スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特別編

夏目の新刊を買いに行ったらこれも見つけてしまった。

花咲ける青少年 特別編 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)花咲ける青少年 特別編 1 (花とゆめCOMICSスペシャル)
(2011/03/04)
樹 なつみ

商品詳細を見る

帯には「完全新作」とあってどーゆーこと?と思ったら後日談的な新しい内容らしい。ほほう、と迷わず購入。
「1」とあるけど次で終わりっぽいですね。そりゃあ既に終わった作品なのだから、描くとしても番外編を数編程度が適当かと思う。
最初に導入っぽい本編後の全員集合な短編が一つ、後は各キャラクターの過去話ですな。ユージィンとカールとあったから、2はルマティと立人と花鹿なのかな。ユージィンの話もカールの話も終わりは本編後の現在の姿(たぶん)で終わっていて、あーいう過去があって現在があるのだなあと思える個人的にはステキな構成。
あらためて読んで、自分はこの作品の中ではカールが好きっぽいと思った。以前はルマティだった気がするが。ひっじょーに優等生で善人でトラウマによる持病を抱えてて自由にならなくてなんとゆーか可哀想な設定なんだけど、そしてさらに想いは報われず読者的に見てもあまり目立たずとっても可哀想な気がするんだけど、ひねくれず家族も財閥も支えていくところがエライなあと…なんか好いてる表現じゃないけど、好きだと思ったよ。

樹なつみの作品は最近だと『デーモン聖典』読んでいて『花咲ける~』とは絵柄が変わった気がしていたけれど、この特別編はより最近のはずなのに絵柄が違うって感じしないなーと思ってたら、作者の言葉に「当時の絵柄に近づけた」とあった。そーゆーことも可能なんだな、違和感感じさせないってすごいなーと思った。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。