スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルメール展

案内看板ずっと前からこの日に行くと決めておりました、フェルメール展。今日は職場の創立記念日でお休み。一般的には平日の日にお休み!人気だというこの展覧会に行くのは今日をおいて他にない!
と気合い入れて、はっきり行って会社行くより早く家を出ました気合い入れた割に帰りがけに撮影した右の写真は被写体ズレまくってて最悪ですが。
開場20分前くらいに到着したけど既に行列できてた…5メートルくらい?平日朝でアレなんだから、休日なんてどれほどだか…考えたくない
でも入ってみれば思ったよりもゆったりと見ることができました。小さな作品も多い中でそれが不安材料だったので、嬉しい誤算。

作品はデルフト派の絵画に始まり、同時期のデ・ホーホの作品が続き、メインのフェルメール、そして更にデルフト派の作品という流れでした。デルフト派画家達の作品の方は、まったく同じ場所から同じものを描いている絵画を並べて比較していたりするところが面白かったですね。デ・ホーホはフェルメール関連本を読んでいるとよく出てくる名前なので知ってはいました。似てますよね。まあ同時代に同じ街にいて画家をしていたのだから、それは当たり前なのかもしれないけれど。ただなんだろう、似た部分=室内の人物だったり窓から光が射し込んでいたりというところはあるんだけど、なんか空気が違うんだよね、フェルメールのとは。あの空気感こそが、フェルメールの人気の所以なんだろうなあと、実物を見て強く思いました。
初期の「マルタとマリアの家のキリスト」「ディアナとニンフたち」もステキだけれど、それはなんだかよくある絵の一つに見える。やっぱりフェルメールといったら、室内に佇む人物のごくさりげない日常の描写でありながら、そこに「永遠の美」を垣間見るような恒常性?と言おうか、まるで琥珀に閉じこめられた虫のように、美しい宝石に当時の日常が閉じこめられて永遠の輝きを放っているように見えるような感覚…かな。そこに惹きつけられてたまりません。

初めてフェルメールを見たのは学校の美術の教科書。「牛乳を注ぐ女」でしたね。当時は画家の名前も意識することなく、また教科書なのでたくさんの絵と並べられて、しかも小さな写真だったと思うけれど、何とも言えない静謐な美しさに惹かれ、忘れられない存在になりました。もったいなくて美術の教科書だけは捨てなかったああ、音楽も譜面がもったいなくて捨てなかったかな。まあその後、名前を知り他の作品を知り、特に室内を描いたものが気に入っていつか本物を見たいなあと思うようになりました。
最近、フェルメールの展覧会は頻繁に行われていたけれど、人出を考えるとなかなか重い腰を上げることができず今回、日程が長いのと創立記念日が間にあるのに思い至ってやっと、本当にやっと実物を見ることができました。

いい体験だった。写真と実物がどんなに違うか、どれほど印刷技術が発達しても、やはり本物とは違うんだということがよくわかりました。とても名残惜しくて、音声解説聞きながらとイメージ曲聞きながらと(音声解説とは別にそーいうのもあった)何度か眺めたけれど、きっと記憶に残る残像はまた普段目にする写真のイメージに戻っていってしまうんだろうなあ。ただ、絵の中の空気がヒシヒシと伝わってくるようなあの感覚はきっとなかなか体験できないだろうから、残るかな…

上野の森をかもします!さて、開場の東京都美術館のある上野公園には、こんな看板もありました。菌類のふしぎ展。国立科学博物館にて。「今秋、菌たちが上野の森をかもします!」だそーですよ10/11からってことはまだそんなに経ってませんね。来年の1/12までか…行くかな。しかしその前に誰かから「もやしもん」借りるか。

帰りに横浜で欲しかったマンガ2タイトルも手に入れ、なかなか収穫の多い創立記念日でございました
しかし眠いな…昼間もマンガ読んでて寝なかったし…今日は早く寝ることにしよう。
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

Private :

Calendar
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
Recent entries
Recent comments
Recent trackbacks
Categories
Archives
09  08  04  03  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09 
Game link
Link
グリムスの木
Profile

Author:やちよ
住まい:横浜
仕事場:東京都新宿区
好物:ゲーム/本・漫画/旅行/猫/キャラクターグッズ/美術館
>>コミック蔵書
>>adminmenu

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Search
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。