スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2週連続

ひたすら引きこもって幻想水滸伝5プレイ中。
もう、このダメさ加減に酔いそうです。
とはいえ、ゲームにハマってるときは結構開き直ってひたすらプレイしているけどね。
とにかくさっさとこの病的状態を抜けなければ!という気持ちもあるので。
ま、単に「先に進めたい」とゆーのが正直なところですが。

やはり時間がかかる。何にってキャラの育成ね。
何しろ仲間108人だから。
前に言ったように全員が戦闘要員なわけではなく、また徐々に増えていくので今だって108人育ててるわけじゃないんだけど、武器鍛えて(武器はキャラ固有で変更がなく、ひたすら鍛治で鍛えて強化する)防具整えて紋章装備させて~…ってやってるとそれだけで時間が経っている。
戦闘に参加するのは6人までだから、最低それだけ育ててればいいんだけど、一度3つパーティーを作らなきゃならない時があって、金も時間も大幅に消費した
仲間になった時からレベルが高いのもいるので、そーいうの中心にかき集めてなんとかしたけど。
しかも戦争モードの後にセーブなしで3パーティーで3連戦でしたからね~…厳しかった…

そうそう、戦争。
パーティーキャラでの戦闘とは別に、歩兵や騎兵の部隊を率いて集団戦闘を行う戦争モードがあります。
仲間にしたキャラを主将・副将などに配置し、それによって部隊の能力や性格を変化させ、あとは「歩兵は弓兵に強いが騎兵に弱い」といった3すくみの性質を把握して部隊を動かしていくって奴。
チェスのように駒(部隊)を進めて、敵部隊と衝突すると戦闘になってそれぞれの能力に応じた結果が出るってあたりは、まあその手のシミュレーションゲームによくある形だけど、リアルタイムに戦局が動くってのがちょっと違うかな。
大概のシミュレーションはターン制で、こっちが動いたらあっちが動くって感じだけど、幻想5のは、こっちが指示する間もずーっと動いているので、ゆっくり思考している時間がありません。
まあそこに緊張感もあったりしますが、最初は結構焦るし混戦になりがちで、無駄に兵士を死なせてしまった…
慣れたら敵の半分以下の勢力で撃破できるようになりました。
慣れるとなかなか楽しい。

ストーリー展開は相変わらずわくわくしますねえ
出会いあり別れあり裏切りあり、で。
イベントで、冒頭の王城陥落時の真実を聞かされるシーンがあるんですが、これがもう…!
夫婦愛っつーか家族愛っつーか、あんまり悲しくて悲しくてボロボロ泣いちゃいましたよ。
女王陛下が本当に哀しかった…
王子(=主人公)も色々と辛いけど、まだまだ頑張って欲しいと思います。
妹ちゃんの為にも!
あんなに可愛くて幼くて真摯に兄上を慕ってくれる上に、今や敵中にあって必死に頑張っている彼女を、私も王子を操るプレイヤーとして一刻も早く助けてあげたいですよ
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。