スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

奈良・京都 10/31

短期旅行にしてはゆっくりめな朝。
宿泊したセンチュリーホテルの和朝食会場である「嵐亭」は嵐山が本店の京料理のお店でもある。おかげで朝食で和の粋を味わうこともできました。個人的には朝食こそ最も贅沢さを味わえる食事だと思います。何せ時間でも贅沢を味わえるからね。

優雅に朝食を楽しんだ後はJR奈良線で東福寺へ。
初めて行ったけれど、なんて美しく整えられたお寺なんでしょうと思いました。高低差のある庭とそこを流れる小川、庭を見下ろす3本もの美しい橋。橋がお互いを景観として見られるように、高低差は見上げて見下ろして楽しめるようにと、なんとも贅沢極まる眺めでした。せせらぎの音や鳥の声すら景観を形作っているよなと思える。総合芸術だわ。
そしてまた京都のお寺ではよくみかけるけれど、室町期の国宝の建物の庭に現代芸術を持ってきたりするところも好きだなあ。このお寺は昭和の作庭家・重森三玲の枯山水が有名でした。方丈庭園の市松模様の庭が好きだったな。いや、主な理由は苔だけど。あとは特別公開で見れた龍吟庵のお庭も、また別の季節にあらためて見てみたいと思えるお庭でした。ちょこっとだけ紅葉も見かけた。すごく良かったわー。薦めてくれたPさんありがとう。

東福寺を出ようとする頃から雨が降り始める。朝はすごくいい天気だったんだけどね。Eちゃんが京都駅で傘捨てるくらい。「傘の呪いだねー」と言いつつ私は一人で傘をさす。だって昨日使わなかったしやっとの出番。

四条まで出てPさん希望のちりめん細工のお店へ。そこでちまねこコレクションを増やしたことは明日の記事参照。なんとなーく母が好きそうと思える柄の小物入れがあったので、それも購入しました。

お昼は四条沿いを歩きながら「洋食がいいー」というので何となく先斗町に入り、最初に目についたフランス料理…ではなく、Pさんが「洋食屋だ」と示したその斜向かいの店に入店。それが1915年創業の老舗「開陽亭」でしたよ。古き良き洋食でした。鴨川沿いのお店で食事するのって実は初めてだったわ。まったく知らずに飛び込みで入ったけどゆっくりできたし良かったね。いつの間にか混んでたけど。

昼食とってる間に雨は本降りに。四条通は基本的にアーケードなので、そのまま地下鉄烏丸線の四条駅まで歩いた。道々のお店を冷やかしつつ。
そーして京都駅でおみやげ買って、あとは一路東京へ。自分は新横浜で下車したが。関係ないが新横浜で下車すると崎陽軒とか買いたくなる。近所のどこでも売ってるってのに、新幹線駅だからか。

短かったけれど、内容たっぷりな旅だったと思う。お二人ともおつき合いありがとうございました。
さて、冬はやはり温泉行っとくかな。北へ行きたくもなってきたかな。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。