FC2ブログ

対決-巨匠たちの日本美術

かねてからの計画通り、東京国立博物館平成館にて開催の「対決-巨匠たちの日本美術」展覧会に行って参りました。

いやー「目移りしちゃう」ってまさにこれですねー。前を見ても後ろを見ても国宝、重要文化財だらけ。またその名に相応しい名品・名筆・名作揃い。終始ヤラレマクリ。ホント行って良かった、素晴らしかった最高でした混雑を除けば
本来月曜日は休館日なんだけど、今日は開館するってことだったから狙ったんだけどなあ。9時半開場で9時に駅に着くように行ったんだけど、到着したときには既に10mほどの列になってましたね。それでも、開場後すぐは(後から比べれば)空いていて、私は2つある会場の第2会場から先に見たんだけど、おかげで応挙vs芦雪、若冲vs簫白、大雅vs蕪村あたりがゆっくり見れたのは幸いだったかもしんない。
結局4周しましたいつもはひと通りまわってもう一度見たいのを見てって感じで2周する程度なんだけどね。覚えておきたいステキ作品が多すぎてというのもあったが、少しでも空いてる時をと待った結果でもある。
特に記憶にとどめておきたいものを感想の言葉に代えて。かなり長いので追記にて。

雪舟vs雪村
・雪舟「四季花鳥図屏風」
右から左へと四季が通り過ぎていきます。秋の位置に舞う白鷺がなんとも軽やかで、しかしその下には枯れゆく葉があり左には厳しい冬が待ち構えていて、それでもこの鷺はあえて軽やかにしなやかに四季を飛び越えていきそうな気がした。
・雪村「蝦蟇鉄拐図」
表情・姿。微笑ましく、妖しい。
雪村の「呂洞賓図」も見たかったなあ~~。展示期間の関係で見れず。

永徳vs等伯
・永徳「檜図屏風」
カッッッッッッッ…ッコイイ!!!なんだこれ反則だよちょっともーやめてよー、とか言いたくなるほど惚れる。絵は有名だけど本物は迫力だけでなく、セクシーさ(?)も違いました。いやだってセクシーなんだよ、檜の動き(と言いたくなる)が。もう、大胆なんだから…ちょっと変な人になりかけました。まさに国の宝。
・永徳「松に叭叭鳥・柳に白鷺図屏風」
ついこないだ永徳真筆とされたばかりの絵ですね。新聞で見た。本物見られて感動でした。
・等伯「萩芒図屏風」
・等伯「四季柳図屏風」
どちらも金地に植物が描かれたもの。同じ「金地に植物」でも永徳の「檜」とはまったく趣が違いますね。題材が違うというのはもちろんだが、繊細な線と抑えられた色調、そこに鮮やかな緑が凛として。特に柳の四季の変化を描いた「四季柳図屏風」の方は、秋冬の葉の描かれた方にグッときた。うまく言えないが、たまらんかった。
等伯の「松林図屏風」見たかったよ~~。これと檜を並べて見たかった…

宗達vs光琳
・宗達「風神雷神図屏風」
・光琳「風神雷神図屏風」
後から知ったが、この2つの絵を並べて展示するのって今日からだったのね。あの混雑はそれもあったのかな。道理で。
あまりにも有名な「風神雷神図屏風」。俵屋宗達が描いた原画も尾形光琳が模写した方も(しかもトレースしたらしい)それぞれになんて迫力。並べて眺めることのなんて贅沢素晴らしい僥倖でした。
・宗達「松図襖」
「蔦の細道図屏風」といい、この人の構図っつーかデザイン性っつーか本当に天才ね。なぜこんなにもカッコイイのか。語彙力が貧相で困るわ。風神雷神があんまりにも混雑してたんで、この2つの前でホッとしつつ長いこと唸らされてました。
・光琳「菊図屏風」
ふっくらと豊かに花開く白菊と緑と黒(金地の効果で茶に見える)の2色で描かれた菊葉。これもデザイン性が素晴らしいわあ。緑の葉と黒の葉の配置がね、もうチクショウとか言いたくなるくらいカッコイイ。ああ~…イイ

大雅vs蕪村
・蕪村「鳶鴉図」
すみません、与謝蕪村が画家でもあると知りませんでした。つーかこの「鳶鴉図」知ってたし好きだったくせに作者認識してませんでした。情けない。
暴風雨の中キッと一点を睨むような鳶と、深々と降り積む雪の中で身を寄せ合う2羽の鴉の、動と静の対比は言わずもがなだけど、なんだか私は片や1羽で片や2羽というのも気になる。鴉の方は厳寒に耐えるというよりも、身を寄せ合う姿に温かみを感じるんだよね。そうなると降り積む雪の表現が急に木漏れ日のように見えてくることもある。勝手な感想だけど、勝手に見られるからこそ芸術は楽しい。

応挙vs芦雪
・応挙「猛虎図屏風」
・芦雪「虎図襖」
応挙の毛の1本1本で鮮やかな虎の縞模様を浮かび上がらせる精緻な表現。芦雪の勢いのある大胆な線と計算された滲みで絵が描かれる虎縞。しなやかな毛皮の手触りが伝わってくるような応挙の虎も、マンガ的とも言えそうな大胆な誇張で描かれた迫力ある芦雪の虎も、どちらもすごく魅力的。大きな絵であるこの2つを、最初の空いていた時間にゆっくり眺められたのが至福でした。
・芦雪「海浜奇勝図屏風」
部屋に入って一目見た瞬間に惚れた。特に左隻の岩。奇岩。ヤラレタ。応挙の「保津川図屏風」もステキですが、私はこっちのが好き。

若冲vs簫白
・若冲「仙人掌群鶏図襖」
色鮮やかな鶏たちの揺れる墨色の尾羽(絶対揺れてるように見えた!)のなんて色っぽいこと。美人だねえ、あなたたち。両脇の仙人掌(サボテン)の形、特に藍の部分に卓越した"巧さ"を突きつけられた気がしました。なんでだかわからん。とにかく見た瞬間「うまい!」と思った。
・簫白「群仙図屏風」
感想言い出すと切りがなさそうなので簡潔に。様々な表現方法にヤラレまくった1双でした。
・簫白「唐獅子図」
また惚れた。荒々しく大胆な線と精緻繊細な線とが同居する。計算し尽くされた奔放さに完全ノックアウトでした。

あえて絵画だけに感想を絞ったけれどそれでも長いやくだらん感想につきあわされた方には「お疲れ様でした」と申し上げておきます。
今回、あまりにも惚れる絵が多く覚えきれないので、久しぶりに図録を購入しました。高いんだけどね。でもこれを書くのには役立ちました。お土産はもう一つ、簫白「唐獅子図」柄のトートバッグ。絵柄と色に惚れて買ってしまったのだけど(やっぱり高かった)、図録持って帰るのにとても便利でした(笑)
できるならもう一度行きたいくらい素晴らしかったが、17日までの会期とあの混雑を考えると気力的にも無理だな。でも「行って良かった」と本当に思える展覧会でした。
スポンサーサイト



トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ