スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関係者以外立入禁止

学生時代、将来は美術館とか博物館とかの職員になりたいという友達がいた。
その理由が「"関係者以外立入禁止"って書かれてる看板をすり抜けられる快感を味わいたい」というものだった。
確かに、外部の人を常に受け入れるような場所には、外部の人を迎える為の表向きの場所と、その場所の準備なり運営なりの為の裏方がいる場所とに分かれている。その表と裏の境目の、表側に置かれるのがいわゆる「関係者以外立入禁止」って奴だ。

うちの職場にもある。
そして毎日のようにその看板をまたいでいる。
特に「外部の人」に見られている時にその看板をまたいだりすると、なんとなーく優越感というか「私はいいんだもーん」というかそんな気持ちが湧かないでもない。
というよりも、「自分はこの扉の向こうの世界を知っている」という優越感かもしれない。
例えば私の場合、それこそ美術館とかで「関係者以外立入禁止」の場所を見つけると、だいたい扉があって向こう側が見えないので、「この向こうはどうなってるんだろうなあ」って気になっちゃったりする。そしてそう思ってる時にそこを通り抜ける人を見かけると、やっぱりなんとなく「いいなあ」って思ったりする。
特に歴史的建築物だったりすると、その構造を全部知りたくなりません?「関係者以外立入禁止」、気になるんだよねえ。

だからなんだということはなく。
毎日「関係者以外立入禁止」の看板をすり抜けながら、そんなこと言ってた友達がいたなあって思い出したというだけのお話。
彼女はその後、今の私と同業者になっていました。
美術館、博物館ではないけど、夢はかなえたね。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。