スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想

4月からこちら図書館を利用していないので、しばらくは持ってる本の再読で過ごしてたけど、それも尽きて致し方なく購入読書した本たちを少しは記録しておこうかと。買うと、読み切るのがもったいないのでなるべく読み進めないように読んでいる

『白い犬とワルツを 』 T.ケイ
「書店員のオススメからベストセラー」の走りだったな。「老い」は「若き」から見れば眉をひそめたくなるものかもしれない。でも「若き」には決して到達できない豊かさと楽しさとそして切なさがある、と思う。

『眠れぬ夜に読む本』 遠藤周作
クスクス笑いながら読みました。ここまでは以前に買って読んでなかった本。

『千年樹』 荻原浩
んー思っていた以上には感動しなかったな。というか、怖かった。

『マイナス・ゼロ』 広瀬正
ステキな時間旅行。しかしきちんと時系列を理解しようとすると頭がこんがらがった。

『おそろし』 宮部みゆき
宮部さんの時代ものは好きだ。これもおもしろかったー。続編の『あんじゅう』が最近出たね。しかしハードカバーは手を出しがたい…

『凍りのくじら』 辻村深月
これは思わぬヒット。表紙もタイトルも章タイトルも好きだったな。そして『ドラえもん』が読みたくなる『ドラえもん』の原作はまったく読んだことないんだよなー。

『流星ワゴン』 重松清
ポップに「泣ける本」とあったし確かに泣けるけど、ちょっと納得しがたいところも。たぶん男性視点オンリーだからだと思う。父と息子の物語。

『ニューヨークのとけない魔法』 岡田光世
人と人の関わり合いの良さを穏やかに感じられる本。おしゃれエッセーな感じも。

『カラフル』 森絵都
表紙に惹かれて手に取ったらアニメ化本だということで別の場所で平積みされてた。ほぼ最初から最後の展開が読めたけれど、でも人の思いは複雑で深淵で、だから愛しいのだと思えるお話。

『空色勾玉』『白鳥異伝』上・下 荻原規子
和製ファンタジーの金字塔が待望の文庫化!ということで。『空色勾玉』の馬がってやっぱり自分は獣にいくのか。ただ今『薄紅天女』を読んでいる。

『天地明察』 冲方丁
ハードカバーなのに買って読んでしまった。しかし後悔はない。渋川春海が可愛いよ。何より建野さんと伊藤さんが愛しくて仕方なかった。あと光圀公も。本のデザインが太陽と月と北斗七星なのもステキ。

読書は楽しいし小説ばっか読んでるのも幸せなひとときだけど。金とスペースの問題さえなければ…!(無理な相談)

薄紅天女 上 (徳間文庫)薄紅天女 上 (徳間文庫)
(2010/08/06)
荻原 規子

商品詳細を見る
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。