FC2ブログ

やっと冒険者に

『世界樹の迷宮』やっと届きました。
お昼もだいぶ過ぎて「今日はもう届かないかな~」と諦め、FE前作「蒼炎の軌跡」のリプレイでもするかなと思ってWiiを起動。
ちなみにWiiでGCソフトを起動するのは初でした。
GC用コントローラの端子とメモカの挿入口の関係で、Wiiを横倒しに設置しなおしたりして、OPを久々に眺めていたら「なんか届いてるぞ」と父の声。
果たして、Amazonの袋でした。『世界樹の迷宮』やっとGet
とことんタイミング悪いみたいだね、このソフトとは
せっかく起動したので、蒼炎のEDやムービーをもう一度眺めたりしておきました。暁の前にストーリーや登場人物のおさらいしておきたかったし。
やっぱりキャラが魅力的楽しみだわ、暁

で、よーやっと世界樹を起動。
ゼルダをやり始めてからこちら「どうぶつの森」もご無沙汰してたので、DSを出すこと自体が久々でした。
およそ一年以上ずーっとささっていたと思われる「森」をDSより取り出し「世界樹」を挿入。
………なんか、森続きだな。

起動すると、テキストによるはじまりの物語。

 エトリアという小さな街で、大きな発見があった。
 街外れで発見された巨大な大地の裂け目。
 地の底まで続こうかという巨大な地下樹海の迷宮。
 "世界樹の迷宮"
 名も知らぬ草花が不可思議な果実をつけ
 見たこともない獣たちが徘徊するその森には、
 莫大な財宝が眠っていた。
 富・名声・権威…そして飽くなき冒険心を満たすために、
 今日もまた、新たな冒険者がその翠の迷宮へと挑む…


ストーリー部分から適当に抜粋
ま、そんなわけで「世界樹の迷宮」と呼ばれるダンジョンにひたすら潜っていくのがこのゲーム。
キャラクターはプレイヤーが自分で作る。
9種の職種と各4つの絵柄パターンが用意されているので、その中から選び、名前を付け、それをギルドに登録する。
ギルドの名前ももちろんプレイヤーが決める。
1ギルドに最大15名まで登録できるので、その制限内なら好きにキャラクターを作れる。
ただしパーティーは5人までなので、実際に迷宮に潜るときはその中から5人を選ぶことになる。
あとは、ひたすら迷宮探索。
潜って敵を倒してレベルを上げてアイテムを手に入れて、クエストやミッションをこなし、そして何より迷宮の謎を解き明かしていく。
あ~楽しい

とりあえず、最初のミッション「B1Fの地図を作成しろ」はクリア。
いやなんか、簡単だった。すぐ死ぬって聞いてたけど、全然まったく死ななかったよ。レベルもすぐ上がるしね。
不安なのは、最初の全滅ポイントと聞いてた毒吹きチョウチョが、一度やり過ごしてしまったらその後出てこなくなってしまったこと。そんな!経験値が!
地下2階のはじまりあたりでf.o.e.(マップ上で視認できる一種のボス敵。常に移動していて、こちらが戦闘中に乱入してくることもある)を初めて確認。横目に見つつ戦闘してたら、1人回復し忘れて死亡したので慌てて街へ帰りました。
帰ろうとしたときに件の毒吹き蝶に(イベントでなく)出会ったけど、1人死んだ状態でも普通に撃破。うーん、長く地下1階にいすぎた?
ま、いーや。気長にいきましょう。まだ噂のfoeとも戦闘してないことだし。

そんな『世界樹の迷宮』冒険初日でした。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ