スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そして機神へ

ゼノブレイド連投。だって夏休みだったから。暑くてどこにも出かける気にならなくて、本気で引きこもってゼノブレイドやってたわ。いいんだ、週末は遠出するんだから。

いよいよ機神界。というわけで、機神界から見える巨神を背後に主人公ピンで一枚→
きっとよくわからないだろうけど、背後の青空にうっすらと影が浮かんでいるのが巨神。機神の膝?あたりからだから、巨神も下半身くらいしか見えてないけどね。
やっぱりというか機神の内部は巨大機械がズガンズガンと動いているところで。すげー…と見上げたり見下ろしたりで圧倒されはするものの、あまり変化がない。巨神界のような多様性がないから先へ進むワクワク感には欠けるな~。生物多様性は大事だね。まあそれは予想通りなんだけど。代わりなのかどうなのか、機神界最初のエリア「機神界フィールド」のBGMがめっちゃカッコイイんですけど全般的に曲はいいゲームだったけど、これピカイチ。私的にゾクゾクくるくらい良かったおかげでこの辺でウロウロしてるの楽しかったわー。むしろ戦闘に入ると曲が変わっちゃうので「邪魔!」と言わんばかりに殲滅してまわったわ。ちなみに次点は「巨神脚」のフィールド音楽。

「落ちた腕」から登場した新しい種族、マシーナ(機神界人)。機神兵はあくまで兵器で単なるロボットであり、機神界の本来の生命体はマシーナ。ほとんど代謝を必要とせず長命で、それこそ巨神と機神の戦いの時代から生きる者もいる。ただしほとんどは巨神の攻撃で殺されており、生き残っているものはごく僅か。機神兵による巨神界への攻撃は、一人のマシーナによる復讐というのがその真実であったよう。でもねえ、巨神界に生きる者でそれほど長命なものはいないわけだし、そうなると「復讐」されても困っちゃうわなあ。ま、復讐者はそのへんは承知の上で、それでもなお巨神界の生命を殺す理由があるみたいなんだけど。

そんなこんなで機神界を一気に駆け上がり、機神の顔にあたる部分にある帝都アグニラータへ辿り着き、復讐者のとこへ行く道は拓けたものの、帝都アグニラータで受けたクエストが終わらず、でもWikiによると「機神界中枢」クリアまではクエスト遂行できるらしいんで、とりあえずボスに向かい、向かったら「ぎゃー機神が動き出しちゃったー」になって落っこちて、このままじゃでくの坊な巨神が機神に倒されちゃうので「機神を止めよう!」ってとこで突入準備段階。
ちなみに現在は巨神と機神の間の海上にある「落ちた腕」にいるわけだけど、見上げる二柱の神の機神だけがウゴウゴ動いてます。コワ。しかしそんな状態でちょっくらクエストやりに行ったりしていても、機神が巨神を攻撃してこないのがゲームのご愛敬そしてきっと再突入したら、中枢へ向かう前に帝都でのクエストクリアするためにかけずり回ることでしょう。てゆーか「聡明のグレモリ」倒せなーい、「ブドウゼンマイ」6コ集まらねー。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。