スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立ち往生かもイース7

いろいろ忙しくなってきてさすがに週末集中プレイになっているイース7。しかしそろそろ終わりにしたいところでもある。で、ラスボスまで来たよ。先週プレイ記録つけなかったら一気にそんなところまで。ちょっともったいなかったな。でも先週は大地と火の霊場巡りを終えて、風の霊場の途中までだったと思う。とゆーわけで今週は風と海と月、そしてラストダンジョン。

やっぱりー…やっぱりティアとサイアスかー。まあイスカの民が登場した時点で髪の色の明らかな特徴からサイアスはイスカの民なのだなと思ってましたが。そしてイスカの長不在の話から、あーもうティアで決定だなーとも思っていましたが。ストーリーとしては王道展開。大変わかりやすい。やっぱり本当に怖いのは悪人じゃなくて、覚悟を決めた善人だよな。善人というかそれが「善」であると信じている人。まあイスカ熱の病状なんかを見ると、そっちへスイッチが入ってしまったのもわからないでもないし、ラスボス1戦目直後の言葉から、決して本心から滅びを望んでいるわけでもないのだなというのもわかるのですが。2人ともあんまし強くなかったことも含めてちょっと残念。てゆーか最後にわけわからんラスボスが出てきたことが一番残念。
なんなのこいつー!?と思ってしまうラスボスが突然出てくるのは別に今に始まったことじゃないですが、展開としては残念な部類に入ってしまうのですよ、自分にとって。しかも3連戦で補給なし。えー…結果的に2戦目で回復アイテムが底を尽き断念しました。てゆーか素材足りなくてラスボス用と決めた3人分しか最終武器の合成もしてなかったし。キャラによっては最終武器1つ手前のものすら持ってなかったし。まさかラスボスに全員戦闘参加を強制されるとは思ってもみず。ううう…地道に素材集めして装備万端しなきゃダメかー。回復アイテムの持てる個数制限が厳しいよなー。

ムスタファとラウドのデレぶりが微笑ましかった。まあラウドは非常にわかりやすく嫌な奴でしたが、公王事件のときの反応から、国を思う気持ちは本当なのだなとは思っていたし。良かれ悪しかれ自分が特に意識していた人物2人ともに欺かれたことがショック療法的に効いたのかな。闘技場のウルザ姐さんの、アドルが冤罪であると分かったときのお言葉も良かったよ。謝って済む事じゃないと認めた上で別の形で返すって宣言がね。やり手だなあと思ってしまった。

さて、ラスボスまでは来たけれど、地道な素材集めを思うとエンディングはまだ遠いかな…
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。