スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢の跡を訪ねて~函館・2

2日目。本日の予定は、午前中に土方歳三ツアーの続き、午後は函館観光です。

・早朝に目が覚める。昨夜10時就寝だったからな~。C姉は海の見える露天風呂へ。私は部屋風呂へ。源泉かけ流しってイイネ。
・せっかく海の目の前なんだからと、チェックアウト前にホテル前の砂浜へ。…普通の靴で砂浜を歩くのは辛いよな…えっちらおっちら歩きつつもやっぱり波打ち際は気持ちいい。朝日を浴びてエネルギー充填。
・市電に乗り、函館山にほど近い今宵の宿へ。今夜はJALの普通のホテル。同じ区画にあった魚屋さんがやってるたこ焼き屋が気になった。

・再び市電に乗って、市電の終着駅の一つである谷地頭へ。
・C姉が最初「たぶん行けない」と言ってた土方関連スポットの1つ、碧血碑へ向かって徒歩15分ほど。このルートは空港で案内のおねーさんにもらった地図がなければ気がつかなかったと思う。本当に感謝。
・山に向かって歩くので舗装道路でもそれなりな登り坂でちょっと疲れるけど、大した距離でもないので問題なく。函館山のハイキングコースに麓側から入って100mくらいで目的の碑にたどり着けました。
碧血碑。函館戦争で戦死した旧幕府軍側の墓。名前は「義に殉じて流した武人の血は三年経つと碧色になる」という故事から。緑の森の中で、この場所だけ少し拓けて上から光が射していて、取り囲むツツジの生け垣が満開で、とても綺麗な場所でした。後で話してたけど、アビスに出てきたユリアの墓を思い出しました。ちょっとRPGにでも出てきそうな雰囲気だったの。ゲーマーな例えで申し訳ないが本当に素敵な場所だったので、来れて良かった。
・また市電に乗って、今度は函館どっくへ。市電大活躍。
弁天台場跡。まあ…名前や地図からしてとても「ささやかそう」なイメージを抱いていたが、本当に「ささやか」でした。相当近付かないと見えない。迷ったもん。なにげに背後にあるドックの建物群のが気になったわ。
・再び山登りと見まごうような坂道を登り称名寺へ。新撰組の最後の屯所があった場所だそうですよ(解説:C姉)。結構立派なお寺でした。その中にひっそりと隊士達の供養費が。そしてここで土方歳三を追った旅の一つの目的が達成されたのでした。

この後は、普通に函館観光へ。

・お昼ご飯はカール・レイモンのハム・ソーセージが食べられるレイモンハウスへ。本格ハム・ソーセージをその場で焼いたりしてくれる上、ビールも飲める。たまりません
・レイモンハウスは有名な教会群のすぐ傍なので、腹ごなしのあとは早速教会めぐりへ。
・つーかすごいね。教会っつったって宗派の異なる教会が、こうも隣接してていいものか(笑)でもみんなすごく綺麗~青い空に教会の白い壁が映えてまた美しい。
・聖ヨハネ教会は、前庭に芝が張ってあって木製のブランコなんかもあってとてもメルヘンな雰囲気なんだけど、その場所が以前見た『ノエイン』で出てきた場所だったのでビックリした。函館が舞台なのは知ってたけど、「そこ」とまったく知らずに来て、風景見てわかっちゃうってちょっと凄くないか?背景描いたスタッフに拍手。
・メルヘンなブランコでお互いに記念撮影した(笑)どの教会も中が見学できますが、座席前の足下にあるクッションがC姉にとって謎だったらしく、「ひざまずく時の為のだよ」と言ったらエラク感心された。そーか、一般人には分からないものか。
・ハリストス教会はクーポラ型の尖塔が美しい、函館の教会の中でも代表格ですね。つーかこの教会!やっぱり『ノエイン』のOPでカラス(登場キャラ)があの十字架の上に乗ってた~♪とまた喜ぶ私。ハイハイ、という感じのC姉。いつもと逆だわ…
・入ると神父様(という呼び方でいいのか?)ご本人が観光客の相手をされてました。「ギリシア正教の教会に入るの初めて」と言うと「なんでわかるの?」って聞かれた。一応カトリック信者なので多少は他の宗派も…十字架の形が違うのは有名だし(横棒多い)。あとうちの母はイコンが好きなので。その後は祭壇画の意味とかカトリックとの違いとか色々と解説して下さって、すごく勉強になりました。いやあ役得(笑)
・教会は巡ったので元町公園を目指してテクテクと。函館には有名な坂道がたくさんありますが、途中の1つが素晴らしく景色が良くて思わず記念撮影。教会側から来ると、ちょうど坂のてっぺんを通るのでね。そして後からそこがチャーミーグリーンのCMで有名な八幡坂であったことに気付く。さすが。
・旧函館区公会堂。黄色と水色の…素敵な配色の外観ロマンティックな館内でドレスで記念撮影できるのが売りだったけど…うーん…どうもコレ!というのがなく、結局やめた。館内は素敵でしたよ。バルコニーの眺望は素晴らしかったね。
・旧イギリス領事館あたりで疲労がピークに。お茶にする。そしてそろそろ観光地も巡ったし、この後どーする?な感じに。夜は函館山の夜景を見る予定だったけど、昼も見たいなあと少し思っていたので、昼バージョンを見に行くことに。
・でも函館山ロープウェイまでは歩く。かなりガラガラなロープウェイで山頂へ。
・絶景!快晴で風が強いけど気持ちよくて最高!!(←高いとこ大好き)海と街の風景が素晴らしい!!人もあまりいないし、かなり好き勝手に写真撮りまくりました。
・ちなみにC姉には別な素晴らしい出逢いがありました。
・レストランやお土産屋も充実した山頂駅。なぜかC姉は「ここでお土産を買う!」と宣言して、結構な量を買い込み、そのまま宅配手続きしてました。函館山山頂で買うことに意義を見出したのだろーか。

・一旦下りて、ホテルで休憩することに。かなり疲れていたので、この1時間ほどの休憩は効いた。やっぱり横になるっていいよね。
・ガイドブックに載ってた寿司屋はホテルのすぐ裏だった。2人で特上寿し頼んで日本酒飲んで(旅の醍醐味)、相当豪勢な気分になってから、豪勢な景色を拝みに再び函館山へ。
・本当に昼間と同じ場所かと思うほどの混雑+雲隙間を縫って柵前を確保し、2人で雲の切れ間を待ってひたすら粘った。豪勢な食事とっといて良かった。エネルギーあったもん。
・見れた。長くは保たなかったけど、黒く塗りつぶされた海に挟まれて光り輝く函館の街が。カメラにも納めました。満足室内に戻ったら髪びっしょりでビックリしたけどな、お互い(笑)
・下りた後、ちょろっと夜の教会巡りを。みんなライトアップして綺麗でした。つくづく絵になる景色の多い街だな~。
・一方で、函館山を振り仰げば山頂付近がやたらとピカピカ光っている。…みんな粘ってフラッシュ焚いてるのね。てゆーか麓から分かるなんて、フラッシュの光って本当に強烈なのね。
・飲み足りないねぇ~どっかバーでも入る?とちょっとウロウロしたけど、人いねえ…。諦めてホテルに帰ろうとしたところ、朝見たたこ焼き屋がまだ営業していた。買い求め、ホテル前のコンビニでお酒を買い込み、部屋で乾杯。かえってちょうど良かった。

お風呂に入ってこの日は就寝。山頂駅で北海道限定入浴剤買うの忘れた事だけが今日の失敗か?(笑)昼間見つけて、後で買ってホテルで楽しもうと思ってたのを忘れたのだ。
でも充分、お腹いっっぱい楽しみました
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。