スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

50周年記念

両親が今年結婚50周年てことで、家族全員で箱根一泊旅行してきた。箱根は宮ノ下の富士屋ホテルで。
いわゆる老舗の名ホテル。5つある建物のほとんどが文化財。全部が博物館みたいなホテルでしたな。

本館フロント前の重厚な階段、和洋折衷?の装飾がいっぱいのダイニングルーム。ロビーからティーラウンジにかけての柱とか壁とかの彫刻がこれでもかと凄かったわ。またモチーフが色々でその統一性のなさが逆に独特の味になっていたかも。館内ツアーとかあったんで、巡ってきました。史料展示室なんてものもあって、これがまた本当に貴重なものとか宿泊した著名人の逸話とか盛りだくさんでとても面白い。天皇家の方々はもちろん、チャップリンやヘレン・ケラー、蒋介石にジョン・レノンってすごすぎるわ。

部屋は「花御殿」という建物の一室。写真は夜に撮ったせいでイマイチですな。液晶テレビが浮いているまあ建物も部屋もクラシックな内装です。花御殿のお部屋にはすべて花の名前がついていて、その花の絵がルームキーのキーホルダー、ドア、室内の絵画、絨毯、バスルームのタイル(↑の写真)にまで描かれている。泊まったお部屋は「立葵(たちあおい)」でした。わりと好きな花だ並びの3部屋とっていたので全部屋覗いてきたけど、同じツインでも部屋の間取り、大きさ、家具、浴槽とかまで違ってて面白かった。部屋の絨毯が全部違う花の絵って特注品だよねえ。贅を尽くすってこういうことなのね。そういや始まりは外国人専用ホテルであるせいなのか、ドアの大きさとかノブの位置とか大きく高くて、微妙に小人気分になった。私は上背あるほうだからいいけど、母はもっとそう感じたかもな。

ディナーは↑のダイニングでフルコースを。帆立貝の前菜に透き通ったコンソメスープ、平目のムース、ローストビーフにベリーのソルベと濃厚なブランマンジェ。雰囲気に合う上品で、でも美味しいお料理でしたよ。全員食べきってたし、満腹だったけど適量だったということだろうね。まーおかげですごく行ってみたかったこのホテルのメインバーヴィクトリアには行けなかったけど。

土曜は一日中曇って寒々しかったけれど、日曜は快晴で気持ちよかった。まー寒いから外には出ずにホテルだけで過ごしましたけどね。庭園を散策するくらいで。
ギリギリまでゆっくりし、ホテルオリジナルのおみやげをいっぱい買い込み、帰りに小田原で鰻食べて帰ったのでした。
うん、まさに記念になる旅でした
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。