スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

きょうだい

とっくに読み終わってたんだけど、感想書く機会を逸していたわ。うろ覚えになりつつあるけど一応感想。

きょうだい―メンタルヘルスの観点から分析するきょうだい―メンタルヘルスの観点から分析する
(2009/06)
藤本 修

商品詳細を見る

学問的に兄弟姉妹を取り扱う本って珍しいなーという気がして。双子の研究とかはよくあるけどさ。でもそれも、果たして人の性格や性質というものは遺伝の比重が大きいのか環境の比重が大きいのかということを調査したいが為の実験が多かったようだけど(一卵性双生児なら遺伝子は100%同じだから)、結局はどちらとも言えないということらしい。
そもそも一緒に育ったきょうだいだから同じ環境にいたということは到底言えないというのが現在の常識。人間関係から見れば、例えば兄と妹であれば、兄にとっては家庭は「妹がいる」環境であり、妹にとっては「兄がいる」環境であり、それが異なるのは当然であるとのこと。ま、言われてみればそうよね。精神療法の立場からすると、長男だから長女だから、第一子だから末子だからといった性格のパターン付けはもはやナンセンスであって、それぞれの家族ごとに、夫婦と子供たち同士(きょうだい)と親子と、というそれぞれの繋がりと影響を注意深く見てゆくことが重要らしい。その辺が最近よく聞く家族療法ってやつなんだね。

夫婦関係がヨコで親子関係がタテであるなら、きょうだい関係はナナメの関係である、という指摘がなんだか新鮮だったな。タテにもヨコにもなりうるナナメの関係。私もなんだかんだで兄たちを年長者として立てるように見せて実は実験台にしていたり、逆に「きょうだいでしょ」と公平性を求めたりと、その時々で都合良く「妹」の立ち位置を選んでいるよなと思う。兄は兄で何かあればまず長兄が当たり前に先に出るし、その辺、やっぱ年長者は年少者の手本であらねばという意識もあるんでしょう。こちらとしては、年長者の行為の結果如何によって、同じ手段をとるか別の手段をとるか選べるわけで、ホントにいい見本です
まあ実際に選んだ手段をとれるかどうかってのは自分次第なんだけどね。受験とかさ。兄達は高校、大学と順調に進んだので、私も当然…といった流れはなんとなくありましたよ。両親は「女だから」とかまったく言わない人だったし。幸いにして学校の勉強はそれなりにできたのでそうした流れにもプレッシャーを感じずに済んだけど、これで兄達と同じようにできなかったらけっこう禍根になっただろうなあとは思う。成績って容赦ないからな。

きょうだいってのは年少の方にとっては生まれたその瞬間からいる競争相手であり協力者でもある。そして一般的に年齢が近いので、ほぼ生涯にわたって途切れることのない人間関係でもある。この本は臨床系のものだから、問題が発生したきょうだい関係や一人っ子の事例などがいっぱい挙がってたわけだけど、今は良好な自分のきょうだい関係も将来にわたっては分からないわけで、でも大好きだから大事にしていきたいなーと思う。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。