スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MUSHROOM

今夜はグルメなディナーってことで、最近キノコづいてたんでキノコの店にしてみた。店名そのまんま「MUSHROOM」。恵比寿。西口方面の五叉路の周辺にある。この界隈は過去何度も足を運んだことのある地域だなあ。記憶にあるだけで、シャンパンの店、メキシカン、ハワイアン、スペイン・バル、和食居酒屋…と5店舗は思い出せる。

さて「MUSHROOM」。価格帯からしても立派なフレンチレストランですが、名前に「MUSHROOM」とあるのは伊達じゃなく、キノコにこだわったお店です。メニューのほとんどすべてに何かしらのキノコが入っている。名物の「キノコのソテー」を共通の前菜メニューとして、各自で前菜1、メイン1を選んだのだけど…迷いに迷ったね結局前菜にオマール海老、メインは牛ほほ肉と極厚椎茸の赤ワインソースをチョイス。
どーんと海老が出てきたなああまりこーいうところで海老を食べた記憶がなかったので、なんかとても贅沢な気分になりました。海老のエキスたっぷりのソースをすくえば鮮やかなオレンジ色の中に緑の味噌。あー美味な予感でハズしませんでした
3人で一皿の「キノコのソテー」。10種類くらい?のキノコのシンプルなソテー。途中しばらく沈黙したけれど、ちゃんと全部のキノコの名前を紹介してくれたよ、店員さん。風味、歯ごたえ、瑞々しさ、と色々違うところに感心。個人的にはこーいうの大好きだ。だいたいキノコ大好きだし。
メインは椎茸の為に選んだ。肉と椎茸の取り合わせって素晴らしいと思うし。ホロホロ牛と肉厚椎茸がよろしかったですよ。でも個人的にはこれはそれほどでもって感じだったかな。
で、ゆっくり食べてたせいかこの辺でお腹が限界に。チーズ薦められましたが珍しく断る。デザートも、私は栗のケーキにしたが、他の二人はあっさりめなシャーベットにしてました。しかしそのシャーベットは…かなり個性的な味だったなあハーブのシャーベットだったっけな?モロにハーブの味でした。名前的にはそれで正しいのだろうけど、あれは好みがハッキリ分かれそうだ。
で、もう本当に限界。
お茶は飲んだけど、プティ・フールはまったく無理だった。メレンゲとチョコでキノコを模した可愛い形でしたが。すみません。

ワインが随分高価格帯しかなくてねえ…あれが痛かったなあ。コース自体は5000円程度だったのだけど、キノコのソテー追加して、食前酒にグラスシャンパン、白のボトル1本で大台超えてしまいましたねえ。あの内容でこの値段と思うとちょっとマイナスになっちゃうかな~。料理は美味しかったし珍しいキノコを色々食べられる点は良いのですが。自腹切って食を楽しむ身としては、もう少し良心的な価格を求めたいところ。まあこれもまた一つの経験。

さて、来月は手軽にボジョレーヌーヴォーを楽しんでみようか。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。