スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーシー・リー展

お誘いを受けて展覧会へ行ってきた。前の職場の人と。場所は六本木の国立新美術館。2度目。
土曜の半ドン出勤の帰りに美術館で待ち合わせて、先に一緒にランチしてからGO。

すっっっっごく良かった
実はお誘いを受けるまで全然知らなかった作家なのだけど、本当にステキで眼福で幸せだった
主にイギリスで活躍した女性陶芸家。ユダヤ人で元はオーストリアの生まれ。戦争の時にイギリスへ亡命し、亡くなったのは1995年だそうな。
シンプルな形とデザイン、鮮やかな色。釉薬の調合などが巧みであったそうで、写真の青も素晴らしい色だけど、他に鮮やかな黄色や木製かと見間違えそうな風合いの濃茶、可愛らしいピンク色やなめらかな白、金属そのもののような金や銀など本当に綺麗。その色と描線などの組み合わせがほんっとうにセンス良くてステキで。うっとりと眺めてしまいました。いやー幸せなひとときだった

不満はそのステキな作品が欲しくなっても買えないことね。なまじ器って「使う」ものだからさー、見てて本当に欲しくなるのよね。会場内で上映していた何年か前のルーシーへのインタビュー映像の中で、ナレーションの人が彼女の作品を「手頃な価格」と言って、「え、いくら?」と思った次の瞬間には「全財産を投げ打たなくても済む」とか言ったのでガックリきましたいいなあ、欲しいわ~

全然関係ないけど、見て回りながら随分とオシャレしている人が多いなーと思った。そんなこと他の展覧会では思ったことないので、場所柄だねと2人で結論づけたのでした。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

はじめまして。
というか、Twitterからきました。bayasixです。

この展覧会、僕も観にいきました!!
フォルムがキレイでしたよね?
触ってみたい!と、思いながら眺めてました。

まわりに行った人がいなかったので、ついコメントを。
では。

bayasixさん、はじめまして。
同じ展覧会を見に行った人からコメントいただけて嬉しいです!

本当にキレイでしたねー。
形もパターンもとてもシンプルなのに、美しくて。そぎ落としてキレイなものだけが残ったような。
ぜひうちに持って帰りたかったですi-179
Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。