FC2ブログ

仕込み完了。

珍しく連続FEプレイ日記。
日曜日予定なしの本日、さらに2章進んだのでその記録を。2周目の1つの山場・3部7章を超えた事だしね。

7章「両雄、相打つ」
この章タイトル初めて見た時「両雄って誰?」と思った。
アイクはクリミア王国では「救国の英雄」って呼ばれてるし、スクリミルにだって「ベオクの英雄」とか呼ばれてるし、見た目も行動も如何にも"英雄"なんだけどね。ミカヤに対して"英雄"ってのがピンと来なくてねえ。ジェンダーとか言われそうだが、ミカヤは女の子だし、確かに「救国の英雄」と言えるだろうけど、民衆には「暁の巫女」と呼ばれてるし、巫女=英雄とはなかなか結びつかなくて。
まあそんなわけでアイク達傭兵団vsミカヤ達暁の団の章です。プレイヤーはアイク視点。
2周目以降限定イベントを起こすためには、ここでアイクと漆黒の騎士が戦闘をしている必要がある。ちなみに1周目のときは、暁の団のユニット達を倒したら「死亡」扱いになっちゃうんじゃないかと思ってなかなか進軍できず、最奥にいるミカヤや漆黒からは遙か離れた地点でクリアとなってしまいました(12ターン生存がクリア条件)。
今回は行くぞ!とゆーわけでガシガシ進軍。
これが結構あっさり進めた。川を渡るので、川の中だと移動力が極端に落ちて進軍速度が鈍るけど、それでも9ターン目くらいには、ミカヤ達のいる対岸に上陸できる位置に。しかし上陸と同時に漆黒の攻撃範囲に入ってしまうので、その手前で次々と出てくる増援を叩く。…漆黒はいわば終盤のアイクと同等の強さなので、手を出したら即死です。アイクだって現在の状態じゃまず勝てません。
11ターン目。漆黒がこちらに移動を開始。大賢者セネリオに手前の槍闘士を一撃で葬っていただき、漆黒への道ができたところで、反撃を喰らわない「妖魔の術符」で間接攻撃。「行くぞ!」とかアイクが勇ましいセリフを言ってくれましたが、漆黒へのダメージゼロ。いいの、これでアイクと漆黒の戦闘会話は発生したのだから。鷹の民に救出してもらって漆黒の攻撃範囲から離脱。あとは1ターンを耐えてクリア。
残念だったのはリュシオン→ミカヤの会話ができなかったこと。早々にミカヤ達のいる対岸に到着できてたから行ける!と思ってたんだけど、漆黒の攻撃範囲に入っちゃうんでダメでしたね。もっと手前で漆黒を待ち伏せ、戻れないくらい離れたところで別ルートからリュシオンに行かせるとかしないとダメかな~。今度やるとき試してみよう。

8章「灼熱の果て」
帝国軍に帝国元老院議員バルテロメ様登場。くすくす(←口癖)。面白いけどキモイー。この人男だよね?なのにゼルギウスがお気に入りなの?イ~ヤ~!こんな奴に従わなきゃならないゼルギウスは本当に気の毒だ。
デイン軍は退けたものの、帝国軍の追撃により進退窮まったラグズ連合軍。ガリアへの抜け道があるという不確実な伝承に頼って、溶岩吹き出すカウク洞窟へと。それの追撃を命じられた帝国北方軍も気の毒ですけどね。
かなり楽勝でした。3パラメータを除いてカンストしていたシノンを「神射手(サジタリー)」にCCさせたところ、やはり強い強い。セネリオとセットで無双。トドメ刺させないようにするのに苦労しました。
敵将のノーズ、実は3部序章で獣牙族の来襲に恐れをなして部下おいて逃げた人です。アイクとの戦闘会話で「私の槍でどうにかなれ!」と叫んだのに大ウケしてしまいました目つぶって槍を投げている姿が目に浮かぶようだ。ボーレのLv上げの為人身御供になっていただき(ユニットでかごめ)、持っていた聖水も調合薬も全部盗んで身ぐるみ剥がしてから昇天して頂きました。

今回思わずメモったセリフが幾つか。追記で。
8章終了後、ラグズ連合軍が抜け出たのは竜鱗族の国ゴルドア王国。無断で国境侵犯の形になってしまった為、とりあえず国王の前で弁明へ。
ゴルドア国王デギンハンザーは、ラグズとベオクの争いには永久に中立であるという立場から、ラグズ連合軍に即刻国外退去を要請。しかも国内の通行は許可せず、来た道=溶岩窟へ戻れと。
激怒するティバーン、スクリミルら。負傷者を多く抱える現状で洞窟へ戻れと言うのは、死ねと言うのも同然だと。それでも言葉を変えないデギンハンザー。
最後に意見したアイクのセリフが格好良かった。

「…なら、いっそここで俺たちを始末したらどうだ?
 法を犯すことが、生きた者を見殺しにするぐらい重いと…
 それがこの国だというなら、
 この場で、あんた自らの手で裁け!」

珍しく怒気を露わにしてます。そして相変わらず王様だろうと誰だろうと態度や言葉遣いを変えない奴です。

でもって8章でアイクとワユの支援がAになりました。支援会話があまりにも衝撃的だったのでこれもメモ。

ワユ 「大将!
    もう、大好きっ!!
    ずっと2人いっしょだよ!約束!」
アイク「分かっている。
    オレは約束を違えん。」

どこのプロポーズですか。あれほど恋愛事には疎い(少なくとも自分に関わる時は)アイクが、なんなのこのラブい会話はー!!
暁では全ユニット同士で支援が組めるようになった代わりに支援会話が短くなりバリエーションも少ないと聞いていますが(蒼炎は支援が発生するユニットが決まっており、支援会話も長くて深い内容だった)、短いなりにも威力があるもんだと思いました。

さて、アイクの記憶復活イベントにセネリオとの支援Aは必要ないということに気がついてしまった今、強いてセネリオと支援組ませる必要はなくなったわけだけど…どーしようかなあ。支援相手変えるか?
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
12 | 2020/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ