FC2ブログ

クリア。そして…

『ファイアーエムブレム暁の女神』ようやっとクリアしました!
2月から開始してやっと1周目クリア。2ヶ月もかかったのかぁ…
ハマっているゲームは平日夜もプレイするので、結構毎日のようにやってたはずなんだけど、ここまでかかったのはやっぱりリセットのせいだろーな。
リセットなんて他のゲームじゃまずやらないし、社会人になってからは、そんな事が必要なゲームなんてプレイする前から気力が萎えちゃうもんだったのにね。
FEはある意味別格。というかリセットの意味が違うのかな。別にリセットが必要なわけじゃないのよ、主人公キャラとか特定のユニット以外は死んだところでゲームオーバーにはならないし。でもね、チクチク敵のHP削って地道に育てて、少しずつ強くなっていくのを実感し愛着がわき…とゆー感じで苦楽を共にしてきたユニットを殺されて、2度とゲーム中で会えない事が分かっていながら続けるのは辛くなってくるのよ。
「こいつらみんな生還させるんだ!」という気持ちになるというか。真の軍指導者はプレイヤーですからね。
あとは、FEは敵も味方もすべてパラメータが見える上に攻撃力や防御力を算出する計算式が確定しているので、受けるダメージ与えるダメージを確実に予測できるんだよね。だから敵にやられたとしてもそれは自分のチェックミスで、理不尽な印象は受けない。よってやる気も失わない、のだと思う。

さて暁。
前回の後、実はエリア3をやり直しました。ナーシル(竜鱗族/白竜)とゴート(同/赤竜)を「倒さずにクリアすれば仲間になる」というのを攻略サイトで知り、「ぎゃあ!思いっきり殺しちゃったよ!」とゆーわけで再度仲間に加えに。まあ、この章はそれぞれ超遠隔攻撃魔道書(使用回数制限解除済み)を装備したミカヤ、サナキ、セネリオの魔道士3人衆で超長距離からガンガン攻撃+ラフィエル再行動でさらに攻撃、で最強の竜鱗族をサクサク倒していけますから。楽。
反撃されない黒竜王子クルトナーガで一方的に攻撃しまくってもいいし(鬼)。

で、無事に2人を仲間にした後あらためてエリア4へ。
淡々と自らの行為を吐露する黒幕には…なんか諦観の気が漂いまくってましたな~…戦闘に入ろうとするとき、一部のキャラだと戦闘会話が発生しますが…ティバーンに会話があったのがちょっと驚きだった。たまたま攻撃させたんだけど。さすが長年のつきあいということでしょうかね。

エリア5。最終章最終エリア。ラスボス戦。
「トドメはアイクで刺さないとダメ」という情報を得ていたのでその通りにしましたが…なるほど、最後の一撃はムービーなのね。やっぱり蒼炎、暁含めて主人公はアイクでしたね。主役万歳。
ごっついだの筋肉だのさんざん言ってきたけど、今作のアイクについてはその変化も含めて実はかなり「いい印象」です。そーいう変化を遂げた事は自然な流れだと思えるし、あえて「女性ウケ」するような美少年系をとっていない事が「アイク」というキャラクターをより立たせていると思うから。つーかね、エンディングムービーでの女神との会話…漢だね。元々、「人は皆同じだろう」と当たり前に言えるところとか、自らに非があればあっさり認めるところとか、敵と判断すれば旧知でも容赦しないある意味単純明快なところとか、非常に「男らしい」性格でしたが、包容力も温かさもあるんだよなあ…と改めて惚れ直しました。
対して今作からの主人公ミカヤ(とサザ)については…ちょっとその行動理由等について説明不足な感が否めない。それとも2周目に行けばわかるのかな。3部終わり頃のミカヤ主人公の章は、大義のない戦いだと分かっていながら止められない彼らの不甲斐なさに、ちょっと操作するのが辛かった。4部は4部で、大事態が起きたとはいえ、直前まで敵対していた(心底からじゃないが)者同士がこうもあっさり共闘関係になっていいのかと思わないでもなかったり。
うーん、2周目に期待します。2周目じゃないと仲間にならないキャラ、明かされない事実があるそうだから。

戦績。意外にもトップ5は暁の団出身者が占めました。やっぱり下級職から戦ってたからかなあ?4部途中くらいまでは育てようと頑張ってたしね(途中で諦めて結局既に強かった傭兵団を主軸に最終戦へ連れてったけど)。
1位はジル。蒼炎からのキャラの中では珍しく下級職から開始+その成長率の高さで暁の団の超主力だった+終盤は飛行要塞ハールとの支援関係で最上級職になりその後もパラメータがガンガン上がった、て辺りが原因でしょうか。ハールよりも速さが高くて最終章のむっちゃ攻速高い敵相手でも2回攻撃できたしね。ちなみにハールも3位くらいに入ってました。支援Aになってたし、エンディングの後日談を見る限り、デインに戻った後この2人は結ばれたようですね幸せになってね…!
アイクはどういう支援関係であっても傭兵団をおいて別天地へ旅立ってしまうという後日談しかないのかな…ちょっと意外、というか淋しいかも。まあ支援Aだったライもどうやらついて行ったみたいでそれはいいけど
てゆーかセネリオも絶対ついてってるよな。あの子は自分の居場所をアイクの傍ら以外に作るつもりないだろうから。くっそう、その始まりを見たいぞ!2周目で条件満たせばアイクが思い出すイベントがあるらしいので、それを目標に2周目頑張る!(アイクが幼い頃セネリオに出会っているらしい。セネリオは成長がラグズ並みに遅い、ので実はアイクよりも年上)でも最も発生条件の厳しい終章エリア5拠点会話「セネリオ」は…蒼炎からやり直してアイクとセネリオの支援Aデータを引き継がなきゃいけないらしいので、さすがに…どうしようかしら…(悩むのか)

とゆーわけで2周目開始しました(爆)即行。今度はハードで。
テキスト量が増えると聞いていましたが、1部序章からして随分会話増えてるのでかなり楽しいです。ま、序章しかクリアしてないけど。
楽しい苦労はまだ続きます。

カテゴリ分けようかしら…
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ