スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックアクセサリ

最近ずっと新書サイズ本を読んでいるせいで、新書サイズのブックカバーが欲しくなってきた。文庫サイズのはどこでも見かけるけど新書サイズのってあんまりないよね。

私用の文庫ブックカバーは、WachiFieldの皮革製。名前を入れてもらったお気に入り。本の厚みに関係なく使えるタイプではないけれど、結構余裕があるサイズなのであんまり困ってない。500ページあった『フェルマーの最終定理』だって入ったしな。本革って使えば使うほど味が出てくるからそれも楽しみ。

なので、新書サイズのもWachiで揃えたくなった。オンラインショップで上製本が入るとゆーのを発見。縦21cm。新書は普通縦19cmなので、たぶん問題なく入るはず。問題なのはこれが店頭ですぐ見つかるかどうかの方だな。できればやはり名入れしたいし。うーん、どこのWachiショップへ行くべきかなあ…

ちなみに今日、ブックダーツというものも買ってみた。前から気になっていた存在なのよね。まあ単にクリップ形のしおりなんだけど。クリップなら以前買ったHappy Face Clipもあるけど、使ってみたらやはり全然違いました。クリップは使うとだいたい紙によじれた跡が残るけど、ブックダーツは極薄なせいか紙がまったく痛まない。しかもこんなにペラペラなのに、すんなりと紙に挟まる。これなら電車の中で立ちながらという不安定な姿勢でも問題なく使えそうです。よきかな。

ところで今日から続きを読み始めたアル戦こと『アルスラーン戦記』だが、あまりにも久しぶりすぎて状況がさっぱり飲み込めない。いや、面白いのは面白いんだけど。レギュラー陣以外の名前が出るたびに「誰だっけ?」状態です。あまりに記憶がないのでシリーズ一冊読み飛ばしてるのかと危惧してしまったよ。帰ったらちゃんと本棚に全部あったけど。……第2部最初から読み直した方がいいだろーか
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

アルスラーン戦記ですか^^
私も最近になって、新書版を全巻買ってしまいました。文庫版はもちろん持っているのですが、丹野さんのカバー絵がとても素敵だったので欲しくなりました。新書でしか出ていない11、12巻をとりあえず読みましたが、同じく「この人は誰?」という状態で、結局最初から読み直しています。20年も前に第一巻を読んだときとは、また違う感想を持ちそうです^^

コメントありがとうございます。
私もなんだかんだ言って最初から読み返しそうな気がしてきました。とりあえず「魔軍襲来」を途中でやめて一冊前の「妖雲群行」(文庫版)からあらためて読み始めていたりするんですが、読みながら、今まで読んでいなかった気がしてきていますi-230
私も全部新書で揃えたいのは山々なんですが、内容が同じということとまた物が増えるのかということで二の足踏んでますi-202でも新書版の挿絵もステキですよね~
電車で読んでると、キャラ同士の掛け合いに吹き出しそうになってちょっと困ります(笑)
Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。