スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

預言と予言

「ノストラダムスの大予言」とかキリスト教の「イザヤの預言」とか、耳にしたことがある人は結構多いんじゃないかと思うが、「予言」と「預言」は違うものだと理解しているのはどれくらいなんだろう。正しい意味はおいといて自分的率直な印象は、「予言」はうさんくさい、「預言」は聖書の言葉、ですね。
なんでこんなこと言ってるかっつーと、新作ゲームに「世界を書き換える預言書RPG」なんてジャンル名がついていたからなんだけど(笑)

AVALON CODE(アヴァロン・コード) DS 2008年秋発売予定
「預言書を書き換えるRPG」ってなんぞや。ひたすらそこが気になります。絶対的な力を持つ預言書から「世界の滅び」を知った主人公が、世界を滅びから救う為に預言書を書き換えていくそうな。……あの、既に矛盾が見えるんですけど。「書き換えられる」「絶対的な力を持つ」預言書ってなんやねん。書き換えられる預言書に「誰が」滅びを書いたのよ。まー実際には書き換えるのに厳しい条件がいろいろあるんでしょうが。じゃなきゃゲームにならない。冒険する必要がなくなっちゃう。
意味は「アヴァロン法典」てところなのかな。「アヴァロン」はケルト伝説に出てくる、アーサー王達が死後に運ばれた西方の聖なる島(天国みたいなもん?)のことらしいですね。絵柄は可愛くて好み。

レイトン教授と最後の時間旅行 DS 2008年秋発売
小栗旬が出演!ってのは一般的にも大きいニュースになったのかな?発表されたのは昨日だか一昨日だったかと思うが。
なんか…ゲームとして面白いことは既に評価されてるんだから、そんなにバブリーなこと色々しなくても…とかイチゲーマーとしては思っちゃうんですが。ライトユーザーにウケがいいソフトだからなー。最後まで手を抜かず!ってことなんですかね。ハリポタみたいに先細りにしない為にかな。そーいう意味ではレイトン教授シリーズを最初から三部作と銘打って出したのも戦術なのかもしれないねえ。3つで終わるなら、じゃあ全部買ってもいいかなって思いそうな数だもんね。もちろん途中が駄作なら後が続かなくなるだろうし、毎回スタッフ達が頑張って作っているんでしょうが。
レベル5にはそろそろ違う作品を見せて欲しいな。ああでも今はドラクエ9でいっぱいいっぱいかな?

ニッポンのあそこで PSP 発売中
知らなかったのだけど、最近ゲームサイトでちらちら見かけるので気になり始めたタイトル。
一応のストーリーは、主人公である宇宙ネズミ族の「ナビッチュ」が、勤務する宇宙旅行代理店の仕事として「ニッポン調査」を担当するというもの。
宇宙人ですからUFO乗ってます。UFOで日本の上空を飛び回ります。動画で見る限り、なかなか気持ちいい動き。しかも飛んでいる場所の住所が同時に表示されている。
地図と地形は3Dマップで描かれているけれど、建物などは最初はないみたい。そこを調査していくわけだ。彼の調査方法は、「ギョ」という情報を食べる魚を日本中にバラまき、奴らが太ったところでその魚影を目印にUFOそのものをウキ餌にして釣り上げ、情報をはき出させるというもの。はき出させると、食べていた情報を元にそこに東京タワーが出現したり札幌ドームが出現したり色々するんだそうだ。そーいうランドマーク的なものだけじゃなく、地元の隠れた名店とか銀行、コンビニまで表示されるらしい。当然ご当地グルメなども。そーしてだんだん地図がにぎやかになっていく、と。現実の時間とリンクしていて、夜になれば夜景も見れる。…これ、好きな人はかなりハマると思われる。つか、私も気になる。
ちなみにソニーが新たに開発した、GPSを使わずに現在地表示ができる機能が搭載されていて、都心部なんかだと、結構な精度で今いる場所を表示してくれるみたいよ。

新作ゲームじゃないけど。今ちょうどおえかきBBSの版権お題になってるせいで、昔から気になっていたゲームがまた気になってきてしまった。
Venus & Braves~魔女と女神と滅びの予言 PS2
こっちは「予言」ね。
不老不死の青年が、女神から告げられた100年後の滅び「大災厄の予言」を回避するために、不死ならざる戦士達を率いて100年間戦い続ける話。「戦いなさい、100年間戦い続けなさい。貴方の部隊を率いて…」って女神の言葉が壮絶で最初から印象深かったよな~。
主人公が不老不死になったのはどうやら事故らしく、既に300年は生きているが、それでも自分をおいて死んでいく普通の人たちに達観することができず、人に混じって生きている。ゲームでは実際100年間戦い続けるわけだが、もちろん主人公以外は成長すれば老いもするしそして死んでいく。どんなに力強かった戦士も、主人公以外はいずれ衰えるので、戦いに勝つためには世代交代をさせていかねばならない。それも、生き残り、部隊を率いる主人公の役目。あー既に切ない。
知名度は高くないと思うけど、プレイした人たちからは非常に高い人気を博している作品。世代交代には結婚と子供への能力継承などがあるので、そういったところに単純なRPGにはない「プレイした人だけの物語」が発生したりするんでしょうね。
昔から「いつかやりたいゲーム」。版権お題見てるとやりたくなる…
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。