スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しく書きましょう

PCの浸透もあり、手書き文字の重要性は薄れている(?)昨今。
それでもやっぱり文字の基本は手書きなわけで、特に他人に伝達する目的で使用する場合は「誰にでも読める文字で書く」というのは重要だ。汚かろうが変な癖があろうが、とにかく相手に伝わりさえすれば、文字の本懐は遂げられているのだと思う。
日本語で、伝わりにくい(癖が出やすい)文字の最たる物はカタカナだと思う。
よくあるじゃん?
「ナ」と「メ」とか「ク」と「ワ」とか「ク」と「ケ」とか。

今日同僚が、「"ソ"を"ン"に見えないように何度も書き直していたら、だんだんどっちがどっちだかわかんなくなっちゃったよ」と言ってた
作業上、カタカナ1文字だけを書かなきゃいけないことがあるのだ。前後の文脈があるわけじゃないから、文字そのものを正確に伝わるように書かなくちゃならない。
そうなると、普段どれだけ正確に綺麗な字を書いてるかどうかがよく分かるんだよね。後から「なんて書いてあるのか分からない」って指摘される人って、だいたいいつも同じ人だもの。
そういうミスは、指摘するのも防ごうとするのも難しい。
指摘って言ったって「気をつけて書いて下さい」くらいしか言えないし、指摘された方も、それまでずーっとそうやって書いてきた文字だもの、そう簡単に直せるもんじゃないと思うんだよね。せいぜいその作業をするときだけは、見間違えやすい別の文字に見えないよう気をつけて書くくらい?
まあね、手書き文字の見にくさを指摘されたことのない自分からすれば、指摘を受けた文字は「なんでここがトメなんだよ、ハライだろ!?」とか「どーゆー書き方してんだよ、書き順違ってんじゃねえ!?」とか思うような文字ばっかりなんですが。

どうも、ほとんどの場合書き順が違っていることから起こるらしい。文字の読みにくさ。あるいは読み違え。
例えば「ナ」と「メ」の例で言えば、「ナ」は横棒が先で縦が後、「メ」は縦が先で横が後なんだけど。「ナ」の縦棒の下先端がうっすらと横棒に繋がっている跡があったりするんだよ、指摘を受ける文字は。ちげーよ、書き順。
しかし書き順なんてそうそう直せるもんじゃないと思う。ましてや大人になってからじゃ。
文字は図形じゃありません。形さえ合ってればいいってもんじゃない。そして書き順というのは、正しい文字を書くために実は重要な役割を果たしている。その通りに書いていれば、トメやらハライやら飛び出したり出さなかったりを間違えることがないようにできているから。たぶん、カタカナみたいに単純な字ほど、その辺が重要なんだと思う。

ひらがなカタカナって、小学校にあがる前後で習うはず。こんな無駄な恥かく前に、正しく覚えてもらいたいもんです。つか、自分も確認した方がいいかもしれんけど
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。