スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

金・銀・銅の日本史

今夜は見事な満月ですね~月が美しいと帰りの夜道が楽しくなります。さきほど母も外に眺めに行きました。
とゆー前振りとはなんの関係もないけれど、また1冊読み終わったので軽く記録を。これの前は久々に物語り読んでました。小野不由実『黒祀の島』。なかなか面白かったよ。で、次がコレ。
金・銀・銅の日本史 (岩波新書 新赤版 1085)金・銀・銅の日本史 (岩波新書 新赤版 1085)
(2007/07)
村上 隆

商品詳細を見る
Cちゃんに倣ってちゃんとFC2の機能を使って貼ってみたんー…やっぱり幅取るのがちょっと好きくないな~。画像持ってきて自分で貼る方がスッキリするよね。

タイトルから想像していたのとは少し違う印象でした。日本通史に沿って金・銀・銅の遺物を追うのかと思ってたのだけど逆で、金・銀・銅の遺物の成分分析を元に、日本史を再構成するような内容でした。だから金属遺物の成分の変遷によって時代を区切り、そこで実際に起きた史実と遺物との関連を論じてみるような内容。
著者は材料科学を専門とする人。対象を解析することによって、「何を使ってどうやって作られているか」を見る学問。対象によっては最先端技術にも関われるけれど、著者は文化財などの歴史的遺物を対象としており、先頃、ユネスコ世界文化遺産に登録された石見銀山の遺物・遺構の調査にも参加して、その登録にも貢献されたようです。

金といったらなんでしょーね。「きん」はそのまま「かね」とも読みますね。私的には、アクセサリーの類よりも「かね」としてのイメージの方が強いです。現在の紙幣・貨幣は「きん」でないにも関わらず。貨幣って面白いよな~って思うのですよ。たかが紙ですよ?あるいはアルミや銅。いや、アルミや銅には多少なりとも価値があると思うが、実際のところは貨幣より紙幣の方が高額なんだから不思議なことだ。
んで貨幣の歴史的な本を読もうかな~と思ったのだけど、そのものズバリな「貨幣の歴史」よりは、近代になって出てきた紙幣なんかよりずうっと「かね」としての歴史を持ってきただろう「金・銀・銅」にスポットを当てていると思われるこちらのタイトルに惹かれた。金貨、銀貨、銅貨…って聞くと今の自分には現実感がなくて、どちからというとファンタジー世界の物に感じられてしまいます。まあ銅貨は今もある…というか、1円玉以外はみんな銅貨ですが。配合の違いによって色が異なって見えるだけで、すべて銅の合金だそうですよ、日本の貨幣は。世界的にも。

貨幣だけじゃなく、もちろん細工物の類もいっぱい出てきてました。刀装具なんかときめくね。金工師・後藤祐乗の名前は覚えておこう。配合を変えて金属の色そのものを変化させることにより、着色することなく鮮やかなデザインを浮かび上がらせた細工物なんかは本当に見事でした。またその「色を変える」技術が、本物の金の代わりに別の金属で「金色」を作ろうとする一種の錬金術として使われていたのも面白かった。それと「響銅」とも呼ばれる銅合金「佐波理(さわり)」。和楽器の笙の響きを作っている金属だそうです。そういえば金属は楽器としても使われているよね。

「都市鉱山」という言葉が最近よく聞かれるようになったけれど、携帯電話やパソコンなどのIT機器に使われているこうした貴金属の量は、採算がとれる言われている実際の鉱山よりも、ずっと大量に埋蔵されてるんだそうだ。本では、鉱山では1トンあたり30グラムの金がとれれば採算がとれると言われるが、ノートパソコン1トンあたりには、金92グラムが含まれていると紹介されてました。加えて銀182グラム、銅36キログラムも。携帯電話1トンあたりには金が280グラムだそうです。そして人類がこれまでに獲得した金の総量はオリンピック公式プール3杯分(14万トン)なんだそうです。未だ地球に眠る金の総量は推定で7万トン。今のIT機器への大量利用を考えると、あまり悠長に考えてはいられない量だよな。
…携帯電話、ちゃんとリサイクルに出そうと決意した次第でした
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。