銀座駅へ。残り3人は新橋駅まで歩いて帰りました。昭和通り沿いに10分程度。ビルに灯る照明を見ては「まだ働いてるんだ~」とか、歩道橋下のなんだかよくわからない「礎石」を見ては「どこの礎石だよ~」とかヘンなハイテンションで帰りました。面白かったけど。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。