FC2ブログ

整理中

引き続き、マンガ本の整理をしています。
いや、引き続き読みふけってもいますが…
取捨選択をしたところで、保存する方にしても、なんか入れ物用意しないとおさまんないな~ということで、ケースみたいなのをAmazonで物色したり。
しかし…ケースが来ない限り完全には終わらないな…
まあケースがなくたって入るっちゃ入るんだけど~本棚じゃないからな~取り出しにくい。

『BUD BOY』を終わりから始めて全巻読んでしまった…やっぱ面白いな、コレ。
だからこそ、最後が妙に急ぎ足で、一部未消化で終わってしまっている伏線がもったいない!
最初まで読み戻っていって改めて思ったけど、蕾(「つぼみ」と読む。主人公)と父・玉風大帝の絡みがさあ…いやまあ最後の最後にちょっとした邂逅があるけど…ちらっとだし。
てゆーか玉風大帝ほか、風仙の実力者たちがいまいち謎を残したままのような気がします。
だって初期の頃の話だと、どーも太玄怪魔大皇と風仙は関係がありそうだったし。
てゆーか太玄大皇って元風仙じゃねーのか?って感じがヒシヒシとしてたんですけど。
来主王丸は自分を「風仙だったが罪を犯して怪魔になり果てた」って言ってたし。珂燭姫が「似てる」とか意味深なこと言ってたし。
風都復活の時だって、風の雄士呂と太玄大皇って昔馴染みっぽかったし。
太玄大皇って怪魔にしちゃあ美形だしさ~。(そこか?)
これで、太玄大皇と玉風大帝に何かしら過去があったりしたら、かなーり楽しかったのに。
玉風大帝だって、一小兵からいきなり大帝の座に着いちゃったってのも謎だよね。
実力による帝位継承であるからこそ、力があったなら元々それなりの地位にいなきゃ変な気がするんだけど。単に「若かったから」ですむ問題なのかなあ?
ああでも若かりし頃の玉風大帝と錦花仙帝のロマンス話は好きだ。
てゆーか今のあの二人の距離って双方納得した上でのものだと思うんだけど、その辺、どーゆーやりとりがあったのか知りたいというか。
子供(=蕾)の教育方針どうやって決めたんだろーとか。
いや、玉風大帝が子供の教育なんてするわけないって思うけど(風の性分ですから)、別にあの方無責任な人ではないと思うので、完全に錦花仙帝側で育てるってのはどうやって決まったのかなー、なんて。

なんかまた、思い出したように外伝出ないかな~~
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ